メーカー

ダイハツの転職難易度は?年収や面接内容など解説

▼下記は、ダイハツに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからダイハツに転職してくるのか
・転職先:ダイハツからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ダイハツの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

ダイハツ在籍者の主な職歴は、日立建機などの建材メーカー、三菱自動車やトヨタ自動車などの自動車メーカーが挙げられます。

退職後の主な転職先

ダイハツからの転職先として、クボタなどの建材メーカー、ダイキン工業やパナソニックなどの電機メーカー、さらには、スバルや日産自動車などの自動車メーカーへ転職しています。

ダイハツは、「世界中に愛されるスモールカーづくり」を使命として事業展開している自動車メーカーです。
主に軽自動車や総排気量1,000cc以下の小型車を主力としており、その結果、国内において14年連続で軽自動車トップシェアを誇っています。
また、インドネシアやマレーシアに生産拠点を構えるなど、日本国内のみならず、海外にも事業展開を推進している企業です。
1907年設立と非常に歴史は長く、現在では13,156名の社員が在籍しています。
そんなダイハツでは、技術関連の専門知識が豊富であり、自発的に行動できる人材を求めています。

初めての転職でダイハツを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ダイハツの年収や面接内容も気になるけど、それよりも先にどんな求人が募集されているのか知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集源としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ダイハツの企業概要
  • ダイハツの転職ポイント
  • ダイハツの社風や企業文化

ダイハツに転職するポイント

ダイハツの特徴

POINT

  • ・軽自動車や総排気量1,000cc以下の小型車を主力としている自動車メーカー
  • ・国内において14年連続で軽自動車トップシェアを誇る
  • ・インドネシアやマレーシアなど、グローバル推進にも注力

ダイハツへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・開発や設計など、幅広いポジションで求人募集
  • ・技術関連の専門知識が豊富で、自発的に行動できることが重要

ダイハツの企業概要

会社名 ダイハツ工業株式会社
本社所在地 大阪府池田市ダイハツ町1番1号
社長 奥平 総一郎
設立 1907年3月1日
株式 非上場
株主構成 トヨタ自動車株式会社(100%)

ダイハツの売上


ダイハツは非上場のため、親会社であるトヨタ自動車株式会社の売上高を掲載しています。

トヨタ自動車の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 29,379,510百万円 30,225,681百万円 29,929,992百万円
調整前純利益 2,620,429百万円 2,285,465百万円 2,554,607百万円

ダイハツの最新ニュース

ダイハツの事業内容

ダイハツは、「軽を基点にした1mm・1g・1円にこだわる良品廉価なクルマづくり」を原点に、軽自動車を低コストかつ高品質に製造・販売している企業です。
「軽自動車でさらに収益の上がるビジネスモデル」の確立を図っており、SSC(シンプル・スリム・コンパクト)化や調達改革の推進といった構造改革に取り組み、「低燃費」「低価格」「省資源」を追求した魅力あるクルマづくりを推進しています。
また、より地域に密着した販売活動を展開しており、ユーザーの生の声を車づくりに反映させ、ニーズ変化の葉や鵜国内市場に対応しています。
その結果、国内軽自動車販売台数は59万台であり、販売シェアは14年連続でトップを獲得している企業です。
また、インドネシアやマレーシアを中心に事業推進や、トヨタ自動車やスバル向けのバラエティ富んだ車両とエンジンを供給など、幅広く手掛けています。
今後の展望として、さらなる改革を推進し、自ら変化を起こすスモールカーのリーディングカンパニーであり続けることを目標としています。

ダイハツの募集要項

EV/HV開発

EV(電気自動車)やHV(ハイブリッドカー)の開発に携わるポジションです。
具体的には、車両全体のシステム開発やコンバータ・インバータの開発、電池パック設計及び電池制御開発を行います。
また、駆除用モータやトランスアクスル開発など、幅広く携わることができます。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の開発職における実務経験
  • ・モデルベース(MATLAB/Simulink)でのEV/HV制御開発の経験
  • ・トランスアクスルの実験評価業務経験 など

安全運転支援システム開発

クルマの安全運転をサポートするシステムの開発に携わるポジションです。
具体的には、自動ブレーキや自動操舵機能の開発、ディープラーニングを使用した機械学習による自動運転システムを開発します。
また、画像処理やミリ波レーダーを使用した周辺認識技術による安全運転支援シムテムの開発にも携わる場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の開発職における実務経験
  • ・車両制御を伴う安全運転支援システムの開発経験
  • ・走行環境やドライバー状態認識などの開発経験 など

