コンサルティング

IMJ転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍。MARCHクラスの比率が高く、海外大学も多い。
職歴職歴は、トランスコスモスなどの制作会社、アイレップなどのネット専業代理店、マーケティングテクノロジーツールベンダーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先リクルートグループなどのWeb系事業会社や日本オラクルなどの外資系テクノロジー企業、日系コンサルティングファームなどが挙げられます。

IMJは、1996年7月にデジタルハリウッド株式会社のコンテンツ事業部から独立して設立されたデジタルマーケティングの代理店です。 2016 年にはアクセンチュア インタラクティブのグループに加わり、2017年12月には完全子会社となりました。両社はサービスの統合を進めており、IMJとアクセンチュアの双方のクライアントに対して、一貫したサービス提供を行っています。ディール規模は大きくなり、強固な売上基盤を持つ組織へと発展を遂げています。

本社は東京都港区の住友不動産麻布十番ビルにあります。従業員は706名(2018年9月時点)で資本金は約43億円(2016年6月時点)です。

デジタルマーケティングにおける全セクションのスペシャリストを揃えており、調査分析による「課題発見」から、戦略立案、開発、運用、データ分析による「課題解決」までをワンストップで提供します。マーケティング支援を一貫して行えることがIMJの最大の強みと言えます。
事例では、日本コカ・コーラ社の自動販売機とスマホアプリを連携した新サービス「Coke ON」におけるサービス企画や「TSUTAYA Online」、「Sony Style」のサービスなど、一般消費者に幅広く利用されているサービスは同社が構築をしております。

コンサルタント職からディレクター職、デザイナー職、エンジニア職まで多くの職種を通年で募集しており、中途転職者がチャレンジしやすい会社です。

初めての転職でIMJを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

IMJの口コミや年収も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。

最終的にエージェントを活用する場合でも、一度はチェックしてみるのが良いでしょう。

この記事でわかること

  • IMJの企業概要や事業内容
  • IMJへ転職するときのポイント
  • IMJの給与や働き方など

IMJに転職する際のポイント

IMJの特徴

POINT

・大手企業のクライアントが多く、一定の経験が求められるため、30歳代のメンバーが中心層
・Adobe等のベンダー主催研修やスキル、英語研修など、成長機会を多く得られる
・育休制度が充実している。少し古いデータですが、2017年10月現在では、育休からの復帰率は100%。男性の育休取得者もいます

IMJへ転職するポイント

POINT

・マーケティング系のツールベンダーやネット広告出身者が多い
・一定以上の業務経験やスキルが求められる
・海外案件に対応できる人材への求人が増えており、英語力があると有利

IMJの企業概要

会社名 株式会社アイ・エム・ジェイ
本社所在地 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 9F
社長 黒川 順一郎
設立 1996年7月4日
株式 非上場
株主構成 ACCENTURE HOLDINGS B.V.

IMJの売上

アクセンチュアによる子会社化で非上場となったため、売上は非公開。公開のある2016年実績のみ表記しています。


IMJの最新ニュース

IMJの事業内容

IMJの事業内容
IMJはデジタルマーケティング領域において、以下の4本柱に基づき事業を展開しています。

デジタルマーケティングの戦略立案

BtoBマーケティングにおけるデジタル変革支援、BtoCにおけるコミュニケーション戦略策定からデザイン、オウンドメディア戦略、NPS(ネットプロモータースコア/顧客満足度)の導入と活用支援など。

デジタルメディアの構築と開発

顧客体験を創出するためのデジタルメディア構築と開発を行います。具体的には、WEBサイト制作や広告クリエイティブ制作、プロモーションパッケージ開発、店舗集客・施設来店促進サービスなど。

データ基盤の構築と分析

顧客行動を分析し意思決定するための、データ収集、分析するための基盤を構築します。具体的には、プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)の構築や、Adobe・Salesforceなどが提供するマーケティング支援ツールの導入支援など。

デジタルマーケティングの運用と改善支援

デジタルマーケティングの実行段階における運用、改善を行います。具体的には、KPI設計やPDCA設計、WEBサイト運営、SEOコンサルティング、SNS運用支援、運用型広告インハウス支援など。

