人材

スポーツフィールドの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、スポーツフィールドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからスポーツフィールドに転職してくるのか
・転職先:スポーツフィールドからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・プロパー社員
      

  • 株式会社スポーツフィールド

  • 主な転職先

    ・転職事例はほとんどなし

スポーツフィールドの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

スポーツフィールド在籍者はほとんどがプロパー社員であり、これといった職歴はありません。

退職後の主な転職先

スポーツフィールドからの転職事例はほとんどありません。

スポーツフィールドは、アスリート向けのキャリア支援事業などを行っているスポーツ総合支援会社です。
現在、日本全国に全11拠点を展開しており、同事業分野では日本で唯一の上場を果たしています。
在籍している社員の9割以上が大学の体育会やプロスポーツ出身のアスリート人材であることでも知られている企業です。
この記事では、スポーツフィールドへの転職を成功させるうえで必ず知っておきたい、面接の傾向や対策ポイント、口コミなどを解説します。

スポーツフィールドへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・スポーツフィールドの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • スポーツフィールドの企業概要
  • スポーツフィールドの転職ポイント
  • スポーツフィールドの社風や企業文化

スポーツフィールドに転職するポイント

スポーツフィールドの特徴

POINT

  • ・アスリートのキャリア支援事業を手掛ける日本の上場企業
  • ・社員の90%以上は体育会やプロスポーツ業界などでの経験を持つ
  • ・有給が取得しやすく、ワークライフバランスは良いと定評がある

スポーツフィールドへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・総合職やエンジニアで求人募集
  • ・人間性に富んでおり、信頼できる人物であることが肝心

スポーツフィールドの企業概要

会社名 株式会社スポーツフィールド
本社所在地 東京都新宿区市谷本村町3-29 FORECAST市ヶ谷4F
社長 篠﨑 克志
設立 2010年1月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 篠﨑克志(22.91%)
伊地知和義(11.74%)
加地正(11.74%)

スポーツフィールドの売上

スポーツフィールドの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,516,370千円 1,917,813千円 1,883,269千円
経常利益 113,916千円 192,045千円 32,016千円

スポーツフィールドの最新ニュース

スポーツフィールドの事業内容

スポーツフィールドは、アスリートなどのキャリア支援を行う「スポーツ人材採用支援事業」を展開している企業です。
大学の体育会に所属するアスリートなどをメインターゲットとし、人材紹介事業を行うことで就職支援を行っています。
スポーツ人材に特化していることがスポーツフィールドの強みであり、2020年3月卒業生では、5,300名以上の学生を約800社に紹介したという実績があります。
早期退職の防止にも力を入れており、紹介した人材が早期退職した場合は成功報酬金の一部返金なども行っており、既卒者をターゲットとした人材紹介事業も行うなど、幅広く手掛けている企業です。

スポーツフィールドの募集要項

総合職

スポーツフィールドの将来的な幹部の候補として、幅広い仕事に携わるポジションです。
具体的には、個人向け・法人向けの各種営業活動や、学生向けの広報活動、イベントの企画や運営、学生向けサービスの運営などを行います。
非常に幅広く携われるため、さまざまな経験を積むことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・経営理念への共感があり、スポーツに対する熱い想いを持つ

エンジニア

スポーツフィールドの展開するWEBサービス「スポナビ」のシステム開発や営業支援などに用いられる各種社内システムの企画、開発や設計などを担当するポジションです。
また、スポナビそのものの開発のほか、管理システムや社内業務システムの開発の担当となる場合もあります。
開発する対象によっては、PHPやRubyなどが用いられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・経営理念への共感があり、スポーツに対する熱い想いを持つ

スポーツフィールドの転職難易度

スポーツフィールドの転職難易度は中程度です。
基本的に総合職とエンジニア採用を中心に中途採用によるキャリア募集をしており、スポーツフィールドの特徴として、多くのポジションで実務経験が設定されていないことが挙げられます。
実務経験よりも人物面を重視した選考を行っているため、異業種からの転職も可能です。
しかしながら、面接では細かに応募者の人となりをチェックされるため、簡単に転職できるというわけではありません。
スポーツフィールドへの転職を成功させるためには、手抜かりのない面接対策が必要不可欠でしょう。

スポーツフィールドが転職者に求める人物像

スポーツフィールドは、「カスタマーファースト」「ブレイクスルー」「信頼」など、計10この行動指針を掲げています。
転職者には、これらの行動指針を始めとしたスポーツフィールドの経営理念に深く共感するとともに、スポーツに携わりたいという熱意に溢れた人材を求めています。
また、スポーツフィールドが展開している事業は人材紹介であり、企業と紹介業者、紹介業者と個人の間に信頼関係がなくては成立しません。
そのため、採用でも「人間性に富んだ信頼できる人物であるか」を見極められます。
求める人物像をしっかりと頭に入れたうえで面接に臨むと良いでしょう。

スポーツフィールドの転職までの流れ

スポーツフィールドの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:役員
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

スポーツフィールドの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ありますが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分前後であり、標準的かやや短いです。

スポーツフィールドの面接内容

スポーツフィールドの面接は、志望動機や前職の退職理由など、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「自己PRしてください」や「特技や趣味はなんですか?」など、人柄を見るような質問をされる傾向があります。
これといった変わった質問をされることはありませんが、こちらの回答に対して、「それはなぜ?」と深堀されるため、入念な自己分析が必要です。
企業研究もしっかりと行い、どのような質問にも一貫性のある回答ができるように準備してから面接に臨みましょう。

スポーツフィールドの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトの募集ポジションはそれほど多くない
・求人情報はDODAやマイナビ転職などでも確認可能
・オンライン面接あり

営業、在籍4年、男性
待合室で待機後、面接会場へ移動する流れでした。面接内容は一般的で、志望動機や入社後にやりたいことなどを丁寧に聞かれた印象です。
営業、在籍2年、女性
オンライン面接でしたが、上手くコミュニケーションが取れるように配慮してくれました。面接は2回とも、自己PRと志望動機などがメインです。逆質問の時間もありました。
事務、在籍7年、男性
役員が面接の担当でした。自己PRや志望動機などについて細かく聞かれますが、答えやすいように配慮してくれるため、答えに窮するような質問はなかったです。
営業、在籍8年、女性
自己PRを要求されたので、新しいことに挑戦することが好きなことと、大学時代にスポーツで実績を上げていたのでその旨を具体的に伝えました。面接官は1回目はお若い方で、2回目は役員でした。
エンジニア、在籍1年、男性
質問は大きく2つあり、自己PRなど自己分析に関わることと、志望動機でした。できるだけ手短に答えるよう要求されたため、要点を絞って答え、回答が長くなりすぎないように意識しました。

スポーツフィールドで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
大企業によくあるようなトップダウン方式ではなく、社員一人一人からの声を組み上げるボトムアップ方式で仕事に取り組もうとする風土があります。手を挙げれば若手でもやらせてもらえる雰囲気もあり、新規事業の立ち上げなども盛んなため、チャレンジ意欲のある人には向いています。
バックオフィス、在籍5~7年、男性
社内には何らかのスポーツを経験していた人が多く、入社後も部活動などで活動を続ける方が多数在籍しています。そのような活動にも理解を得られやすい雰囲気があり、仕事と競技を両立している方も多いでしょう。
エンジニア、在籍3~5年、女性
産休や育休をとっている方が多く、男女問わず働きやすい会社と感じます。また、女性社員は4割近く在籍しており、女性だからといってキャリアが歩めないということもないため、バリバリ働きたいという女性でも活躍しやすいでしょう。
口コミの要約

スポーツフィールドの口コミを見てみると、人間関係は比較的フラットであり、基本的に手を挙げれば誰でもやらせてもらえる風土があると伝わってきます。また、運動経験者が多いことから部活動も盛んで、社内の理解も得られやすい雰囲気があるということが伺えます。

スポーツフィールドの年収・給与

年収 430万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 25歳以下帰省手当、エリアMVP表彰制度、社内表彰制度など

スポーツフィールドでの転職者の出世難易度

スポーツフィールドの出世難易度は中程度です。
スポーツフィールドの評価制度は、入社後の経過年数や学歴などに一切関係なく、実力で評価される仕組みがあります。
そのため、中途採用と新卒採用の間で出世に差が出ることはなく、中途採用者でも出世の機会が十分ある企業だといえます。
一方、配属されるエリアごとに出世速度に違いがあり、チームで成果を上げてもポストが開かないと出世ができないなどの不公平感は多少残ります。
評価基準も厳しく感じる社員が少なくなく、決して簡単に出世できるわけではないといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 代理 600万円
30代中盤 課長 700万円
30代後半 リーダー 600万円

スポーツフィールドはどんな人が働いている?

スポーツフィールドの従業員数

233名

スポーツフィールドの平均年齢

28.6歳

スポーツフィールドの平均勤続年数

2.9年

スポーツフィールドの社風

スポーツフィールドは、ベンチャーらしくボトムアップで仕事に取り組んでいくという特徴を持つ企業です。
在籍している社員もスポーツが好きな方が多く、仕事に対する熱意は全体的に高い傾向があります。
また、新規事業の開拓など、自らさまざまな仕事にチャレンジしていく方が評価される風土があるため、積極的行動したいという方には向いている企業だといえるでしょう。

スポーツフィールドのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:50〜18:00
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 祝日、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月31.4時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

スポーツフィールドの社長

篠﨑 克志

1982年生まれ。
2005年に株式会社リンク・ワン入社後、翌年ガーディアンシップへ転職。
さらにその翌年、株式会社ガーディアンウィル(現・株式会社スポーツリンク)へ入社し、2009年に取締役就任。
2010年、株式会社スポーツリンク埼玉(現・株式会社スポーツフィールド)の代表取締役に就任。
そのほかにも楽天株式会社や株式会社ローソン、株式会社角川グループホールディングスなどで取締役を歴任した人物。

スポーツフィールド現職、OB/OGの有名人

伊地知 和義

2006年に株式会社ウィルに入社。
2009年に株式会社スポーツリンク九州の代表取締役に就任。
2014年、株式会社スポーツフィールドに入社し、取締役副社長に就任。
そのほかにも、株式会社エスケイの取締役や株式会社エスエフプラスの取締役社長を務めている人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

スポーツフィールドの転職に関わるQ&A


スポーツフィールドは、約90%の社員が大学時代やプロスポーツなど、何かしらのスポーツ経験があります。
しかし、1割前後の社員はこれといったスポーツ経験を有していません。
そのため、スポーツ経験がなくても入社することは十分可能でしょう。
一方、求める人物像として「スポーツに対する熱い想い」が掲げられているため、経験がなくてもスポーツに対する関心や興味があることはアピールする必要があるといえます。

スポーツフィールドは、配属されるエリアや部署にもよって異なるものの、社員のおよそ4割が女性社員です。
産休や育休などの制度も整っており、男女問わず活躍できる環境が整っているといえます。
評価制度も実力主義のため、女性だから出世しにくいということもありません。
実際に女性幹部も多数在籍しているため、キャリアについても心配はないといえるでしょう。

スポーツフィールドへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

スポーツフィールドの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「代表メッセージ」や「スタッフ紹介」、「社員インタビュー」などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してスポーツフィールドに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、人材サービス業界などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの人材サービス業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

あなたがスポーツフィールドに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

  • 関連記事

    branding engineer(ブランディングエンジニア)への転職情報まとめ。面接内容や口コミなどを解説

    ▼下記は、branding engineerに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからbranding engineerに転職してくるのか ・転職先:branding engineerからどこへ転職するの...

    アウトソーシングテクノロジーの転職事情。難易度や面接内容などを解説

    ▼下記は、アウトソーシングテクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアウトソーシングテクノロジーに転職してくるのか ・転職先:アウトソーシングテクノロジーからどこへ転職するのか 一般的な...

    パーソルキャリアへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

    ▼下記は、パーソルキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからパーソルキャリアに転職してくるのか ・転職先:パーソルキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

    エムスリーキャリアの転職はおすすめ?年収や難易度について調査

    エムスリーキャリア転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系代理店 ベンチャー 医療やヘルスケア領域の事業会社 エムスリーキャリ...

    ビズリーチの転職難易度は?採用情報や将来性を調査!

      ▼下記は、ビズリーチに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからビズリーチに転職してくるのか ・転職先:ビズリーチからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

    スポーツフィールドの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

    ▼下記は、スポーツフィールドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスポーツフィールドに転職してくるのか ・転職先:スポーツフィールドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

    メイテックへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

    ▼下記は、メイテックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメイテックに転職してくるのか ・転職先:メイテックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

    リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

    リクルートキャリア転職者の主なキャリアステップ ...

    リクルートジョブズへ転職するべき?年収や難易度について解説

    リクルートジョブズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い 株式会社リクルートジョブズに転職 ...

    ネオキャリアへの転職難易度は?面接時にされる質問や口コミなどを解説

      ▼下記は、ネオキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネオキャリアに転職してくるのか ・転職先:ネオキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

    TOP