コンサルティング

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

▼下記は、JSOLに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからJSOLに転職してくるのか
・転職先:JSOLからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

JSOLの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

JSOL在籍者の主な職歴は、富士通などの大手メーカーや大塚商会などのIT系企業、さらには出資元の日本総研からの転職者が挙げられます。

退職後の主な転職先

JSOLからの転職先として、KPMGやPwCコンサル野村総研などのコンサル系LINEリクルートセールスフォース楽天ユーザベースなどのWEB系事業会社などへ転職しています。

JSOLは、NTTデータの子会社であり、一般企業や公共向けITシステムコンサルティング、開発事業のシステムインテグレーターです。
NTTデータ時代のノウハウと技術力を活用し、ICTコンサルティングからシステム構築・運用など、ITソリューションをトータルで提供しています。
その結果、サービス業界や食品業界、製造業界など、さまざまな業界で導入実績を誇っている企業です。
2006年設立、東京と大阪に本社を構えており、1,200名の社員が在籍しています。
そんなJSOLでは、エンジニアをはじめとした専門職ポジションで、論理的思考能力を持ち、コミュニケーション能力に長けている人材を求めています。

初めての転職でJSOLを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

JSOLの口コミや転職難易度も気になるけど、それよりも先にどんな求人があるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先が未だ定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • JSOLの企業概要
  • JSOLの転職ポイント
  • JSOLの社風や企業文化

JSOLに転職するポイント

JSOLの特徴

POINT

  • ・NTTデータの子会社のシステムインテグレーター
  • ・ICTコンサルティングからシステム構築・運用などのITソリューションを提供
  • ・サービス業界や食品業界をはじめとしたさまざまな業界での導入実績を持つ

JSOLへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアなどの専門職にて求人募集
  • ・論理的思考能力を持っていることが非常に重要

JSOLの企業概要

会社名 株式会社JSOL
東京本社所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
社長 前川 雅俊
設立 2006年7月
株式 非上場
株主構成 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ( 50%)
株式会社日本総合研究所( 50%)

JSOLの売上

JSOLの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 32,602百万円 34,274百万円 38,354百万円
経常利益 2,028百万円 2,237百万円 2,236百万円

JSOLの最新ニュース

JSOLの事業内容

JSOLは、ERP(総合基幹業務システムパッケージ)などを活用したICTコンサルティングから提案営業、システムの構築、運用に至るまで一貫したソリューションを提供している企業です。
主に医薬業界や食品業界、飲料業界など多岐にわたり、顧客の課題解決や企業価値創造に貢献する真のパートナーを目指しています。
また、CAE(設計・開発支援システム)の分野において、ソフトウェアの開発から技術サポート、コンサルティング、受託解析など、さまざまなソリューションの提供も行っています。
それだけでなく、システム構築後の保守フェーズにて、顧客とコミュニケーションを続けながら、次点のビジネス成長や事業展開の推進へ向けた取り組みの提案なども行っている企業です。
その結果、2018年には1255社にパートナーとして認められており、現在でも80%以上の顧客がパートナーシップを継続しているなど、今後も注目を集め続けるでしょう。

JSOLの募集要項

SAPプロジェクトプロジェクトリーダー

SAP導入プロジェクトや保守、運用プロジェクトにおいて、特定領域のリーダーとして数名のメンバーとともにプロジェクト推進するポジションです。
また、顧客とのカウンターの役割も担うため、業務知識や導入経験などがあることが前提であり、責任を持って遂行するため、やりがいと責任を感じながら働ける職種です。

必須な経験・スキル

  • ・SAP導入プロジェクトでの上流工程やリーダー経験
  • ・生産計画や品質管理、製造管理などの生産管理全般の経験
  • ・1年以上の長期プロジェクト経験 など

法人営業

新規や既存顧客に向け営業を行うポジションです。
愚弟的には、顧客の経営やIT戦略、課題を把握し、案件の創出、提案活動、顧客満足度向上などを行います。
また、基幹システムやCRM、デジタルマーケティング、DXなどの技術を活用し、顧客課題解決の提案なども行うため、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・売上高1000億円以上の顧客開拓またはシェアアップを主体的に実現した経験
  • ・自社の営業戦略をリードした経験
  • ・中期的にマネジメントとして活躍する意欲がある など

