人材

ビジョナルへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ビジョナルは、株式移転により2020年2月に株式会社ビズリーチの完全親会社として設立されたホールディングスカンパニーです。
圧倒的な知名度を誇っている転職サイト「ビズリーチ」のほか、キャリアアップを目指す社会人のための転職サイト「キャリトレ」や、求人領域に特化した求人検索エンジン「スタンバイ」などの運営を行っています。
そのほかにも、経営者や事業責任者のためのメディアや、事業継承M&Aプラットフォームを提供するなど、多角的な展開を図っています。
さらには、2021年12月に脆弱性管理クラウド「yamory」の自動検知サービスを無償で提供するなど、非常に幅広く手掛けている企業です。
そんなビジョナルでは、マーケティングやエンジニアなどのポジションで、顧客の本質的課題解決のために行動できる人材を求めています。

ビジョナルへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ビジョナルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ビジョナルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ビジョナルの企業概要
  • ビジョナルの転職ポイント
  • ビジョナルの社風や企業文化

ビジョナルに転職するポイント

ビジョナルの特徴

POINT

  • ・ビズリーチの完全親会社として設立されたホールディングスカンパニー
  • ・「ビズリーチ」をはじめ、「キャリトレ」や「スタンバイ」などの運営を行う
  • ・転職サイトの運営以外にも、多角的に業務展開している

ビジョナルへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・マーケティングやエンジニアなどで求人募集
  • ・顧客の本質的課題解決のため、自発的に行動できることが肝心

ビジョナルの企業概要

会社名 ビジョナル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1
社長 南 壮一郎
設立 2020年2月3日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 南壮一郎(45.25%)
SSBTCクライアント・オムニバス(10.12%)
YJ2号投資事業組合(4.80%)

ビジョナルの売上

ビジョナルの売上推移

事業年度 2019年 2020年
売上高 25,879百万円 28,698百万円
経常利益 2,254百万円 2,274百万円

ビジョナルの最新ニュース

ビジョナルの事業内容

ビジョナルは、株式会社ビズリーチがグループ経営体制に移行したことで設立されたホールディングスカンパニーです。
「新しい可能性を、次々と。」をミッションとして掲げており、さまざまな分野を展開しています。
主力として、CMなどでもお馴染みで圧倒的な知名度を誇る転職サイト「ビズリーチ」や、20代のキャリアアップを目指している方のための転職サイト「キャリトレ」などの運営を行っています。
また、産業のデジタルトランスフォーメーションを推進するHRプラットフォームや事業承継M&A、サイバーセキュリティなどの新規事業開発などを展開しており、日本の生産性向上を支えています。
ビジョナルでは、当たり前とされてきた業界構造に対し、新しい視点から解決策を提案し、人と企業の選択肢と可能性を拡大していくことを目指している企業です。
今後の展望として、社会を変革する企業となるため、社会の再定義する事業を創出していくことを目指しています。

ビジョナルの募集要項

プロダクト組織開発

プロダクト組織の土壌を整備し、新しい可能性を作り、プロダクト組織へと導くポジションです。
具体的には、エンジニアブランディングや採用、オンボーディングなどの人事領域業務や、プロダクト開発フォローやプロジェクト支援などのPMO業務を担当します。
また、コミュニケーションラインの整備や制度設計の導入を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・プロジェクトマネージャーの実務経験
  • ・組織開発または組織マネジメントの経験

SETエンジニア

「お客様に最高のサービス品質とユーザー体験(価値)をとどける」ことをミッションとしたサービスの品質保証業務を行うポジションです。
具体的には、QCDのバランスに配慮したテスト自動化計画や開発プロセス含めた全体テスト自動化計画の策定テストといった自動化遂行や、WebアプリやWebAPIのメトリクス測定、静的解析と改善計画の策定などを行う業務・プロセス改善を行います。
また、スキルや経験に応じて、テストアーキテクチャやテスト戦略の策定と運用などの最新技術キャッチアップを行うなど、開発全般を支える重要な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・テスト自動化の実務経験
  • ・不具合を分析し、改善策の提案や実行した経験
  • ・開発プロセスを含めた業務改善施策の提案や実行した経験 など

デザインブランディング

デザインに特化した採用マーケティングを推進するポジションです。
具体的には、デザイナー職の採用ブランディングの企画と推進や、メディア露出やイベント登壇などのコンテンツ企画と制作、人財採用部と連携した採用プロセスなどを行います。
これら以外にも、さまざまな業務に幅広く関われるため、さまざまなスキルを身に付けたいという方には、向いている職種です。

必須な経験・スキル

  • ・デザインに関する知見と実務経験
  • ・プロジェクトマネジメントの経験
  • ・ビジネス部門やコーポレート部門責任者との折衝経験 など

ビジョナルの転職難易度

ビジョナルの転職難易度は比較的高いです。
求人自体は比較的多く、幅広いで求人募集を行われていますが、どのポジションでも一定以上の経験やスキルが求められています。
そのため、未経験からの転職の場合は難しいかもしれません。
また、ビジョナルはビズリーチの親会社ということもあり、知名度が比較的高いため、どのポジションでも競争率が激しいことが想定できます。
ビジョナルへの転職を目指すなら、ほかの応募者に負けない経験やスキルを保有し、入念な面接対策しておくことが肝心です。

ビジョナルが転職者に求める人物像

ビジョナルでは、顧客の本質的課題解決のため、自発的に行動できる人材を求めています。
また、価値のあることに正しく取り組める人材や、変化し続ける現代において学び続けることができる人材を求めている傾向にあります。
ビジョナルは、新しいことにも積極的にチャレンジしている企業なため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを持っていることをアピールできるエピソードを複数用意し、面接官を関心させられるようにしましょう。

ビジョナルの転職までの流れ

ビジョナルの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・事業部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

ビジョナルの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

ビジョナルの面接内容

ビジョナルの面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
そのほかにも、「入社したらどんなことをやりたいか」や「この会社でどんな成長をしたいか」といったキャリアプランについて質問をされます。
これといった変わった質問をされることはほぼありませんが、こちらの回答に対して「それはなぜ?」と深堀されるため、一貫性のある回答をできることが大切です。
面接の雰囲気は比較的和やかなため、話しやすい環境があります。
そのため、必要以上に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

ビジョナルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くの求人募集が載っている
・求人情報はIndeedなどでも確認できる可能性有り
・基本的な質問に対し、深堀される傾向がある

マーケティング、20代後半、男性
志望動機は何か?を質問されました。質問自体は面接では当たり前ですが、なぜこの会社でなければいけないのかを深く問われます。そのため、自分のなかで競合を出して比較できるよう分析しておくことが肝心です。
営業、30代前半、男性
将来のビジョンについて聞かれました。自分自身のやりがいが何かを振り返りながら回答しました。ただし、社員一人一人でそれぞれ違うビジョンがある印象で、正解はない質問だと思います。
営業、20代前半、男性
過去の挫折経験はどのようなものですか?と質問されました。その問いに対し、自分のなかの挫折経験を素直に語り、そこからの学びと同じ挫折を繰り返さないために実施した行動を伝えました。
カウンターセールス、20代前半、女性
殺伐とした状況でも楽しめる?と聞かれました。前職の新規事業部も新設されたばかりの組織で、殺伐とした状況でしたが、その状況を挑戦できる機会と捉えていたとポジティブに伝えました。
エンジニア、30代後半、男性
仕事をするうえでの譲れない価値観は?を質問されました。チームが仲良く協力して仕事をしていることが重要と伝え、個人でできる事は限られているが、チームで協力し合えば、より大きな事を成し遂げることができるとアピールしました。

ビジョナルで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍1~3年、男性
立場に関係なく、自分の意見を発言することができ、風通しが良いため、働きやすい職場と感じます。また、自社の成長が社会貢献につながっている実感もあるため、やりがいを感じながら働けるでしょう。
デザイナー、在籍1~3年、女性
研修制度は整っており、基礎研修をしっかりと受けることができます。また、デザイナーとして必要な紙やWeb、アプリなどの知識を網羅的に会得できるため、スキルアップできる環境はあるといえます。
一般事務、在籍1~3年、女性
部署によって異なるかもしれませんが、比較的有給が取得しやすいと感じます。産休や育休も取得できる環境があり、復帰されている方も多いです。また、全体的にプライベートを大切にしている方も多いので、自身もメリハリをつけて働くことができるでしょう。

口コミの要約ビジョナルの口コミを見てみると、発言をしやすく社会貢献を実感しやすいため、働きがいを感じられるということが伝わってきます。また、基本的なことから専門的なことまで学ぶことができるため、スキルアップできる環境があるということが伺えます。

ビジョナルの年収・給与

年収 1,119万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月40時間分)
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、育児支援制度、社内表彰制度、社員旅行など

ビジョナルでの転職者の出世難易度

ビジョナルの出世難易度は比較的高いです。
ビジョナルに在籍している社員は優秀な方が多く、それぞれ多くの実績を残して周囲に認められている方が多くいます。
そのようななかから自身が出世するということは簡単なことではありません。
また、実績以外にも、マネジメントスキルやリーダーシップ、積極的に行動できることも出世するためには必要な要素です。
ビジョナルでの出世を目指すなら、実績を残すのはもちろんのこと、マネジメントスキルやリーダーシップを身に付けることが重要といえるでしょう。

ビジョナルはどんな人が働いている?

ビジョナルの従業員数

30名(単独)
1,112名(連結)

ビジョナルの平均年齢

39.8歳

ビジョナルの平均勤続年数

記載なし

ビジョナルの社風

ビジョナルは、比較的風通しが良く、発言がしやすい社風です。
若手でも発言することができ、上司や先輩がしっかりと話を聞いていくれるという雰囲気があります。
また、社員一人一人の成長を支援しており、スキルアップできる環境が整っており、自発的に行動できれば成長できる環境があるといえます。
自発的に行動し、積極的に発言しながらスキルアップをしていきたいと考える方には、向いている企業でしょう。

ビジョナルのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00~19:00(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、特別休暇、年1回アニバーサリー休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り(コアタイム 12:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ビジョナルの社長

南 壮一郎

1976年生まれ、大阪府出身。
米国タフツ大学卒業後、モルガン・スタンレー東京支社に入社。
2002年に香港・PCCWグループ日本支社に入社。
その後、2004年から2007年まで楽天イーグルスの創業に参画し、初年度からの黒字化に貢献した。
2009年に株式会社ビズリーチを起業し、代表取締役社長に就任。
2020年より、ビジョナル株式会社の代表取締役社長を務めている。
2014年に世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」選出、翌年には日本起業家賞2015「米国ビジネス賞」受賞した人物。

ビジョナル現職、OB/OGの有名人

竹内 真

電気通信大学情報工学科卒業後、富士ソフト株式会社に入社。
主に官公庁や大手通信会社向けのシステム開発に従事。
2007年に株式会社リクルートに入社し、全社共通基盤フレームワーク開発などに従事し、同時にSeasarプロジェクト内でOSS活動も開始。
2008年に株式会社レイハウオリを創業。
その後、株式会社ビズリーチの創業に参画し、取締役CTOに就任。
2020年より、ビジョナル株式会社の取締役 CTOを務めている。
社外活動として、一般社団法人日本CTO協会理事を務める人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ビジョナルの転職に関わるQ&A


可能性としてはあります。
一定の実績を残して企業に貢献することで、周囲に認められ異動や転勤の可能性が高まります。
そのため、自身のキャリアアップにつなげることができるでしょう。
しかし一方で、同じところで長く働きたいという方には向かないかもしれません。

結論からいうと、業務量が比較的多く、楽して働ける企業ではありません。
時期によっては残業時間が長くなることもあります。
ただし、働いたら働いた分だけしっかりと支給されるため、ブラック企業ではないといえます。

ビジョナルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ビジョナルの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「About」や「Services」、「News」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ビジョナルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

情報通信業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してビジョナルに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、情報通信業をはじめとした企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの情報通信業の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ウイルテックの転職難易度は高い?事業内容や面接時の質問などを解説

ウイルテック転職者の主なキャリアステップ ...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

ビズリーチ転職者の主なキャリアステップ 前職 エンジャパンやパーソルキャリアなど人材紹介会社 楽天やリクルートなどのWEB系事業会社 生命保険会社など 株式会社ビズリーチに転職 ...

メディア総研への転職事情。事業内容や年収、面接の内容などを解説

メディア総研は、新卒の求職者に向けた企業説明会など、就職活動支援イベントの開催などを行っている企業です。 特に理工系の学生にスポットをあてた事業を展開しており、高専生などを中心に高い支持を得ていることが特徴です。 2021年9月...

メイテックへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

メイテック転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 人材派遣会社 株式会社メイテックに転職 次の転職先 SUBARU、タカタなどの自動...

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

ネオキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 WEB系事業会社 ケーブルテレビ 証券会社 株式会社ネオキャリアに転職 次の転職先 デジタルマーケティ...

日総工産への転職は難しい?転職のメリットや年収などを解説

日総工産転職者の主なキャリアステップ ...

セルムへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

セルム転職者の主なキャリアステップ 前職 人事系コンサルファーム 株式会社セルムに転職 次の転職先 人材サービス業界 企業の人材開発部門 ...

パーソルキャリアへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

パーソルキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートキャリア、エムスリーキャリアなどの人材紹介会社 LINEなどのWEB系事業会社 パーソルキャリア株式会社に転職 ...

ビジョナルへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ビジョナルは、株式移転により2020年2月に株式会社ビズリーチの完全親会社として設立されたホールディングスカンパニーです。 圧倒的な知名度を誇っている転職サイト「ビズリーチ」のほか、キャリアアップを目指す社会人のための転職サイト「...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

リクルートキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 都市銀行・地方銀行などの銀行や大手生損保 業種を問わず幅広い営業職出身者 株式会社リクルートキャリアに転職 ...

TOP