メーカー

本田技研の転職難易度は?評判や年収などを解説

▼下記は、本田技研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから本田技研に転職してくるのか
・転職先:本田技研からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

本田技研の主な転職元・転職先

学歴

学齢期は高校卒業や大学・大学院卒業者が在籍しており、非常に幅広い大学の在籍者が多く、中には海外大学出身者も在籍しています。

職歴

本田技研在籍者の主な職歴として、大手自動車メーカーや大手電機メーカー、さらには大手コンサルティング会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

本田技研からの転職先として、自動車関連メーカーやコンサルティング会社Web系事業会社など、幅広い職種へ転職しています。

本田技研は日本の大手輸送機器メーカーであり、主に二輪車と四輪車などの製造販売を行っている企業です。
二輪車の販売台数は世界首位であり、四輪車の販売台数も世界第7位となっています。
また、ジェット機などの新しい分野の開発にも積極的に取り組んでおり、海外売上比率は8割を超えるグローバル企業となりました。
そんな本田技研は、1948年に設立され、東京都港区に本社を構えており、企業全体で218,674名もの社員が在籍しています。
現在、本田技研では、広報や研究開発などの専門的なポジションで、非常に高いスキルを持っていて即戦力として働ける人材を求めています。

初めての転職で本田技研を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

本田技研の評判や年収も気になるけど、それよりも先にどんなポジションの求人があるのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトをチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されており、転職先がまだ定まっていない場合などは、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集源して事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 本田技研の企業概要
  • 本田技研の転職ポイント
  • 本田技研の社風や企業文化

本田技研に転職するポイント

本田技研の特徴

POINT

  • ・日本を代表する輸送機器メーカーであり、海外売上8割を超えるグローバル企業
  • ・近年はジェット機などの新しい分野の開発に積極的に取り組んでいる
  • ・有給取得率が非常に良く、業界内では給与水準が高い

本田技研へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が非常に多い
  • ・広報や研究開発など、幅広いポジションで募集
  • ・非常に高いスキルを求められ、即戦力として働けることが前提

本田技研の企業概要

会社名 本田技研工業株式会社
本社所在地 東京都港区南青山二丁目1番1号
社長 八郷 隆弘
設立 1948年9月24日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティサービス信託銀行(11.17%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.75%)
エスエスビーティーシークライアントオムニバスアカウント(3.36%)

本田技研の売上

本田技研の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 3,787,337百万円 4,077,564百万円 3,642,679百万円
経常利益 484,060百万円 534,031百万円 512,028百万円

本田技研の最新ニュース

本田技研の事業内容

本田技研は「The Power of Dreams」をスローガンとしており、従来の二輪車や四輪車をはじめ、汎用製品の製造や販売を行っている企業です。
また、近年では、航空機などの新規事業の開発も手掛けており、ヨーロッパや北米、南米、アジアなど全世界に事業展開、世界中に製品の提供をしています。
本田技研の主な事業として、以下の3事業を中心に運営しています。

二輪事業

本田技研の主要事業であり、すべての原点といっても過言でもないのが二輪事業です。
自動車用の補助エンジンから始まった事業であり、「需要のあるところで生産する」という理念のもと、各国や地域に根付いた創造を実践、製造と販売をしています。
「スーパーカブ」や「CB400」など、多くの人気製品を130か国以上で販売、今では全世界で年間販売台数2,000万台を超え、二輪車のシェア率は世界1位を誇っています。
近年では、二酸化タントを一切排出しない電動二輪車の発売を手掛けるなど、地球環境に目を向けた製品の販売を展開、リーディングカンパニーとして世界を牽引している事業です。

四輪事業

四輪車の地図を塗り替えるべく1963年に始まった四輪事業は、軽トラック「T360」の発売をはじめ、軽自動車「Nシリーズ」や「フィット」、「NSX」など、さまざまな人気車種を販売してきました。
現在では、年間約500万台を全世界に販売しており、消費者の生活を豊かにするべく、一人一人の自由な行動を支援するサービスを提供しています。
また、「2030年には全体の2/3を電動自動車に置換する」という目標を掲げており、安全運動支援システムの性能向上や自動運転技術の開発に積極的に取り組み、交通事故0社会の実現に向けて日々チャレンジし続けている事業です。

ライフクリエーション事業

二輪車や四輪車以外にも、汎用エンジンの開発を行い、耕耘機や発電機、除雪機など、多彩な商品を提供している事業です。
これまでの累計生産台数は1億5千万台を超えており、50か国以上の消費者に選ばれています。
最近では、プロ向けの電動パワーユニットを発表、一般向けに歩行型芝刈機の提供をはじめ、より使いやすく高性能、静かで環境に優しい電動商品の拡大を図っている事業です。

本田技研の募集要項

広報(Webメディア・社内広報担当)

二輪や四輪、ライフクリエーションなどのデジタルコミュニケーションを進化させるための基盤整備、社内発信のデジタル化支援業務などを行います。
また、顧客体験を最適化を実現するため、HondaホームページのIA/UIの進化、Web運営体質の強化のための企画立案と推進なども担当します。

必須な経験・スキル

  • ・企業や製品領域でのメディアコミュニケーション企画立案の実務経験
  • ・ホームページ運営やコンテンツ企画の経験
  • ・基礎的OAスキルに加え、ログ分析ソフトが使用することができる

機械設計・サービス戦略企画

完成機性能目標に基づく性能や仕様の策定、各種コンポーネントの設計などを行うポジションです。
そのほかにも、世界各地域におけるマーケット分施や予測に基づいたオリジナルサービスの企画立案なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・機械設計に関する知識
  • ・CATIA V5の使用経験
  • ・総合電機や精密機器、自動車メーカーでの機械設計業務の経験

技術開発マネジメント業務

安全運転支援システム(ADAS)開発においえる技術開発マネジメント業務を担当する職種です。
複数センサを用いたフュージョン技術開発や、外界認識・周囲環境予測技術開発、車室内カメラなど各種センサによる乗員状態の推定技術の開発などを行います。
そのほかにも、新機能開発に向けた技術ロードマップの構築や要求分析、商品性の検証なども担当し、さらにはメンバー育成や開発体質の改善に向けた組織マネジメント業務も担います。

必須な経験・スキル

  • ・自動運転もしくは安全運転支援システムの開発経験
  • ・メンバー育成もしくは組織マネジメント経験
  • ・TOEIC600点以上の英語によるコミュニケーション能力

本田技研の転職難易度

本田技研の転職難易度は非常に高いです。
日本を代表する大企業であり、希望者が非常に多くいるため、倍率が高いことが想定できます。
また、非常に高いスキルを持つ即戦力を求めているため、難易度は非常に高いといえるでしょう。
また、空きが出たポジションが募集されるため、転職のタイミングも非常に重要です。希望するポジションがある場合は、転職サイトなどで定期的に募集要項の一覧を確認しておくことをおすすめします。
本田技研は、どのポジションでも高いレベルを求められるため、一筋縄ではいかないことはあらかじめ理解しておく必要があります。

本田技研が転職者に求める人物像

本田技研では、働くうえで主体性を持って行動し、結果に責任を持つことができる自立した人材を求めています。
また、社員同士お互い信頼でき、喜びを共有できる人材も求めています。
本田技研は「人間尊重」「三つの喜び」から成る基本理念を掲げており、自立や信頼、喜びの共有を特に重要視しています。
面接では、こういった部分をアピールできるようなエピソードを用意し、上手にアピールすることで採用してもらえる可能性が高まるでしょう。

本田技研の転職までの流れ

本田技研の選考フロー

エントリー

適性検査

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:一次面接で聞かれたことを再度深堀し、さらにはキャリアプランなども質問されます。

内定

本田技研の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2回ですが、ポジションによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

本田技研の面接内容

志望動機やこれまでの経験など、基本的な質問から面接が進みます。
また、「3年後、5年後にチャレンジしたいこと」や「入社したら何をやりたいか」など、今後のキャリアプランについて質問されます。
そのほかにも、「長所と短所」や「夢は何か」、「健康体か」など、人柄や健康面を見るような質問もされる傾向があります。
質問内容によっては深堀されることもあるので、あらかじめ自己分析はしっかりと行い、どんな質問にもハキハキと答えられるようにしておくことが重要です。

