コンサルティング

Slalom(スラローム)の転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

Slalomは、アメリカのシアトルに本社を構えており、戦略や技術、ビジネス変革に焦点を当てた近代的なコンサルティングを提供するコンサルティングファームです。
2019年から日本への事業展開を目的とした市場参入計画をスタートさせ、2021年から日本国内で本格的な事業を始めました。
Slalomでは、日本支社のメンバーとしてエンジニアやコンサルタントを中心に複数のポジションで、顧客との信頼関係を構築し、維持できる人間性を持った人材を求めています。

Slalomへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Slalomの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Slalomの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Slalomの企業概要
  • Slalomの転職ポイント
  • Slalomの社風や企業文化

Slalomに転職するポイント

Slalomの特徴

POINT

  • ・アメリカでは「働きやすい企業ランキング」で常に上位にランクイン
  • ・世界27拠点のオフィス、7拠点のビルドセンターで6,000人以上の社員が在籍
  • ・AmazonやMicrosoftなど、300社を超える企業とロジーパートナーの関係性を築く

Slalomへ転職するポイント

POINT

  • ・日本で本格始動した事業を軌道に乗せるスタートアップメンバーになれる
  • ・全世界の社員と交流するための高い語学力は必須
  • ・新しいアイディアを生み出すための多角的な視野と柔軟な発想力が求められる

Slalomの企業概要

会社名 Slalom株式会社
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー21階
日本法人代表者 浅見 光
設立 2021年03月
株式 未上場
株主構成 記載なし

Slalomの売上

Slalomは、アメリカシアトルに拠点を置く企業であり、2019年から日本参入プロジェクトが始動、本格的に国内で事業を開始したのは2021年3月からになります。
そのため、これといった売上高などはありません。

Slalomの最新ニュース

Slalomの事業内容

Slalomは、米国のシアトルに拠点を置き、世界に27以上の拠点を持つコンサルティングファームです。
「日本へのパッション(情熱)」を感じ、シアトルで培ったコンサルティングファームとしての実績を日本市場に参入させるため、2019年から「ジャパンマーケットプロジェクト」を始動し、2021年から本格的に国内での事業がスタートしました。
Slalomの主な事業としては、下記の2事業を主軸として運営しています。

コンサルティング

本拠地シアトルを含む、全世界の拠点で拡大を続けているSlalomのコンサルティングを日本に提供することを目指し、国内企業の協力の元事業の展開・拡大を推進しています。
Slalomが提供するコンサルティングは、大手企業向けにデジタル・クラウドサービス・ソリューションを活用し、企業における事業変革や組織・文化改革といったDXを支援することをメインとしていることが大きな特徴です。

テクノロジー・サービス

米国シアトルと同様、AmazonやMicrosoft、Googleなどの企業とパートナー関係を結ぶことで、日本のテクノロジー・サービス市場へ参入を目指し、5年間で100億円の売り上げを目標としながら事業の展開・拡大を推進しています。
具体的には、国内企業業務におけるAIの導入、アジャイルの開発・導入、クラウドの活用を進めています。

Slalomの募集要項

コンサルタントデータアナリティスト

国内企業との信頼関係を構築・維持することで新しい接続を促進し、市場とクライアントとの関係を深めるポジションです。
具体的には、財務管理や販売パイプライン管理、ポートフォリオ管理、作業の監督を行うことで配信と品質の管理、人材のマネジメントなど、多岐にわたって業務が発生します。
クライアントがビジネス問題を解決するのに役立つ戦略と創造的なソリューションの構築を目の前で体感できることがこのポジションの魅力です。

必須な経験・スキル

  • ・10年以上のコンサルティングやプロフェッショナルサービスの実務経験
  • ・10年以上のリソースチームの管理経験
  • ・5年以上のプロジェクト品質保証の管理経験

エンジニア

プロジェクトチームやリーダーと協働することで、テキスト自動化戦略を定義し、さまざまなスラロームクライアント間で実装を推進するポジションです。
具体的には、クライアントエンゲージメントの自動テスト実行、プロジェクトのテストアプローチ計画作成、ステータスレポートと品質指導の作成など、多岐にわたって業務が発生します。
このポジションは、エンジニアとしての技術力はもちろんですが、本拠地シアトルのチームをはじめとして世界各国のチームメンバーと業務を推進するため、日本語と英語のビジネスにおける会話が流暢である必要不可欠です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のシステム開発領域におけるプロフェッショナルコーディング経験
  • ・アジャイル方法論を使用したプロジェクト経験
  • ・テストや管理ツールの実施経験

ソリューションオーナー

Slalomが構築したソリューションの複雑なプロジェクト発見と、実装段階をリードするポジションです。
具体的には、クライアントエンゲージメントにおける大規模なプロジェクト管理、問題処理とリスク軽減、エンジニアリングチームを協働することで技術的アプローチ・戦略・成果物を定義及び実証・検証など、多岐にわたって業務が発生します。
このポジションでは、模範的な品質保証や優れた顧客関係、実証済みの思考リーダーシップに焦点を当てた大規模なマルチプロジェクトをリードできる有能な人材が求められるでしょう。
また、エンジニアチームとの協働における、IT・エンジニア関連の知識・スキルを必要とされることが想定されます。

