コラム

エンワールドの評判は良い?悪い?口コミや特徴をご紹介


ミドル~ハイクラス層の求職者はできるだけ好条件・好待遇の企業へ転職を希望し、それに特化した転職サイト・エージェントを活用したいものです。適した転職サイト・エージェントの活用ができていなかった場合、「マッチする企業と出会うことができなかった」「自分の能力・職歴を活かした転職が難しい」といった壁にぶつかる可能性もあります。この記事ではそんなミドル~ハイクラス層の転職に最適な転職エージェント「エンワールド」について詳しく解説。エージェントの特徴や、実際に利用した転職者の声からメリット・デメリットまで細かく分析していきます。

転職サイトエンワールドとは


引用元:https://www.enworld.com/
多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本トップクラスの人材紹介サービス「エンワールド」。トータル・タレント・エンゲージメントという新たなアプローチで求職者の長期的なキャリア構築と、人材確保で悩むクライアント企業の双方にメリットが期待できるサポート提供しているようです。特にミドル~ハイクラス層の転職支援を得意とし、外資系からグローバル企業まで多岐にわたる業界への転職を希望することが可能です。

エンワールドの特徴

エンワールドの基本情報を紹介しましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。エンワールドの特徴は以下の2点です。

  • ・転職先決定後も長期的なキャリア構築をサポートしてくれる
  • ・業界・職種専門のコンサルタントがニーズに合わせやコンサルティングを実現

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴① 転職先決定後も長期的なキャリア構築をサポートしてくれる

エンワールドでは転職を希望する求職者と密に連携し、目標・要望・スキルを把握したうえで最適な転職先の紹介が期待できるようです。また、面接の準備や心構えなどの転職プロセスによるサポートも充実しています。求職者に対して「入社後活躍」という企業ミッションを掲げながら転職支援を行っているため、転職者の就業開始後も継続的にフォローアップ、転職先企業での活躍まで支援してくれます。

特徴②業界・職種専門のコンサルタントがニーズに合わせたコンサルティングを実現

エンワールドに在籍するキャリアコンサルタントは、主要な業界と多様な職種に精通しており各分野におけるトップ企業とも提携。インターブランド社の「Best Global Brands」ではトップ100社のうち93社の採用支援実績があります。実際に転職支援を行う際には在籍コンサルタントがチームで転職希望者のサポートを行うことで、転職希望者と採用企業の情報を共有し、双方のチャンスを広げています。

エンワールドの良い評判・メリット

ここまでエンワールドの基本情報や特徴をご紹介しました。では具体的にいい評判やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここからは実際の口コミをもとに、エンワールドの評判・メリットをご紹介します。エンワールドのメリットは主に以下の2つです。

  • ・利用者に合わせたアプローチを検討してくれる
  • ・応募プロセスが明確で安心して利用することができる

それでは見ていきましょう。

メリット①:大手企業への転職のチャンスがある

30代後半・男性
キャリアアップを目的とした転職を希望しました。30代の転職実績が豊富で、コンサルティングは各業種・職種に精通した方が複数で行ってくれたため、とても安心感がありました。

30代後半・女性
ライフスタイルに合わせた働き方が可能な企業への転職を希望しました。正社員のみではなく、現在の給与や雇用待遇を維持した契約社員や派遣社員の提案もあり、新たな選択肢を考える良い機会をいただけました。

転職希望者の要望を細かくヒアリングすることで、転職希望者の要望に沿った転職を実現しているようです。場合によっては正社員以外の働き方も提案し、転職者のライフワークバランスが保ちやすいように新たな選択肢を与えてくれるといった声も多数寄せられました。また、長期的な転職活動にも親身になって対応してくれるため、これらの背景が企業と転職希望者のより良いマッチングにつながっているのでしょう。

