WEB・アプリサービス

東海ソフトへの転職は難しい?将来性、難易度などを社員の口コミを交えて解説

東海ソフト転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    システム開発などのIT系企業

  • 東海ソフト株式会社に転職

  • 次の転職先

    インターネットやアプリ開発などのIT系企業
    ホンダダイハツなどの自動車メーカー

東海ソフトの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

東海ソフト在籍者の主な職歴は、システム開発などのIT系企業が挙げられます。

次の転職先

東海ソフトからの転職先として、インターネットやアプリ開発などのIT系企業、
ホンダダイハツなどの自動車メーカーへ転職しています。
 

東海ソフトは、AIを活用したシステムなど、最新の技術を活用したソフトウェアの受託開発や運用、保守などを行っている企業です。
開発案件は多岐にわたり、画像ソリューションや物流システム、データの可視化ソリューション、車載ソフトウェア検証など、さまざまな分野でソフトウェア開発を行っています。
そんな東海ソフトでは、システムエンジニアやプロジェクトリーダーなどの職種で中途採用を行っています。
IT専門職での採用がメインですが、稀に人事や経理といった職種でも募集が行われることが特徴です。
この記事では、東海ソフトへの転職を検討している方が必ず知っておきたい東海ソフトの将来性や転職難易度、実際に働いている社員の口コミなどを解説します。

東海ソフトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・東海ソフトの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 東海ソフトの企業概要
  • 東海ソフトの転職ポイント
  • 東海ソフトの社風や企業文化

東海ソフトに転職するポイント

東海ソフトの特徴

POINT

  • ・ソフトウェアの受託開発を手掛けている企業
  • ・画像ソリューションや物流システム開発など、分野は多様に展開
  • ・残業時間はやや長いが、有給休暇は取りやすくワークライフバランスは並程度

東海ソフトへ転職するポイント

POINT

  • ・システムエンジニアやコンサルSEなどの求人あり
  • ・IT専門職での採用が多く、プロジェクトリーダーや組み込み開発などでの募集もある
  • ・面接では志望動機や経験、人物面などを幅広く問われるため、対策は必須

東海ソフトの企業概要

会社名 東海ソフト株式会社
本社所在地 愛知県名古屋市中村区則武二丁目16番1号
社長 伊藤 秀和
設立 1970年5月30日
株式 上場(東証2部、名証2部)
株主構成 水谷慎介(17.56%)
自社社員持株会(14.29%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.03%)

東海ソフトの売上

東海ソフトの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 6,306百万円 6,730百万円 6,676百万円
経常利益 416百万円 493百万円 515百万円

東海ソフトの最新ニュース

東海ソフトの事業内容

東海ソフトの主力事業は、組み込みソフトやソフトウェアなど幅広い分野における受託開発です。
1970年にシステム開発会社としてスタートした東海ソフトは、主に金融や公共事業関連の請負案件を中心に数多くのシステム開発を行ってきました。
家電製品や自動販売機などに該当する組み込みソフトウェアの開発にも強みがあり、継続的に取引を行っている顧客が数多く存在します。
その結果、2019年には東証二部と名証二部にそれぞれ株式を上場し、受託する案件の幅を広げました。
また、最近では50年以上にわたるソフトウェアの受託開発で蓄積されたノウハウを活用したコンサル事業も積極的に行っています。
データの可視化ソリューションやAIを活用した画像ソリューションなど、こちらも扱っている分野が幅広いことが特徴です。
売上高と経常利益は共に堅調に推移しており、安定性の高い企業だといえます。

東海ソフトの募集要項

製造コンサルSE・PL

東海ソフトの提供しているソリューション「+FORCE」を導入するために必要な各種業務を総合的に担当するのが製造コンサルSE・PLの役割です。
顧客へヒアリングを行うことで製造過程を把握し、課題解決のための提案や要件定義を行います。

必須な経験・スキル

  • ・JAVAのプログラミング経験
  • ・業務システムの開発経験

システムエンジニア

行政のデジタル化推進に向けた公共関連開発を中心に、特許業務システムや税金収滞納システム、道路交通情報通信システムなどの開発を行うのが主な役割です。
社会貢献性の高い事業に携わることができるやりがいのある職種といえます。

必須な経験・スキル

  • ・JAVAやC#、NETなど、いずれかの言語の開発経験

東海ソフトの転職難易度

東海ソフトの転職難易度は中程度です。
東海ソフトでは、システムエンジニアや製造コンサルといった職種で中途採用を行っています。
IT専門職のポジションでの採用が非常に充実しており、組み込みエンジニアや車載ソフトウェア開発エンジニアなど、案件に応じて細分化されたさまざまな職種で中途採用を募集中です。
応募段階から携わる案件をある程度絞ることができるのが東海ソフトの特徴といえます。
ただし、IT専門職以外での採用はそれほど多くないのが現状です。
稀に人事や経理といった職種で中途採用が募集されることもありますが、それほど数は多くありません。
エンジニアへ応募する場合でも面接の倍率は高いことが予想されます。
いずれにしても、徹底した面接対策を行っておくことが必須といえるでしょう。

