WEB・アプリサービス

ディ・アイ・システムへの転職は難しい?事業内容や将来性などを解説

ディ・アイ・システム転職者の主なキャリアステップ

ディ・アイ・システムの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

ディ・アイ・システム在籍者の主な職歴は、通信業WEB事業者などが挙げられます。

次の転職先

ディ・アイ・システムからの転職先として、トランス・コスモスなどのIT系企業へ転職しています。

ディ・アイ・システムは、システム開発の受託や教育サービスの提供を行っているシステム開発企業です。
主に、総合人事システム「COMPANY」やアプリやワークフローの高速開発を支援する「楽々Framework3」、情報漏えいやセキュリティ対策を行う「EKRAN」など、BtoBのサービスを数多く開発しています。
売上高は順調に拡大を続けており、東証スタンダードへ株式を上場しているなど、安定した経営を続けています。
そんなディ・アイ・システムでは、ネットワーク・サーバーエンジニアやオープン系システムエンジニアなど、ITの専門職を中心に中途採用を募集中です。
また、比率は少ないものの営業職や事務といった職種でも中途採用を行っています。
今回の記事では、ディ・アイ・システムへの転職を検討している方に向けて、事業内容や将来性などを解説します。

ディ・アイ・システムへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ディ・アイ・システムの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ディ・アイ・システムの企業概要
  • ディ・アイ・システムの転職ポイント
  • ディ・アイ・システムの社風や企業文化

ディ・アイ・システムに転職するポイント

ディ・アイ・システムの特徴

POINT

  • ・BtoB分野で各種システム開発を行っている企業
  • ・システムインテグレータとしてのポジションを確立しており、売上は順調に推移
  • ・社員の全体的な満足度は高く、有給も取りやすいとの声が多数

ディ・アイ・システムへ転職するポイント

POINT

  • ・各種エンジニアなどで中途採用を募集中
  • ・IT専門職での採用がほとんどだが、稀に営業や事務の求人募集もされる
  • ・面接では入社後のキャリアプランやビジョンについて深堀される傾向あり

ディ・アイ・システムの企業概要

会社名 株式会社ディ・アイ・システム
本社所在地 東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト2F
社長 富田 健太郎
設立 1997年11月5日
株式 上場(東証スタンダード)
株主構成 株式会社NAM(33.65%)
自社社員持株会(4.54%)
吉原孝行(4.39%)

ディ・アイ・システムの売上

ディ・アイ・システムの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 3,856百万円 4,283百万円 4,656百万円
経常利益 219百万円 109百万円 207百万円

ディ・アイ・システムの最新ニュース

ディ・アイ・システムの事業内容

ディ・アイ・システムの主力事業は、BtoB分野におけるシステム開発と教育サービスの提供です。
システム開発においては、ITや金融、流通、医療などの各業界や官公庁などをクライアントとした業務用のアプリケーションの設計や開発を行っています。
インフラシステムの設計など、高い保守性の求められる案件にも多数の実績があることが強みです。
これらに加えて、設計開発を行ったソフトウェアの運用保守業務、機器のメンテナンス業務なども行っています。
教育サービス分野では、プログラミング言語やデータベース、サーバなどの専門知識の教育サポートを行っています。
クライアント企業の人事戦略に基づいた研修の設計を行うことで、新入社員や中堅社員を対象とした効果的な研修を行うことが可能です。
売上高は右肩上がりで推移しており、経常利益についても2020年度の新型コロナウィルス感染症による不況の影響を除けば安定した経営が続いています。
今後も事業規模が拡大していくことが見込まれている将来性の高い企業です。

ディ・アイ・システムの募集要項

ネットワーク・サーバエンジニア

企業間の拠点間ネットワークを構築するために必要な各種業務を総合的に担当するのがネットワーク・サーバエンジニアの役割です。
クラウド基盤の需要が高まるなかで必要となるインフラ設計や構築、保守業務などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・ネットワーク設計や構築、運用の経験

ITソリューション営業

クライアント企業の抱えている課題を解決するために必要なIT製品・サービスを提案することがITソリューション営業の役割です。
エンジニアと協力しながら、クライアント企業にとって最適なソリューションを考えることが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・営業の実務経験

ディ・アイ・システムの転職難易度

ディ・アイ・システムの転職難易度は中程度です。
ディ・アイ・システムでは、エンジニアと営業の双方で中途採用の募集を行っています。
なかでもエンジニアなどのIT専門職が中途採用の求人の中心となっており、サーバエンジニアやシステムエンジニアなど細分化された募集が行われていることが特徴です。
IT業界などで開発や設計業務に携わったことがあれば、職種を問わずアドバンテージになるでしょう。
ただし、面接では入社後のビジョンなどについて細かく聞かれます。
最近は選考の倍率も上がってきており、職種によっては少ない募集枠に多数の応募者が集まることも珍しくありません。
ディ・アイ・システムへの転職を成功させるためには、企業研究を進めておくなど徹底した面接対策が求められます。