メリット②:応募プロセスが明確で安心して利用することができる

40代前半・女性
転職活動は企業と面接のアポイントや、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策などやることが多くて大変なイメージでした。しかし、エンワールドでは転職者の負担が少なくなるように応募プロセスを組んでくれているので、働きながらでも転職活動を進めることができました。
30代後半・女性
個人で企業とやり取りをしていると連絡の見落としが発生する危険性もありますが、エンワールドでは転職活動における必要なプロセスをほとんどサポートしてくれるため、非常に心強かったです。

企業とのやり取りや応募の管理を面倒に感じる転職希望者は少なくないはずです。特に働きながら転職活動を行う求職者は、できるだけ負担を減らした転職活動を望みます。エンワールドではそういった転職希望者の要望に応えられる応募プロセスを完備しているため、「スムーズな転職活動ができた」「安心して転職活動を進めることができた」といった声が数多く挙がっているようです。

エンワールドの良い評判は本当?口コミを徹底検証

実際のエンワールドのいい評判に関して、口コミをもとに紹介してきました。しかしこれらの評判は本当なのでしょうか。ここでは前述したエンワールドの2つのメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:利用者に合わせたアプローチを検討してくれる


引用元:https://www.enworld.com/employers/achievements

エンワールドでは、転職希望者がプロフェッショナルとして、また1人の人間として何を求めているかを重視しながらコンサルティングを行っています。転職希望者を親身になって聞いてくれますが無理に転職を進めることはなく、長期的な転職活動・キャリア構築をサポートしてくれます。また、転職希望者の希望や求人商情報を複数のコンサルタントと共有することで、より適した企業を見つけるチャンスを広げています。

メリットの検証②:応募プロセスが明確で安心して利用することができる

引用元:https://www.enworld.com/candidates

Web登録から入社後フォローまで6つのステップでプロセスを組むことによって転職希望者に必要なサポートを行っています。不安に思うことや不明点、今後のキャリアに関する相談がある場合には気軽にコンサルタントに相談してみましょう。

エンワールドの悪い評判・デメリット

ここまで良い評判やメリットを解説してきましたが、逆に悪い評判も気になるものです。ここでは実際の口コミを元にエンワールドの悪い評判・デメリットについてご紹介します。エンワールドのデメリットは主に以下の2つです。

エンワールドのデメリットは、主に以下の3点です。

  • ・紹介可能企業の件数が少ない
  • ・地方での転職が難しい

それでは見ていきましょう。

デメリット①:紹介可能企業の件数が少ない

30代後半・男性
いくつか企業を紹介していただきましたが、他の転職エージェントと比べて求人数が」少ない気がします。また、ハイキャリア向けの求人がほとんどなので、ある程度のスキル・経験がない転職希望者はほとんど紹介できる企業がないと思います。

40代前半・女性
1つの業界で長く勤めてきたため転職における職歴の壁はクリアしていると思っていました。しかし、職歴だけではなくスキルも必要なようで、実際に紹介してもらえた企業は少なく選択肢が限定されている印象を受けました。

ミドル~ハイクラス層をターゲットに比較的ハイキャリアな求人を多く取り扱う傾向が強いため、転職希望者のスキルや経験によっては多くの企業紹介を受けられない場合もあるようです。多数の企業の中からマッチする企業を見つけたい場合は他の転職エージェント・サイトを活用する、又は併用したほうが効率的な転職活動になるでしょう。

デメリット②:地方での転職が難しい

30代後半・女性
地方での転職を希望し、キャリアコンサルタントに相談しました。しかし、数件しか求人を保有していないと言われ、条件もミスマッチな求人だったのでエンワールドからの転職は断念しました。

30代後半・女性
首都圏の求人が保有求人のほとんどを占めていて、地方で転職を希望する人には不向きだと思います。地方での転職を希望する場合は、それに特化した別の転職サイト・エージェントに登録したほうがスムーズな転職活動になると感じました。

