人材

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

 
▼下記は、ビズリーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからビズリーチに転職してくるのか
・転職先:ビズリーチからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ビズリーチの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院(修士含む)卒が在籍しています。国立、早慶、MARCHなど高学歴者が多い傾向があります。

職歴

職歴は、エンジャパンやパーソルキャリアなど人材紹介会社のほか、楽天リクルートなどのWEB系事業会社、生命保険会社などが挙げれらます。

退職後の主な転職先

退職後は、WEB系の人材紹介会社や、DeNAメルカリなどのWEB系事業会社などに転職する傾向があります。

ビズリーチは、HRテック・ベンチャーとしてハイクラス専門転職サイト「ビズリーチ」や20代向けの転職サイト「キャリトレ」などを運営する人材紹介事業会社です。
2020年にホールディングカンパニー「ビジョナル株式会社」を設立し、ビズリーチを完全子会社化し、グループ経営へ移行しています。

東京・大阪・名古屋・福岡に拠点をもち従業員数は連結で1405名です。
2007年の創業以来、ビズリーチでは人材関係の事業を展開しており、2016年には人事向けクラウドサービス「HRMOS」をリリースするなど大きな事業展開を見せています。
ビズリーチは中途採用に積極的な企業としても有名で、2020年7月現在55のポジションでの募集を行っています。

ビズリーチへの転職を目指すならまず転職サイト「ビズリーチ」を見るべし!

ビズリーチの年収や事業内容も大切だけど、まずはどんな求人があるのかを調べたい!という方は、まずはビズリーチを確認することをおすすめします。

ビズリーチではビズリーチのハイクラス求人を一覧で閲覧することができます。
転職エージェントを活用する場合でも、事前に情報収集としてチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを埋めることで、非公開情報も閲覧可能となることや、スカウトメールが気やすくなるというメリットがあります。
ビズリーチをフル活用するならば、早めのレジュメ登録がおすすめです。

この記事でわかること

  • ビズリーチの企業概要
  • ビズリーチの転職ポイント
  • ビズリーチの社風や企業文化

ビズリーチに転職するポイント

ビズリーチの特徴

POINT

  • ・ハイクラス向け転職サイト「ビズリーチ」などを運用している企業
  • ・ビジョナル株式会社の子会社化したことで、M&A事業は現在行われていない
  • ・男女関係なく実力が評価され、女性の復職率も高い

ビズリーチへ転職するポイント

POINT

  • ・積極的に中途採用を行っている
  • ・コンサルタントからエンジニアまで50を超えるポジションで募集を行っている
  • ・コンサルタントでは、3年以上の法人営業経験が必須

ビズリーチの企業概要

会社名 株式会社ビズリーチ
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1
社長 多田 洋祐
設立 2007年3月
株式 非上場
株主構成 ビジョナル株式会社 100%

ビズリーチの売上


ビズリーチの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 15,658百万円 21,492百万円
経常利益 686百万円 520百万円

ビズリーチの最新ニュース

ビズリーチの最新情報を掲載しております。

ビズリーチの事業内容

人材紹介サービス事業

ビズリーチではインターネットを活用した人材紹介サービスを中心として事業を展開しています。
2009年にサービスが開始した転職サイト「ビズリーチ」はハイクラス案件に特化することで、業界で初めて求職者側が利用料を支払う「求職者課金モデル」に成功しています。
現在ビズリーチでは、「ビズリーチ」のほかに、20代の転職に特化した転職サイト「キャリトレ」学生のOB/OG訪問訪問支援サービス「ビズリーチ・キャンパス」を提供しています。
ビズリーチは、創業の2007年から2015年にかけて、多くの人材紹介サービスをローンチしており、ビズリーチのアジア版「RegionUP」や、女性向け転職サイト「ビズリーチ・ウーマン」などがリリースされています。