ディ・アイ・システムが転職者に求める人物像

ディ・アイ・システムが転職者に求める人物像として、「常に新しい物事を学び続ける姿勢」が挙げられます。
IT業界は入れ替わりの激しい業界で、常に新たな技術を学び変化していく姿勢が欠かせません。
ディ・アイ・システムも例外ではなく、最新の技術を取り入れた商品展開を行っていこうという姿勢が常にあります。
このような変化の激しい環境でもしっかりと成果を残すことができる学習意欲の高い人材であることが重要です。
そのほかにも、「将来のビジョンが明確であること」も挙げられます。
ディ・アイ・システムの選考で将来のビジョンなどがよく聞かれることからも分かるように、キャリアプランなど社員の意向を重視しています。
計画性が高く、やりたいことの明確な社員が活躍できる環境です。

ディ・アイ・システムの転職までの流れ

ディ・アイ・システムの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・チーム社員
想定内容:入社後のビジョンについてなど、未来志向の質問が多いです。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問同様に、入社後にやりたいことなどを深堀される傾向が強いです。

内定

ディ・アイ・システムの面接形式

ディ・アイ・システムの面接回数は職種によって幅があり、2回〜3回となることが多いです。
面接形式は1対1で、面接1回あたりにかかる時間は45分ほどと標準的な水準となっています。
選考は2週間前後で終了することが多く、ややスピーディーに行われている傾向です。

ディ・アイ・システムの面接内容

ディ・アイ・システムの面接内容としては、「将来どうなりたいか」や「今後、どんなエンジニアになりたいと考えているのか」といった未来志向の質問が挙げられます。
また、「10年後、あなたが実現したい夢はあるか」といった聞き方をされることもあります。
いずれの職種に応募する場合も、キャリアプランや将来像に関する質問は非常に多く聞かれるため、入社後のビジョンを明確化させておくと良いでしょう。
そのほかにも、「なぜ他社ではなくディ・アイ・システムを選んだのか」や「あなたの企業選びの基準は?」といった内容もよく聞かれています。
志望動機をベースに質問が展開されていくことも多いため、どうしてディ・アイ・システムではないといけないのかというポイントを事前によく考えておくことがおすすめです。

ディ・アイ・システムの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集している
・求人情報はリクナビなどでも確認可能
・キャリアプランに関する質問が多い

営業、40代前半、女性
「今までで一番頑張ったことは何か」と聞かれました。また、「何か夢はあるか」とも聞かれました。全体的に素直に答えたほうが好印象を与えることができます。
事務、20代後半、女性
「10年後に叶えたい夢は?」といわれたことが印象に残っています。また、実際の仕事内容を説明されたあとで、そのような仕事に取り組めるかどうかを丁寧に聞かれました。
設計、30代前半、男性
3回の面接がありました。内容としてはオーソドックスなものが多く、「どうしてディ・アイ・システムにこだわるのか」といった志望動機に関連するものが目立ちました。
営業、20代後半、女性
「BtoBの企業でなかなか名前を聞くことが少ないと思うが、どこでディ・アイ・システムを知ったのか」といわれたことを覚えています。また、将来の夢についても深堀されました。
開発、20代後半、男性
「入社後のキャリアプランについて教えて下さい」といわれました。このほかには、転職理由や志望動機など、オーソドックスなものがほとんどでした。

ディ・アイ・システムで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5~7年、女性
社員同士の成長を後押しする風土があり、上司が主体的にアイディアや提案を推し進めてくれる環境です。最新の技術動向について常に管理職が自らアンテナを張って情報収集していることも印象的です。人間関係は良好で、男女問わず活躍できる環境があると思います。ただし、派遣先によっては男性優位の会社もあるようです。
開発、在籍1~3年、男性
配属されるプロジェクトによって働き方は異なりますが、多くのプロジェクトでは残業時間も非常に少なく、定時に上がることもできます。有給も取りやすく、総じてワークライフバランスは良いです。向上心を刺激するような風土があります。また、中間管理職が不足しているため、しっかりとアピールをすれば出世を狙えるでしょう。
技術、在籍3~5年、男性
IT系で、今後もしばらく発展が続く将来性の高い企業だと思います。規模の大きな中堅企業といった印象で、人員不足を補うためのさまざまな取り組みが行われています。将来のキャリアプランを大事にする傾向があり、早い段階から上司を中心に相談に乗ってもらえることが特徴です。現場によって働きがいが異なり、単純作業のみでスキルが身につかないところにアサインされることもあります。
口コミの要約

社員それぞれの成長を後押しする風土があり、キャリアプランについての相談にも積極的に乗ってもらえる雰囲気だという意見で一致していました。ワークライフバランスも総じて良好で、有給も取得しやすいようです。一方、配属先によっては単純作業が多いと感じる社員も少なくありません。アサインされるプロジェクトによって、働きがいは異なるようです。

ディ・アイ・システムの年収・給与

年収 439万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 退職金制度、慶弔金制度、財形貯蓄制度、社員持株制度、従業員互助会など