本田技研で働いている方の評判・口コミ

製造、在籍7~10年、男性
部署によって違うかもしれませんが、私が居た部署は製造であり、外観部品の取り付けをやっていますが、やりがいは非常に大きいです。自分の組み立てた車が走っているのを見ると達成感があり、嬉しい気持ちになります。
広報、在籍3~5年、男性
教育制度がしっかりしており、働いているチームの上司がバックアップしてくれるので、スキルアップすることができます。ただし、マニュアルなどの引継ぎが一切ないため、自分で考えて自ら学ぶというスタイルでなければ、成長できないでしょう。
貿易、在籍3~5年、女性
基本的に有給消化率は100%であり、年度内に取り切るように催促されます。残業時間も月30時間以内といわれているので、定時で帰れるときもあり、プライベートを大切にすることもできるでしょう。
口コミの要約

本田技研の口コミを見てみると、部署によっては非常にやりがいを感じ、達成感を感じながら仕事できることが伝わってきます。また、スキルアップに関しては、ステップアップできる環境はありますが、自発的に行動しなければなかなか成長できないということが伺えます。

本田技研の年収・給与

年収 819万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 退職年金、互助会、特別見舞金、財形貯蓄など

本田技研での転職者の出世難易度

本田技研の出世難易度は中程度です。
優秀な人材が多く在籍している本田技研ですが、実績を残し続けることで評価をされ、出世することができます。
ただし、出世するためには、実績を残し続けることはもちろん、さまざまな部署や各国の事業所で経験を積んでいることが重要視されています。
同じ部署で長く働くよりも、さまざまなところでさまざまな経験を積むほうが出世しやすくなる傾向があるので、出世を目指すなら、率先してさまざまな経験を積み、より多くの実績を残すと良いでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 マネージャー 1,200万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 リーダー 1,000万円

本田技研はどんな人が働いている?

本田技研の従業員数

25,379名(単独)
218,674名(連結)

本田技研の平均年齢

45.6歳

本田技研の平均勤続年数

24.1年

本田技研の社風

本田技研は企業理念が浸透しており、法令遵守について厳格であり、クリーンな社風があります。
年功序列な雰囲気があり、日本企業的な部分はありますが、社員を非常に大切にしています。
また、社員同士率直に意見を言い合う風土があり、正社員や非正社員の間には垣根がないため、和気藹々と仕事できるという特徴があります。
ただし、基本的に習うより慣れろ精神があるため、自ら考えて行動できなければ、厳しい企業といえます。

本田技研のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 原則8時間(時間帯は職種や勤務地などで異なる)
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始など
平均残業時間 月30時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

本田技研の社長

八郷 隆弘

1959年生まれ、神奈川県出身。
武蔵工業大学(現・東京都市大学)工学部機械工学科卒業後、本田技研に入社。
ホンダアールアンドディアメリカズ・インコーポレーテッド上級副社長や本田技術研究所執行役員、本田技研工業購買本部四輪購買ニ部長などを歴任。
その後もさまざまな役職を歴任し、2017年に代表取締役社長に就任。
現在は、日本自動車工業会副会長や自動車公正取引協議会会長なども兼任している。

本田技研現職、OB/OGの有名人

神子柴 寿昭

1957年生まれ。
早稲田大学教育学部卒業後、本田技研に入社。
執行役員や常務執行役員欧州地域本部長、専務執行役員、北米地域本部長を歴任。
2019年より取締役会長に就任。
現在は、自動車公正取引協議会会長も務めている。

本田技研の転職に関わるQ&A


本田技研へ応募する際の志望動機の書き方には、いくつかのポイントがあります。
まず、「自分起点・事実起点で、具体的な内容をポジティブに書く」ことが重要です。
また、あらかじめ文章全体を考えておき、揃えて文章にすると良いでしょう。
ただし、志望動機単体では書かず、エントリーシート全体を回答要求項目を精査し、そのバランスを考えながら書いていくことがポイントです。

本田技研では、基本的に高いレベルの能力が問われ、即戦力となる人材を求めている傾向があります。
しかし、職種によっては未経験でも募集しているポジションはあります。
ただし、未経験の入社の場合は、年収が下がり気味になるので、あらかじめ理解しておきましょう。

本田技研へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

本田技研の公式サイトにある採用ページからエントリーすることができます。
採用ページには、求人情報をはじめ、本田技研からのメッセージや本田技研の歴史などが掲載されているので、企業研究に役立つでしょう。
ただし、採用ページに掲載されている求人情報は、それほど具体的には記載されていません。
より具体的な情報を知りたい場合や、一般公開されていない求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人からポジションを選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用して本田技研への転職するなら、掲載企業数がトップクラスであり、ミドル~ハイクラスの案件を扱っている「ビズリーチ」がベストです。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評判を確認することができるため、自分に合った担当者を探すことが可能です。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・案件数の圧倒的多さ
・自分のペースで転職活動できる気軽さ
・応募~面接までのスピード感

豊富な求人から自分に合った企業やポジションを探したい人や、自分のペースで転職活動を行いたい人には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前の下調べとして転職サイトを利用する人もおり、本田技研の募集内容などを知りたい人は、転職エージェントを利用する前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではマネージャーや企画など専門職での募集多数!

ビズリーチに掲載されている本田技研の求人は8件です。


※画像はイメージです。

募集されているポジションはマネージャーや企画などの専門職で募集されています。
ミドル~ハイクラス求人を多く扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収は高く、最低年収が800万となっています。
また、非公開求人を多く扱っているため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、その結果として、スキルや経験で落とされてしまうこともあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して本田技研への転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質が高く、業種や業態ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しているので、転職活動がしやすくなっています。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・企業との高いマッチング率
・非公開求人の多さ

本田技研はハイクラス求人の中では人気の高い企業で、その結果、競争率が非常に高くなっています。
本田技研に応募するうえで、「今の自分でも通過できるのか」や「果たして自分の理想としている転職先なのか」など、そういった不安がある場合は、キャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。

リクルートエージェントでは企画などの専門職が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、企画などの専門職の募集が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

本田技研へ応募したいけどポジションがまだ定まっていない方や、転職するのが初めてという方には、幅広く案件を見られるリクルートエージェントがベストといえます。
また、登録しなくても案件を閲覧することもできるので、ざっと案件を見て興味が持てたら登録するという方法でも良いでしょう。

あなたが本田技研に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

  ▼下記は、任天堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから任天堂に転職してくるのか ・転職先:任天堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、三菱電機に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱電機に転職してくるのか ・転職先:三菱電機からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アサヒビールへの転職。難易度や口コミを徹底調査

▼下記は、アサヒビールに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアサヒビールに転職してくるのか ・転職先:アサヒビールからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

資生堂への転職はおすすめ?転職難易度や仕事内容についてご紹介

  ▼下記は、資生堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから資生堂に転職してくるのか ・転職先:資生堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

富士フイルムの転職情報。評判や福利厚生などをご紹介

  ▼下記は、富士フイルムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士フイルムに転職してくるのか ・転職先:富士フイルムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

パナソニックの転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

パナソニックは、日本の「家電」「住宅」「車載」「BtoB」の4つの軸で成長をつづけている日本を代表する大企業です。 2018年には100周年を迎え、安定して働ける大企業なので、転職先として長年人気の企業です。 特に注目を浴びてい...

レベルファイブに転職するには?社員の評判と面接のポイントを解説

レベルファイブの評判って?口コミや面接内容など転職情報を調査 ▼下記は、レベルファイブに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレベルファイブに転職してくるのか ・転職先:レベルファイブからどこへ転職す...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

  ▼下記は、レキットベンキーザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからレキットベンキーザーに転職してくるのか ・転職先:レキットベンキーザーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

花王へ転職する方法は?評判や年収などを調査

▼下記は、花王に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから花王に転職してくるのか ・転職先:花王からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

  ▼下記は、スクウェア・エニックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスクウェア・エニックスに転職してくるのか ・転職先:スクウェア・エニックスからどこへ転職するのか 一般的な傾...

TOP