コンサルティング

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ

フューチャーアーキテクトの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍。国立大学の比率が高く、上位校が中心。

前職職歴は、日本ユニシスなどのSIerが挙げられます。

次の転職先リクルートグループLINEなどのWEB系事業会社アマゾンなどの外資系テクノロジー企業、アクセンチュアなどのコンサルティングファームfreeeなどのベンチャー企業などが挙げられます。

フューチャーアーキテクトは、フューチャー株式会社からITコンサルタント事業を継承し2016年4月1日に設立、ITに特化した課題解決型のコンサルティングサービスを提供している会社です。
ITに特化したデジタル知識を活かし、顧客の抱える経営上の課題を経営者と一緒に経営者視点で把握し、実践ノウハウを元にデジタルと融合することで情報システムを構築し、顧客のビジネスをサポートしています。
また、2022年にEC通販基幹システムや融資支援システムの開発を行うなど、付加価値の高いサービスを手掛けている企業です。
そんなフューチャーアーキテクトでは、コンサルタント職やコーポレートスタッフ職を募集しており、ITコンサルタントやITコンサルタント業に携わるチャンスが広がっています。
企業の基幹系システムに関わるプロジェクトも多く、社員育成のフォロー体制も厚いため、コンサルタントとしてのキャリアアップを目指したい方にとっては恵まれた環境といえるでしょう。

フューチャーアーキテクトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・フューチャーアーキテクトの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、フューチャーアーキテクトの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • フューチャーアーキテクトの企業概要や事業内容
  • フューチャーアーキテクトへ転職するときのポイント
  • フューチャーアーキテクトの給与や働き方など

フューチャーアーキテクトに転職する際のポイント

フューチャーアーキテクトの特徴

POINT
・キャリア採用はコンサルタントの求人が多くを占める
・Sler出身者が多い
・トップの営業も積極的、コネクションでプロジェクトが発生する場合も

フューチャーアーキテクトへ転職するポイント

POINT
・実力主義・社員の裁量権が広い
・ITの高い知識と経験が求められる
・企業の基幹系システムの構築・再設計に関われる

フューチャーアーキテクトの企業概要

会社名 フューチャーアーキテクト株式会社
本社所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー
社長 神宮 由紀
設立 2016年4月1日
株式 非上場
株主構成 フューチャー株式会社(100%)

フューチャーアーキテクトの売上

フューチャーアーキテクトは非上場企業のため、親会社であるフューチャー株式会社の売上を掲載しています。

フューチャーの売上推移

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 45,389百万円 44,311百万円 48,698百万円
経常利益 6,710百万円 5,438百万円 9,289百万円

フューチャーアーキテクトの最新ニュース

フューチャーアーキテクトの事業内容

フューチャーアーキテクトは、ITに特化したデジタルの知識を活かし、課題解決型のコンサルティングサービスを提供している企業です。
創業当時からあるリアルタイム処理や柔軟性などに優れたアーキテクチャを活用し、顧客の抱える課題解決を図り、経営戦略や業務改革など、さまざまな解決に取り組んでいます。
また、実践ノウハウをもとにデジタルと融合させることで情報システムを構築し、顧客のビジネスをサポートする付加価値の高いITコンサルティングサービスの提供も行っています。
中小中堅企業から大企業まで、幅広い顧客のビジネスの本質を理解したうえで課題を経営者視点で共有し、実践的な情報システムを構築して課題解決を図っている企業です。
今後も、これまでに培ってきたノウハウとテクノロジーを集約したサービスを手掛け、新しい価値を創造していくことを目指しています。

フューチャーアーキテクトの募集要項

IT戦略コンサルタント

ITコンサルタントは、クライアントのIT活用における業務改革やビジネス価値向上に対してコンサルティングを行い、企業のニーズを汲み取った提案を行うポジションです。
また、ITコンサルタントの職種は種類が多岐にわたり、金融関連や流通・小売関連、物流関連など、各部門にはさらに職種が細部に分かれていてプロジェクトベースの募集しています。