基盤系エンジニア

顧客システム基盤全体の構築や運営を管理、推進するポジションです。
具体的には、WindowsやOffice365などのMicrosoft製品を中心としたエンタープライズ基盤の提案や構築、VMWあれ製品などの仮想技術、サイバー攻撃対策などを行います。
幅広い業務に携わることができるため、やりがいを感じながら働ける職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のシステム基盤構築経験
  • ・独力での顧客責任者との折衝経験
  • ・システム基盤領域の要件整理~構築~運用保守の全工程の実務経験

JSOLの転職難易度

JSOLの転職難易度は比較的高いです。
理由としては、JSOLがNTTデータの子会社のため、知名度が高いことが挙げられます。
そのため、ほかの転職者が多くなり、倍率が高くなってしまうといえます。
また、企業側からも非常に高い能力を求めらる傾向があるため、転職難易度は必然的に高くなっていまうでしょう。
JSOLへの転職を目指すなら、難しい転職になることをあらかじめ理解しておくことが必要です。

JSOLが転職者に求める人物像

JSOLでは、論理的思考能力を持ち、コミュニケーション能力が高い人材を求めています。
これまでのニーズ対応型からこれからのニーズ喚起型へとシフトチェンジするべく、JSOLはチャレンジを続けているため、こういった能力が必要不可欠となります。
また、ビジネスを成功させるために「自分で考えて行動する自律性」や「粘り強く達成に向けて努力できること」を重要です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、面接官を納得させられるかどうかがポイントでしょう。

JSOLの転職までの流れ

JSOLの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験、学生時代に努力したことなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、前職で最も頑張ったことや、仕事するうえで大切にしていることなどを質問されます。

内定

JSOLの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、ポジションによって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

JSOLの面接内容

面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
また、学生時代についてや、仕事の取り組み方などの質問をされる傾向があります。
その中でも、「SEとは何か」や「社会が求めるSEとは」など、SEに関する質問をされ、非常に重要視している傾向があるので、しっかりと回答できなければ採用してもらうのは厳しいです。
さらには、人柄もよく見られるため、ハキハキと自分らしく面接に臨むことが大切です。
面接の雰囲気は、比較的和やかな雰囲気なため、変に緊張せずに面接に臨むことができるでしょう。

JSOLで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍5~7年、女性
大手の顧客や大規模プロジェクトが多くあり、苦労することは少なくありませんが、その分達成感ややりがいを感じることができます。また、SAP技術者として働いていきたいと考えている方には、向いている環境だと思います。
アプリケーション設計、在籍3~5年、男性
研修計画は非常に考えられており、どの年代でもどの役職でも受けることが可能です。また、業務に必要な外部セミナーや研修にも参加することができるため、どんな方でもスキルアップが望める環境があります。
システム・ソフトウェア関連職、在籍3~5年、男性
所属している部署や参加しているプロジェクトによって異なりますが、比較的有給が取得しやすいです。また、最近では定時退社の機会を多く作り、仕事とプライベートをメリハリつけることが勧められているため、ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

JSOLの口コミを見てみると、大きな仕事に携えるため、やりがいと達成感を感じながら働けるということが伝わってきます。また、ワークライフバランスが良く、働きやすい環境があることが伺えます。

JSOLの年収・給与

年収 600万~1,050万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り(一部)
福利厚生 確定拠出企業年金、退職金制度、財形貯蓄、従業員持株会、社内診療所など

JSOLでの転職者の出世難易度

JSOLの出世難易度は比較的高いです。
多くの優秀な社員が在籍しており、それぞれ多くの実績を残しています。
その中で自身が出世するというのは、簡単なことではありません。
また、実績だけではなく、リーダーシップを持っていることや、ほかの人よりも長く働いているというところも重要な要素の一つです。
ただし、プロパー社員や中途での出世のしやすさは違いはなく、努力すれば中途入社でも出世することができるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 なし 1,000万円
50代前半 部長 1,400万円

JSOLはどんな人が働いている?