地方の求人が少なく、あっても条件にマッチしない場合が多いといった意見がありました。エンワールドはミドル~ハイクラス層の転職希望者をターゲットとした転職エージェントであると同時に、外資系・グローバル企業の求人に特化した転職エージェントであるため、そういった企業は勤務地が首都圏近郊になりがちです。このような背景から、地方での求人数が少ないことが想定されます。

エンワールドの悪い評判は本当?検証して分かった実情

上記にてエンワールドの悪い評判に関して実際の口コミをもとに紹介してきました。こちらもメリットと同様、事実なのか気になるところです。ここでは、前述したエンワールドの2つのデメリットを実際に検証していきます。

デメリットの検証①:紹介可能企業の件数が少ない

転職エージェント 求人
dodaエージェント 134,023件(非公開求人含む)
リクルートエージェント 126,702件(非公開求人含む)
マイナビエージェント 29,737件(非公開求人数非公開)
ビズリーチ 63,088件(非公開求人含む)
エンワールド 879 件(非公開求人数非公開)

エンワールドは公開求人だけで1000件以上の求人を保有し、その他にも非公開求人を保有しています。しかし、国内最大手の人材紹介事業を展開するリクルートなどと比較すると、全体の求人数はやや少ないようです。外資系の求人数だけを見るとリクルートとほぼ同数の求人数を誇りますが、その他の業界へ転職を希望する場合は求人数が少ないと感じるでしょう。

デメリットの検証②:地方での転職希望が難しい


引用元:https://www.enworld.com/shigoto/permanent
公開されている求人のみで、勤務地ごとの求人を見てみると確かに地方に行くにつれて求人数が少なくなっているようです。東京・大阪・愛知の求人数に関しては記事の後半で詳しく紹介しますが、地方での転職を希望する場合は別の転職サイト・エージェントを活用することをおすすめします。希望する勤務地の求人が少ないにもかかわらず、利用を続けることは貴重な転職活動の時間を無駄にしてしまうため注意が必要です。

エンワールドの総評

ミドル~ハイクラス層の転職を得意とし、外資系やグローバル企業への転職を希望する求職者には最適な転職エージェントです。複数のコンサルタントが求職者や提携企業の情報を共有し、転職者と企業の双方にメリットが生じるサポートを行ってくれる、個人に最適なプランを立てることで長期的な転職活動やライフワークバランスを考慮した転職を実現してくれるなどの特徴が魅力といえるでしょう。しかし、ハイキャリア向けの転職エージェント特有のデメリットも存在し、スキル経験が少ない求職者や地方での転職を希望する場合は思うような転職支援を受けられない可能性があります。これらのデメリットを考慮したうえで、利用を検討してみましょう。

外資系やグローバル企業への転職、ミドル~ハイクラス層の求職者は登録するだけでも損はしない転職エージェントです。他の転職サイト・エージェントと併用しながら活用してみても良いでしょう。

エンワールドに向いている人と向いていない人の特徴

転職活動を進めるうえで、不向きな転職サポートを利用することは企業とのミスマッチや転職先決定の遅延につながる可能性が大きくなります。そういったことがないように自分に最適なサービスを見つけることが重要です。ここではエンワールドに向いている人と、そうでない人について解説していきます。

エンワールドに向いている人

下記のような人に向いているといえます。

  • ・外資系やグローバル企業への転職を希望し、近い職種での就業経験を有する人
  • ・正社員という雇用形態にこだわらない人

ここまで何度も前述してきましたが、エンワールドはミドル~ハイクラス層をターゲットにした外資系・グローバル企業特化型転職エージェントです。そのため、過去の就業経験において同じ職種や近い業界で働いていた経験を有する求職者は、比較的多くの会社紹介が期待できるでしょう。また、エンワールドは転職者のライフワークバランスを考慮し、正社員以外の転職支援も行っています。契約社員や派遣社員でもできるだけ好待遇・好条件を希望する方は一度コンサルタントに相談することをおすすめします。