社内SE

クルマづくりを円滑に進めるための社内システムを、ITや情報管理によって支えるポジションです。
具体的には、自動車開発における部品表や開発情報などエンジニアリングシステムの企画立案や開発導入、維持管理を担います。
社内のシステム改善のために部署内外のさまざまな人と密接に連絡を取り合うため、優れたヒアリング能力やコミュニケーション能力が必要不可欠な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・社内のユーザーや社外の協力会社と会話や調整、折衝ができる
  • ・自動車会社開発部門や技術開発ユーザー部門でのSE経験
  • ・大規模ソフトウェアの開発経験 など

ダイハツの転職難易度

ダイハツの転職難易度は中程度です。
中途採用による求人情報は比較的多く、さまざまなポジションで募集されています。
未経験からの転職の場合は厳しいかもしれませんが、ダイハツが求めているスキルや経験を持っていればチャンスは多くあるでしょう。
ただし、スキルや経験以外にも、人柄も少なからず判断されるので、あらかじめどんな人材が必要とされているのか理解しておくことが必要です。

ダイハツが転職者に求める人物像

ダイハツでは開発関連がメイン業務となるため、開発技術分野における高度な専門知識を持つ人材を求めています。
また、自ら進んで行動して学ぶ意欲がある人材や、高いコミュニケーション能力を持つ人材も求められる傾向があります。
面接では、これらの能力を効率的にアピールし、面接官を感心させられるかどうかがポイントでしょう。

ダイハツの転職までの流れ

ダイハツの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・採用担当
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、車に関する質問を多くされます。

内定

ダイハツの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ですが、多少異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間前後で終わります。

ダイハツの面接内容

ダイハツの面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問から進みます。
また、「どんな車が好きか」や「車のどんなところが魅力を感じるか」など、車に関する質問を多くされる傾向があります。
それ以外にも、「これまでに仕事での成功例は?」や「体力はある?」といった質問をされることがあるため、どんな質問にも回答できるようにしておくことが重要です。
面接の雰囲気は、全体的に和やかであり、話しやすい雰囲気なため、変に緊張せず、自分らしく面接に臨めるでしょう。

ダイハツで働いている方の評判・口コミ

技能工、在籍3~5年、男性
頑張れば頑張った分だけ評価してもらえる環境なため、やりがいを感じモチベーションに繋がります。また、近年では海外での仕事をする機会が増えているため、海外勤務経験を積みたい方には、多くのチャンスがあると思います。
生産技術、在籍3~5年、男性
入社後は座学や研修などがあり、分からないところは上司や先輩に気軽に質問することができます。できないままほったらかしにされるということはなく、きっちりと教えてくれるので、着実に成長することができます。
制御設計、在籍5~7年、女性
フレックス制を導入しているため、早く出勤して早く帰るなど、働き方に融通が利きます。また、有給取得の推進をしているため、休みは比較的取りやすいと思います。残業もそれほど多くはなく、仕事さえ終わっていれば早く帰ることも可能です。
口コミの要約

ダイハツの口コミを見てみると、努力すればした分だけ評価されるため、やりがいを感じながら働けるということが伺えます。また、フレックス制の導入や有給取得推進がされているため、働きやすい環境があるということも伝わってきます。

ダイハツの年収・給与

年収 650万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 家族手当、財形貯蓄、自動車・住宅購入資金貸付制度、共済会など

ダイハツでの転職者の出世難易度

ダイハツの出世難易度は比較的高いです。
年功序列な文化があるため、基本的に社歴が長い社員から出世していく傾向があります。
そのような状態の中で出世を目指すなら、ほかの社員よりも多くの実績を残し、周囲に認めてもらうほかありません。
ただし、評価制度は平等であるため、新卒社員と中途社員の出世のしやすさに違いはほとんどないでしょう。
努力して実績を残すことで、中途社員でも出世できる可能性は大いにあります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 副主任 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 リーダー 700万円
40代中盤 なし 800万円
50代中盤 次長 1,200万円

ダイハツはどんな人が働いている?

ダイハツの従業員数

13,156名

ダイハツの平均年齢

40.6歳

ダイハツの平均勤続年数

記載なし

ダイハツの社風

ダイハツでは、「機会均等」と「実力主義」の実現を理念に人材育成を行っています。
そのため、自発的に行動することができれば、職種系統や学歴、年齢などに関係なく、スキルアップを目指すことができる環境があります。
また、努力して成果を残した社員に報いるという風土もあります。
社員同士は、和気藹々としたコミュニケーションを取りながら業務をこなしているため、全体的に明るい雰囲気の中で働くことができるでしょう。
自ら進んで行動することができ、社員同士仲の良い環境で働きたいという方には、向いている企業といえます。

ダイハツのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:45~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、介護休暇、子の看護休暇など
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ダイハツの社長

奥平 総一郎

1956年生まれ、愛媛県出身。
東京大学工学部卒業後、トヨタ自動車工業 (現・トヨタ自動車株式会社) に入社。
2002年に第2開発センターチーフエンジニア、2003年にエグゼクティブチーフエンジニアとして10代目カローラの開発責任者を歴任。
さらには、常務役員や東富士研究所所長、専務役員兼技術開発本部長などを歴任。
その後、中国やアジア、オセアニアのチーフテクニカルオフィサーを歴任し、2017年4月にダイハツ工業へ転籍、代表取締役社長に就任。

ダイハツ現職、OB/OGの有名人

三井 正則

1950年生まれ、大阪府出身。
中央大学理工学部精密機械工学科卒業後、ダイハツ工業株式会社に入社。
2004年に取締役、2006年に常務取締役、2007年に専務取締役などを歴任し、2013年には代表取締役社長へ就任。
2017年に代表取締役会長に就任。
雑誌「プレジデント」にて、「社員の士気を高めながらものづくり改革を推進し、商品力や競争力の強化を目指すには、うってつけのトップ交代」と評したした人物であり、また、秋の褒章発令により藍綬褒章を受章した人物。

ダイハツの転職に関わるQ&A


特に不利になることはありません。
昇進や処遇は本人の能力や成果に基づいて反映されるものであるため、入社時においてこれといった不利になることなく、中途社員でも安心して働くことができます。

応募から正式内定に至るまで、書類選考やSPI試験、複数回の面接があります。
期間としては概ね1.5〜2ヶ月程度なので、ある程度時間がかかってしまうのはあらかじめ理解しておきましょう。

ダイハツへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ダイハツの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることができます。
求人情報のほかにも、商品情報や企業情報、リコール情報などが掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人内容はそれほど具体的に掲載されていないので、不透明な部分は少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合やさまざまなサポートを受けながら転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

ダイハツへの転職において、転職サイト活用するなら、豊富な求人掲載数を誇り、転職サイトの中ではハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動が可能
・少しでも気になった求人にすぐに応募できる

求人案件を多く扱っているため、自分の希望する条件を満たしている求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトなら自分のペースで転職活動がすることができます。
さらには、気になった求人があればすぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに済むでしょう。

ビズリーチは平均年収が高く、自分に合ったアドバイザーを探すことが可能!

ビズリーチに掲載されている求人は、システム開発やエンジニアといった求人が掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェック可能で、自分に合ったアドバイザーを探すことができます。
また、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすいという特徴を持っています。
ただし、転職サイトから応募する場合、自分と企業との年収などの希望条件のすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
より確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

質が高く、より確実な転職をするなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してダイハツへ転職するなら、キャリアコンサルタントの質が高く、幅広いサポートを受けながら転職できる「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・質の高い面接対策で転職成功率が上がる
・自分のことを企業側に上手にアピールしてくれる
・普通じゃ知りえない業界の裏事情を知ることができる

転職エージェントでは、質の高い書類添削や模擬面接があり、さらには自分のことを企業側に上手にアピールしてくれるため、転職成功率が底上げされます。
また、業界に特化したキャリアコンサルタントが多いため、普段じゃ分からないような業界の裏事情を知ることも可能です。
転職サイトと比べるとどうしても時間はかかってしまいがちですが、確実な転職がしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

リクルートエージェントではWEBでも面接できる!

リクルートエージェントでは、システム開発や実験などの求人が掲載されています。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

リクルートエージェントは、総求人数と非公開求人数が業界トップあり、非常に多くの求人から希望するポジションを探しやすいという特徴があります。
また、面接が苦手な方のための無料面接セミナーを開催しているので、初めての転職で不安があるという方や面接があまり得意ではないという方は、リクルートエージェントの活用がベストといえます。

あなたがダイハツに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

良品計画への転職はおすすめ?気になる年収や評判を調査

▼下記は、良品計画に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから良品計画に転職してくるのか ・転職先:良品計画からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

味の素へ転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

▼下記は、味の素に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから味の素に転職してくるのか ・転職先:味の素からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

任天堂への転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

▼下記は、任天堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから任天堂に転職してくるのか ・転職先:任天堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本電産の転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、日本電産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本電産に転職してくるのか ・転職先:日本電産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

島津製作所の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、島津製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから島津製作所に転職してくるのか ・転職先:島津製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

東レは転職難易度高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、東レに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東レに転職してくるのか ・転職先:東レからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

川崎重工への転職。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、川崎重工に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから川崎重工に転職してくるのか ・転職先:川崎重工からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

武田薬品への転職は難しい?年収や口コミなど解説

▼下記は、武田薬品に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから武田薬品に転職してくるのか ・転職先:武田薬品からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

大塚商会の転職情報まとめ。面接の口コミや転職難易度を調査!

  ▼下記は、大塚商会に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大塚商会に転職してくるのか ・転職先:大塚商会からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、三菱電機に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱電機に転職してくるのか ・転職先:三菱電機からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP