WEB・アプリサービス

ビーウィズの転職事情。事業内容や転職難易度、口コミなどを解説

ビーウィズ転職者の主なキャリアステップ

ビーウィズの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

ビーウィズ在籍者の主な職歴は、人材紹介会社メーカーWeb事業会社などが挙げられます。

次の転職先

ビーウィズからの転職先として、人材紹介会社Web事業会社、IT系企業などへ転職しています。

ビーウィズは、電話やチャット、WEB上での顧客対応などを行う「コンタクトセンター」の運営事業を行っており、2022年3月に東証一部へ株式を上場したことでも話題になった三菱商事とソフトバンクグループ発の企業です。
最近ではAIやDXに向けたソリューションの提供といったBPOの受託を行うなど、事業規模を拡大しています。
また、2022年に個人投資家向けWEB説明会を開催するなど、幅広く手掛けている企業です。
社員からの満足度も高い優良企業であるビーウィズでは、コンサルティング営業やスーパーバイザー、総務、システムエンジニアといった幅広い職種で中途採用を募集中です。
業界未経験からの採用も行っているため、幅広く門戸が開かれた企業ということができます。
そこでこの記事では、ビーウィズへ転職するうえで欠かすことのできないビーウィズの事業内容や転職難易度、社員の口コミなどを解説します。

ビーウィズへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ビーウィズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ビーウィズの企業概要
  • ビーウィズの転職ポイント
  • ビーウィズの社風や企業文化

ビーウィズに転職するポイント

ビーウィズの特徴

POINT

  • ・顧客対応を行うコンタクトセンターの運営を手掛ける東証一部上場企業
  • ・BPO業務の受託やアドバイザリー業務を行うなど、コンサルとしての一面もある
  • ・若く風通しの良い風土があり、人間関係はフラットな社風がある

ビーウィズへ転職するポイント

POINT

  • ・コンサルタントや総務など、幅広い求人あり
  • ・数は多くないが、システムエンジニアなどIT専門職の求人もある
  • ・面接はオーソドックスな内容が多いが、SPIに加えタイピングのテストが課される

ビーウィズの企業概要

会社名 ビーウィズ株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN棟32F
社長 森本 宏一
設立 2000年5月12日
株式 上場(東証1部)
株主構成 株式会社パソナグループ(100%)

ビーウィズの売上

ビーウィズの売上推移

事業年度 2019年 2020年
売上高 24,900百万円 28,845百万円
経常利益 1,449百万円 2,167百万円

ビーウィズの最新ニュース

ビーウィズの事業内容

ビーウィズの主力事業は、クライアントのお客様対応業務を受託する「コンタクトセンター」の運営です。
従来はコールセンターと呼ばれていましたが、最近では顧客対応の手段が電話だけではなく、メールやWEB、チャットなど、多岐にわたるようになったため、ビーウィズでは「コンタクトセンター」と総称しています。
自社が開発したクラウドPBXと呼ばれる技術を活用した事業展開を行っており、顧客企業の市場競争力強化に貢献できることが強みです。
最近では、コンタクトセンターの運営業務に加え、ビーウィズが独自に開発したフレームワークに基づいたコンサルティング業務を行っています。
コンタクトセンターの運営のなかで蓄積された顧客の声を分析してクライアント企業へフィードバックを行うなど、コンタクトセンターの運営に長けたビーウィズならではのコンサルティングが特色です。
売上高や営業利益はともに右肩上がりで推移しており、今後も成長していくことが期待されています。

ビーウィズの募集要項

スーパーバイザー

コンタクトセンターや事務処理センターにおけるスーパーバイザーとして、センターの運営のマネジメントに関わる業務を全般的に担当します。
オペレーターの管理や教育、センターの業務改善、品質管理、報告書の作成など、仕事内容は幅広いです。

必須な経験・スキル

  • ・社会人経験

BPOコンサルタント

クライアント企業へのBPO導入に向け、クライアント企業の課題解決のためのコンサルティングを行うのがBPOコンサルタントの役割です。
新規サービスメニューの企画開発や提案書の作成、課題分析、報告書の作成などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上
  • ・アイディアや意見を伝え、主体的に行動できる
  • ・課題抽出や改善を行うマインドがある

ビーウィズの転職難易度

ビーウィズの転職難易度は中程度です。
ビーウィズではスーパーバイザーや総務、コンサルティング営業など、幅広い職種で中途採用を行っています。
比較的数は少ないですが、システムエンジニアの採用も行っているためITの専門知識を活用した転職を狙うことも可能です。
中途採用には全体的に積極的で、リードスーパーバイザーなど、将来の幹部候補としてのキャリアパスがある職種も少なくありません。
幅広く中途採用の門戸が開かれている一方で、選考はやや厳しい傾向です。
面接ではオーソドックスな内容に加え、コールセンター業務のロールプレイや難しい適性検査の受検を要求されます。
やはり東証一部上場企業ということもあり、選考の倍率もかなり高いです。
徹底した企業研究を行っておくなど、手抜かりのない面接対策を行いましょう。