ディ・アイ・システムでの転職者の出世難易度

ディ・アイ・システムの評価は年に2回です。
売上への貢献度合いなどを上長が中心となって評価し、その結果を元に昇進や昇給が決定します。
評価は基本的に実力主義のため、中途入社か新卒入社かに関わらず実績を挙げていればしっかりと出世できる傾向にあります。
現在は中間管理職が不足しているため、しっかりとアピールをすることができれば出世しやすいのではないかという社員の口コミもありました。
また、ディ・アイ・システムではキャリアプランを聞く面接が入社1年目の早い時期から実施されるなど、社員一人一人のキャリアを尊重する姿勢があります。
そのため、しっかりと将来像が明確化できている社員が出世しやすい雰囲気です。
ディ・アイ・システムでの出世を狙うのであれば、そのような点を意識して将来のキャリアプランをしっかりと練っておきましょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代中盤 係長 600万円
30代後半 課長 600万円
40代前半 係長 900万円
40代後半 部長代理 700万円
50代前半 部長 900万円

ディ・アイ・システムはどんな人が働いている?

ディ・アイ・システムの従業員数

509名(単独)
555名(連結)

ディ・アイ・システムの平均年齢

29.8歳

ディ・アイ・システムの平均勤続年数

5.3年

ディ・アイ・システムの社風

ディ・アイ・システムの社風の特徴としては、社員それぞれが常に最新の技術を学ぼうという学習意欲の高い雰囲気が挙げられます。
エンジニアなどの技術職はもちろん、ディ・アイ・システムでは営業やコンサルタントなどの職種であってもITに関する専門知識が必要です。
また、社内では資格取得のインセンティブとして、主要な資格を取得することで毎月手当がつくという仕組みが導入されています。
このような制度で社員の学習意欲向上をサポートしていることが、ディ・アイ・システムの社風の特徴です。
そのほかにも、社員同士の距離が近いアットホームな雰囲気もあります。
積極的にコミュニケーションを図る距離感の近い雰囲気が特徴といえるでしょう。

ディ・アイ・システムのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、生理休暇、ウェルカム休暇、介護休暇など
平均残業時間 月17.3時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ディ・アイ・システムの社長

富田 健太郎

1973年生まれ。
1999年に株式会社アイ・エス・ケーへ入社。
2001年に株式会社ディ・アイ・システムへ入社し、2005年にネットワークビジネス部の課長へ就任。
2006年に取締役ネットワークインテグレーション部長、2014年に常務取締役事業統括担当に就任。
2019年より、代表取締役社長を務めている。

ディ・アイ・システム現職、OB/OGの有名人

長田 光博

1952年生まれ。
1980年に株式会社経営情報センターへ入社。
1989年に取締役へ就任。
1993年に株式会社エム・アイ・シー・システムへ転籍し、1996年に代表取締役に就任。
翌年、有限会社ディ・アイ・システムを設立し、1999年に株式会社へ改組、代表取締役社長に就任。
2019年より、代表取締役会長を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ディ・アイ・システムの転職に関わるQ&A


ディ・アイ・システムでは、男女ともに活躍できる環境づくりへの取り組みとして、産休や育休などの制度の導入を積極的に進めています。
また、育休取得後の時短勤務制度も導入済みです。
役員にも女性を3人登用しているなど、女性の活躍を推進するアファーマティブ・アクションも行っています。
総じて女性も活躍しやすい自由な雰囲気があるといえるでしょう。

ディ・アイ・システムの月平均残業時間は17.3時間です。
これは上場企業としても比較的短い水準で、競合他社と比べてもトップクラスにワークライフバランスの良い企業といえるでしょう。
ただし、配属される現場によって業務量が多少左右されることがあるので注意は必要です。
いずれの現場であっても有給休暇は取得しやすく、ワークライフバランスは良いと感じている社員が多くいます。

ディ・アイ・システムへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ディ・アイ・システムの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「キャリアステップと新入社員研修」や「VOICE OF WORKERS」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、イマイチ分からないということも少なくありません。
具体的な内容が知りたい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

SIerの募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してディ・アイ・システムに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

SIer企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのSIer業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

東海ソフトへの転職は難しい?将来性、難易度などを社員の口コミを交えて解説

東海ソフト転職者の主なキャリアステップ ...

面白法人カヤックへの転職。面接内容や評判を解説

面白法人カヤック転職者の主なキャリアステップ ...

ぐるなびへ転職するには?評判や口コミなどについて調査!

ぐるなび転職者の主なキャリアステップ ...

メドレーの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

メドレー転職者の主なキャリアステップ 前職 大手web系事業会社 株式会社メドレーに転職 次の...

ライトワークスの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ライトワークス転職者の主なキャリアステップ ...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ワークスアプリケーションズなどのSIer、ツールベンダー ...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

Twitter Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 総合代理店 Web系代理店 外資系等の大手事業会社 Twitter Japan株式会社に転職 ...

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

クラウドワークス転職者の主なキャリアステップ ...

くふうカンパニーへの転職は難しい?面接内容や難易度などを解説

くふうカンパニーは、株式会社オウチーノと株式会社みんなのウェディングの共同株式移転によって誕生した企業です。 オウチーノでは、住宅購入や賃貸、建築・リフォームの情報提供などを行っており、みんなのウェディングでは、結婚式場の口コ...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

グリー転職者の主なキャリアステップ ...

TOP