WEB・アプリサービス

チームラボに転職するのは良い?評判や給料などを解説

チームラボ転職者の主なキャリアステップ

チームラボの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高校卒業〜大学・大学院卒が在籍しており、美術系や芸術系も含め、幅広い大学出身の社員が在籍しています。

前職チームラボ在籍者の職歴は、SIerWEB系のエンジニア出身者などが挙げられます。

次の転職先チームラボからの転職先として、LINEなどの国内メガベンチャーヤフーなどのWEB系事業会社などへ転職しています。

チームラボは最新のテクノロジーを活用し、アプリやウェブサービスの開発から、空間展示まで、幅広い業務を行う企業です。
エンジニアや、アーティスト、建築家など、幅広い分野のプロフェッショナルが集まるチームラボは、本社を東京都千代田区神田小川町に構えており、従業員は500人となっています。
企画から開発までワントップで依頼できるチームラボでは、キャリア採用を通年で行っており、2021年7月時点でも幅広い職種での募集を行っています。

チームラボへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・チームラボの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、チームラボ株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できますよ!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • チームラボの企業概要
  • チームラボの転職ポイント
  • チームラボの社風や企業文化

チームラボ転職するポイント

チームラボの特徴

POINT

  • ・セミナー参加費負担や、産休・育休など、豊富な福利厚生
  • ・web、ブランディング、データ分析、インフラ構築、空間演出など、幅広い事業を展開する
  • ・非常にフラットな組織であり自由に働きたい人には最適な環境

チームラボへ転職するポイント

POINT

  • ・キャリア採用では、エンジニアなどの専門職の募集が圧倒的に多い
  • ・サイト上ですぐに受けられる「オンラインプログラミング採用」あり
  • ・未経験でも応募できる職種あり

チームラボの企業概要

会社名 チームラボ株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田小川町2-12
小川町進興ビル 受付 6階
社長 猪子 寿之
設立 2001年3月
株式 非上場
株主構成 記載なし

チームラボの売上

記載なし

チームラボの最新ニュース

チームラボの事業内容

Web制作

企業ホームページやオンラインストアなどを、提案から、コンサルティング、要件定義、開発、保守、運用、インフラ構築、ブランディングまで、全てワントップで行います。
チームラボは「ユーザーに新しい体験を与えられるサイト作り」軸にしており、使いやすくて、使っていて気持ちの良いUIやデザインの評価が高い企業です。
また、チームラボではCMSの提供を行っており、チームラボのDMPやレコメンドエンジンを搭載することで、高クオリティなホームページを個人で制作することも可能です。
過去の制作実績として、チャットボットが搭載されている「東急リバブル 不動産検索サイト」の制作や「成田国際空港Webサイト」のリニューアル、「江崎グリココーポレートサイト」のフルリニューアルなどが挙げられます。

アプリ作成

アプリ開発でも、企画から、デザイン、システム、運営まで全てを委託可能です。
チームラボのアプリ開発の強みは、高いデザイン力ろクリエイティブなUI/UXにあります。
これまでのアプリ制作実績にはEC、カタログ、プロモーションなどがあり、幅広いジャンルに対応できることも、チームラボの魅力の1つです。
代表的な開発事例は「りそなグループアプリ」「パ・リーグ.com」「東急ハンズアプリ」などが挙げられます。

映像制作

3DCGを利用した映像制作を行います。
日本画を描くように、筆が流れるような映像を得意とし、2014年には松竹映画のオープニングロゴの制作を任された実績があります。
また、プロジェクションマッピングのクオリティが高く、平面な世界を空間に表現する技術は世界的な評価を受けています。
過去の制作実績として、黒霧島の黒霧スカイビジョンや、NHKの「鑑賞マニュアル美の壺」のタイトル映像などが挙げられます。
3DCGを利用した映像制作を行います。
日本画を描くように、筆が流れるような映像を得意とし、2014年には松竹映画のオープニングロゴの制作を任された実績があります。
また、プロジェクションマッピングのクオリティが高く、平面な世界を空間に表現する技術は世界的な評価を受けています。
過去の制作実績として、黒霧島の黒霧スカイビジョンや、NHKの「鑑賞マニュアル美の壺」のタイトル映像などが挙げられます。

