WEB・アプリサービス

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。
以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobility Technologies」に社名変更を行っています。

それに伴い、同社が運営するタクシー配車アプリ「Japan Taxi」は、DeNAが運営するタクシー配車アプリ「MOV」や、AIを活用した事故削減サービス「DRIVE CHART」などと事業統合をし、2020年9月よりタクシー配車アプリ「GO」となり新たにリリースされています。

以前の配車アプリ「JapanTaxi」とベースは同じで、日本交通が運営する5,000台のタクシーを含め、提携先合わせて24,000台以上のタクシーの配車手配が可能となっている日本一のタクシー配車アプリとして運営されています。

その他、ハードウェア事業では「タクシー専用のドライブレコーダー」を既に1万台以上も販売しています。
広告事業では、タクシーを広告媒体とした、大塚製薬との「ポカリタクシー」、サントリーとの「伊右衛門 おもてなしタクシー」を走らせるなどの取り組みを進めています。
Mobility Technologiesは、タクシー×ITでモビリティの未来をつくる、重要な役割を担っている会社です。

Mobility Technologiesへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Mobility Technologiesの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Mobility Technologiesの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Mobility Technologiesの企業概要や事業内容
  • Mobility Technologiesへ転職するときのポイント
  • Mobility Technologiesの給与や働き方など

Mobility Technologiesに転職する際のポイント

Mobility Technologiesの特徴

POINT・セールス、マーケターからサーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャーまで、 幅広い職種を募集
・フレックス制度や私服勤務など働きやすさが魅力
・タクシー最大手の日本交通の子会社で、社長、上層部からのトップダウンが強い

Mobility Technologiesへ転職する際のポイント

POINT・自分で考え、行動できる人が求められる
・プロフェッショナルとして一定以上の業務経験やスキルが求められる
・前職はさまざまで、多様なバックグラウンドを持つ社員が集まっている
転職エージェント

従業員数も少ない中、数多くの業務ポジションで募集しています。ほぼどの領域でも自身が責任者(またはそれに準ずるポジション)にて業務を遂行することになるため、自分で考え行動できる人にとって、やりがいの面では抜群!

Mobility Technologiesの企業概要

会社名 株式会社Mobility Technologies
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3−12紀尾井町ビル1F
社長 川鍋 一朗
設立 1977年8月
株式 非上場
株主構成 記載なし

Mobility Technologiesの売上

Mobility Technologiesは非上場企業です。開示されている2018年の「Japan Taxi株式会社」の売上を記載します。

Mobility Technologiesの売上推移

事業年度 2018年度
売上高 1,544百万円
経常利益 -820百万円

POINTCMなどのプロモーションや、キャッシュレス決済機能を搭載した上、英語・中国語・韓国語と多言語に対応しているタブレット端末の開発への先行投資がかさみ営業赤字となっています。一方、売上は順調に伸びております。なお、トヨタ自動車などからの資金調達額は累計91.5億円にのぼり、資本面での懸念はなく、他業態からも注目を浴びるビジネスを展開していることになります。

Mobility Technologiesの最新ニュース

Mobility Technologiesの事業内容

タクシーという移動手段におけるプラットフォーマー「トランスポーテーション・プラットフォーマー」を目指しています。事業は大きく4つです。

・日本最大級のタクシー配車アプリ「GO」に代表される配車プラットフォーム
・タクシー車両だからこそできるプロモーション提案などの広告事業
・タクシーのキャッシュレス化を牽引するハードウェア事業(決済プラットフォーム)
・配車ツールや車両情報などのIoT化を進めるIoT事業

POINTユーザー向け事業から、タクシー会社向け事業まで、タクシーに関連する事業を幅広く手がけています。公共交通タクシーの未来を創造します。

Mobility Technologiesの募集要項

マーケター

配車アプリ「GO」の各プロモーションごとにおける施策の計画や運用、数値分析などを行います。TVCMのクリエイティブ企画やタクシーとのコラボキャンペーンなどさまざまな手法を用いたプロモーションを行なっていく業務です。

【業務内容】
・メディアプランニング(オフライン・オンライン)
・代理店やツールベンダーとの窓口、コミュニケーション促進
・TVCMのクリエイティブ企画、制作
・広告以外のユーザー獲得手法の立案、実行
・KPI策定・分析と、プロモーションの効果検証
・データ分析チームと連携したデータ応用マーケティングの実践
・タクシーを活用した他社とのコラボキャンペーンの企画、実施
・タクシーを活用した広告商品の企画
・新規プロジェクトのマーケティング施策立案、実施
・タクシーサイネージ端末「TokyoPrime」事業の運用/推進業務
・チームメンバーのマネジメント

必須なスキル・経験・デジタルマーケティングやプロモーションの経験がある方
・WEBサービスやアプリなどのマーケティング経験がある方
・KGIやKPIなどの目標をベースとしたマーケティング設計ができる方など

iOS/Androidエンジニア

ユーザー向けアプリや乗務員向け専用アプリの開発などを行います。新機能の提案や実装、UXの改善まで、利用者の満足度が高くなるように、日々改善と実装を行なっていく業務です。

【業務内容】
・国内最大のタクシー配車アプリ「GO」の開発
・乗務員専用アプリや新規事業も含めたアプリの開発
・新規事業のアプリ開発
・新機能の提案から実装、UI/UX の改善など、さらにサービスを使いやすくするための取り組みも行う

必須なスキル・経験・Swift/Javaを使ったAndroidアプリの開発実務経験がある方など

UI/UXデザイナー

UIデザイナーは、アプリのビジュアルにおけるデザインやUIの設計、仕様設計などを行います。UXデザイナーは定性・定量の調査から分析、事業の課題整理、ユーザー価値の設計などを行います。
採用後は、片方または両方のポジションで価値を発揮していただきます。

必須なスキル・経験・AndroidまたはiOSアプリでのUI実装経験がある方
・iOSヒューマンインターフェイスガイドライン、マテリアルデザインガイドラインを理解している方
・ユーザーへのインタビューやユーザーテストを行う計画・実装・分析などの経験がある方
・ビジネスのゴール設計やサービスにおけるユーザー体験の整理などを行なった経験がある方など

Mobility Technologiesへの転職難易度は?

営業職で約520万円、マーケティング職で約580万円、エンジニア職で約600万円となります。また、成長企業であることと、離職率が高い傾向にあることから、年間を通して多くのポジションで求人が出ています。そのため、転職難易度はあまり高くないと言えるでしょう。

Mobility Technologiesが転職者に求める人物像

Mobility Technologiesが転職者に求めるのは、以下のような人材です。
・社会に貢献したい
・大きく大胆に働きたい
・高いモチベーションがある
・「何をすれば良いですか」でなく、「こうしたい」という仮説を持っている
・自分で考え、行動できる
Mobility Technologiesの価値観に賛同できる方を求めています。

Mobility Technologiesの転職までの流れ

Mobility Technologiesの選考フロー

エントリー

書類選考

想定内容:求人票にある必須要件、歓迎要件(主に社会人歴に応じて必須要件にもなる)と、応募時点での該当組織の状況(スキルバランス、社会人歴バランス等)により判断されます。

1次面接

想定選考官:現場メンバー
想定内容:職務経歴書に沿って過去の経験・実績・スキルの確認を中心に行われます。即戦力として活躍できそうかどうかを判断されます。

2次面接

想定選考官:グループマネージャー
想定内容:一次面接と概ね同じ内容の面接が行われますが、一次面接よりも社風へのマッチを確認する質問、志望理由を問われる質問が多くなされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:社風へのマッチを再度確認する質問がなされます。その後、転職希望者から質問をする機会があります。最終のクロージング、双方の意思確認が行われます。

内定

入社

Mobility Technologiesの面接形式

面接回数は通常3回です。
1回につき1時間程度行います。

Mobility Technologiesの面接内容

Mobility Technologiesの理念に共感できるかの確認があります。
社会の役に立つことを理念として掲げているMobility Technologiesならではです。

・自分の持ち味は何ですか
・人助けの経験について
(※自分のエピソードを交えて答える)

その他には、キャリアビジョンなどを尋ねられます。

・Mobility Technologiesで何を習得したいですか、何年間で実現したいですか

転職エージェント

Mobility Technologiesのミッションは「移動で人を幸せに」すること。
この一つのエピソードが会社紹介の代表メッセージにも書いてあります。タクシーという移動手段をITで便利にしていくことで、人助けにもなる・幸せにもなれるとの考えがあります。人助けに関する質問は、この考えへの共感についての確認なんですね、きっと。

Mobility Technologiesで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、中途入社、在籍3年未満、女性女性のメンバーが多く、女性でも働きやすい環境でした。また、女性だからといって差別はなく、女性でも一定のポジションについているかたもいます。

エンジニア、中途入社、在籍3年未満、男性当たり前ではありますが、タスクをしっかりとこなしていれば、ほとんど残業せずに帰ることができると思います。また、家庭持ちのかたが多く働いているので、ワークライフバランスも取りやすいと思います。

エンジニア、中途入社、在籍3年~5年、男性自分がプロダクトに対して納得がいかないところがあると、提案できたりする。また、それをチームで取り組めるので、スキルアップしたと思う。

口コミの要約女性でも働きやすい環境になっており、部下を持っている女性もいるとのことです。また、家庭持ちも多くなっており、ワークライフバランスは担保されてきているようです。懸念点として、オーナー経営者として社長を務める川鍋氏のトップダウン経営に対しては、「下からの意見が通りにくい」、「評価制度は曖昧で、上に気に入られているかどうかが重要」などの不満の声が多く聞こえてきました。

Mobility Technologiesの年収・給与は?

Mobility Technologiesの平均年収は職種により幅があります。営業職で約520万円、マーケティング職で約580万円、エンジニア職で約600万円となります。年棒制となっており、年俸の12分の1が毎月支給されます。査定は年に2回、毎年6月・12月となります。しかし、入社後の査定では、給与は伸びにくいと言われています。

年収 520万〰600万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 45時間
通勤手当 上限月額5万円
住宅手当 同社指定エリアに居住時、月1万円支給
福利厚生 部活動、私服勤務可
タクシー補助費(プライベート利用可)月額1万円など

Mobility Technologiesでの転職者の出世難易度

Mobility Technologiesは出世のチャンスが多い会社です。従業員数がまだ360名と少ないため、新サービスの開発や良い業績を残すことができれば、経営層へ直接大きくアピールをすることが可能です。

また、海外へのビジネス展開を視野に入れている会社のため、英語が堪能など、グローバルで活躍できる人材は出世しやすいといえるでしょう。ただし、一部ではワンマン経営といわれており、大きな裁量権を持つ川鍋社長に気に入られることが出世の条件とも言われています。

Mobility Technologiesではどんな人が働いている?

Mobility Technologiesの従業員数

360人

Mobility Technologiesの平均年齢

33.0歳

Mobility Technologiesの平均勤続年数

記載なし

Mobility Technologiesの社風

Mobility Technologiesは「日本交通」という業界最大手のバックボーンがあり、「88年目のベンチャー企業」と呼ばれています。歴史がある分、堅い印象を持ちながらも、タクシー業界を牽引するIT企業として果敢に挑戦を続け、新しいビジネスや価値を提供することを好む社風です。Mobility Technologiesでは即戦力であり、プロフェッショナルな人材が求められています。

Mobility Technologiesのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:30
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 入社時付与休暇、特別休暇、慶弔休暇、年末年始
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

Mobility Technologiesの社長

川鍋 一朗

日本の実業家であり、Mobility Technologiesの関連会社「日本交通株式会社」の代表取締役会長です。1993年に慶應義塾大学経済学部を卒業。1997年にノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBAを卒業。その後、マッキンゼー東京オフィスを経て、2000年に日本交通に入社。2005年に代表取締役社長に就任し、2015年には代表取締役会長に就任しました。

Mobility Technologies現職、OB/OGの有名人

Masaaki SATO

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任准教授。2012年からシンガポール国立大学に赴任し、シンガポールのITS通信基盤、次世代ロードプライシング技術の研究開発と規格策定に携わりました。

2015年にMobility Technologiesの技術フェローに就任。インターネットITS分野の立ち上げやプローブ情報システムの国際標準規格の策定を行う経歴を持ちます。Mobility Technologiesが提供するサービスのIT部門に大きく関わり、次世代モビリティ等の研究開発を行っています。

Masahiro Ihara

ヤフー株式会社にて開発部長を務めた後、2010年にクックパッド株式会社の技術部長に就任。2015年1月に株式会社ビットジャーニーを設立。個人の発信を組織の力にする情報共有ツール「Kibela」の開発を続けています。

Mobility Technologiesの転職に関わるQ&A


Mobility Technologiesの残業時間は月に10時間ぐらいとなっており、年々、減少傾向にあります。同業他社と比べると短いほうだと言えるでしょう。ただし、納期直前などには一時的に残業時間が増えることはあります。


男女差別はありません。女性だからという理由で嫌な思いをすることはないでしょう。女性でも部下を持つポジションについている方もいます。ただし、育児をするとなると、効率良く仕事をすることが求められます。そのためには、独身のあいだにスキル・経験を十分に身につけておく必要があります。上司や同僚からの信頼を得ていると望ましいでしょう。


総じてワークライフバランスに対する満足度は高くなっています。ただし、中には入社時の説明と、入社後の実態にギャップを感じる方がいるようです。急な残業や休日出勤を求められるケースもあります。しかし、これは他会社にも言えることです。気になることがあれば、内定をいただき、入社するか否かを判断する際に丁寧に尋ねると良いでしょう。なるべく入社後にギャップを感じないように対策しておきましょう。

Mobility Technologiesへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Mobility Technologiesの公式サイトにの採用情報ページから応募することができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、Mobility Technologiesについてやメッセージなどが掲載されています。
また、現在募集されているポジションの条件などを掲載されているので、どんな仕事があるのかなどを知りたいという方は、一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量はそれほど多くはないので、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Mobility Technologiesの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してMobility Technologiesへ転職したいなら、求人案件数がトップクラスであり、ハイクラス求人を多く持っている「iX転職」がおすすめです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つあります。
・掲載求人件数が多い
・自分のペースで転職活動ができる
・応募までのスピード感

希望するポジションを探している場合や、自分のペースで転職活動したいという場合は転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを利用するという方が多く、Mobility Technologiesの具体的な求人情報が知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

iX転職ではエンジニアやマネージャ職の求人が多数!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

ハイクラス求人を多く持っているiX転職なだけあり、全体的に年収が高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
さらに、表には公開されていない非公開求人を持っていることもあり、ヘッドハンターに相談することで紹介してもらうことも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

DeNA Gamesの転職事情。年収や口コミなどを解説

DeNA Games転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリなどのITコンサル ゲームなどのWeb系コンテンツ制作会社 セプテーニなどのツールベンダー 東芝、シャープなどの電機メーカー ...

面白法人カヤックへの転職。面接内容や評判を解説

面白法人カヤック転職者の主なキャリアステップ 前職 レベルファイブ ドワンゴ リクルート 楽天 株式会社面白法人カヤックに転職 次の転職先 DeNA...

Preferred networksの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

Preferred networks転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー WEB系事業会社 特許・法律事務所 株式会社Preferred networksに転職 ...

ウェルビー(Welby)の転職事情。転職難易度や事業内容、将来性などを解説

Welby転職者の主なキャリアステップ ...

トヨクモの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

トヨクモは、スマートフォンやタブレット用のビジネス向けクラウドサービスを開発し、提供しているSaaS企業です。 主に、「安否確認サービス2」や「Scheduler」などの提供を行っており、企業文化となるようなサービスの創出にチ...

株式会社タスキの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

タスキは、新築投資用IoTレジデンスの企画や開発、販売をはじめ、不動産業を手掛けている企業です。 また、ライフプランプラットフォーマーとして、暮らしをより豊かにするサービスや顧客が抱える人材不足を解決する福利厚生サービスも展開...

インテグレートの転職事情。年収や選考フローなど解説

インテグレート転職者の主なキャリアステップ 前職 アサツーディーケイなどの広告代理店 制作会社 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 P&Gなどのメーカー コンサルファーム ...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートライフスタイル エンジニア系 エンジニア系に関するコメント フロントエンドからイ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

ミクシィの転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

ミクシィ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、カプコン、DeNAなどのゲーム関連企業 NTTドコモ、ソフトバンクなどのIT系事業 株式会社ミクシィに転職 ...

TOP