JSOLの従業員数

1,200名

JSOLの平均年齢

42.7歳

JSOLの平均勤続年数

15.3年

JSOLの社風

JSOLは、社員の主体性を重んじる文化があり、若手の意見にも耳を傾けてくれるため、比較的風通しが良く、発言がしやすい社風があります。
そのため、以前あったトップダウン体質からボトムアップ体質に変わりつつあり、さまざまな施策を実行するなど、チャレンジする風土があります。
在籍している社員は全体的に面倒見が良く、困ったことがあれば助け合うという環境もあるため、非常に働きやすい企業といえるでしょう。

JSOLのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、積立休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月40時間程度
フレックス制度 有り(コアタイムなし)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

JSOLの社長

前川 雅俊

1958年生まれ、富山県出身。
名古屋工業大学工学部卒業後、日本電信電話(現:NTT)に入社。
翌年、NTTデータ通信株式会社(現:NTTデータ)へ移行。
その後、公共システム事業本部担当部長や部長を歴任。
さらに、公共システム事業本部第四公共システム事業部第四システム統括部長や営業推進部長なども歴任し、2012年にNTTデータジェトロニクス株式会社代表取締役社長に就任。
2016年に株式会社NTTフロンティア代表取締役社長に就任、2017年より、株式会社JSOL代表取締役社長兼最高執行役員に就任、現在に至る。
19年度より中期経営計画に盛り込んでいる営業利益10%をきっちりやり遂げることを目指している人物。

JSOL現職、OB/OGの有名人

記載なし

JSOLの転職に関わるQ&A


女性社員が活躍できる制度が豊富に揃っています。
また、男性女性関係なく、仕事に対する評価は平等にされるため、女性でも出世を目指すことも可能です。
さらには、妊娠や出産などのライフイベントに対応した制度もしっかりとあるので、女性にとって働きやすい企業といえるでしょう。

JSOLは社員同士が比較的仲が良いため、上下関係はそれほど厳しくはありません。
必要最低限の常識は必要ですが、上司にも意見がしやすいので、壁を感じることなく仕事をすることができるでしょう。

JSOLへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

JSOLの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報以外にも、企業からのメッセージやインフォメーションが掲載されているので、応募する前に一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募では、多少なりとも時間が必要になります。
できるだけ早く転職したい方や確実な転職を目指したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してJSOLへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進めることができる
・気になる求人があればすぐに応募が可能

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多くなっており、まずは募集内容などを知りたいという場合は、一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

ビズリーチでは平均年収が高く、年収交渉が可能!

ビズリーチに掲載されている求人を見てみると、リーダー職の求人が多く掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートを受けながら確実な転職を目指すなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してJSOLへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇り、専門性の高いキャリアコンサルタントがいる「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは以下の3つ。
・応募書類の添削や模擬面接など幅広いサポート
・企業との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

転職エージェントでは、履歴書などの応募書類の添削や、模擬面接による指摘とアドバイスなど、さまざまな手厚いサポートを受けながら転職活動が行えます。
JSOLは、知名度が高く人気のある企業なので、競争率が高くなる傾向がありますが、転職エージェントの手厚いサポートを受ければ、転職成功率が向上するでしょう。

リクルートエージェントにはWEB面接が可能案件も!

リクルートエージェントに掲載されている求人は営業や企画といったポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

リクルートエージェントは、幅広く求人案件を見ることができ、専門性の高いキャリアコンサルタントが在籍しているため、初めての転職活動で不安がある方や、確実な転職を目指したい方には、おすすめの転職エージェントといえます。
また、登録していなくてもある程度の求人であれば閲覧することができるので、とりあえず見てから登録するということもできます。
非公開求人も多く取り扱っているため、キャリアコンサルタントに相談し、状況やスキルに応じて紹介してもらえるでしょう。

あなたがJSOLに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

▼下記は、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに転職してくるのか ・転職先:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズからどこ...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、クニエに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクニエに転職してくるのか ・転職先:クニエからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

▼下記は、アーサーDリトルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアーサーDリトルに転職してくるのか ・転職先:アーサーDリトルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

▼下記は、アクセンチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアクセンチュアに転職してくるのか ・転職先:アクセンチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ソフトブレーンの転職事情・面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、ソフトブレーンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトブレーンに転職してくるのか ・転職先:ソフトブレーンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

マッキンゼーアンドカンパニーの転職難易度は?英語は必須?

▼下記は、マッキンゼーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマッキンゼーに転職してくるのか ・転職先:マッキンゼーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

▼下記は、ストライクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからストライクに転職してくるのか ・転職先:ストライクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

▼下記は、デロイト・トーマツ・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデロイト・トーマツ・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:デロイト・トーマツ・コンサルティングからどこへ転職...

TOP