データ分析

ビックデータを用いたマーケティング支援や、レコメンドエンジンの開発を行います。
チームラボが提供する「チームラボDMP」では、サイト内での行動履歴や、コミュニケー履歴など、webマーケティングで必要な情報を蓄積することが可能です。また、チームラボには、データサイエンティストが常駐しており、利用者のコンサルティングも行います。
「チームラボDMP」はマイナビバイトや、village vanguardオンラインストアなどに導入されており、大手の企業からも高い評価を得ています。

チームラボの転職の募集要項

Webアプリンジニア

主に、システム・サービスの設計から運用まで、開発プロセスの中心を担当します。
Webアプリエンジニアは非常に門が広く、実務経験なしでも応募が可能です。
メンバーの平均年齢は20代で、社内LT大会や勉強会を開催するなど、独自のスキルアッププログラムが用意されているため、チームでのWebサービス開発に興味がある方には最適な職種でしょう。
ただし、ある程度のスキルは求められ、webエントリーの後にオンラインでテストを実施します。
使用言語はPHP、Ruby、Go 、Java、JavaScriptであるため、これらの基本は押さえておくようにしましょう。

必須な経験・スキル

  • チームでのWebサービス開発への興味

UI/UXデザイナー

主に、webサイトとアプリのUI/UXのデザイン業務を行います。
チームラボの制作ではUI/UXの評価が高く、自身のスキルを伸ばしたい方には最適な職場です。
チームラボではチームでの制作を重視しているため、コミュニケーションスキルや、自分の意見をはっきり述べられるメンタルが求められます。
また、UI/UXデザイナーはエントリーの際にポートフォリオの提出が必須です。
UI/UXのデザインのほかに、デジタル看板や映像作品のデザインやグラフィックの制作も行います。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のWeb/アプリデザインの実務経験
  • ・1年以上のUI/UXデザインの実務経験

ソリューション(Web・アプリ・プロモーション)カタリスト

チームラボでは、クリエイティブに携わるプロデューサーのことをカタリストと呼びます。
ソリューションカタリストの主な業務は、クリエイティブ案件の企画、提案、プロジェクト管理となります。
チームラボでは、企画から、運営までワントップで行うため、カタリストの業務範囲は非常に広く、大きな責任が伴います。ただし、クライアントには大手の企業が多いため、非常にやりがいのある職種といえるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・webサービスのディレクション経験
  • ・ワイヤーフレームの作成スキル

ソーシャルブランディング

チームラボ主催のイベントの広報を担当します。Web、メルマガ、SNSの更新など、あらゆる方面から広報活動を行います。
チームラボのイベントは国内に留まらず、台湾をはじめとして、韓国、シンガポール、アメリカなどの海外でも開催されており、ビジネスレベルの英語スキルがある人材が優遇される傾向があります。
また、ソーシャルブランディングの業務は、イベントの広報だけでなく、ポスターや映像作品、プロダクト、ソリューションなど、チームラボの事業全てのブランディングを担当することもあるため、プロジェクト全体を理解できる人材が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・メディア編集経験
  • ・プロジェクト管理経験
  • ・google documentの基本的な作業

チームラボの転職難易度

チームラボの転職難易度は高いです。チームラボは若手でも新しいことにチャレンジできる企業として知られており、非常に人気が高いです。
そのため、書類選考の時点で落とされてしまう転職者が多く、特にクリエイター職の転職は狭き門となっています。
また、専門職では応募を受け付けた後に、必ずオンラインでのテストを実施するため、チームラボでは技術力を重視して採用を進めることが予想できます。

チームラボが転職者に求める人物像

チームラボでは高い技術と実績だけでなく、チームで活躍できる素質のある人材を求めています。
チームラボは、メンバーがチームで話し合うことで、品質の高いものを作ってきた企業です。
そのため、チームメンバーの得意な部分を活かし、尚且つ、自分の得意な部分で、チームに化学反応を起こせるような、人材が求められるのです。
また、挑戦的で型にはまらない、自由な表現者であることも求められます。常に新しいことにチャレンジし続けたい方にはおすすめの企業です。