2015年以降、新規事業をリリースする頻度は減ったものの、売上、経常利益は着々と伸びており、2019年度の売上高は200億円を突破しています。

人事管理システム事業

ビズリーチは、2016年にYJキャピタル株式会社や、Salesforce Ventures、株式会社電通デジタル・ホールディングス、楽天株式会社などからの資金調達に成功し、戦略人事クラウド「HARMOS」をリリースしています。
HARMOSは現在、セブン銀行や、セゾンカード、sansanなど、大手企業から、勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い業界で利用されています。
2019年にはSaaS型 従業員データベース 「HRMOS Core (ハーモス コア)」と、SaaS型の従業員データベース 「HRMOS Core (ハーモス コア)」もリリースしており、今後さらなる成長が期待されています。

なおM&A仲介プラットフォームサービス「ビズリーチ・サクシード」は、2020年2月より、グループ会社のビジョナル・インキュベーション株式会社が運営しています。
グループ経営開始に伴い、ホールディングカンパニーを含む3社を設立したことや、M&A事業をグループ企業に譲渡しため、2020年のビズリーチ単体の経常利益は数値上、下がるかもしれませんが、ビズリーチの事業は今後も成長し続けるでしょう。

ビズリーチの転職の募集要項

法人向けコンサルタント/ビズリーチ事業

ビズリーチでは、求職者と企業を繋ぐプラットフォームの運営だけでなく、雇用の流動化という側面からの採用支援を行うコンサルティングも行っています。
法人向けコンサルタントはクライアントに対し、ダイレクトリクルーティングの啓蒙を始めとした採用関連や、市場シェアの拡大などのコンサルティングを行います。
人材業界やIT業界でマネジメント経験のある人材は面接の通過率が高い傾向があるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の法人営業経験

エージェント様向けコンサルタント/ビズリーチ事業

「ビズリーチ」はヘッドハンティングが主流となる転職サイトで、登録しているエージェントは4,400人を超えます。
エージェント様向けコンサルタントでは、国内のヘッドハンター・エグゼクティブサーチ会社のパートナーとして、エージェントのコンサルティングを行います。
少数精鋭で、ビズリーチの中で最も影響度の高い部署となるため、転職難易度は高いですが、非常にやりがいを得られるポジションといえるでしょう。
なお、マネジメントやパートナーセールス、人材業界での業務経験のある人材は採用されやすい傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の法人営業経験

スクラムマスター/HRMOS採用

ビズリーチでは、チームで課題に取り組む社風があります。
スクラムマスターはチームで取り組む全ての関係者に対し、スクラム理論の啓蒙から、促進、サポートを行います。
プロダクトオーナーや、開発チームなど組織全体へのスクラム導入を支援し、価値を最大化させることが求められます。
CSMやCSPOなどのScrum Alliance認定資格や、コーチング、ファシリテーションに関する資格所有者は優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・プロダクトやチームをリードした経験
  • ・スピード感を求められる環境でのハンドリング経験
  • ・アジャイル開発の実務経験
  • ・スクラムマスターの実務経験

ビズリーチの転職難易度

ビズリーチの転職難易度は高いです。
近年メディアへの露出が増えてきており、知名度の高いサービスとなっているため、転職希望者数が多く、競争率が非常に高いことが予想されるため、経験者でも採用を勝ち取ることは簡単ではありません。
経験やスキルがあることは最低条件と考え、前職でどのような実績を残したのか、そしてビズリーチでその経験をどのように活かすことができるのかをアピールすることが重要となります。
なお、ビズリーチは2020年からグループ経営を開始したばかりで、今後新規事業や、グループ会社を増やす可能性が高い企業です。
グループの各企業はそれぞれ特色があるため、応募の際はそれぞれ比較して、なぜその中でビズリーチを選んだのかを明確にする必要があります。

ビズリーチが転職者に求める人物像

ビズリーチの求人募集では、基本的に経験者の即戦力採用のみを行っています。
ビズリーチの現代表多田 洋祐氏は、新たなミッションを「すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会をつくる」というミッションを定めています。
求人ページの募集要項の傾向と代表メッセージから判断すると、ビズリーチはスキルの他に、積極性と柔軟性を求めていることがわかります。
転職希望者一人ひとりのキャリアに寄り添うサービスを提供するビズリーチでは、型にはまった対応だけでなく、積極的なアプローチと臨機応変な対応が求められます。
書類や面接では、積極性と柔軟性を示すことができる具体的な実績をアピールすることが重要となるでしょう。

ビズリーチの転職までの流れ

ビズリーチの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接

想定選考官:人事
志望動機など基本的な部分を聞かれます。

二次選考

想定選考官:マネージャー
自身のキャリアについて深堀されます。職種によっては数回面接が行われる場合があります。

最終選考

想定選考官:マネージャー
入社後のビジョンや方向性のビジョンのすり合わせが行われます。

ビズリーチの面接形式

ビズリーチの面接は1回あたり1時間程度で行われます。
最初の面談から1週間で内定まで決まることもありスピード感を持って面接が進められます。
応募する職種によって面接回数が異なりますが、基本的には3~4次面接で終了します。

ビズリーチの面接内容

ビズリーチの面接は、ディスカッションのように型にはまらない形式で進められます。
面接では、自身のキャリアに対する考え方や、リーダー性などが重視されるため、予め自分の中で回答を用意しておくことをおすすめします。
転職者が実際に面接で聞かれた質問としては、

・自身のWILLとCANについて
・自身の強みをどう活かせるか
・単調な作業にも耐えられるか
・ビズリーチでどのように成長したいか

などがよく挙げられます。

また、ビズリーチはフットワークが軽く、2020年にグループ経営に変更するなど、環境の変化が激しい会社です。
面接では、そういった環境の変化の中でも会社の方針を信じて行動し続けるのかなども確認されることがあるようです。

ビズリーチで働いている方の評判・口コミ

内勤業務 在籍1~3年 女性
年収は思った以上に上がらないので、中途採用の場合は最初の給与交渉は非常に重要になってきます。ただ、営業職以外の人にもディナー費用などの形でインセンティブが発生するため、会社全体的にモチベーションは高いです。業界的に高い給料とはいえませんが、最近では給料のシステムも変わりつつあり給与に対する不満で転職する人は減ってきています。
コンサルタント 在籍1~3年 男性
他の人材紹介会社とは異なるアプローチのビジネスモデルが活用されているため、他社では経験できない内容の仕事が多いです。
人材採用の支援が基本となりますが、経営課題を解決することが根本的な目的となるため、自分の考え方次第で仕事の幅はいくらでも広げられます。

コンサルタント 在籍3~5年 女性
生産性や効率を重視する社風があるため、無駄な残業は一切ありません。20時ごろには会社に誰もいないことがほとんどです。以前までは残業の多い部署もあったようですが会社全体として改善されつつあります。産休や育休制度などの子育て支援が整っているため、女性も働きやすいと思います。
口コミの要約

ビズリーチの口コミで多く見られたものは、仕事のやりがいや、ワークライフバランスに関するポジティブな口コミでした。
残業が少なく、有給取得率が高い職場環境には満足している社員が多いようです。
一方ネガティブな口コミでは、年収に関するものが見られます。出世の難易度も高いため、転職では給与交渉が重要なポイントとなるでしょう。

ビズリーチの年収・給与

年収 497万円〜825万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 マイチョイス(勤務形態選択制度)、クリエイターズタイム(開発者向け業務制度)、各種表彰制度など

ビズリーチでの転職者の出世難易度

ビズリーチの出世難易度は非常に高いです。
業績だけでなくコンピテンシーも重視される傾向があるため、出世するにはビズリーチのミッションとバリューへの深い理解が必須となります。
ただし、ビズリーチは2020年のグループ運営へのシフトチェンジを機に、代表が変わるなど、大きな変化を見せています。
現在、社内のライフワークバランスや年収に関する課題が解決されつつある状態となっているため、今後評価制度が大きく見直される可能性は高いといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 リーダー 600万円
30代中盤 なし 400万円
30代後半 マネージャー 1,000万円
40代前半 部長 800万円
40代後半 部長 700万円

ビズリーチはどんな人が働いている?