東海ソフトが転職者に求める人物像

東海ソフトが転職者に求める人物像として、「新しいことに常にチャレンジしていく姿勢」が挙げられます。
東海ソフトウェアに限らず、IT分野は常に目まぐるしく変化する競争の激しい業界です。
新しい技術や知見を積極的に取り入れるのみならず、それを活用した斬新な開発を積極的に行うことのできるチャレンジ精神旺盛な人材が求められています。
また、「即戦力としてリーダーシップを発揮すること」も必要です。
東海ソフトでは、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった責任のあるポジションでの中途採用が積極的に募集されています。
周りを巻き込みながら仕事をすることのできるリーダーシップの高い人材が重宝される傾向です。

東海ソフトの転職までの流れ

東海ソフトの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・Webテスト

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:一次面接はグループで行い、オーソドックスなものが多く、書類に沿って進みます。二次面接では、個別に面接が行われ、これまでの経験などについて幅広く聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:ここまでの選考プロセスを踏まえて、さらに踏み込んだ質問が多くなります。

内定

東海ソフトの面接形式

東海ソフトの面接回数は3回です。
面接形式は、WEBテスト前に行われる面接は応募者側が多数のグループ面接、それ以降は個別の1対1形式となっています。
面接1回あたりの所要時間は40分程度と標準的な水準です。

東海ソフトの面接内容

東海ソフトの面接内容は多岐にわたりますが、スキルや技術的な内容よりも人物面が重視されたという口コミが目立ちました。
質問例としては、「なぜ数あるソフト会社の中から東海ソフトを選んだのか」や「どうして開発職を選んだのか」といったものが挙げられます。
志望動機ベースで深堀りしていく質問が多いため、事前によく練っておくことが重要です。
そのほかにも、「入社後にどのようなことをやりたいか」や「将来考えているキャリアプランはどのようなものか」といった未来志向の質問が多いです。
東海ソフトの行っている事業内容などをしっかり把握して、入社後のビジョンを明確化させておくと良いでしょう。

東海ソフトの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・面接の雰囲気は比較的和やか

開発、30代前半、男性
「どうして数あるソフト会社のなかから東海ソフトを選んだのか」と聞かれました。志望動機を深堀りされた印象が強いため、よく練っておくと良いと思います。
開発、20代後半、女性
「これまでに携わったプロジェクトについて端的に」といわれたため、実績を大まかにアピールしました。そこからさらに「どのような部分を担当したか」「困難だったことは何か」と質問が派生しました。
技術、40代前半、男性
「これまでに苦労したことは何か」「リーダーとサポートどちらが向いていると思うか」などと人物面に関する内容が多くありました。面接形式は1対1でした。
開発、30代後半、男性
「ほかに何処を受けているのか」「家族構成は?」などと、やや踏み込んだ質問が多かったです。面接回数が多かったのが印象的でした。
コンサルタント、30代前半、女性
「どうして文系なのにITを選んだのか」と聞かれたことが印象に残っています。面接の雰囲気は全体的に和やかで話しやすかったです。

東海ソフトで働いている方の評判・口コミ

開発、在籍10年以上、男性
IT系の会社としてはやや保守的な社風があります。実力主義の要素もありますが、ほとんど年功序列で給与が決定します。昔は残業をすることも多くワークライフバランスはあまり良くありませんでしたが、最近は大幅に改善されて有給の取得も推進されています。さまざまな業界から受託開発を行っているため景気状況の影響を受けづらいです。
コンサルタント、在籍3~5年、女性
職種柄、顧客折衝を行う場面が多く、直接感謝の声を聞けることに喜びを感じています。個人の裁量で仕事を進められることも多く、体制には満足です。部署によっては体育会系の雰囲気があるところもあります。産休や育休などの制度は最近導入が進んでおり、取得している社員も多いです。
開発、在籍7~10年、男性
仕事ができる人にはどんどんと他の仕事が回され、負担が増すという課題があります。ワークライフバランスは以前より改善されていますが、未だに稼働率は高い印象です。女性の働きやすい職場作りにも力を入れており、育児と仕事を両立している社員もいますが、もともとの業務量が多いため特別働きやすい企業というわけではないと思います。
口コミの要約

IT系の企業としてはやや保守的な風土があり、年功序列が採用されているという意見で一致していました。また、ワークライフバランスについてはややネガティブな声が多数あります。以前より改善はされているものの未だに残業時間は多く、改善を望む声が目立ちました。また、さまざまな業界と取引があることから、景気に左右されない安定した企業だという意見もありました。