POINT

デジタルマーケティング領域を「戦略 × マーケティングテクノロジー × データ × クリエイティブ」の全方位からワンストップでサポートすることが出来ます。

IMJの転職の募集要項

マーケティング戦略コンサルタント

大手メーカーをクライアントとするコンサルタント業務を行います。デジタル戦略全体のプランニング立案や、チーム運営が主な業務内容です。原則、東京本社での勤務となります。マーケティング戦略立案や課題解決のプランニングなど高度なスキルが求められるため、即戦力として活躍できる経験者が優遇されます。

必須なスキル・経験

・各種マーケティングツールを活用した業務支援経験が3年以上ある方
・課題解決におけるプランニングスキルがある方
・プロジェクトマネジメントのスキルがある方など

WEBディレクター

大手メーカをクライアントとするWEBサイト制作に関わる要件定義から、制作ディレクションが主な業務内容です。東京本社の他、福岡・沖縄事務所での勤務が可能です。

必須なスキル・経験

・WEBディレクター経験が2年以上ある方(受託、事業会社問わず)
・UX/UI手法を用いた制作ディレクション経験のある方
・ビジネスでの英語実務経験をお持ちの方など

WEBアプリケーションエンジニア

大手ナショナルクライアントを中心としたWebインテグレーションのシステム開発全般の業務で、業界業種も多岐にわたり、クライアントの課題も多様なため、多角的な視点でのソリューション提供が必要になります。
スマートフォン・PC向けアプリケーションの要件定義、設計、開発が主な業務内容です。東京本社での勤務となり、転勤はありません。業務内容に関連した即戦力が求められます。

必須なスキル・経験

・PHPまたはJavaを使ったWebアプリケーション開発、運用経験が3年以上ある方など

マーケティングプラットフォームエンジニア

データ蓄積・分析に関連するツールのパッケージ設計と開発や、企業のマーケティングデータの処理に関わる開発が主な業務内容です。東京本社での勤務となり、転勤はありません。

必須なスキル・経験

・Linux/Unixシステムの業務経験、データフローを伴うバッチシステムの開発経験がある方
・RDBMS、SQLを利用したシステムの業務経験がある方
・API、SDKを利用したシステムインテグレーションの業務経験がある方など

パフォーマンスメディアコンサルタント

リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告の戦略立案とメディアプランニングが主な業務内容です。デジタル広告のアカウント設計、キーワード選定、入札設定、クリエイティブ精査など、実際の運用業務まで深入りすることもあります。Google広告、Yahoo広告などの提案営業経験や運用経験が求められます。

必須なスキル・経験

・デジタルマーケティング運用業務の経験がある方
・Google広告、Yahoo広告の提案営業の経験がある方など

IMJへの転職難易度は?

デジタルマーケティング業界が成長産業のため、多くの職種で通年採用をしています。
以前にも、コンサルファームなどで仕事をしており、業務経験がある方は比較的難易度は高くありませんが、コンサル経験などもない方になると転職難易度は高いといえるでしょう。

ポテンシャル採用は行っておらず、即戦力として活躍できる経験者を求めています。また、大手企業が主なクライアントなりますので、技術力だけがあればいいということではなく、ビジネススキル全般においても高い水準が要求されます。難易度は、業種により異なりますが、これまでの経験が募集要件に合致していること、および以下に記載の人物像に合致することが求められ、一定の難易度があるといえます。

IMJが転職者に求める人物像

職種により求められる経験、スキルに違いはありますが、人物像としては共通して以下の3つを求められます。

・プロジェクト管理のできる人
クライアントのプロジェクト毎にメンバーがアサインされ、マーケティング支援にあたります。1人が同時に複数のプロジェクトにアサインされることになりますので、プロジェクトマネージャーに限らず、個人としてしっかりとプロジェクト管理を行えることが重要となります。

・ソリューション思考のある人
クライアントが抱える問題に対してIMJが求められることは、課題設定から、具体的な施策への落とし込み、実行、改善までのトータルなソリューション提供です。クライアントに対して自ら積極的にソリューションを立案し、提供できる人が求められます。

・変化の激しい環境に対応できる人
デジタルマーケティングは絶えず新しい技術、メディア、プラットフォームが参入してくる変化の激しい領域です。こうした変化に対して常にアンテナを張り巡らせ、自ら吸収し実務へ反映できる人が求められます。

IMJの転職までの流れ

IMJの転職までの選考フロー

エントリー

書類選考

書類選考を行います。履歴書と職務経歴書以外にポートフォリオを任意で提出することもできます。

1次面接

想定選考官:部長クラス
想定内容:これまでのご経験や志望理由、IMJへの興味/関心度合いなどについて確認が行われます。

2次面接

想定選考官:役員
想定内容:入社後にIMJで実現したこと、これまでのご経験についてより具体的に確認が行われます。場合によっては課題の提出や実技の選考が入ります。

採用内定

採用担当者からの条件提示とともに、配属予定部門の担当者から入社後の業務内容を説明されます。

入社

IMJの転職までの選考フロー

面接は少なくとも2回あります。ポジションによっては2次面接の前にもう1回行われ、計3回あることもあります。

IMJの面接形式

面接はポジションによって3回のケースもありますが、少なくとも2回はあります。2次選考で現場メンバーと人事担当、3次選考で役員クラスが面接官になるようです。3次選考では過去に行ってきたことについてより具体的に聞かれますので、しっかりと対策を取るようにしましょう。

IMJの面接内容

これまでの実務経験、志望理由など、ごく一般的な内容がまず聞かれます。その他には、IMJに入社して実現したいことや、3年後、5年後のキャリアビジョンについてなど、将来に関する内容を聞かれることが多いようです。自分がやりたいことをしっかりとアピールできるように準備しておきましょう。

IMJの口コミ


ディレクター 女性 30代 中途入社 在籍3年間 現職(2018年9月時点)
クライアントから評価を得ている印象。アクセンチュアとの協業により、提供できる価値が広がっている。
エンジニア 女性 30代 新卒入社 在籍15年間 退社済み(2018年8月時点)
デジタルマーケティング事業においては国内トップクラスだと思う。3年も学べば一通りデジタルマーケティングについての仕事を身に着けることができる。
WEBプロデューサー 男性 30代 中途入社 在籍5年間 退社済み(2018年11月時点)
案件を任せてくれるので、決裁権を持って仕事を進めることができる。自分が責任を持って仕事を推進することで、それが良い緊張となり成長を感じることができるようになる。大きな案件が成功した際には、売上となって返ってくるので、評価のアピールもしやすい。
口コミの要約

デジタルマーケティング事業についての社内のナレッジ・スキルは高いとの口コミが多い。また、自由な風土の会社のため、結果を残し、能動的にアピールすることができれば、認められる傾向にある会社のようです。

IMJの平均給与

採用時の等級により専門型裁量労働制かフレックスタイム制に分かれます。年収は前職の経験や実績にもよりますが、400万円から1,000万円程度になります。

年収 400万円〜1000万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年2回(4月・10月)
残業手当 フレックスタイム制は実績支給
平均残業時間 35時間
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 社会保険、定期健康診断、資格取得支援制度、
社員研修制度など

IMJでの転職者の出世難易度

半期毎に目標設定シート、評価シートの作成と面談があります。この評価が賞与と昇進にダイレクトに反映されるため、仕事ができる人は速いペース出世できる環境にあります。但し、一定以上のランクに昇進する際にはプレゼンを行い、評価される必要がありますので、直属の上司に限らず、周囲に対するアピールも上手くできる必要があります。
新卒、中途、親会社のアクセンチュア出身に限らず、実力主義で出世のチャンスのある会社です。

IMJの役職ごとの平均年収

20代前半 なし 400万円
20代中盤 なし 400万円
20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 なし 700万円
30代後半 マネージャー 900万円
40代前半 なし 800万円
40代前半 マネージャー 1,100万円

IMJはどんな人が働いている?

従業員数

706名 (2018年9月1日時点)

平均年齢

35.1歳

平均勤続年数

記載なし

IMJの社風

従業員構成は平均年齢35.1歳、男性65.3%、女性34.7%となっています。風通しがよく、上下の立場に関わらず意見や提案を言いやすい社風です。服装もビジネスカジュアルの範囲内で個人の裁量に任せているため、より自由な社風を感じられます。
プロジェクトによってはハードワークになることや、スピード感が早く、苦労することもあるようです。

IMJのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 GW、夏季休暇、年末年始、
慶弔休暇、誕生日休暇
リフレッシュ休暇
平均残業時間 35時間
フレックス制度 フレックスタイム制(※コアタイムなし)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

IMJの社長

黒川 順一郎

1997年に株式会社CSKに入社。2004年にアクセンチュアに入社。2013年に同社デジタル コンサルティング本部 マネジング・ディレクターとして就任し、2014年にアクセンチュア インタラクティブ日本統括 マネジング・ディレクターとして就任。2016年にIMJの上席執行役員として就任し、2017年に取締役に就任する。

IMJ出身の有名なOB・OG

江端 浩人

総合商社を経てITベンチャーを創業、Founder & CEOに就任。2005年に日本コカコーラにインタラクティブマーケティング&システムイノベーションバイスプレジデントとして就任。その後、日本マイクロソフトにて業務執行役員を務めた後、IMJに執行役員として就任。

現在は事業構想大学院大学教授、エバーパークLLCおよび江端浩人事務所代表として企業のデジタルトランスフォーメーションやデジタルマーケティング人材の育成に尽力している。

IMJの転職に関わるQ&A


年齢制限は設けていないですが、これまでの実務経験に基づき総合的に見て判断しているようです。


従業員の34.7%が女性です。妊娠・出産・子育てを支援するサポート制度が充実しており、育休復帰率も非常に高いため、女性でも安心して就労できる環境が整っているようです。


評価制度を通じたキャリアプランに応じて部署を決定しているようです。メンバーに対して色々な仕事にチャレンジできる環境を提供したいと考えているようなので、自身の挑戦次第でキャリアの幅を広げることができる可能性はあると言っていいでしょう。

IMJへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

IMJのホームページに履歴書と職務経歴書の指定フォーマットがありますので、それを必ず使用します。指定の応募フォームから申し込みします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してIMJへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックできるため、自分に合った担当者を探せることも魅力のひとつです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業のなかから自分に合ったものを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、IMJの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

募集している職種は多く、マーケティングコンサルタントやアナリスト、プランナーなどが掲載されています。
ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。

また、ビズリーチは転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、アドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。

ただ、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、IMJの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

ミドル・ハイクラス向け転職エージェントなら「JACリクルートメント」

IMJへの転職に、おすすめなエージェントの1つがJACリクルートメントです。
JACリクルートメントはミドル〜ハイクラスの転職に強い転職エージェント。年収500万円以上へのキャリアアップを希望する方には最適なエージェントといえるでしょう。
また、35歳以上の転職は難しいといわれている中、JACリクルートメントの利用者の平均は30~40代となっており、管理職経験者などのキャリアアップ支援の実績が非常に高いです。
JACの管理部門・管理職の約7割は非公開求人となっているため、新規事業や競合他社に知られたくない大型プロジェクトの案件を紹介させる可能性も高いといえるでしょう。

JACリクルートメントは基本非公開求人

JACリクルートメントでは、企業名は掲載されていないものの、IT分野におけるハイクラス求人募集が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

初めての転職や転職活動に不安がある方は、全面的に幅広いサポートをしてくれるJACリクルートメントは最適の転職エージェントです。
企業名は掲載されていませんが、自身が持っているスキルや知識などをキャリアアドバイザーに伝え、IMJに転職希望する旨を伝えることで、スキルや知識に合った最適なポジションを紹介してもらえます。
ミドルマネジメント層、スペシャリスト人材に強みを持つJACリクルートメントであれば、採用傾向や企業内の事情など、細かい情報を聞き出すことができるでしょう。

あなたがIMJに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

...

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

...

IMJ転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

...

TOP