コンサルティング

BlueMemeへの転職まとめ。事業内容や年収、面接内容などについて解説

「プログラミングの自動化」をキーワードに、システム開発の内製化をサポートするコンサルティング業務などを行っているBlueMeme。従来は多くのエンジニアが必要であった開発案件を、独自のローコード技術で効率的に解決する方法論「AGILE-DX」などを展開しているコンサルティング企業です。企業活動のデータを効果的に可視化する、といった新しい切り口からの支援も行っており、小売業界や教育業界など幅広いチャネルにクライアント企業を抱えています。

そんなBlueMemeは、エンジニアスタッフや営業スタッフなど幅広い職種で中途採用を募集中。2021年9月には東証マザーズへ株式を上場するなど、近年注目の集まっている企業です。この記事では、BlueMemeへの転職を検討している人に向けて、BlueMemeのビジネスモデルや仕事内容、面接での質問などについて徹底的に解説します。

BlueMemeへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・BlueMemeの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っててる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、BlueMemeの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • BlueMemeの企業概要
  • BlueMemeの転職ポイント
  • BlueMemeの社風や企業文化

BlueMemeに転職するポイント

BlueMemeの特徴

POINT

  • ・開発案件やDX化の分野における独自のノウハウを強みとする、コンサルティング企業
  • ・開発工数の大幅な削減を実現するローコード技術などに強み
  • ・レベルの高い社員が多く在籍しており、特にエンジニアは成長できるとの情報あり

BlueMemeへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアスタッフ、営業スタッフなどの職種で募集あり
  • ・幅広い職種で求人を掲載しているが、中でもエンジニアの求人は豊富
  • ・面接では自己PRや志望動機など、オーソドックスな内容を聞かれるとの情報多数

BlueMemeの企業概要

会社名 株式会社BlueMeme
本社所在地 東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア10F
社長 松岡 真功
設立 2006年
株式 東証マザーズ
株主構成 インテック・アイティ2号投資事業有限責任組合 (18.66%)
BMトラスト (10.81%)
松岡真功 (8.93%)

BlueMemeの売上

BlueMemeの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,496百万円 1,800百万円 2,101百万円
経常利益 86百万円 30百万円 174百万円

BlueMemeの最新ニュース

BlueMemeの事業内容

BlueMemeの主力事業は、開発案件の受託とコンサルティングの実施です。従来、新たな開発案件を行う場合にはゼロから情報システムの構築を行う「スクラッチ方式」が主流でした。しかし、スクラッチ方式では工数が膨らむ傾向にあり、膨大なコストが必要になってしまうことが少なくありません。BlueMemeでは、こうしたシステム案件を管理する「AGILE-DX」を活用した受託開発を行っています。これにより、人件費の削減が出来ることはもちろん、これまでよりもスピーディーな開発が可能です。

小売業界や教育業界などから幅広い受注実績を誇っており、最近も事業規模の拡大は続いています。2019年には沖縄オフィスを沖縄県那覇市に設立したとともに、2021年6月には東証マザーズへ株式を上場しました。企業のDX化がますます進む中、今後も売上を拡大していくことができるか注目されています。

BlueMemeの募集要項

アプリケーションエンジニアスタッフ

情報システムの革新を行うことを目的に、アジャイル開発手法やローコード技術などBlueMemeの持つ独自の技術を活用した開発業務を全般的に担当します。顧客に対する技術的なコンサルティングやシステム内製化に向けた支援など、コンサルティング関係の仕事も担うのがBlueMemeの特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・業務システムの開発経験があること、もしくは開発に向けた強い意思があること

コンサルティング営業スタッフ

BlueMemeの開発している基盤「Workato」などのITライセンス販売や、IT基盤を活用した技術支援サービスなどを担当します。営業経験の豊富な人材が求められており、将来的にはリーダー的ポジションとして、社員のトレーニングなどを行うこともあります。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業経験5年以上

BlueMemeの転職難易度

BlueMemeの転職難易度は中程度です。BlueMemeでは、エンジニアスタッフと営業スタッフの2職種で採用を行っています。開発業務を担うアプリケーションエンジニアスタッフ、顧客のトラブル対応などを担うテクニカルサポートエンジニアスタッフなど、それぞれの職種が更に細分化されていることが特徴です。自身のバックグラウンドに合わせた求人を見つけやすいと言えます。

応募者に求める経験は、職種によって様々です。エンジニアではそれほど高い実務経験が求められていない一方で、営業スタッフの求人の中には5年以上の法人営業経験を要求しているものもあります。全体的な採用の倍率はそれほど高くありませんが、中には高いレベルが求められる職種もあるため、応募する求人は慎重に見極めましょう。

BlueMemeが転職者に求める人物像

BlueMemeはそれぞれの職種に対して求める人物像を細かく掲げています。その中でも特に多くの職種に共通して要求されているフレーズが、「職種を超えて協働し、価値を提供できること」「新しい技術を積極的に学び続けられること」の2点です。BlueMemedでは、例えばエンジニアスタッフが技術方面のコンサルティングを担当することがあるなど、職種の垣根を超えた活躍をする場面が多くあります。競争の激しい業界で勝ち抜いていくためには、エンジニアと営業間での協力が欠かせません。