必須なスキル・経験
・コンサル会社やSlなどで上流工程から提案、クロージングなどの実務経験
・業務システムの要件定義や企画、導入フェーズにおける上流工程の実務経験 など

テクノロジースペシャリスト

テクノロジースペシャリストは、ソフトウェア関連だけでなくテクニカルリーダーやAI関連、品質管理、セキュリティ関連の職種があります。
テクノロジーに特化した専門職のため、状況に応じてITコンサルタント職とタッグを組み、顧客のビジネスを技術面からサポートします。

必須なスキル・経験
・システム構築のプロジェクトの主担当で、要件定義から設計、構築、運用保守などの実務経験
・業務アプリの設計や開発などの経験を持ち、データベースやサーバー、ストレージなどに関する専門知識の保有

PL・PM候補

IT戦略立案やシステム化計画の推進、システム全体のソリューションデザインを牽引するポジションです。
具体的には、既存業務フローの把握や問題点の洗い出し、業務改善提案、プロジェクトの立ち上げ、プロジェクトの推進、実施後の維持活動を行います。
業務やサービス改善をテーマとしたプロジェクトを企画とリーティングし、顧客の経営に直結する業務なため、責任感が問われる職種です。

必須なスキル・経験
・プロジェクトリーダーとして、グランドデザインや要件定義などを遂行した経験

フューチャーアーキテクトへの転職難易度は?

プロジェクト単位でのコンサルタント採用も多く、前職経験・スキルによって転職難易度が大きく変わってきます。プロジェクト単位の求人は、専門知識・前職経験をとプロジェクトで求められるスキルの整合性が必要となり、そうしたスキルのアピールが重要となります。

担当プロジェクトが未定の採用の場合は、幅広いスキル・知識等の総合的な技術スキルが求められるため、難易度はやや高まります。どちらも仕事に対する熱意・ハードワークに対する耐性といった社風との相性が大きな鍵となります。

フューチャーアーキテクトが転職者に求める人物像

ITやコンサルティングなどの知識を必要としますが、スキル以外にもフューチャーアーキテクトは転職者に対して求める9つのマインドがあります。

1.オープンマインド
2.向上心
3.チームワーク
4.挑戦
5.自立
6.あきらめない
7.情熱
8.創意工夫
9.リーダーシップ

フューチャーアーキテクトの転職までの流れ

フューチャーアーキテクトの転職までの選考フロー

応募

書類選考

一次面接

想定面接官:リーダークラス
想定内容:志望動機や前職経験など一般的な質問。基本的なスキルやコミュニケーション能力をチェックされます。

二次面接

想定面接官:役員
想定内容:一次面接の内容に加え、「入社したら自分は何をしたいか」「どう成長したいか」など具体的なキャリア設計、志望動機を深掘りするような質問が多い傾向があります。

フューチャーアーキテクトの面接形式

面接は1〜2回実施されます。面接官は一次面接がリーダークラス、二次面接が役員クラスとなります。プロジェクト単位での採用では、各プロジェクトリーダーが欲しい人材を採用する形になります。

居住地・勤務地によっては、1次面接のみ電話・Skypeでの面接が可能です。

フューチャーアーキテクトの面接内容

志望動機や前職経験など一般的な質問が多く、一定のスキルを前提として、コミュニケーション能力・人間性を判断し、最終的に一緒に働きたい人材かどうか、会社との相性が重視されます。

コンサルタントの採用面接では、その場で考えさせる、瞬発力を問うような質問や前職での残業時間・ストレス耐性を問う質問もあります。同業他社に比べ技術面が重視されるため、ITの専門技術に関する質問も多い傾向があります。

「入社して自分がどうなりたいか」を問われる場合も。転職後の自分のキャリアアップについて、論理的に回答できる準備をしておくと良いでしょう。

フューチャーアーキテクトの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っているポジションは比較的多い
・求人情報はマイナビなどでも確認できる
・仕事に関する質問が多い