ビズリーチの従業員数

1405名(連結)

ビズリーチの平均年齢

30.3歳

ビズリーチの平均勤続年数

記載なし

ビズリーチの社風

ビズリーチでは”すべての人が「自分の可能性」を信じられる会社を作る”というミッションを掲げています。
また、
・価値のあることを、正しくやろう
・変わり続けるために、学び続ける
・お客様の本質的課題解決
・その行動で、ブレイクスルー
・事業づくりは、仲間づくり
という5つのバリューを掲げており、これらに則って会社全体の風土が成り立っています。

掲げているミッションとバリューの共通する大きな部分として社会にインパクトを与えるという点が挙げられます。
社員のほとんどは、これらに本気で向き合っており、安定した企業から転職してきた社員は大きなギャップを感じることも多々あるようです。

また、会社全体として風通しがよくフラットで協力的な雰囲気があります。
上司や先輩にも意見をいうことが評価される風潮があるため経歴や学歴関係なく、自分次第で活躍の場を作ることが可能となっています。

ビズリーチのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇、産休・育児休暇など
平均残業時間 27.3時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ビズリーチの社長

多田 洋祐

中央大学在学時からヘッドハンティング会社で経験を積み、卒業後、人材紹介会社を立ち上げる。
2012年より、ビズリーチへ人事部長として入社。ビズリーチのシステムとヘッドハンティングに関する知識を融合し、「ダイレクト・リクルーティング」という手法を創り上げる。
2014年にキャリアカンパニー長に就任し、2020年のグループ経営への転換により、代表取締役へ就任。
入社時に従業員30人だったビズリーチを、4年間で500人規模の企業へ成長させ”優秀な人材こそが企業成長の源泉である”ということを体現した人物としても知られています。

ビズリーチ現職、OB/OGの有名人

南壮一郎

ビズリーチ前社長。ビジョナル株式会社代表。
マサチューセッツ州タフツ大学卒業後、モルガン・スタンレー証券・東京支店の投資銀行へ入社し、5年間M&Aアドバイザリー業務をこなす。
モルガン・スタンレーを退職後、株式会社S-1 スポーツを設立し、楽天イーグルスの創業メンバーとなり、初年度から黒字化に成功。
2009年にビズリーチを設立し、2020年にはビズリーチを子会社とするビジョナル株式会社を設立し、グループ経営を開始。
今後グループとして、HRテックだけでなく、幅広いビジネスの生産性向上を支える事業を創出していく方針を明言しています。

ビズリーチの転職に関わるQ&A


ビズリーチの特殊な福利厚生としては、
・マイチョイス(勤務形態選択制度)
・クリエイターズタイム(開発者向け業務制度)
・1on1
などが挙げられます。
マイチョイスとは、一定期間、勤務日数や勤務時間などを自身の生活にあわえて組み合わせることができる制度です。この制度のおかげで家族の介護や病気などのリスクで働くことができなくなるリスクを恐れずに働くことができます。

クリエイターズタイムでは、エンジニアやデザイナーなどの専門職の社員が、一日4時間まで1つの作業に集中できる環境を提供するシステムです。

1on1は社員全員が上司と1対1で面談を定期的に行う制度です。業務における目標だけでなく、キャリアについてもじっくり話し合い、その内容に沿ったフォローが受けられます。


ビズリーチは将来性の高い企業です。
ビズリーチでは、一時の流行を追うことよりも、隠れたニーズを発掘することに注力しているため、突然転落するというリスクは非常に低いです。
グループ経営が始まり、TVCMの放映も開始されたなど、現在勢い付いている企業であり、さらにHAROMS事業の拡大も進められているため、今後さらなる成長が期待できる企業といえるでしょう。

ビズりーチへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ビズリーチの中途採用情報は、ビジョナル株式会社のキャリア採用ページから閲覧可能です。
求人情報のほかに、社員インタビューやキャリア採用イベントの情報などが掲載されているため、応募の前には必ず確認しておきましょう。
ただし、ビズリーチの転職で重要なポイントは最初の給与交渉といえます。
公式サイトから応募した場合、個人で交渉を進める必要があるため、年収アップを目的とする転職の場合には、転職サイトや転職エージェントを活用してエントリーすることをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してビズリーチへ転職するならば、やはり当社が運営する「ビズリーチ」からの応募がおすすめです。
ビズリーチは、自分の今の市場価値を把握することができ、適したポジションへ転職がしやすくなるというメリットがあります。

転職サイトを利用するメリットは3つ。

・求人情報数の多さ
・応募までのスピード感
・自分のペースで転職を進められる

転職サイトには公式サイトには載っていない細かい募集要項が記載されているケースが多炒め、転職活動をするのであれば確認は必須です。

また、転職エージェントを利用する場合でも転職サイトで細か情報を事前に調べ、ある程度知識を持ったうえでエージェントに登録することが、転職成功のポイントとなります。

ビズリーチでは年収の相談が可能

ビズリーチには、ビズリーチの求人件数が2件あります。

※画像はイメージです。

ビズリーチは平均年収は約500~800万円程度なのに対し、転職サイト「ビズリーチ」に掲載されている求人情報では、800~1500万円と高収入が期待できるポジションが紹介されています。
また、公式サイトには掲載されていない非公開求人も掲載されているため、ビズリーチの中でもハイクラスのポジションを希望する場合は、転職サイト「ビズリーチ」からエントリーすることをおすすめします。

給与交渉もスムーズに進めるなら「転職エージェント」

ビズリーチへ転職するために転職エージェントを利用するなら「JACリクルートメント」がおすすめです。
JACリクルートメントは成長中のベンチャー企業に強い両面がたの転職エージェントとして有名で、現在急成長しているビズリーチへの転職に最適なエージェントといえるでしょう。

転職エージェントを利用するメリットとしては
・キャリア相談や給与交渉などを含む幅広いサポートが受けられる
・自身と企業との高いマッチング率が高い
・非公開求人案件が非常に多い
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで行ってくれます。
人材系会社への転職は、面接でキャリアについて問われることが多いため、キャリア形成のプロである転職コンサルタントのアドバイスは、ビズリーチへ転職するにあたり非常に強い武器となるでしょう。
また、給与交渉は個人で行うハードルが非常に高いため、出世難易度の高いビズリーチへの転職において、エージェントの利用はほぼ必須といえるでしょう。

JACリクルートメントは両面型でしっかりサポート

リクルートエージェントに掲載されている求人情報を見てみると、人材関連企業の求人情報が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

両面型のエージェントとは、1人の担当者が企業と転職者を直接つなぐ仕組みをとったエージェントです。
片面の場合は企業とやりとりを行うエージェントと、転職者とやりとりを行うエージェントと分業を行っているため、案件数は多いものの、企業の温度感を知ることは困難となります。
両面型であれば、転職先企業とほぼ直接のやりとりができるため、転職サイトや、片面エージェントでは知りえない内部の情報を知ることが可能となります。
ビズリーチは常に変化するスピード感のある企業です。
転職サイトや口コミサイトに載っている情報は古くなっている可能性があるため、ビズリーチへの転職には両面型のエージェントを利用することをおすすめします。

あなたがビズリーチに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

  ▼下記は、ネオキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネオキャリアに転職してくるのか ・転職先:ネオキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

  ▼下記は、リクルートジョブズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートジョブズに転職してくるのか ・転職先:リクルートジョブズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

  ▼下記は、リクルートキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートキャリアに転職してくるのか ・転職先:リクルートキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

  ▼下記は、ビズリーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからビズリーチに転職してくるのか ・転職先:ビズリーチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーキャリアに転職してくるのか ・転職先:エムスリーキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

TOP