必須な経験・スキル

  • ・製品開発やソフトウェア開発、テストライフサイクルのすべての段階で経験
  • ・機能要件を定義及び文書化するスキルや経験の保有
  • ・アジャイルセレモニーをリードした経験

Slalomの転職難易度

Slalomの転職難易度は非常に高いです。
米国シアトルを本拠地に置く企業であり、AmazonやMicrosoft、Googleなどの世界を代表する企業とパートナー関係にあります。
そのため、Slalomに在籍する社員はそういった企業とも対等にビジネス関係を築くことができる有能な社員が多数在籍していることが想定されます。
また、2021年から国内での事業が本格始動したため、多くのポジションで求人情報の掲載がありますが、どのポジションでも高いスキルや経験、世界中の拠点に分散した社員と流暢にコミュニケーションが取れる高い語学力が求められます。
こういった背景から、Slalomへの転職難易度は非常に高いといえるでしょう。

Slalomが転職者に求める人物像

Slalomでは、顧客との信頼関係を構築しそれを維持できる人間性を持った人材を求めています。
また、チームプレーの経験を豊富に持ち、一貫したリーダーシップを発揮できる人材も求めている傾向にあります。
Slalomで行う業務は、基本的にチームで進めることが多いため、そこで活発に行動して世界に60以上ある事業所のメンバーとも流暢にコミュニケーションが取れる高い語学力も求められるでしょう。

Slalomの転職までの流れ

Slalomの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:採用担当
想定内容:転職を希望した理由やSlalomのどんなところに魅力を感じるか、過去の就業における具体的な経験やスキルを問われるなど、難しい内容ではなく基本的な質問を多くされます。

最終面接

想定選考官:採用担当
想定内容:これまでの面接で問われてきた基本的な内容を、より深堀した質問が想定されます。
また、英語の能力が必須であるため、英語力を試すテストなどを実施する可能性もあるでしょう。

内定

Slalomの面接形式

面接は1対1や1対複数人の場合など、状況によって異なります。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

Slalomの面接内容

Slalomの面接は、転職を希望した理由やSlalomのどんなところに魅力を感じるかなど、基本的な質問から進みます。
また、Slalomが求める人材にマッチしているか、海外メンバーと共にコミュニケージョンが取れるレベルの語学力を有しているか、過去の経験で事業に対応できるスキル・経験があるかなど、ありとあらゆる視点から質問が飛んでくることが想定されます。
企業についてしっかりと理解し、どんな人材を探しているか的確に把握することが良い面接対策になるでしょう。

Slalomの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで求人募集
・求人情報はOpenWorkなどでも確認できる可能性有り
・語学力を問う質問をされる可能性は高い

コンサルタント、20代後半、男性
これまでの経験や今後どのように働いていくことを望んでいるか問われました。自分なりにこれまでの経験の活かし方やどのように働きたいかを前向きな言葉でアピールしました。
コンサルタント、30代前半、男性
語学力を問う内容の面接でした。海外支社の在籍社員とも話す機会があり、英語を話せる能力は必須なのだと感じました。
エンジニア、20代後半、男性
面接は堅苦しい雰囲気ではなく、フリーな雰囲気でこちらから気になる点を質問する時間もありました。社員の方は親切に回答してくださり、好感度が高かったです。
エンジニア、30代前半、女性
本格的に国内市場に参入する前だったので、エンジニアとしての高い能力や経験が求められました。質問された内容は難易度がやや高い印象がありましたが、面接の雰囲気は明るいもので非常に話しやすかったです。
コンサルタント、30代前半、女性
チームで行動するうえで大切なことは何かを問われました。単独行動しかできないような人材は求めていない厳しい現実を突き付けられましたが、チームで行動することが好きな方には最適な企業だと感じました。

Slalomで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍1~3年、男性
2021年から本格的に日本区内市場へ参入が始まり、忙しい日々を過ごしていますが、それでもライフワークバランスを保って従事した毎日を過ごすことができています。今後も、拡大と展開していく事業に貢献できることにやりがいを感じています。
コンサルタント、在籍1~3年、女性
日本での事業が始まったばかりということもあり、忙しい日々を過ごしています。しかし、チームメンバーと積極的にコミュニケーションを取りながら、新しいことを考える毎日に刺激を感じています。
エンジニア、在籍1~3年、男性
GoogleやMicrosoftなど、世界トップクラスのIT業界で活躍してきた仲間が身近にいることで、新しい発見やアイディアに囲まれた日々を過ごしています。仕事に没頭しすぎて休むことを忘れてしまうほど、自分に最適な環境で働かせてもらっていると感じています。

口コミの要約Slalomの口コミを見てみると、日本国内での事業は始まったばかりで、やることが多く忙しいといった声が多く挙がっています。しかし、そこに不満を持つのではなく、周りのメンバーから刺激を受けることができる、アイディアを考えるのが楽しいといったハングリー精神を感じる社員が多数在籍しています。本拠地がシアトルであり、ほかにも世界各地に支社がある企業だからこそ、さまざまな人との関わりでこのような考えを持つ社員が多いことが想定されます。

Slalomの年収・給与

年収 記載なし
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 記載なし

Slalomでの転職者の出世難易度

Slalomの転職難易度は中程度です。
社員を採用する段階でスキルと経験を持った優秀な人材を採用しているSlalomでは、社員一人一人のアイディアを尊重しながら互いに学び合える環境が整っています。
その環境下でどの社員も会社への貢献を意識し、積極的に事業を推進しようとするため、自然とキャリアを積む社員が多い傾向があります。
事業がスタートしたばかりの国内拠点ではほとんどが中途採用で入社した社員であり、平等な評価が期待できるでしょう。

Slalomはどんな人が働いている?