東海ソフトの年収・給与

年収 552万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、退職金制度、出張手当、地域手当、資格手当、社員持株制度など

東海ソフトでの転職者の出世難易度

東海ソフトでの転職者の出世難易度は中程度です。
東海ソフトでは、基本的に年功序列の評価体系が採用されています。
勤続年数の長い人から順番に上層部へ出世していくという風土があるため、出世のためにはある程度コツコツと勤務を続けることが必要です。
ただし、最近は実力主義で評価しようという動きがあるのも事実です。
実際、上司からの信頼を得た社員は勤続後数年で重役に抜擢されています。
アピールが上手くない社員が多いため、仕事の実績をしっかりとアピールするとともに積極的なチャレンジを行うことが出世につながります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 600万円
30代後半 主任 600万円
40代前半 主任 700万円
50代前半 係長 700万円

東海ソフトはどんな人が働いている?

東海ソフトの従業員数

523名

東海ソフトの平均年齢

36歳

東海ソフトの平均勤続年数

11年

東海ソフトの社風

東海ソフトの社風は、IT系の企業にしては珍しくやや保守的です。
年功序列の給与体系をはじめ、賞与や昇給も古くからの日本企業のものとなっています。
残業時間を減らそうという動きもありますが、未だに月の平均残業時間は42時間ほどとなっており、それほど少ない水準ではありません。
良くも悪くも、古風な日本企業といった社風があります。
また、新人の研修に非常に力を入れているという特徴もあります。
新卒の場合はもちろんですが、中途採用であってもある程度しっかりと研修制度が充実しています。
実際、社員のなかにも「研修のおかげで基礎力がついた」と感じている口コミが多く見られます。

東海ソフトのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月42.3時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

東海ソフトの社長

伊藤 秀和

1959年生まれ。
1982年に東海ソフト株式会社へ入社。
2001年に第2技術部部長に就任。
翌年には本社技術統括部長に就任。
その後も、取締役本社営業技術担当や常務取締役を歴任。
2010年より、代表取締役社長を務めている。

東海ソフト現職、OB/OGの有名人

山下 一浩

1964年生まれ。
1988年に大正製薬株式会社へ入社。
翌年、東海ソフト株式会社へ転職。
2007年に経営企画室次長に就任。
3年後、管理本部本部長に就任。
その後も取締役管理担当兼管理本部本部長や取締役管理担当兼管理本部本部長兼経理部部長を歴任。
2020年より、常務取締役管理担当を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

東海ソフトの転職に関わるQ&A


社員の口コミによると、東海ソフトの月平均残業時間は42.3時間です。
求人内容などに記載されている残業時間と実際の残業時間に乖離があるという意見も目立っていました。
ただし、有給休暇は取得しやすく、事前にしっかりと計画すれば基本的には取得できます。
ワークライフバランスの改善に向けた取り組みが進められていますが、現状は中程度の働きやすさといえます。

東海ソフトでは、産休や育休など男女問わず活躍できる環境づくりが積極的に進められています。
実際、産休や育休などを取得したあとに職場へ復帰した社員も多く、活用しやすい雰囲気もあります。
業務量自体が多いため特別働きやすいというわけではありませんが、活躍している女性も多い、多様性に配慮した企業といえるでしょう。

東海ソフトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

東海ソフトの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「先輩インタビュー」や「5分でわかる東海ソフト」、「社員に聞いてみた!」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人内容がざっくりとしか掲載されておらず、イマイチ分からないという方も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式HPに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して東海ソフトに転職するなら、ソフトウェア開発を行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「iX転職」

iX転職では、ソフトウェア開発を行っている幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのソフトウェア会社は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、iX転職には一般公開されていない非公開求人を多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ ...

ワークス・ジャパンは転職にオススメ?年収や社風など気になる情報を徹底分析!

ワークス・ジャパン転職者の主なキャリアステップ ...

さくらインターネットへ転職するには?面接内容や口コミ評判も徹底調査

さくらインターネット転職者の主なキャリアステップ ...

Huluへの転職はおすすめ?年収や評判について解説

Hulu転職者の主なキャリアステップ ...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

アイスタイル転職者の主なキャリアステップ ...

サイバートラストの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

サイバートラスト転職者の主なキャリアステップ ...

Speeeへの転職まとめ。面接内容や転職難易度などを解説

Speee転職者の主なキャリアステップ ...

ソネット・メディア・ネットワークスの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

ソネット・メディア・ネットワークス転職者の主なキャリアステップ ...

株式会社アカツキへの転職。面接内容や口コミを調査

株式会社アカツキ転職者の主なキャリアステップ ...

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ ...

TOP