人材

リクルートの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

リクルート転職者の主なキャリアステップ

リクルートの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍しており、高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいます。

前職

リクルート在籍者の主な職歴は、アクセンチュアデロイトPwCなどのコンサルファームグリーDeNAなどWeb系事業会社が挙げられます。

次の転職先

リクルートからの転職先として、電通博報堂などの総合広告代理店ソフトバンクなどの国内事業会社、クックパッドメルカリなどのWeb系事業会社へ転職しています。

リクルートは、新卒採用メディアや中途採用メディアといった人材関連サービスや、住まいや婚活などの分野を手掛けるなど、非常に幅広い事業を展開している企業です。
個人と企業をつなぎ、さまざまな選択肢を提供することで、「まだ、ここにない、出会い。」というビジョンの実現を果たしています。
さらには、2022年にスマートフォンで簡単に支払いができる請求書管理サービス 「Airインボイス」 を提供開始するなど、非常に幅広く展開している企業です。
リクルートでは、エンジニアや営業といった幅広いポジションで、意志力があって倫理的思考で行動できる人材を求めています。

リクルートへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・リクルートの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、リクルートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • リクルートの企業概要
  • リクルートの転職ポイント
  • リクルートの社風や企業文化

リクルートに転職するポイント

リクルートの特徴

POINT

  • ・国内最大手の人材関連サービスを手掛けるグループ企業
  • ・人材関連以外にも、住まいや婚活、自動車など、幅広く手掛ける
  • ・国内のみならず、海外へも展開しており、その売上比率は40%以上を誇る

リクルートへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアや営業などのポジションで求人募集
  • ・意志力があり、倫理的思考で行動できることが肝心

リクルートの企業概要

会社名 株式会社リクルート
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
社長 北村 吉弘
設立 2012年10月1日
株式 非上場
株主構成 記載なし

リクルートの売上

リクルートは非上場のため、親会社である株式会社リクルートホールディングスの売上高を掲載いたします。

リクルートホールディングスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 2,399,465百万円 2,269,346百万円 2,871,705百万円
税引前利益 226,149百万円 168,502百万円 382,749百万円

リクルートの最新ニュース

リクルートの事業内容

リクルートは、新卒採用メディアや中途採用メディアといった人材関連サービスを主軸に展開している国内最大手のグループ企業です。
主力として、学生や既卒生を対象にした就職に関する情報を提供するサービス「就職ジャーナル」や「リクナビ」、中途採用などの転職者に向けたサービス「リクナビNEXT」や「はたらいく」などが挙げられます。
そのほかにも、借りるや購入、リフォームといった住まいに関するサービス「SUUMO」や、ブライダルに関する情報を提供する「ゼクシィ」、中古車に関する情報を幅広く取り揃えた「カーセンサー」なども提供しています。
さらには、学習や旅行、ビューティー関連のサービスを手掛けるなど、非常に幅広く展開している企業です。
今後も、日々変化をしていく現代のなかで、時代にマッチしたサービスの提供をしていくことを目指しています。

リクルートの募集要項

BIエンジニア

BIツールの調査や導入、教育、運営推進など、幅広い業務を担うポジションです。
具体的には、世の中のBIツールの調査やリクルート社内のBI活用調査の実施、その調査結果に基づいたBI戦略方針の立案、BI基盤の運用と保守ディレクションを行います。
また、新規基盤の構築や導入推進ディレクション、BI利用者に向けた教育プランニングや勉強会企画を行うなど、さまざまな業務に関われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・BIツールに関する基礎知識と実務経験
  • ・データ活用に関する基礎知識や実務経験
  • ・データやテクノロジーへの関心があり、技術を用いてビジネス課題を解決するスタンス

ソリューション営業

SUUMOへの掲載率が低いエリアにおいて、クライアントの経営課題解決に向けた提案を行うポジションです。
また、SUUMOを活用した集客戦略提案だけにとどまらず、クライアントの事業課題にまで入りこむ場合があります。
そのため、クライアントのブランド戦略や商品戦略、組織戦略をともに検討し、クライアントの研修実施なども行う職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何かしらの営業経験
  • ・戦略コンサルティングの経験
  • ・事業会社の経営企画や営業企画、マーケティングの経験 など

プロダクト開発ディレクター

リクルートグループの決済サービスにおける企画や開発からリリース後のサービス改善までのディレクションを担うポジションです。
また、担当サービスのリニューアルや新商品、新機能リリース、新サービスのリリースなどにおけるシステム企画から開発のディレクションまでも一貫して行います。
マーケットや業務に精通し、システムをプランニングすることでサービスの成長推進に貢献できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・SIerやNet系企業などにおける開発プロジェクトのマネジメント経験
  • ・要件定義からリリース後の保守運用までの一通りの開発プロセス経験
  • ・QRコード決済やペイメントなどの企画や開発経験、その業務に関わる知見の保有