また、BlueMemeが取り組んでいるローコード開発は画期的なものです。その他にも新しい技術を積極的に取り入れているため、知識を常にアップデートし、新しい技術を積極的に取り入れていく姿勢は職種を問わず必要です。高いコミュニケーション能力があるとともに、学習意欲に富んだ人材が求められています。

BlueMemeの転職までの流れ

BlueMemeの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:現場リーダー・部門責任者
想定内容:1次面接の想定面接官は、現場チームのリーダーや、採用予定の部門の責任者です。オンラインで行われるようで、内容としてもオーソドックスな質問が多いです。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:最終面接の想定面接官は役員、または代表です。1次面接とは異なり、対面で面接が行われます。将来考えているキャリアパスについてなど、未来志向の質問も目立つようです。

内定

BlueMemeの面接形式

BlueMemeの面接回数は2回です。面接形式は、1次面接、2次面接ともに1対1形式となっています。1次面接はオンライン上で行われることが特徴です。面接1回あたりにかかる時間は30分前後と、やや手短な面接と言えます。選考期間は2週間〜1ヶ月ほどと幅がありますが、標準的な選考期間です。

BlueMemeの面接内容

BlueMemeの面接では、自己PRや志望動機などのオーソドックスな質問に加え、BlueMemeに入社した後やりたいことなど、未来志向の質問が多いのが特徴です。将来のキャリアパスとしてどのようなものを考えているか、と聞かれることもあります。公式サイト上の求人では、それぞれの職種ごとに想定されるキャリアパスも書かれているため、ぜひこちらにも事前に目を通しておきましょう。

また、「メンバー間で意見が異なった時にどう対処するか」「(営業の場合)エンジニアと協力する上で大切なことは何だと思うか」など、協調性やコミュニケーション能力を重視した質問も目立ちます。職種の垣根を超えた協力が重要視される風土があるため、コミュニケーションを円滑に行う具体的な案を事前に考えておくこともおすすめです。

BlueMemeの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・過去転職typeでの掲載も確認できる
・カジュアル面談も可能

アプリケーションエンジニア、20代、男性
自己PRやBlueMemeへの志望動機など、オーソドックスな内容がほとんどの面接でした。1次面接、2次面接ともに手短に終わり、特に答えにくい質問はなかったです。
ネットワーク設計、20代、男性
志望動機など基本的な内容がメインの面接でした。将来のキャリアパスや、入社後にどのような社員になりたいかなど、将来に関わってくるような質問が多かったです。
エンジニア、20代、女性
これまでにどのような案件に関わってきたか、関わってきた案件の規模はどれくらいか、など、キャリアに関する質問が多かったです。過去の経験を重視しているように感じました。
営業、30代、女性
どこでBlueMemeを知ったのか、前職ではどのような取引先と関係があったかを聞かれました。また、最近の技術について知っていることはあるか、技術について調べることは好きかどうかも聞かれました。
法人営業、40代、男性
「チーム内で意見が割れたときにどう対処するか」といった、マネジメントを意識した質問が多かったです。全体的に答えにくい質問は少なく、現実的な内容がメインの面接でした。

BlueMemeで働いている方の評判・口コミ

アプリケーションエンジニア、在籍4年、男性
技術的なレベルが非常に高い社員が多く、刺激的な環境で働くことができます。他ではなかなか触れることのできない技術や知見を得ることができ、働きがいのある企業です。IPOに向けて社員一丸となって頑張っていこうという風土があり、上場後も勢いがあります。仕事に対するモチベーションが高い社員が多いため、しっかりと働きたいというキャリア志向の人にはおすすめです。
営業、在籍5年、女性
ローコード開発を専門に扱っており、非常に将来性の高い企業だと思います。社内全体に勢いもあり、沖縄オフィスなど今後も事業規模を拡大していく方針です。ただ、まだまだ社内には未整備な点があり、特に研修がそれほど充実していない点が気になります。中途採用でキャリアのある社員の場合は優遇されますが、新入社員として入社すると教育に物足りなさを感じるようです。
エンジニア、在籍2年、男性
従業員のスキルが非常に高く、特にエンジニアは最新の技術を積極的に取り入れていこうという雰囲気が強いです。最新の開発プラットフォームを用いており、今後世界標準を取ることも念頭に置いています。社長を始め役員も非常に能力の高い人が多いです。良くも悪くも、カリスマ性の高い社長のワンマン体制となっているため、改善が必要だと感じている社員もいます。

口コミの要約技術レベルが非常に高く、特にエンジニアにとっては刺激的な環境だという口コミが多く見られました。企業に対して将来性を感じている社員も多く、仕事に対するモチベーションも総じて高いようです。ワークライフバランスについては否定的な声がちらほらと見られました。

BlueMemeの年収・給与

年収 553万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 年2回
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 あり
住宅手当 あり
福利厚生 社会保険制度、住宅手当、資格取得支援制度、OJT研修など

BlueMemeでの転職者の出世難易度

BlueMemeでの転職者の出世難易度は中程度です。BlueMemeは、社員のレベルが非常に高いことが特徴と言えます。特にエンジニアは、トップレベルの実力を持つ社員も多数在籍しており、最新の技術も積極的に活用していこうという雰囲気が強いです。そのような優秀な社員の中で頭一つ抜けて出世していくためには、目立った実績を築く必要があります。

ただ、BlueMemeではスキルのある中途社員は他の企業と比較して優遇されやすいという情報もありました。実際、中途入社の社員で管理職のポジションへ上り詰めている社員もいます。新入社員が極端に優遇されるということもないため、営業、エンジニアの職種を問わず、実力次第で十分出世は可能です。

BlueMemeはどんな人が働いている?

BlueMemeの従業員数

61人

BlueMemeの平均年齢

35.9歳

BlueMemeの平均勤続年数

3.1年

BlueMemeの社風

BlueMemeの社風の特徴としては、社員同士の仲が良く、仕事に対するモチベーションが高いベンチャー企業のような雰囲気が挙げられます。BlueMemeは創業から15年以上が経過しており、決して設立から日が浅いというわけではありません。ただ、2021年にIPOを行ったこともあり、社員の間では一丸となって成長していこうという雰囲気があります。

また、テクノロジーが好きな社員が多く、技術的な交流が活発に行われているということも特徴です。常に知識をアップデートする姿勢がある社員も多く、職種の垣根を超えた知識の交換も頻繁に行われています。技術書の購入費補助制度があるなど、学習意欲に富んだ社員にはうってつけの環境です。

BlueMemeのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30〜18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、育児休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 56.3時間(月)
フレックス制度 なし
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

BlueMemeの社長

松岡 真功

ネット証券や外資系ERPベンダー、外資系システムベンダーなどで、エンジニアリングやコンサルティング業務に従事。2009年、BlueMemeで勤務を開始する。業務システムのコンサルティング事業などを開始し、ローコード技術の活用を推し進めた。2010年6月、代表取締役社長へ就任。

BlueMeme現職、OB/OGの有名人

辻口 真理子

BlueMemeの取締役最高執行責任者。大手シンクタンクにてJavaを用いた業務アプリケーションの開発に従事した経験を持つ。2010年、BlueMemeへ入社。事業の立ち上げなどへ従事し、プロフェッショナルサービス部長などを歴任。執行役員コーポレートセールス部長などを経て、2018年2月、取締役最高執行責任者。

朱 未

BlueMemeの取締役最高技術責任者。組み込み系、外資系ソフトウェアベンダーにおいて、ソフトウェア開発へ従事する。2010年よりBlueMemeへ参画し、アーキテクトとして研究開発や技術全般を主導。執行役員プロフェッショナルサービス部長、取締役プロフェッショナルサービス部長を経て、2018年2月に取締役最高技術責任者へ就任。

BlueMemeの転職に関わるQ&A


BlueMemeでは、女性社員を積極的に採用しています。実際、社内には女性の数が非常に多いため、女性だからといって活躍できないといった状況は皆無だという口コミが多く見られました。育休などの制度も充実しており、それぞれのスタイルで仕事に取り組むことができるようです。

BlueMemeの月平均残業時間は56.3時間。一般に激務と言われるコンサル系の企業と比較してもこれはやや多い水準で、実際残業はかなり多いと感じている社員の声が目立ちました。開発現場は特に忙しく、時期によっては22時以降の帰宅が続く部署もあるようです。ワークライフバランスが気になる方は、所属部署の忙しさなどを事前によく確認しておくとよいでしょう。

BlueMemeへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

公式の採用ページから応募が可能です。
BlueMemeの社員メッセージや、エンジニアのキャリアパスに関するコラムを読むことができます。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、BlueMemeの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

コンサルティングファームの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してBlueMemeに転職するなら、コンサルティングを行う他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

コンサルティングを行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、アクセンチュア・IBMといった幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサルティング会社の平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
同業他社の募集がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

BlueMemeへの転職まとめ。事業内容や年収、面接内容などについて解説

「プログラミングの自動化」をキーワードに、システム開発の内製化をサポートするコンサルティング業務などを行っているBlueMeme。従来は多くのエンジニアが必要であった開発案件を、独自のローコード技術で効率的に解決する方法論「AGIL...

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

プロジェクトカンパニーへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

プロジェクトカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 損保ジャパン、住友生命、三井住友銀行などの金融 株式会社プロジェクトカンパニーに転職 次の転職先 ...

ギックスの転職事情。2022年に上場した新進気鋭のITコンサル企業について解説します

ギックス転職者の主なキャリアステップ ...

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ ...

CINCの転職事情。転職難易度や年収などを解説

CINC転職者の主なキャリアステップ ...

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

TOP