コンサルティング

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ガートナージャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからガートナージャパンに転職してくるのか
・転職先:ガートナージャパンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ガートナージャパンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広く、仲には海外大学出身者もいます。

職歴

ガートナージャパン在籍者の主な職歴は、インテルや富士通などのIT系事業会社、アクセンチュアSAPなどのITコンサル系会社が挙げられます。

退職後の主な転職先

ガートナージャパンからの転職先として、ボストンコンサルティンググループアクセンチュア、キャップスジェミニ、野村総合研究所などのコンサル系、ヒューレットパッカードや三菱電機LINEなどのIT系事業会社へ転職しています。

ガートナージャパンは、IT分野を中心とした調査やコンサルティングを行っている企業です。
主要サービスとして、世界2,000名以上の各分野の専門家による調査分析レポートや専門家への相談サービスを提供しています。
クライアントの中には、大手企業や政府機関が名を連ねており、Fortune500のうちの73%がガートナージャパンの顧客となっているほど、信頼と実績のある企業です。
本社はコネチカット州スタンフォードに構えており、1995年に日本法人として東京都港区に設立されました。
そんなガートナージャパンでは、常に継続性を意識し、顧客の利益を考えられるような人材を求めています。

ガートナージャパンへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・ガートナージャパンの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • ガートナージャパンの企業概要
  • ガートナージャパンの転職ポイント
  • ガートナージャパンの社風や企業文化

ガートナージャパンに転職するポイント

ガートナージャパンの特徴

POINT

  • ・IT分野を中心とした調査や助言を行っている企業
  • ・世界2,000名以上の各分野の専門家による調査分析レポートや相談サービスを提供
  • ・Fortune500のうちの73%がガートナージャパンの顧客

ガートナージャパンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・コンサルティング系にて求人募集
  • ・常に継続性を意識し、顧客の利益を考えられることが重要

ガートナージャパンの企業概要

会社名 ガートナージャパン株式会社
日本所在地 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 5階
代表者 日高 信彦
設立 1995年7月
株式 未上場
株主構成 記載なし

ガートナージャパンの売上

ガートナージャパンは未上場のため、親会社であるガートナーの売上高を掲載いたします。

ガートナーの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 3,975,454千米ドル 4,245,321千米ドル 4,099,403千米ドル
営業利益 259,715千米ドル 370,087千米ドル 490,150千米ドル

ガートナージャパンの最新ニュース

ガートナージャパンの事業内容

ガートナージャパンは、世界最大規模のICT(情報通信技術)のアドバイザリー企業です。
世界100か国以上に拠点を持ち、2,000人以上のリサーチ・アナリスト、15,000人以上のコンサルタントとアソシエイツで構成されています。
ガートナージャパンの主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

リサーチ&アドバイザリー事業

厳格な調査と独自の方法論に基づいたプロダクトとサービスを提供している事業です。
競争の優位性強化や業務の運営効率化、リスクの最小化などを考慮し、より高レベルにするための知見や適切な指針、ソリューションなどを提供しています。
そうすることで、戦略の推進や意思決定の正当性な裏付け、円滑な遂行などが可能となります。
そのほかにも、公平かつ実用的な知見の提供やアドバイス、グローバルのエキスパートと連携して、国内やグローバルの知見をクライアントに提供など、さまざまなサポートを行っている事業です。

コンサルティング事業

実用的な助言やツール活用によるパフォーマンスの向上を支援している事業です。
世界で最も広く要素を網羅しているテクノロジー・リサーチやさまざまなデータ、ツールなどを活用し、デジタル領域において、より確実なビジネス成果を出せるように支援を行っています。
そのほかにも、独自の知見とデータを活用した戦略的意思決定や、中立的な立場からのアドバイスやサポートによる成果の実現するための支援なども行っており、クライアントをより良くするための支援を行っている事業です。
今後の展望として、コンサルティングの信頼度を強く裏付ける圧倒的なリサーチを行い、クライアントをより高レベルにする支援していくことを目指しています。

コンファレンス事業

運用管理に関わる全ての意思決定のために、最新かつ最適な情報とアドバイス、コミュニティを提供している事業です。
グローバル・ネットワークを活かして広く収集した有益な情報やユーザー事例に基づいて、的確な提言を行っています。
また、同じ課題を抱えているユーザー同士の交流や、IT製品やサービスを提供するITベンダー企業と交流など、IT業界やほかの業界の方がネットワークを構築できる場の提供なども行ってます。

ガートナージャパンの募集要項

マネージングパートナー

テクノロジーがビジネスに対してどのように変革可能かに基づき、正しい意思決定を行うことを支援するポジションです。
具体的には、デジタルアクセラレーションとトランスフォーメーションの提供、エンタープライズ対応、ビッグデータの分析などを行います。
そのほかにも、アプリケーションの合理化やクラウド戦略なども行い、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・学士号もしくは修士号の保有
  • ・日本語が流暢であり、ビジネスレベルの英語力保有
  • ・プロジェクトの提供や販売能力において、評価の高い経営コンサルタント経験 など