Slalomの従業員数

6,000名以上

Slalomの平均年齢

記載なし

Slalomの平均勤続年数

記載なし

Slalomの社風

Slalomは、フラットでユニークな社風で働きやすい企業として高い評価を得ている企業です。
世界中の支社に在籍している社員同士のコミュニケーションが豊富で、個人的なつながりが世界規模の出来事に発展するケースもあるようです。
また、ダイバーシティを重視している社風も働きやすい企業として評価される大きな要因です。
特にコンサルティング業界は、世界のどの国でも女性が少ない傾向にあります。
しかし、Slalomは男性と女性の社員数がほぼ同じくらいであり、女性にとって働きやすい環境を整えているといえます。

Slalomのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 記載なし
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

Slalomの日本法人代表者

浅見 光

デトロイトトーツマス社にて、日本・アジア・米国での横断的な案件を中心にコンサルティング業に従事。
2006年に取締役執行役員就任し、2010年から2014年までの4年間は米国オフィスへ出向。
日系企業向けコンサルティングパートナーとして、2016年にデトロイトポーツマスグループ合同会社及び有限責任監査法人トーツマツのボードオブディレクターに就任。
2019年までグローバルビジネス事業本部長兼任後、人材育成推進を目的とした団体をシンガポールに設立。
初代学長就任と要職を歴任後、Slalom株式会社の日本法人代表者に就任。

Slalom現職、OB/OGの有名人

保坂 隆太

法政大学工学部システム研究科卒業後、日本市場におけるクライアント・サービスをリード。
日本IBMやロータス、デル、Microsoftを経て、Slalomの日本参入プロジェクトに参画。
本拠地シアトルにおいて、ソリューション・アーキテクトと呼ばれるポジションに日本語と英語を話せる人材としてプロジェクト推進中核メンバーに抜擢、国内事業本格始動まで多様な功績を残した人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

Slalomの転職に関わるQ&A


ダイバーシティを重視し、男女平等に働きやすい環境が整っていることが大きな要因です。
コンサルティング業界は、どの国でも男性の比率が高くなりがちですが、Slalomは男女比率がほぼ均等であり、支社によっては女性が多い場合もあります。

Slalomは2001年の創業でありながら、世界中に拠点を置き、AmazonやMicrosoft、Googleなどともパートナー関係にあります。
本拠地シアトルでは、約20年間で売り上げを2,000億円まで伸ばし、日本国内では5年間で100億円規模の売上を目標としています。
現在、国内での事業は始まったばかりですが、これまで培ってきたコンサルティングファームを国内市場にスムーズに参入させることで目標達成し、成長の見込みが大きくある企業です。

Slalomへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Slalomの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージや社員インタビューなどが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、イマイチ分からないということも少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合やできるだけ時間をかけずに転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Slalomの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してSlalomへの転職を考えている人には、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「iX転職」

iX転職には、豊富な求人が取り揃えらえており、コンサルティングを行っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、iX転職では、コンサルティングを行っている競合他社と比べながら検討することも可能です。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、iX転職に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

日本ユニシス転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 IBMなどのSIer出身者 日本ユニシス株式会社に転職 次の転職先 SIer ...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

クニエ転職者の主なキャリアステップ ...

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

JSOL転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などの大手メーカー 大塚商会などのIT系企業 日本総研 株式会社JSOLに転職 次の転職先 KPMG...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

アクセンチュア転職者の主なキャリアステップ 前職 アビームコンサル、KPMGなどのコンサルティング会社 ワークスアプリケーションズやフューチャーなどのITコンサルティング会社 その他幅広い業種の国内事業会社 ...

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

EY・ストラテジー・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーなどの事業会社、デロイト、PWC、アクセンチュアなどのコンサルティングファームなど EY・ストラテジー・...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

ネオマーケティングへの転職ってどう?事業や年収、社員の口コミなどを解説

ネオマーケティング転職者の主なキャリアステップ 前職 広告代理店 マーケティング企業 株式会社ネオマーケティングに転職 次の転職先 アイレップ サイバ...

プロジェクトカンパニーへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

プロジェクトカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 損保ジャパン、住友生命、三井住友銀行などの金融 株式会社プロジェクトカンパニーに転職 次の転職先 ...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

SHIFT転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTデータ、日本IBM、TISなどのSIer出身者 株式会社SHIFTに転職 次の転職先 グノシー、UUU...

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ ...

TOP