コンサルティング

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ

アビームコンサルティングの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院(博士含む)卒が在籍しており、MARCHクラスの比率が非常に高く、上位校が中心の学歴を持っています。

前職アビームコンサルティング在籍者の主な職歴は、リクルートグループなどのWeb系事業会社、プロダクトや商品、サービスを持っている大手事業会社、さらにはアクセンチュアなどのコンサルティングファームが挙げられます。

次の転職先アビームコンサルティングからの転職先として、リクルートグループLINEなどのWeb系事業会社、プロダクトや商品、サービスを持っている大手事業会社、さらにはデロイト・トーマツ・コンサルティングなどのコンサルティングファームへ転職しています。

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、各国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合コンサルティングファームです。
設立は1981年で、拠点は世界12か国に28拠点あります。
本社は東京都千代田区の丸の内永楽ビルディングに置かれています。
主力として、企業の戦略立案や構想策定、業務改革と設計、システム開発と導入までの総合的なコンサルティングを展開しています。
さらには、2022年1月より、グローバルECを成功に導くAdobe Commerce(Magento)の導入と運用の支援を行うなど、積極的に展開している企業です。
そんなアビームコンサルティングでは、コンサルタント職の応募枠が非常に多く、多くポジションで複数名の募集がされています。
アビームコンサルティングへの転職は今がチャンスといえるでしょう。

アビームコンサルティングへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・アビームコンサルティングの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アビームコンサルティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アビームコンサルティングの企業概要や事業内容
  • アビームコンサルティングへ転職するときのポイント
  • アビームコンサルティングの給与や働き方など

アビームコンサルティングに転職する際のポイント

アビームコンサルティングの特徴

POINT・各種トレーニング制度など、自己研鑽のための環境が整っている
・海外支社への出向も望める
・男女差なく実力のみで評価されるため、女性にも働きやすい

アビームコンサルティングへ転職するポイント

POINT・大手のWEB事業者やコンサルティングファーム出身者が多い
・財務・IT・経営戦略など幅広いコンサルタントポジションが募集されている
・ポジションにより、求められる経験もSIerや人事、製品設計などさまざま

アビームコンサルティングの企業概要

会社名 アビームコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 丸の内永楽ビルディング
社長 鴨居 達哉
設立 1981年4月1日
株式 非上場
株主構成 日本電気

アビームコンサルティングの売上

アビームコンサルティングの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 71,780百万円 78,559百万円 76,085百万円
経常利益 8,345百万円 7,641百万円 7,976百万円

アビームコンサルティングの最新ニュース

アビームコンサルティングの事業内容

アビームコンサルティングは、企業の戦略立案や構想策定から、業務改革や設計、システム開発と導入などを提供している総合コンサルティングファームです。
変革を通じて顧客に新たな成功をもたらし、継続的な企業価値向上に貢献することを目指しています。
主力として、求められる変革に対して、インダストリー/サービスラインのスペシャリストが横断的にチームを組み、充実したコンサルティングを実施を図っています。
アジア最大級であり、日本発のグローバルコンサルティングファームとして、継続的な企業価値の向上と経営課題の解決に注力している企業です。
今後の展望として、国内外における各地域の文化や価値観などを把握し、最適なソリューションの提供をしていくことを目指しています。

アビームコンサルティングの募集要項

ITコンサルタント

現在「IT戦略コンサルタント」「ITマネジメントコンサルタント」「アウトソーシングコンサルタント」の募集枠があります。 IT戦略、企画、構築、運用保守などITライフサイクルに関わる実務経験が2年あれば土台に乗ります。

業務内容はポジションにより、中期IT戦略の立案やITグランドデザイン策定、新規事業の業務設計やシステム構築、基幹システムの運用改善計画策定や実行支援などさまざまです。

PMPやITILなどの資格があれば歓迎されるほか、語学力があれば、グローバルプロジェクトへの参画も可能です。

必須なスキル・経験・IT関連のコンサルタントとしての経験が2年以上ある方
・最新のテクノロジーやプロジェクトマネジメントのノウハウを活用し、クライアントの経 営課題の解決に貢献したい方
・自ら考え行動ができる方、周りを巻き込んで前に進められる方など