チームラボの転職までの流れ

チームラボの選考フロー

書類・エントリーシート提出

クリエイティブ職の場合は、ポートフォリオの提出、エンジニアの場合はオンラインテストの受験が必須です。

1次面接

想定選考官:人事
志望動機などの一般的な内容から「なぜその職種を希望したのか」を軸に面接が行われます。
専門職の場合は、技術についての質問が多い傾向があります。

最終選考

想定選考官:役員
役員との、再度志望動機のすり合わせを行います。

チームラボの面接形式

最終面接以外、基本的にオンラインで行います。地方に住んでいる場合には、最終面接もオンラインで行うことも可能です。
面接回数は2~3回程度で、1回につき30分〜1時間程度となります。
エンジニアの場合、採用ページないにある「オンラインプログラミング採用」テストのスコア次第では、最終面接までパスすることも可能です。

チームラボの面接内容

どの職種においても「なぜチームラボのこの職種を希望したのか」問われます。その回答には「ワクワク」が求められ、ワクワクできないと、「もっとワクワクする話を」と深堀されます。
希望する職種で自分が働くケーススタディを行うこともあるため、業務内容を把握し、自分がそこで何ができるのか、事前に想定しておくことをおすすめします。
また、面接では、チームラボの好きな作品を聞かれることも多いため、自分の中で、どの作品のどんな部分に惹かれたのか、言葉で伝えられるように準備をしておきましょう。

チームラボで働いている方の評判・口コミ

ディレクター、在籍5〜10年、男性
プライベートと仕事のバランスが取りやすいです。業務開始時間は10時からですが、午後から出社する人も少なくありません。また、仕事を持ち帰ることは禁止(Slackでつながっている限り連絡はくるが)されているので、しっかりプライベートを充実させている人が多い印象です。仕事を好きな人は夜遅くまで残っていることもありますが、残業を強制させられることはありません。
ディレクター、在籍3〜5年、男性
組織体制は非常にフラットで、事業部署ごとに分かれている縦割りはない。意思決定がとても早いのが強みだろうか。大企業で良く見られる部署ごとの衝突や社内政治がなく平和だと思う。企業文化にしても、とにかくクオリティーの高いものを作るという文化があり、みんなそのマインドで制作に携わっている。
エンジニア、在籍3〜5年、男性
組織体制は非常にフラットで、事業部署ごとの縦割りがありません。他の部署との交流も多く、サークル活動に勤しんでいる人が多いです。意思決定が早く誰でも発言できる環境は整っていますが、結局発言力のある人の声が大きい印象です。
ただ「クオリティの高いものを作る」という意思は全員共通して持っており、個々のスキルアップは期待できると思います。
エンジニア、在籍3〜5年、男性
自分の仕事が社会の貢献に直結しているという感覚を強く味わえます。何をどうしたらよくなるのか?をチーム一丸となって深堀していくため、1人では思いつかないようなアイディアが出た際には、大きな達成感が得られます。
ただ、キャリアについては、基本放任主義なので、自分がどうなりたいか。そのためには何が必要か。を考えられる人じゃないと、キャリアアップは難しいと思います。

口コミの要約チームラボの口コミでは年齢・性別・国籍問わず、誰でも発言できるフラットな社風という声が多く見られます。また、ものづくりが好きな人が多く、コンテンツの質を求めて働きたい方には最適な職場となるでしょう。ただし、基本放任主義の社風の中では、キャリアパスは用意されていないため、自らキャリアを形成できない方には、キャリアアップは難しい職場という口コミも多く見られました。

チームラボの年収・給与

年収 450万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(月2万円まで)
住宅手当 なし
福利厚生 各種社会保険完備、家族手当(子1人目:月2万円支給、2人目以降は+月5000円支給)、
勉強会・カンファレンスの参加費用支給など

チームラボでの転職者の出世難易度

非常にフラットな社風のため、プロパーと比べて転職者が冷遇されることはなく、全員に出世のチャンスがあります。
ただし、チームラボの評価制度はかなり不透明で、大きな案件をこなすと給与は上がりやすい傾向がある程度のものとなります。実力があっても、携わった案件があまり目立たないと、評価されにくいとの口コミも少なくありません。
ただし、役員からスキルを認められれば、20代のうちから大きなプロジェクトの根幹を担う役職に抜擢されることもあるため、評価されるチャンスは平等にあるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 900万円

チームラボはどんな人が働いている?