エグゼクティブパートナー

組織全体の社員と協力して、サービスソリューションの提供を行うポジションです。
具体的には、20~25人のメンバー関係のポートフォリオの管理や、専門知識を活用したサービスソリューションの作成、革新的なソリューションを定義して提供などを行います。
そのほかにも、ワークショップやリサーチアナリストの訪問、円卓会議などのオンサイドブリーフィングの実施も行い、責任感が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上の経営幹部レベルのテクノロジーエグゼクティブ経験
  • ・IT業界とCIOに役割に関する深い理解
  • ・高度な判断的思考と問題解決能力の保有 など

アカウントエグゼクティブ

ダイレクトセールスによって獲得した顧客契約の保持と、新製品やサービス導入による契約拡大の両方を担うポジションです。
具体的には、顧客満足度を向上して顧客維持とアカウント成長を促し、売上げや顧客獲得予測の精査などを行います。
プロダクトとサービスに関する深い知識と理解が必要とされる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・学士号もしくは修士号の保有
  • ・学生時代にさまざまな活動経験や優秀な成果を保有
  • ・調査~クロージンまでの販売プロセスとライフサイクル全体に関する知見と経験 など

ガートナージャパンの転職難易度

ガートナージャパンの転職難易度は比較的高いです。
世界中で活躍している企業なだけあり、知名度が非常に高く、人気があります。
また、中途採用枠はそれほど多くはなく、企業側からも一定以上のスキルや経験を求められるため、難易度は比較的高いといえるでしょう。
ガートナージャパンへの転職を目指すなら、あらかじめしっかりと準備を行うことが肝心です。

ガートナージャパンが転職者に求める人物像

ガートナージャパンでは、常に継続性を意識し、顧客が利益を得るためにどう行動すべきか考えられる人材を求めています。
また、自分自身を高めることに意欲的であることも求められている傾向があります。
ガートナージャパンは、顧客との付き合いは一過性なものではなく、何年も続くものであるため、こういった能力が必要になってくるのです。
面接では、こういった部分をアピールできるエピソードを用意し、面接官を感心させられるかどうかがポイントといえます。

ガートナージャパンの転職までの流れ

ガートナージャパンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までに培った経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでにされた質問を再度深堀し、非常に深い部分まで確認されます。

内定

ガートナージャパンの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は職種に応じて2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

ガートナージャパンの面接内容

面接は、志望動機や前職までに培った経験など、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「コンサルティングとはどんな仕事だと思う?」や「プレゼンテーションは得意か」などの質問をされる傾向があります。
どの質問の回答に対しても、「それはなぜ?」と深堀してくるので、矛盾のない回答をできることがポイントです。
また、職種によって異なりますが、希望するポジションの知識はどの程度あるのかも判断されます。
面接の雰囲気は、面接官によって圧迫に近い雰囲気で面接されますが、変に緊張せず、自分らしく臨むことが大切でしょう。

ガートナージャパンで働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント、在籍5~7年、男性
ほかのファームに比べると、体制や制度が充実していると思います。また、会社内に膨大なデータベースがあり、いつでもアクセスすることができるので、自分次第ではどこまでもスキルアップすることが可能です。
法人営業、在籍5~7年、女性
ほかのITベンダーとも違う立ち位置からアドバイスすることができ、内容をきちんと理解できていればだれよりもIT戦略に近い立場で提案することができるようになります。提案をこなしていけばいくほど、IT業界のトレンドや市場がどんどん身に付くのでやりがいを感じながら働くことができるでしょう。
リサーチャー、在籍7~10年、男性
基本的に裁量労働なので、「いつ出勤するか」「いつ帰るか」「いつ残業するか」など、全て自分で決めることができます。場合によってはクライアントからの要求により、その日中に対応しなければならないということもありますが、比較的ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

ガートナージャパンの口コミを見てみると、自分次第でスキルアップし続けることができる環境があり、どこまでも成長することができるということが伝わってきます。また、裁量労働のため、自由に働くことができるということも伺えます。

ガートナージャパンの年収・給与

年収 900万~1,500万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、従業員持株制度、退職金制度、定期健康診断など

ガートナージャパンでの転職者の出世難易度

ガートナージャパンの出世難易度は比較的高いです。
非常に優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ会社に貢献し、実績を残しています。
また、スキルや経験も豊富であるため、そのような社員の中から自分が出世するということは至難の業といっても過言ではありません。
ただし、評価は平等にされる傾向があるため、新卒や中途などは関係なく、実績があれば出世することも可能でしょう。
ガートナージャパンで出世を目指すなら、ほかの社員よりも多くの実績を残しつつ、英語力を含めたさまざまなスキルや経験を身に付けることが重要といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 1,000万円
30代後半 シニアマネージャー 1,300万円
40代前半 アソシエイトディレクター 1,500万円
40代中盤 部長 2,500万円
50代前半 シニアアカウントマネージャー 1,700万円

ガートナージャパンはどんな人が働いている?