営業、20代後半、男性
なぜうちを選んだのかを質問されました。サービスを通じて顧客を支援したいという思いがあったため、それを軸にポジティブな言葉でアピールしました。
コンサルタント、30代前半、男性
入社したあとはどんな風に働きたいかを質問されました。一つでも多くの企業を支援し、感謝されるような人材になりたいということを伝えました。分かりづらくならないようにできるだけ簡潔に伝えるように意識しました。
デザイナー、20代後半、女性
これといった質問はなく、一般的なものが多かったように感じます。しかし、コミュニケーション能力の有無を判断されているように思ったので、どのような質問にもハキハキと回答できるほうが良いかもしれません。

フューチャーアーキテクトで働いている方の評判・口コミ

IT系エンジニア 現社員(正社員) 20代 男性
会社として、IT戦略の提案・あるべきシステム像の提案、要件定義~運用保守を全てできること。個人の裁量・提案は、筋が通っていれば受け入れられやすい。逆に、考えが浅いと突っぱねられる。
IT系エンジニア 現社員(正社員) 20代 男性
実力主義でフラットな社風。入社時期が同じでも、人によってランクアップのタイミング・任される仕事は異なる。社内の人の呼び方は一切肩書きを使わず、苗字に「さん」づけで呼ぶ(社長、会長も含めて)。また、若手を育ててくれる文化がある。
IT系エンジニア 現社員(正社員) 30代 女性
新卒入社した新人は3ヶ月半の集合研修のあと6ヶ月のOJTがある。その後は先輩社員が各人の厚意で業務での改善点など指摘してくれる。

口コミの要約フラットな社風、裁量権が大きいという口コミが多い。先輩社員による育成・フォロー体制も手厚く、人間的にも優れた人材に恵まれた環境と言えるでしょう。実力主義ため、仕事への姿勢が周りからの評価に直結しやすいです。

フューチャーアーキテクトの年収・給与は?

フューチャーアーキテクトの公表されている年収は500~1,000万円と大きな差があります。大きな年収の差は経験やスキルなどに応じて考慮されていて前職の経験や知識が重要な判断要素になります。

多くのケースでは、前職の給料が考慮された年収でースタートし、その後経験や実績などに応じて昇給していきます。
実績評価の実力主義のため昇給において転職者に不利なことなく、全体的には新卒入社4-5年目の社員よりも給与が高い傾向があります。

年収 782万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険、持株会制度、ベネフィットステーション、フューチャーグループ健康保険組合、財形貯蓄制度、契約保養所、マッサージ室、チャイルドケア補助、健康相談室、ハラスメント相談室など

フューチャーアーキテクトの転職者の出世難易度

人によっては早い段階でマネージャークラスにステップアップできますが、マネージャークラスになってからの年収は同業他社に比べ伸び悩む傾向があります。役員クラスになると親会社の役員クラスが就任しているケースが多いため役員クラスへの出世は難易度がかなり高いといえます。

プロジェクトの予算が昇格・昇給に影響するため、担当するプロジェクトによって不利が生じる場合も。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 400万円
20代中盤 なし 500万円
20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代中盤 シニアコンサルタント 800万円
30代中盤 コンサルタント 800万円
30代後半 マネージャー 1,000万円
40代前半 ディレクター 1,100万円
40代後半 ディレクター 1,300万円

フューチャーアーキテクトはどんな人が働いている?

フューチャーアーキテクトの従業員数

816名

フューチャーアーキテクトの平均年齢

35歳

フューチャーアーキテクトの平均勤続年数

5.5年

フューチャーアーキテクトの社風

フューチャーアーキテクトは、実力主義を採用しているため、年齢や性別、国籍に関係なく実績に基づいて 評価されますが、一人で難題に立ち向かう時はチームワークを活かしてみんなで難題に取り組むこともできる風通しのよい、フラットな職場環境になります。

若くして高い給料をもらうことが可能であるため、社員のモチベーションは高く、体育会系なところもあるため、仕事に対して情熱をもって取り組む社員が多いのも特徴です。

フューチャーアーキテクトのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、年末年始休暇、特別休暇、介護休暇制度、Future’s holidayなど
平均残業時間 月50時間程度
フレックス制度 有り(職種による)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

フューチャーアーキテクトの社長

神宮 由紀

1998年にフューチャーシステムコンサルティング株式会社へ入社。
ITコンサルとして流通のクライアントに対してのコンサル業務に従事。
2014年に日本マイクロフトの公共部門のクラウド推進を担当。
2017年にフューチャー株式会社へ復帰し、2019年にフューチャーアーキテクトの代表取締役社長へ就任。

フューチャーアーキテクト現職、OB/OGの有名人

金丸 恭文

フューチャー株式会社の創業者であり、代表取締役会長兼社長 グループCEO。
神戸大学工学部計測工学科卒業後、税理士や公認会計士向けの情報サービスを手掛ける株式会社TKCに入社。
1982年にロジック・システムズ・インターナショナル株式会社(現・ロジック株式会社)に転職、セブン-イレブンの店舗情報分析用コンピュータ3000台を開発。
1985年には株式会社NTTPCコミュニケーションズの設立に伴い、取締役に就任。
1989年、石橋氏とともにフューチャーシステムコンサルティングを設立。
現在は、内閣府規制改革推進会議議長代理や内閣官房未来投資会議構成員など、多くの役職を兼任している人物。

フューチャーアーキテクトの転職に関わるQ&A


ITコンサルタント職が豊富なため、応募の際にどの職種に応募していいか迷うことがあります。どの職種に応募するか迷った場合、フューチャーアーキテクトは、アーキテクト/ITコンサルタント共通に応募することが可能です。

フューチャーアーキテクトでは、月1回程度、休日に会社説明会を開始しているため、特に興味を持ったが応募しようか迷っていたり、興味はあるけどまずは会社のことを知ってから応募するかどうか考えたい人だったり、会社のことを知ってからには絶好の機会です。

フューチャーアーキテクトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

フューチャーアーキテクトもしくはフューチャー株式会社のホームページ内に採用情報のページが掲載されているので、転職希望者はホームページから募集要項を確認し、申し込むことができます。
また、ITコンサルタント職は職種が多岐に渡るため、複数応募したい場合は、ITコンサルタント共通へ応募することで複数の職種へアプローチすることが可能です。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してフューチャーアーキテクトへの転職を目指すなら、取扱い企業数が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多い「iX転職」がベスト。
iX転職では、自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業のなかから自分に合ったものを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、フューチャーアーキテクトの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

iX転職ではフューチャーグループ、フューチャーアーキテクトの案件が多数

iX転職から届くスカウトメールを見ると、幅広い業種へ向けたITコンサルタント求人があります。

※画像はイメージです。

募集している職種は多く、コンサルティングの対象は金融、物流、流通、アパレルなど多岐にわたり、多くのITコンサルタント・業務コンサルタント求人があります。
ハイクラスをメイン層としているiX転職だけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。
また、iX転職は転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談すればスカウトメール以外の求人を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツなどのコンサルティングファーム パナソニックなどの電機メーカー 三菱商事などの商社 小売 ...

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ 前職 EY新日本、あずさなどの監査法人 アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツなどのコンサルファーム 三菱東京UFJなどの銀行 ...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

Supership転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 広告代理店 通信キャリア IT企業 Supership株式会社に転職 次の...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

識学の転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

識学転職者の主なキャリアステップ 前職 ビズリーチなどの転職エージェント PwCコンサルティング 株式会社識学に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い業種の企業 BCGデジタルベンチャーズに転職 次の転職先 業種を問わず幅広...

TOP