チームラボの従業員数

500人

チームラボの平均年齢

27.6歳

チームラボの平均勤続年数

不明

チームラボの社風

とにかく自由な社風です。出社時間も服装も意見も、とにかく自由にできることが多く、自分のスキルを存分に発揮できる環境といえるでしょう。
ただし、自由の中にも共通の意識はあり、制作物に対するこだわりが強い一面があります。また「チームで話し合うことで、新しい発見が生まれる」ということを大切にしているチームラボは、ダイバーシティに富んでおり、少し変わった性格の人が多い傾向があります。

チームラボのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始、夏期休暇
平均残業時間 50時間
フレックス制度 なし
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

チームラボの社長

猪子 寿之

2001年に東京大学工学部応用物理・計数工学科を卒業後、チームラボを設立し、代表取締役に就任。東大の同級生であった、青木俊介らの幼馴染の5名と一緒に事業を拡大していき現在に至る。
数多くの受賞歴をもち、2008年には第6回Webクリエーション・アウォードにてWeb人賞を受賞している。

チームラボ現職、OB/OGの有名人

堺 大輔

東京大学東京大学工学部機械情報工学科を卒業後、チームラボへ入社。現在はチームラボの取締役に就任している。主な実績として、結婚情報サイトである「JOY JOY WEDDING」の戦略コンサルタントとなり、大幅な業績改善を行ったことなどが挙げられる。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

チームラボの転職に関わるQ&A


チームラボは、制作物のクオリティに妥協がないため、激務になることが比較的多い企業です。特にディレクター職の場合、担当する領域が広いため、かなり忙しく働く必要があるでしょう。また、イベント開催に伴い、休日出勤を強いられることがあり、その点に不満を持っている社員もいるようです。
しかし、チームラボでは自由に働ける環境が整っており、自身のパフォーマンスをフルで発揮できる環境を、自分で作っていくことが可能です。
伝言役や、他の人の得意分野を苦手な自分がやらなくてはいけないなど、煩わしい工程をカットすることも可能なため、定時で帰れる従業員がほとんどです。


チームラボは、現在海外においてもネームバリューを高めており、さらなる成長が見込まれる企業です。2020年にはさらに海外3都市に美術館を展開させる予定も立っており、今後チームラボは、グローバルに活躍する企業となることも予想されています。
今後上場する予定は現段階では立っていないものの、今後も安定して、売上を伸ばしていくでしょう。

チームラボへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

チームラボの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報をはじめ、企業からのメッセージやチームラボの職種紹介、チームラボのプロジェクトなどが掲載されています。
企業研究に役立てることができるので、一度チェックすることをおすすめします。
ただし、求人情報はそれほど具体的には掲載されていないため、より具体的な募集内容が知りたい場合や、確実な転職を目指しているなら、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、チームラボ株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できますよ!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してチームラボへ転職するなら、企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはチームラボの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

iX転職では平均年収が高めになっている!

iX転職から届くスカウトメールを見てみると、エンジニアやデータサイエンティストなどのポジションの求人が多くあります。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては年収交渉することができます。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

パロアルトネットワークスへの転職。転職難易度や事業内容をご紹介

パロアルトネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 シマンテック、マカフィーなどのセキュリティソフトウェアメーカー、ネットワン、アライドテレシスなどのNIer、IBM、HPなどのSIer ...

ノートンへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

ノートンは、コンピュータセキュリティソフト「ノートン」の開発や提供を行っているソフトウェア会社です。 主にインターネットセキュリティに特化した製品の開発と提供を行っており、これまでに約5,000万人のデバイスや個人情報、オンラインプラ...

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。 2011年に設立されて以...

Sharing Innovationsへの転職は難しい?選考フローや社風などを解説

Sharing Innovationsは、クラウドやオープン系のプロダクトや技術を駆使し、幅広い業種のクライアントのDX化を支援している企業です。 AIをはじめとしたイノベーションからWebアプリの開発、基幹系システムの開発な...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ ...

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ ...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

エムスリー転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアなどのIT系コンサル 楽天、ヤフーなどのWEB系事業会社 IBMなどのSIer 製薬会社など エムスリー株式会社に転...

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ 前職 IBM、富士通などのSIer ワークスアプリケーションズ、セールスフォースドットコムなどのIT系企業 マクロミルなどのマーケティング事業会社 メーカー ...

楽天の転職情報!転職難易度や面接形式などをご紹介

楽天転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWEB系事業会社 Amazonなどの外資系テクノロジー企業 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム 楽天に転...

じげんへの転職は可能?評判や口コミなど転職情報をご紹介

じげん転職者の主なキャリアステップ ...

TOP