経営戦略コンサルタント

戦略を実現する“プロ”のマネジメント・コンサルタントとして、CXOレベルが抱える経営課題の解決、業務改革(BPR)に取り組むことが主な業務となります。

戦略/業務/ITコンサルにおけるITガバナンスやシステム化構想・プロジェクトマネージャー経験や、コンサルティング経験がなくとも経営企画等で戦略・計画の立案~実行のリード経験がある方、またRPAツールを通じたデジタル業務改革の経験(特にBizRobo!、Blue Prism、WinActorの導入経験)がある方は歓迎されます。

必須なスキル・経験・戦略/業務プロセス/ITコンサルティング経験のある方
・経営企画として経営戦略、事業戦略、各種管理政策の立案、具現化の経験がある方など

CRMコンサルタント

国内外のクライアントの経営課題、業務課題を解決し、クライアントの事業や業務に変革をもたらすコンサルティングを行います。主な業務内容は、顧客の戦略立案や、マーケティング戦略の立案及び改革支援、顧客サービス戦略の立案及び実行支援などです。

CRMに強い関心を持ち、その専門性を高めたい方が求められています。MBAや中小企業診断士、マーケティング関連の資格、情報システム関連資格、CRM系ツールのベンダー認定資格を持っていると歓迎されます。

必須なスキル・経験・社会人経験が2年以上ある方
・(歓迎要件)戦略/業務/ITコンサルティング、事業企画・BPRプロジェクトの実務経験がある方など

アビームコンサルティングへの転職難易度は?

アビームコンサルティングでは、社会人経験2年以上で下記のような職務経歴を持つ方が求められます。

・コンサルティングファーム・シンクタンク出身
・監査法人出身
・SIベンダー・S/Wベンダー出身
・保険会社出身(企画ポジション)
・経営企画業務、営業、会計、ITなどの実務経験

ポジションにより異なりますが、いずれも当てはまらないとなると転職ハードルは高いと言えるでしょう。プロジェクト単位で動くことが多いため、プロジェクトやチームのマネジメント経験を持つ方は優遇されるほか、英語力が重視されているので、英語が得意な方は大きな武器となります。

アビームコンサルティングが転職者に求める人物像

職種によりスキル詳細は異なりますが、アビームコンサルティングでは「様々なフィールドで活躍できるポテンシャルを持った人材」を求め、下記の4つを人物像として掲げています。

・ 自ら考え行動できる人
・ 周りを巻き込んで前に進める人
・ チャレンジを楽しめる人
・ 負けない人(どのようなことにも強い意志を持って取り組むタフさを持っている)

アビームコンサルティングの転職までの流れ

アビームコンサルティングの転職までの選考フロー

応募から内定までは通常1~1.5ヶ月程度かかります。

応募

書類選考

想定内容:求人票にある必須要件、歓迎要件と、応募時点での該当組織の状況(スキルバランス、社会人歴バランス等)により判断されます。

適性検査

備考:プロセスの途中で人事との面接が入る場合もあります。
想定選考官:人事
想定内容:Webでの適性テスト受験。IQテストに近い。

現場面接(通常1〜3回程度)

想定面接官:マネージャー→シニアマネージャー/ビジネスユニット長→プリンシパル
想定内容:セクターや面接官によって異なるため一概には言い難いものの、捻った質問が出ることはあまり多くないようです。
なぜコンサルなのか、なぜアビームなのか、自身の経験のどこが業務に生かせて、どこが要勉強だと考えているのか等、基本的な質問に答える準備をしておきましょう。
入社後どのようなことがしたいか、転勤や海外勤務は可能かといった質問が出ることも多いようです。
面接中はきちんと自分の考えを示し、質問の意図がわからなかったり回答に困った際も面接官に確認できると、なお好印象です。
雰囲気は穏やかに進むことが多いようです。