リクルートの転職難易度

リクルートの転職難易度は比較的高いです。
リクルートでは、非常に多くのポジションで中途採用によるキャリア募集がされていますが、どのポジションでも一定以上のスキルや経験が求められます。
そのため、未経験の場合や経験が浅い場合は、転職が難しいかもしれません。
リクルートへの転職を目指すなら、リクルートが欲している能力にマッチしていることを効率的にアピールできることが肝心です。

リクルートが転職者に求める人物像

リクルートでは、自分なりに「これがやりたい」や「こんなことを実現してみたい」といった意志力を持つ人材を求めています。
そのほかにも、思考を構造化して分かりやすく伝えられる倫理的思考を持つ人材や、意志力に比例して成長するという成長意欲を持った人材も求めています。
リクルートは、ともに成長し、より良いサービスを創出することを目指している企業なので、これらの能力を活かすことができるでしょう。

リクルートの転職までの流れ

リクルートの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・筆記試験

想定選考官:人事・現場マネージャー
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:部長・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

リクルートの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官が複数人で行われることがほとんどです。
面接回数は基本的に3回ですが、職種によって前後する可能性があります。
1回あたりの時間は1時間程度で標準的な長さです。

リクルートの面接内容

リクルートの面接は、志望動機や前職までの経験といった定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「ここで働いて将来どうなりたいか」などの未来志向を問う質問や、「自分の性格を説明して」といった人柄を問うような質問もされる傾向にあります。
これといった回答しづらいような質問をされることはほぼありませんが、こちらの回答に対して「それはなぜ?」と深堀されることが多いため、一貫性のある回答ができることが大切です。
自己分析はもちろんのこと、企業研究もしっかりと行い、どのような質問にも堂々と回答できるように準備しておきましょう。

リクルートの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くの求人が載っている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・回答に対し、何度か深堀される傾向がある

営業、20代後半、男性
なぜ人材業界で働きたいのかを質問されました。就職支援の手助けをし、一人でも多くの方に良い就職をしてもらいたいという考えを軸にアピールしました。
エンジニア、30代前半、男性
今までリクルートが手掛けるサービスを活用したことがあるかを聞かれました。以前家探しの際にSUUMOを活用させてもらったことを伝えました。
企画、20代後半、女性
志望動機といった定型的な質問が中心でした。特段回答しづらい質問はされませんでしたが、何度か深堀されました。あらかじめ矛盾のないように回答を用意しておくことが大切だと感じました。

リクルートで働いている方の評判・口コミ

カウンセラー、在籍1~3年、男性
自分のやりたいことをやらせてもらえる環境があり、現場レベルでもポジション関係なく自分の意見がいえます。その意見を汲み取ってくれる文化もしっかりと根付いているため、働きやすい環境があると感じます。
法人営業、在籍5~7年、男性
自分のやりたいことが明確であれば積極的に手を挙げることができ、上長もその目標に向かって支援してもらえる姿勢があります。また、日々さまざまな方と関わりながら業務を進めるため、人の見方や対人折衝スキルが向上するでしょう。
法人営業、在籍3~5年、女性
フレキシブル休暇制度が採用されているため、年間休日は145日あります。残業時間の規制も厳しいため、長く働きすぎるということはありません。そのため、仕事とプライベートをメリハリつけて働けるでしょう。
口コミの要約

リクルートの口コミを見てみると、やりたいことをやらせt貰える環境があり、手を挙げることでチャレンジできるということが伝わってきます。また、年間休日が多く、残業時間を厳しく取り締まっているため、働きやすい環境があるということが伺えます。

リクルートの年収・給与

年収 965万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月35時間分)
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 表彰制度、各種ガジェット貸与、部活動費補助制度、服装自由など

リクルートでの転職者の出世難易度

リクルートの出世難易度は比較的高いです。
リクルートでは、仕事に対する評価に男女差別などはなく、どんな方でも正当な評価を得ることができます。
しかし、優秀な方が多く在籍しており、それぞれ評価を得ているため、自身が出世するということは簡単ではありません。
また、実績以外にも、仕事に対して真剣に取り組んでいることや視座が高いことなどが出世するためには必要な要素として挙げられます。
リクルートでの出世を目指すなら、これらを意識しながら日々努力することで出世できる可能性が高まるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 500万円
20代後半 なし 700万円
20代後半 なし 900万円
30代中盤 部長 800万円
30代前半 なし 900万円
30代後半 なし 1,300万円
40代前半 なし 900万円
40代前半 部長 1,700万円
50代前半 なし 1,500万円

リクルートはどんな人が働いている?

リクルートの従業員数

17,327名(アルバイト・パートを含む)

リクルートの平均年齢

38.7歳

リクルートの平均勤続年数

6.2年

リクルートの社風

リクルートは、非常に風通しが良く意見がしやすい社風です。
そのため、自分のやりたいことや目指しているビジョンを発言することでき、それに向かって上司や先輩が支援してくれるという雰囲気があります。
また、人を大切にするという風土があるため、社員一人一人を大切にしている傾向があり、どのような方にとっても働きやすい環境づくりにも力を入れています。
働きやすい環境のなかで自分らしく働きたいと考える方には、向いている企業といえるでしょう。

リクルートのワークライフバランス

副業可否 可能(応相談)
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、GW休暇、夏季休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月40~60時間
フレックス制度 有り(業種による)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

リクルートの社長

北村 吉弘

1997年に株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)へ入社。
2009年にブライダルカンパニーのカンパニーオフィサーに就任。
翌年、美容情報カンパニーのカンパニー長、美容情報カンパニーのカンパニー長兼CAPカンパニーポンパレ事業推進室推進室長に就任。
その後も、CAPカンパニーの美容ディビジョンディビジョン長や株式会社リクルートライフスタイルの執行役員、株式会社リクルートホールディングスの執行役員などを歴任。
2018年より、株式会社リクルートの代表取締役社長を務めている。

リクルート現職、OB/OGの有名人

出木場 久征

1975年生まれ、鹿児島県出身。
早稲田大学商学部卒業後、株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)へ入社。
2012年に株式会社リクルートホールディングスの執行役員R&D、グローバル本部アジアジョブボード担当に就任。
同年、Indeed, Inc.のチェアマン、翌年Indeed, Inc.のCEO兼チェアマン、さらに翌年にはIndeed, Inc.のCEOに就任。
その後も、株式会社リクルートホールディングスの常務執行役員やグローバルオンラインHR SBU(現 HRテクノロジーSBU)担当、専務執行役員などを歴任。
2018年より、株式会社リクルートの取締役を務めている。
そのほかにも、株式会社リクルートホールディングスの代表取締役社長兼CEOも務めている人物。

リクルートの転職に関わるQ&A


非常に多くの実績を残し、周囲に認められることでほかの関連企業に異動することがあります。
そのため、心機一転して気持ちを新たに働けるでしょう。

最初は契約社員としての採用だったとしても、基本的に正社員登用前提での採用です。
入社1年程度が経過し、一定以上のスキルや経験を身に付けることで正社員になることができます。
ただし、そのためには努力が必要不可欠であるため、努力を怠らないようにしましょう。

リクルートへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

リクルートの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージやサービス、株式会社リクルートについてなど、有益な情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
現職で忙しくなかなか転職活動に時間を割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、リクルートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募までを自分のペースで転職活動をするなら、「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

人材関連企業の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの人材業界の平均年収は800万円〜1,500万円程度で、別サイトよりも比較的高い水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「人材関連企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

セルムへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

セルム転職者の主なキャリアステップ 前職 人事系コンサルファーム 株式会社セルムに転職 次の転職先 人材サービス業界 企業の人材開発部門 ...

ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

ビズリーチ転職者の主なキャリアステップ 前職 エンジャパンやパーソルキャリアなど人材紹介会社 楽天やリクルートなどのWEB系事業会社 生命保険会社など 株式会社ビズリーチに転職 ...

リクルートの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

リクルート転職者の主なキャリアステップ ...

ビジョナルへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ビジョナルは、株式移転により2020年2月に株式会社ビズリーチの完全親会社として設立されたホールディングスカンパニーです。 圧倒的な知名度を誇っている転職サイト「ビズリーチ」のほか、キャリアアップを目指す社会人のための転職サイト「...

株式会社ワンキャリアの転職事情。事業内容や年収、面接内容などを解説

ワンキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 ぐるなびなどのWEB事業者 三井住友銀行、第一生命保険などの金融 人事コンサルタント 株式会社ワンキャリアに転職 ...

エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

エムスリーキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系代理店 ベンチャー 医療やヘルスケア領域の事業会社 エムスリーキャリア株式会社に転職 次の...

日総工産への転職は難しい?転職のメリットや年収などを解説

日総工産転職者の主なキャリアステップ ...

スローガンの転職事情。事業内容や年収、転職難易度などを解説

スローガン転職者の主なキャリアステップ ...

メイテックへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

メイテック転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 人材派遣会社 株式会社メイテックに転職 次の転職先 SUBARU、タカタなどの自動...

BCC株式会社の転職事情。口コミや年収などを解説

BCC転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 BCC株式会社に転職 次の転職先 SIer ソフトウェア開発会社 化学メーカー ...

TOP