ガートナージャパンの従業員数

約3,900名

ガートナージャパンの平均年齢

記載なし

ガートナージャパンの平均勤続年数

記載なし

ガートナージャパンの社風

ガートナージャパンは実力主義な社風があります。
仕事の結果に対し厳しい部分はありますが、目標数字を120%で達成することができれば、会社から別途報酬が貰え、グローバルTOP300入りするとさらに報酬が増えるなど、社員を労う環境があります。
また、全体的に社員の意識が高く、プロフェッショナルとして業務にあたっているため、社員同士で良い刺激を受け合いながら仕事ができるでしょう。
意識を高く持ち、バリバリ働きたいという方には、向いている企業といえます。

ガートナージャパンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 原則7.5時間労働
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、誕生日休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り(コアタイム 10:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ガートナージャパンの社長

日高 信彦

1952年生まれ、滋賀県出身。
東京外国語大学外国語学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。
システムエンジニアとして従事し、アジアパシフィックCRMやBIソリューション統括などの要職を歴任。
2003年にガートナーに入社、日本法人の代表者として従事。
現在でも経営の第一線で活躍している人物。

ガートナージャパン現職、OB/OGの有名人

松本良之

15年にわたり、GEやAON、ナガセ(東進ハイスクール)において、企業のデジタル化への対応や組織改革、M&A後の企業統括など、CIOつぃて従事。
それらに加えて、富士通では、主にアメリカのシリコンバレーに駐在し、ソフトウェア開発や企業買収、技術買収の業務従事。
ガートナージャパン入社後、買収後のIT統括(PMI)やITのグローバル化、社内政治などを中心に、リサーチと提言を行っている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ガートナージャパンの転職に関わるQ&A


ガートナージャパンへの志望動機を作成するときのポイントは、企業研究をしっかり行ったうえで書くことです。
ガートナージャパンはもちろんのこと、同業他社の企業研究も行い、違いを見つけることが重要といえます。
それらに加え、文章は長すぎず読みやすい志望動機にするとなお良いでしょう。

男性社員だけでなく、女性社員も大勢在籍しています。
仕事に対する評価は平等なため、女性だからといって不利なこともありません。
実績をしっかり残していれば、女性でも出世を目指すことができるでしょう。

ガートナージャパンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ガートナージャパンの公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報のほかに、企業についてや待遇面、福利厚生などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、採用時のポイントや求めている経歴やスキルなどは詳細に記載されていません。もっと具体的な内容が知りたい場合や非公開求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してガートナージャパンへ転職するなら、取扱い企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から、自分が希望するポジションを探したい場合や自分のペースで転職活動がしたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。
また、ここ近年では、本格的に転職エージェントを活用する前に、下調べとして転職サイトを利用するという方も多く、まずはガートナージャパンの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

iX転職では平均年収が高くになっている!

iX転職から届くスカウトメールを見てみると、コンサルタント職の求人が多く存在します。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800~1000万円となっています。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターから非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、iX転職を含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということも少なくありません。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

ガートナージャパンに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

転職エージェントを活用してガートナージャパンへ転職するなら、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした多角的なサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を指摘してくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった多角的なサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるという特徴があります。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された転職エージェントであり、長い歴史と多くの実績を持っており、ハイクラスの非公開求人を豊富に扱っているので、ガートナージャパンへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性が高いでしょう。
また、国際的に展開する企業に対して特に強みがあるため、外資系への転職を目指すなら、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがガートナージャパンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

▼下記は、EYストラテジー・アンド・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからEYストラテジー・アンド・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:EYストラテジー・アンド・コンサルティ...

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

▼下記は、MAキャピタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからMAキャピタルに転職してくるのか ・転職先:MAキャピタルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

▼下記は、デロイト・トーマツ・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデロイト・トーマツ・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:デロイト・トーマツ・コンサルティングからどこへ転職...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

  ▼下記は、アビームコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアビームコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:アビームコンサルティングからどこへ転職するのか 一般...

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

▼下記は、SHIFTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSHIFTに転職してくるのか ・転職先:SHIFTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

▼下記は、ストライクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからストライクに転職してくるのか ・転職先:ストライクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

▼下記は、JSOLに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJSOLに転職してくるのか ・転職先:JSOLからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

  ▼下記は、ATカーニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからATカーニーに転職してくるのか ・転職先:ATカーニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP