WEB・アプリサービス

キャディ(CADDi)株式会社の転職事情。面接内容や年収などを解説

キャディ転職者の主なキャリアステップ

キャディの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職キャディ在籍者の主な職歴は、デロイトトーマツマッキンゼーなどのコンサルファームSupershipマクロミルなどのマーケティング企業が挙げられます。

次の転職先キャディからの転職事例はそれほど多くなく、一部転職者は業種問わず幅広く転職しています。

キャディは、製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」を提供している会社です。
日本の町工場の見積もりを瞬時に計算し、従来4週間以上かかっていた特注加工品の見積もりを4秒で作ることができ、さらに町工場の空き稼働時間を利用して加工するため、相見積もりを取ることなく、最適価格で購入ができることから、製造業界に圧倒的な効率化をもたらしました。
そんなキャディは2017年設立、東京都台東区に本社を構えており、145名の社員が在籍しています。
営業やエンジニア、事業開発などの幅広いポジションで、技術とビジネスのバランスを取りながら、製造業の新たな構造の構築に尽力できる人材を求めています。

キャディへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・キャディの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、キャディ株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • キャディの企業概要
  • キャディの転職ポイント
  • キャディの社風や企業文化

キャディに転職するポイント

キャディの特徴

POINT

  • ・世界的インフラを創っている企業
  • ・金属加工製品製造や金属加工製品の自動見積とリアルタイム発注システム「CADDi」の運営
  • ・良品率99.37%、納期尊守率99.27%と非常に高い数字を誇っている

キャディへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・営業やエンジニアなど、幅広いポジションで求人募集
  • ・技術とビジネスのバランスを取り、常に何が最適かを考えられることが重要

キャディの企業概要

会社名 キャディ株式会社
本社所在地 東京都台東区蔵前1-4-1
社長 加藤 勇志郎
設立 2017年11月
株式 非上場
株主構成 有安伸宏
DCM
WiL

キャディの売上

キャディの売上推移

事業年度 2017年
純利益 -8393万円
純資産 7645万円

キャディの最新ニュース

キャディの事業内容

キャディは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに掲げ、製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」を運営している企業です。
独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムにより、品質や納期などが最も適合する企業とのマッチングが可能なプラットフォームの提供をしています。
また、3D CADのデータをアップロードすることで、数量や材質など指定することでそれに基づいた価格と納期が算出されるため、現在までのサービス利用者は2,000社を超えています。
さらには、定型加工会社数は70社に達しており、安定的に案件の提供を行っている企業です。
今後の展望として、さらなる事業拡大を図るべく、組織基盤の強化に取り組み、製造業界の圧倒的な効率化をもたらすことを目指しています。
さらに、受注領域にとどまらず、製造業の設計から製造、物流などのバリーチェーン全体を支えるプラットフォームを開発し、アジアNo.1の加工品取扱量を誇るサービスとなることも目標としています。

キャディの募集要項

営業マネージャー

製造メーカー開拓をメインとするフィールドセールスを担当するポジションです。
また、市場開発のため、ターゲティングや市場定義なども行い、事業開発的要素にも携わります。
顧客の規模や業界によって課題は異なりますが、お互いに良いと思える方法を模索しながら顧客開発を行い、流通総額の最大化のミッションを担うため、責任とやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・業界問わず、BtoB領域における法人営業にて高い成果を出し続けた経験
  • ・組織のリーダーとしてのKPI策定や実行経験
  • ・KPIや組織のモチベーションマネジメントの経験 など

カスタマーエクスペリエンス

マーケットプレイスのオペレーション全般を担うポジションです。
具体的には、受発注におけるカスタマーとパートナー双方の案件ディレクションや、キャディプラットフォーム活用に関するオンボーディング支援、大規模花王品調達のプロジェクトマネジメントを行います。
そのほかにも、カスタマーの調達コスト低減分析や提案、オペレーションフローの構築や最適化を行うなど、携わる業務は幅広くなっています。

必須な経験・スキル

  • ・社内外の複数ステークホルダーと連携した案件進行の経験
  • ・プロジェクトのリーダー経験
  • ・業務改善の推進経験 など

バックエンドエンジニア

CADDi のオペレーションチームや顧客、サプライパートナーの利用するシステムのバックエンドシステムの設計と実装を行うポジションです。
そのほかにも、ミドルウェアやフレームワークなどの技術選定と検証、バックエンドシステム全体のアーキテクチャ設計、各種定性や定量リサーチに基づくシステムの改善なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・Webアプリケーションのバックエンド開発経験
  • ・データ構造やアルゴリズムについての基礎知識
  • ・リレーショナルデータベースの利用経験 など

キャディの転職難易度

キャディの転職難易度は中程度です。
どのポジションでも一定以上の経験やスキルが求められますが、中途採用枠は非常に多くあり、企業が求めているスキルや経験以上の能力があれば、採用してもらえる可能性があります。
ただし、最低限のスキルや経験が求められるため、未経験からの転職の場合は、厳しいかもしれません。
また、能力だけでなく、人柄も重視している傾向があるため、コミュニケーション能力の高さも重要といえます。
転職難易度自体はそれほど高いというわけではありませんが、決して油断しないようにし、準備万端で臨むと良いでしょう。

キャディが転職者に求める人物像

キャディでは、技術とビジネスの両方でバランスを保ち、何が最適かを常に考えられるような人材を求めています。
また、勉強意欲があり、常に新しいことを受け入れられるような人材も求めている傾向があります。
キャディは、設立してからそれほど時間が立っておらず、成長途中の企業なため、こういった能力が必要不可欠です。
面接では、これらをアピールし、面接官を感心させられるかどうかがポイントでしょう。

キャディの転職までの流れ

キャディの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問に加え、事業に関する質問をされます。

内定

キャディの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回あります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

キャディの面接内容

キャディの面接は、志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
また、「事業に関してどう思うか」などの事業に関する質問をされる傾向があります。
特段奇抜な質問をされることはほぼなく、圧迫面接などはありません。
比較的フランクな雰囲気で面接が行われるので、変に緊張せずに面接に臨むことができるでしょう。
また、自分から企業に関して掘り込んで行くことで好印象を持ってもらえる可能性があるので、企業分析をしっかり行うことをおすすめします。

キャディで働いている方の評判・口コミ

その他経営企画関連職、在籍3~5年、男性
社長が非常に良い人であり、優秀な方なんだなと感じます。在籍している社員は、全体的に若くフレッシュで、有望な方が多くいます。その中で仕事ができるので、良い刺激を受けながら働けるでしょう。
法人営業、在籍3~5年、女性
リモートワークの環境や自由裁量があるため、ワークライフバランスを保つ土壌がしっかりしていると思います。スタートアップベンチャー企業なので、大変なときはありますが、比較的プライベートを大切にすることができます。
エンジニア、在籍1~3年、男性
成長に応じた教育制度というのが存在し、タイミングや社員によって研修が異なってきます。しかし、その制度が功を奏しており、本当に的確な研修であるため、しっかりと身に付けることができます。

口コミの要約社長が非常に優秀であり、在籍している社員も有望な方が多いため、良い刺激を受けながら仕事ができます。また、社員やタイミングに合った研修を受けることができるため、確実なスキルアップに繋げることができるでしょう。しかし、スタートアップベンチャー企業ということもあり、大変な時期は多い傾向があります。

キャディの年収・給与

年収 588万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(月3万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険、語学学習支援、外部研修サポート、部活動支援など

キャディでの転職者の出世難易度

キャディの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多く在籍しており、非常に高いスキルや経験を持っています。
それぞれ実績を残しているため、その中から自分が出世するということは簡単なことではありません。
また、高いスキルや経験以外にも、コミュニケーション能力やマネジメントスキルがあることも出世する上で必要です。
ただし、新卒や中途による出世のしやすさにはほとんど違いはなく、平等に評価されます。
キャディで出世を目指すなら、ほかの社員よりも高い能力を持ち、コミュニケーション能力やマネジメントスキルを身に付けることで出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 マネージャー 1,000万円
40代前半 マネージャー 1,200万円

キャディはどんな人が働いている?

キャディの従業員数

145名(アルバイト含)

キャディの平均年齢

28歳

キャディの平均勤続年数

記載なし

キャディの社風

キャディは比較的風通しが良く、フラットな社風です。
全体的にモチベーションが高く、自分やほかの社員の意見をシェアする機会があるため、共有がしやすい環境があります。
また、業務に必要なものがあればすぐに用意してくれたりなど、細かい改善も徹底してくれるため、とても快適に働くことができるでしょう。
チームワークを大切にするという風土もあるため、社長を含め、さまざまな方に相談することができる雰囲気もあります。
社員全員が一丸となって企業を大きくしていきたいと考える方には、向いている企業といえます。

キャディのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

キャディの社長

加藤 勇志郎

1991年生まれ、東京都出身。
東京大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
2016年にマネージャー就任、日本のみらず中国やアメリカ、オランダなど、グローバルに製造業メーカーを他方面から支援するプロジェクトをリード。
特に重工業や大型輸送機器、建築機械などの大手メーカーに対して購買や調達改革のサポートに注力した。
翌年キャディ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。
モノづくり産業の本来持つ可能性を解放することをミッションに掲げ、テクノロジーによる製造業の改革を目指している人物。

キャディ現職、OB/OGの有名人

小橋 昭文

1992年生まれ、
スタンフォード大学大学院電子工学専攻卒業後、ロッキード・マーティンのアメリカ本社に入社。
ソフトウェアエンジニアとして、衛生の大量画像データ処理システムの構築に従事し、JAXAやNASAと共に共同開発にも参画。
その後、クアルコムで半導体セキュリティ強化に従事し、Appleのアメリカ本社に入社。
電池持続性改善などに従事し、AriPodsなどの組み込み製品の開発もリード。
2017年より、キャディ株式会社の設立に参画し、最高技術責任者に就任。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャディの転職に関わるQ&A


志望動機を作成するうえでのポイントは、上記で紹介した求める人物像を上手に織り込んで作成することです。
また、ミッションやバリュー、カルチャーに共感していることや重要としていることなども加えると良いでしょう。
さらには、多くたくさん文章にするということではなく、「分かりやすく具体的に」を注意して志望動機を作成すると、面接官にとって読みやすい内容になるのでおすすめです。

入社当初はアルバイトや契約社員だったとしても、努力次第では正社員になれる可能性があります。
ただし、それには一定以上にスキルや経験が必要になってきます。
アルバイトや契約社員から正社員を目指すなら、努力し続けることが肝心でしょう。

キャディへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

キャディの公式HPにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報をはじめ、企業が掲げるミッションや事業概要、キャディの強みなどが掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容が多少薄く、イマイチ分からないということも少なくありません。
もっと詳しい内容が知りたい場合やサポートを受けながら転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、キャディ株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してキャディへ転職するなら、企業数が豊富であり、ハイクラス求人を多く扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトは比較的すぐに転職活動をすることができ、空いている時間を活用して転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを見つけやすいというメリットもあります。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職は平均年収が高く、年収最高額は1,500万円以上!

iX転職から届くスカウトメールを見ると、エンジニアや広報などの求人があります。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人を主軸に扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が比較的高く、年収最高額は1,500万円以上となっています。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人を豊富に持っている傾向があるので、紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

エフ・コードの転職事情。年収や転職難易度などを解説

エフ・コードは、カスタマー・エクスペリエンス領域のデータ基盤をはじめ、企業のDX化をワンストップで推進している企業です。 顧客の課題やニーズなどを考慮し、創業以来培ってきたデータ解析力とノウハウを核に、デジタルサービスを展開す...

楽天の転職情報!転職難易度や面接形式などをご紹介

楽天転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWEB系事業会社 Amazonなどの外資系テクノロジー企業 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム 楽天に転...

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

LITALICOの転職難易度は高い?評判や年収などを解説

LITALICO転職者の主なキャリアステップ 前職 教員 NPO法人 介護サービス事業者 株式会社LITALICOに転職 次の転職先 デロイト、PwC...

DeNA Gamesの転職事情。年収や口コミなどを解説

DeNA Games転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリなどのITコンサル ゲームなどのWeb系コンテンツ制作会社 セプテーニなどのツールベンダー 東芝、シャープなどの電機メーカー ...

ジーネクストの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ジーネクストは、顧客対応業務のDX化を支援するプロダクトの開発や販売を行っている企業です。 電話やメール、チャット、店舗など、さまざまなチャネルから取得した顧客対応情報を一括管理できる「Discoveriez」を提供しています。 ...

Cygamesへの転職情報まとめ!転職難易度や評判を徹底調査!

Cygames転職者の主なキャリアステップ 前職 カプコン、スクウェアエニックス、アトラスなどのゲーム業界 株式会社Cygamesに転職 次の転職先 セガ...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

Chatwork転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、LINE、DeNAなどのWeb系事業会社 インフォマートなどのプラットフォーム運営会社 デジタルマーケティング IT系事業会社 メーカー ...

ビーウィズの転職事情。事業内容や転職難易度、口コミなどを解説

ビーウィズ転職者の主なキャリアステップ ...

TOP