内定

アビームコンサルティングの面接形式

前述の様に面接は基本1〜3回実施されますが、どの面接でどういった役職者が出てくるかは明らかにされていません。ポジションにより回数や面接官の役職も大きく異なるようです。

アビームコンサルティングの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・コンサルタントに関する質問を多くされる

営業、30代前半、男性
全国にある郵便ポストの本数は何本ですかと聞かれました。日本の国土面積が38万キロ㎡の7割が過疎地、3割を都市として、過疎地は2キロ四方に一個、都市は1キロ四方に一個として、計算すると過疎地は6.7万本、都市は11.4万本となると非常に具体的な回答をしました。
会計、30代前半、女性
前職で何をやったか細かく聞かれました。事業会社の一社員としてできることは少なく、大したことが話せませんでしたが、具体的に前職何をやったか正直に答えました。
コンサルタント、30代後半、男性
マネジメント経験について問われました。大規模プロジェクトの経験が職務経歴にないことを指摘されましたが、スキルがあることを主張しました。
コンサルタント、30代前半、女性
なぜコンサルなのかを質問されました。今までの社会生活を通じて、今の成長のままでは物足りないと判断し、もう一度の成長をはかるためにコンサルを目指していることを伝えました。
コンサルタント、30代前半、男性
数年後のキャリアビジョンとそれを実現するための施策を聞かれました。具体的な方法については考えていなかったため、抽象的な回答となってしまいました。

アビームコンサルティングで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント、新卒入社、在籍年数3~5年、男性
コンサルティング業界にしては、人当たりが良い人が多く、仕事はしやすいと思う。そこまでガツガツせずに、でも刺激が適度にあり自分を成長させたい人にはちょうどいいのではないかと思う。
ITコンサルタント、中途入社、在籍年数15~20年、男性
フラットな体制で風通しがよく、若手も気軽にプリンシパル層とコミュニケーションが取れる。チームワークを重んじており、個ではなかなか輝けない人でもワークできる場はある。
サービス、中途入社、在籍年数5年、男性
色々な意味でプレッシャーが強い。そのため、プレッシャーをかけられる仕事が苦手な人には向いていないが、自己成長には繋がる職場だと思う。また、社内でも政治的な立ち回りなどが必要になったりするため、スキルだけではない側面での成長もすることができる。

口コミの要約風通しの良さ・人当たりの良さを挙げる声が多く、チームワークを大事にする会社という意見が大半です。仕事の面では、やはりある程度の忙しさは覚悟が必要なようですが、その分大きく成長できるチャンスがあるとのこと。通常の業務に加え、社内での立ち回りも重要という意見もありました。

アビームコンサルティングの年収・給与は?

アビームコンサルティングの年収は400万から1,700万程度と大きく差が開いています。上に行けば給料が高くなり、これは戦略系コンサルの特徴でもあります。2018年4月に給与制度の変更があり、8%程度のベースアップがあったようです。基本的には年功序列でランクが上がりますが、ストレートに上がれるかどうかは実力次第です。

コンサルタントは大体500~900万のレンジに収まります。平均的に給与は高く、プリンシパルなど一部突出して給与が高い方もいるのが特徴です。マネージャー職からは年収が1000万円を超え、プリンシパル職になると2000万円を超えていきます。

年収 815万円
ボーナスの有無 年2回(6月、12月)※但し評価及び在籍期間により変動
昇給制度 年1回(10月)
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 出産祝い金(第3子以降100万円)、資格取得支援制度、リラクゼーションルームなど

アビームコンサルティングでの転職者の出世難易度

アビームコンサルティングでは、実績を積んだ者が役員クラスに抜擢される傾向にあり、活躍次第で出世が可能です。転職者であっても、責任を持って仕事を進め上長の信頼を得られればより動きやすくなり、自身がやりたい業務に近づけます。

まずは、このような環境を自身で作り出すことにチャレンジしてください。管理職昇進時には、事業部長を含む管理職全員が能力審査にあたるため、どの上司に付くかということによる昇進スピードの差もありません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 600万円
20代前半 なし 700万円
20代後半 なし 700万円
20代後半 なし 800万円
30代前半 なし 800万円
30代後半 シニアコンサルタント 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,200万円
40代前半 マネージャー 1,300万円

※有価証券報告書などによる、弊社の独自調査です。あくまで参考値としてご使用ください。

アビームコンサルティングはどんな人が働いている?

アビームコンサルティングの従業員数

6,485名

アビームコンサルティングの平均年齢

30代前半

アビームコンサルティングの平均勤続年数

3〜5年

アビームコンサルティングの社風

業績を伸ばし続けるグローバルなコンサルティングファームで、社員全員が「クライアントファースト」を心がけ信頼を勝ち取っています。フラットかつ成果主義であるという点が特徴ですが、社内の人間関係はドライすぎることはなく、チームワークが重視されています。
また社内研修や海外での長期研修プログラムも用意されており、ステップアップを目指す方には非常に魅力的と言えます。

アビームコンサルティングのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇制度 年末年始休暇、特別休暇、
慶弔休暇、配偶者出産休暇、
マタニティ休暇
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アビームコンサルティングの社長

鴨居 達哉

1961年生まれ、長野県出身。
上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、セイコーエプソン株式会社、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、IBMビジネスコンサルティングサービス、米国IBMを経て、2006年に日本IBMの執行役員兼IBCS取締役に就任。
2012年に日本IBMの常務執行役員に就任。
その後もマーサージャパン株式会社の代表取締役社長や日本電気株式会社のシニアコーポレートエグゼクティブなどを歴任。
2020年より、アビームコンサルティング株式会社の代表取締役社長を務めている。
20年以上にわたり国内外のグローバル企業のコンサルティングやIT構築の推進に従事し、10年以上の海外業務経験を生かしたビジネスのグローバル化に関する豊富なコンサルティング経験を持つ人物。

アビームコンサルティン現職、OB/OGの有名人

稲垣 裕介

2004年アビームコンサルティングに入社し、テクノロジーインテグレーション事業部にて、プロジェクト責任者として全社システム戦略の立案、構築、金融機関の大規模データベースの設計、構築等に従事。豊富なシステム技術の知識、経験を基に株式会社ユーザベースを設立。2017年よりユーザベースの代表取締役に就任。SPEEDA日本事業CEOも兼務。

天沼 聰

2003年アビームコンサルティングに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして約9年間経験を積み、IT・戦略およびWebを専門に活動。2011年に楽天株式会社に入社し、UI / UXに特化した、海外13拠点へのサポートグループを一から組織し、グローバルマネージャーを務めた。2014年に株式会社エアークローゼットを設立。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

アビームコンサルティングの転職にかかわるQ&A


アビームコンサルティングは世界12カ国28拠点を有するグローバルコンサルティングファームです。日本本社従業員数3,100名の内、海外オフィス駐在員が約100名。また、年間約650名の社員が海外へ渡航しています。ただしもちろんチャンスはありますが、国内のプロジェクトにアサインされる可能性もあります。


アビームコンサルティグは出産・育児支援制度を整えており、2007年7月には「仕事と子育ての両立を支援している企業」として、業界に先駆けて、厚生労働省より「次世代認定マーク(くるみんマーク)」を取得しています。社員の多様化する生活スタイルやライフ・イベントに即した働きやすい職場環境づくりに向けて、『子育て支援休暇』、『マタニティ休暇』など、様々なサポート制度を導入しています。

アビームコンサルティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アビームコンサルティングの公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
公式サイトには求人情報をはじめ、社員紹介やクライアント・事例など、さまざまな情報が掲載されているので、企業研究のために一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている求人情報の内容はそれほど載っていないので、より具体的な求人情報が知りたい場合は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アビームコンサルティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のテンポで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアビームコンサルティングへ転職したいなら、求人情報数がトップクラスであり、ハイクラス求人を豊富に取り扱っている「iX転職」がおすすめです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つです。
・求人案数が多い
・自分のテンポで転職を進められる
・応募までのスピード感

希望しているポジションを探したい場合や、自分のテンポで転職を進めたいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを利用する方が多く、アビームコンサルティングの募集内容などが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

iX転職ではコンサルタントの求人が多数!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

募集しているポジションは多くあり、特にコンサルタントが多くあります。
ハイクラス求人を持っているiX転職なだけあり、全体的に年収が高くなっています。
さらには、一般公開されていない非公開求人を持っていることもあり、ヘッドハンターに相談することで非公開求人を紹介してもらうことも可能でしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

アビームコンサルティングに挑戦する前にまずは相談!「転職エージェント」

アビームコンサルティングへの転職に対して、不安や疑問がある場合は、外資系専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用がおすすめです。
アビームコンサルティングを含む外資系企業は、転職難易度が比較的高く、非公開のハイクラス求人が多い傾向があります。
また、転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業についてだけでなく、転職に些細なことでも相談することが可能です。
「自分の強みを上手にアピールしたい」や「自分に合っているポジションは何か」などを思っている方は、ぜひキャリアアドバイザーに相談してみてください。
ただし、ヒアリングや模擬面接など、本番の面接までにさまざまな打ち合わせがあるため、登録から採用までに数ヶ月の期間がかかってしまいます。
転職エージェントは時間がかかっても、確実に成功させたいという方におすすめの転職方法です。

外資系企業への転職ならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズは1985年にロンドンで設立された人材紹介会社の老舗であり、国際展開する企業への専門性が非常に高いため、外資系企業へ転職したいのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。

※画像はイメージです。

2020年8月現在、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでコンサルティングの求人情報を検索すると、128件の募集要項を確認できます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、ハイクラスの非公開求人を豊富に保有している転職エージェントなので、アビームコンサルティングへの転職を考えていると伝えれば、目的にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、基本的にビジネスレベルの英語スキルを持っていることが前提となるため、英語力が必須であり、英語力が足りない場合は、独自で勉強をするか、先に学習支援制度のある企業へ転職することをおすすめします。

関連記事

株式会社リベロの転職難易度は高い?選考フローや面接内容などを解説

リベロは、新生活を迎える方に対してサービスを提供し、事業者の課題解決をする新生活サービスプラットフォームを手掛けている企業です。 主力として、部屋が決まった方に向けた新生活ワンストップサービス「新生活ラクっとNAVI」や転勤の...

プロジェクトカンパニーへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

プロジェクトカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 損保ジャパン、住友生命、三井住友銀行などの金融 株式会社プロジェクトカンパニーに転職 次の転職先 ...

Slalom(スラローム)の転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

Slalomは、アメリカのシアトルに本社を構えており、戦略や技術、ビジネス変革に焦点を当てた近代的なコンサルティングを提供するコンサルティングファームです。 2019年から日本への事業展開を目的とした市場参入計画をスタートさせ、2...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。 ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、2...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

ボストン・コンサルティング・グループ転職者の主なキャリアステップ 前職 NEC、ソニー、日立製作所、NTTデータなどの大手SIer 三井物産、住友商事などの総合商社 三菱UFJ銀行などの金融系企業 ...

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールスフォース、日本オラクルなどの外資系ベンター ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業者 Appier Jap...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

ストライク転職者の主なキャリアステップ 前職 証券会社 銀行 コンサルティング会社 株式会社ストライクに転職 次の転職先 証券会社 コンサルティング...

BlueMemeへの転職まとめ。事業内容や年収、面接内容などについて解説

「プログラミングの自動化」をキーワードに、システム開発の内製化をサポートするコンサルティング業務などを行っているBlueMeme。従来は多くのエンジニアが必要であった開発案件を、独自のローコード技術で効率的に解決する方法論「AGIL...

ビザスクの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ビザスク転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、サイバーエージェントなどのWEB系事業会社 三井物産、住友商事などの総合商社 パーソルキャリアなどの人材関連企業 株式会社...

TOP