エンワールドに向いていない人

  • ・20代~30代前半の若手ビジネスパーソン
  • ・早期の転職を希望する求職者

ハイキャリアな求人が多いため、スキルや経験が少ない若手ビジネスパーソンは企業の求める条件にマッチしない可能性が高く、紹介できる会社がどうしても少なくなってしまうようです。若手ビジネスパーソン向けのハイキャリア求人を取り扱う他の転職サイト・エージェントがあるのでそちらの利用をおすすめします。また、エンワールドでは応募プロセスに沿って転職活動をサポートするため、転職先決定まである程度時間を有することが想定されます。そのため、早期転職を希望する方には不向きでしょう。

【主要エリア】エンワールドの求人数

東京のエンワールドの求人数

2022年1月現在エンワールドでは1019件の求人を公開しています。そのうち約9割に当たる906件が東京都、又は東京都近郊が勤務地の求人のようです。首都圏での勤務を希望する、通勤圏内の場合は他の地域より多く企業紹介を受けることができるでしょう。

大阪のエンワールドの求人数

2022年1月現在関西周辺の求人は約80件掲載されており、そのうちの約4割が大阪、又は大阪周辺の求人です。関東圏と比較して取り扱う求人数は大きく減ってしまいますが、ミドル~ハイクラス層をターゲットとした求人を紹介してくれるようです。

愛知のエンワールドの求人数

関東圏から離れ、地方に近づくほど求人数は減少してしまうようです。愛知の求人数はエンワールドで所有する求人の約1%です。この地域で転職を希望する場合は、地域に特化した別の転職サイト・エージェントを活用する、又は併用することをおすすめします。

エンワールドの登録~面談の流れ

・登録
エンワールドのHP上から利用登録を行います。コンサルタントとのヒアリングの際のみで活用する情報なので、的確な内容を入力しましょう。

・面談

登録後数日以内に、エンワールド在籍コンサルタントから連絡が来ます。東京・大阪・名古屋オフィスへの来社が可能な場合は対面で面談を実施しますが、難しい場合はWeb面談など柔軟に対応してくれるため、気軽に相談しましょう。面談終了後はその後のプロセス・企業の紹介に関する連絡が来るようです。

エンワールドに関するQ&A

転職サイト・サージェントを活用して転職活動を進める求職者には不安や疑問が付き物です。ここではエンワールドに関するよくあるQ&Aを5つ紹介していきます。

求人応募後の流れについて

面談後、紹介可能な企業があった場合5営業日以内を目安に担当コンサルタントから連絡が来るようです。詳しい内容は担当コンサルタントからの連絡時に伝達されるので、必要情報を管理しましょう。

登録後ジョブアラートの通知を切っておきたい

登録後アカウントページ中盤にあるジョブアラートボックス内右上の表示から、ジョブアラートの設定を変更することが可能です。通知が多い、うるさいと感じた場合は設定を変更してみましょう。

具体的にどのようなサポートを行ってくれますか?

企業への推薦に当たり、応募企業のポジションに沿った職務経歴書作成のアドバイスなどを行います。その他、気になることがあれば積極的に質問してみましょう。

個人情報の管理について

登録時に入力した個人情報は、エンワールド内の転職サポート時のみ利用し、外部への公開は一切ありません。また、退会時には登録していた情報の削除申請を出すことも可能です。安心して利用して大丈夫でしょう。

同グループの「エン転職」「エンエージェント」と違いはありますか?

利用者の対象年齢や、かかる費用が異なります。エンワールドではミドル~ハイクラス層を対象にグローバル人材に特化した求人を紹介しています。具体的なサービス内容に関する情報は下記をご覧ください。
エン・ジャパンサービス内容:https://corp.en-japan.com/services/

エンワールドの運営会社「エンワールド・ジャパン株式会社」

転職エージェントエンワールドについて解説しましたが、そのエンワールドを運営している「エンワールド・ジャパン株式会社」はどのような会社なのでしょうか。ここではエンワールド・ジャパンの会社概要について紹介していきます。

会社概要

転職エージェントエンワールドを運営しているエンワールド・ジャパンの会社概要について掲載します。

社名 エンワールド・ジャパン株式会社
本社所在地 東京都中央区京橋3-1-1 
東京スクエアガーデン12F
資本金 6,514万円
設立 1999年
従業員数 298名
事業内容 グローバル人材に特化した人材紹介
グローバル人材に特化した人材派遣業
グローバル企業に特化した経営層の転職・採用支援
グローバル企業の採用代行サービス
拠点 東京・名古屋・大阪

アジア太平洋地域3か国に拠点を置き、グローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣をメイン事業とするエンワールド・ジャパン株式会社。独自に作り上げた国内有数にバイリンガル人材に関するデータベースに加え、グループ企業であるエン・ジャパンの国内最大規模の人材情報ネットワークを駆使して企業と転職希望者のマッチングを実現しています。

ハイクラス転職なら「iX転職」もおすすめ

そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
そんな方に最もおすすめしたいのが、人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

関連記事

1分で完了!ビズリーチの退会方法を画像でわかりやすく解説

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイトとして、多くの人に利用されています。 しかし「ハイクラス向け」というだけあって、条件や競争率の厳しい求人も多く、なかなか転職できない…という声がちらほらあるのも事実。 ビズリーチ以...

「在職中」に転職を成功させる2つのコツと、知っておくべき全注意点

一般的には、「転職活動をするなら在職中にするべきだ。」と考えられています。 理由はシンプルで、退職をしてしまうと収入がなくなるから。なので、金銭的な余裕があるうちに転職活動はした方がいいと考えられています。 そうはいって...

転職エージェントアクシアムの評判は?口コミから評判を徹底検証します!

転職活動をするうえで、転職エージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。 ミドル・ハイクラスの転職であれば、自分だけで良い求人を探すのは難しいですよね。 また、さまざまな転職エージェントのなかからどのサービスが自...

転職したときって退職金はもらえる?知っておくべき注意点2つも解説

退職金は、一定の勤続年数以上の方には、自己都合での退職の場合も支給されたりすることがあります。 そんな退職金ですが、「転職したときってもらえるの?」や、「どれくらい支払ってくれるの?」という疑問はありますよね。 そこでこ...

dodaの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職サイト「doda」とは 転職サイト「doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営している転職サイトです。転職者満足度No.1を誇っており、求人件数は約10万件と業界トップクラスの求人を保有しているという特徴があります。 その...

エン転職の評判!転職希望者、求人企業の評判をまとめてみた!

エン転職とは 転職活動をする時には、転職サイトを利用しなければ転職活動は難しいのが実情です。人気のある転職サイト『エン転職』はどんな企業が運営しているのでしょうか。転職という大事なイベントを安心して任せられる企業なのかを確認しましょう...

マスメディアンの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動を行う上で、転職サイトやエージェントを活用しようと考える方は多いのではないでしょうか。転職エージェントは、自分で情報を探す転職サイトとは異なり、経験豊富なコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。上手く活用してスムーズな転...

クライスアンドカンパニーの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

ハイクラスの転職を目指す求職者は、それに特化した転職サイト・エージェントのサポートが重要です。国内にはそういった転職サイト・エージェントがいくつか存在し、どれを選べばよいか迷う方も多いはずです。それぞれで得意とする業種や職種、取り扱い求...

リクルートエージェントの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

リクルートエージェントとは 転職活動を行う上で、注目するのは転職エージェントの運営企業が安心できるかどうかではないでしょうか。安心して転職活動を行う上で必要不可欠なパートナーとなる転職エージェントです。安心できるパートナーかしっかりと...

レバテックキャリアの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職エージェント「レバテックキャリア」とは 転職エージェント「レバテックキャリア」は、ITエンジニア・クリエイターに特化した転職支援サービスです。職種の専門知識やノウハウをもつ、専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、求職者...

TOP