ビーウィズが転職者に求める人物像

ビーウィズでは、社員に求める人物像を求人上で明記しています。
多くの職種に共通して書かれているキーワードは、「主体的に行動できること」や「現状に満足せずに課題解決を行っていくマインドがあること」の2点です。
ビーウィズの中途採用はスーパーバイザーなど、マネジメントを行うポジションでの募集が中心で、入社後はすぐに自走することが求められます。
自主的に仕事を見つけていき、どんどん新しいことに取り組んでいける主体性の高い人物であることが重要です。
また、コンサルティング業務に携わるうえでは課題抽出や課題解決に向けた積極性も欠かせません。
面接でも、これらの点をおさえた受け答えができると好印象を与えることができます。

ビーウィズの転職までの流れ

ビーウィズの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・部門責任者
想定内容:入社後にやりたいことなどに加え、コールセンター業務のロールプレイを要求されることもあります。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの面接ほど難しいことを聞かれることはありませんが、将来の夢や今後の会社の方針についてなどを薄く広く聞かれます。

内定

ビーウィズの面接形式

ビーウィズの面接回数は職種や応募状況によって異なり、2回〜3回となっています。
また、紹介などで入社する場合は面接が1回だけになったという情報もありました。
面接形式は面接官側が複数人の複数人形式です。
面接1回あたりの所要時間は45分ほどと一般的な長さといえます。

ビーウィズの面接内容

ビーウィズの面接では、「今まで受けたなかで一番のクレームは何か?」や「これまで最も大変だった経験は?」といった内容がよく聞かれます。
コールセンター業務に携わるうえで必要な技術やマインドが備わっているかを中心に見ているため、あらかじめこれらの質問に対しては答えを用意しておくと良いでしょう。
「最も困難だったことを聞かれたあとに、それをどう乗り越えたかを質問された」という口コミもありました。
ほかの質問内容としてはオーソドックスな内容が目立ち、書類に沿って進んでいくことが多くあります。
受験した適性テストの結果をもとに、「自己PRと適性テストの結果で食い違っている部分についてはどう考えているのか?」と聞かれることもあります。
人物面を重視した質問も多いため、事前に自己分析をしっかりと行っておくのが良いでしょう。

ビーウィズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・未来志向な質問を多くされる

サービス、30代前半、男性
「あなたの夢はなんですか?」と聞かれました。全体的に人物面を重視した質問が多く、技術や知識というよりもマインドが重要視されていた印象です。
コールセンター、40代前半、女性
「コールセンターの経験はあるか?」と聞かれたため、経験がある旨を伝えたところ、「過去で最も大変だったクレーム対応は何か」「その時どう対応したか」と質問されました。
事務、20代後半、女性
特にこれといった答えにくい質問があったというわけではないですが、志望動機は重要視されていた印象です。また、休日の過ごし方などについても触れられました。
サービス、30代前半、男性
「自分なりのクレーム対応の極意はあるか」と聞かれたことを覚えています。適性検査が非常に難しかったことが印象的です。電話のシミュレーションも行いました。
コンサルタント、30代前半、男性
自己紹介を要求されたあと、今までの職務経験を端的に話すようにいわれました。その後も書類に沿ったオーソドックスな内容が続き、自己PRと適性検査で食い違う点などについて触れられました。

ビーウィズで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
オンライン・オフラインともに、ポジションや所属している部門に関わらず意見をいい合うことのできるような風土があります。人間関係がフラットなのが特徴的で、風通しは良いです。真面目にやっていれば必ずリーダーまでは出世できるため、学べることも多いです。問題解決に向けたKPIを身につけられるなど、キャリアの上でも有意義だと思います。
SV、在籍3~5年、女性
20代の若い社員が多く、活気ある風土が形成されています。チームワークも良く、ベンチャー企業のような風土があるのが特徴です。パソナグループの企業であり、経営基盤も安定しています。職場には女性も多く、男女問わず活躍できる環境があるのが魅力です。産休や育休も自分の希望に合わせた取得ができます。
管理、在籍5~7年、男性
人材育成に力を入れていることもあり、人が良い社員が多く在籍している印象です。ワークライフバランスはそれほど良いというわけではなく、残業も少なくありません。ただし、時間自体は厳しく管理されているため、未払いになるということはないです。新事業や新領域に積極的に挑戦している一方で、評価体系が不明瞭なため、それを理由に退職してしまう社員もいます。
口コミの要約

チームワークの強いベンチャー企業のような社風があるという意見で一致していました。人間関係もフラットで、役職の上下を問わず相談しやすい雰囲気があるようです。ワークライフバランスについては意見が分かれており、部署によって異なる様子が伝わりました。リーダーシップを発揮する場面が多く、やりがいのある職場だという意見も目立っています。

ビーウィズの年収・給与

年収 496万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 確定拠出年金、財形貯蓄制度、福利厚生会員サービス、持株会など

ビーウィズでの転職者の出世難易度

ビーウィズの転職者の出世難易度は中程度です。
ビーウィズは、職位や等級に基づいて細かく設定された制度があり、それがしっかりと社内に公開されています。
給与テーブルなどは非常に細かく設定されているため、昇給や出世にはそれなりの年数が必要です。
勤続年数を重ねればスーパーバイザーまでは出世できるものの、それ以上出世できるかどうかは個人の実力次第だという情報もありました。
出世の幅は小刻みなため年数がかかりますが、その点を除けば転職者だからといって出世しづらいということはありません。
ビーウィズで出世を狙うのであれば、コツコツと勤務を続け、コンスタントに実績を出し続けることが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代後半 なし 400万円
40代前半 部長 700万円
40代後半 部長 700万円
50代前半 部長 900万円

ビーウィズはどんな人が働いている?

ビーウィズの従業員数

621名

ビーウィズの平均年齢

38.7歳

ビーウィズの平均勤続年数

5.2年

ビーウィズの社風

ビーウィズの社風の特徴としては、風通しの良いベンチャー企業のような雰囲気が挙げられます。
20~30代の若い社員が多く在籍しているため社内に活気もあり、チームワークが良いといった口コミも見られました。
ただし、その反面でサークルのような雰囲気が見られる部署もあり、この点については口コミでも賛否両論があります。
また、最近では給与テーブルや評価基準を細かく社内に公開するなど、企業をオープンにしようという取り組みが進められています。
従来の年功序列から実力主義の評価体系へと転換する動きも進められており、徐々に社風も変わってきています。
規模は大きいものの、社風は未だ変革途中の柔軟な組織といえます。

ビーウィズのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30〜18:30
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 年次有給休暇、結婚休暇、服喪休暇、看護休暇など
平均残業時間 月23.3時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ビーウィズの社長

森本 宏一

1965年生まれ。
1989年に株式会社テンポラリーセンターへ入社。
1994年に株式会社パソナへ入社。
1998年にシニアディレクターを務め、翌年に株式会社パソナテックの代表取締役社長に就任。
その後、パソナグループ各社で研鑽を積み、2019年より、ビーウィズ株式会社の代表取締役社長を務めている。

ビーウィズ現職、OB/OGの有名人

飯島 健二

1979年生まれ。
2002年にビーウィズ株式会社へ入社し、2009年に経営企画部担当部長に就任。
2010年に三菱商事株式会社へ出向し、2012年にビーウィズ株式会社の事業開発部担当部長に就任。
その後も経営企画部長などを経て、2018年より取締役副社長執行役員を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ビーウィズの転職に関わるQ&A


ビーウィズでは、産休や育休など、出産・育児と仕事を両立するための制度が整っています。
コールセンター運営という業務の性質上、女性社員も数多く在世しており、実際女性からも「子供がいても働きやすい」といった声が多く寄せられています。
育休の取得後も時短勤務が選択可能となっており、できるだけ退職を避けるような配慮がされてるといえるでしょう。

ビーウィズの月平均残業時間は23.3時間であり、これは上場企業としては標準的かやや少ない水準です。
ただし、実際に口コミを見てみると「残業時間が比較的長い傾向がある」といった意見も目立っていました。
部署によって忙しさが異なるのに加え、出世していくとワークライフバランスが悪化しがちな傾向にあります。
ワークライフバランスが気になる場合は、所属する部署の忙しさなどを事前によく調査すると良いでしょう。

ビーウィズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ビーウィズの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、サービスや導入事例など、有益な情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してビーウィズに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、サービスを提供している競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「サービス業を生業としている企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

キャディ(CADDi)株式会社の転職事情。面接内容や年収などを解説

キャディ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツ、マッキンゼーなどのコンサルファーム Supership、マクロミルなどのマーケティング企業 キャディ株式会社に転職 ...

「Buddycom」の運営を行うサイエンスアーツへの転職情報まとめ

「世界中の人々を美しくつなげます」というミッションのもと、オンライン上でのコミュニケーション支援プラットフォームである「Buddycom」を運営しているサイエンスアーツ。デジタルデバイスが普及するに伴って需要が拡大している音声デ...

チームスピリットへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

チームスピリット転職者の主なキャリアステップ 前職 IBM、富士通などのSIer ワークスアプリケーションズ、セールスフォースドットコムなどのIT系企業 マクロミルなどのマーケティング事業会社 メーカー ...

スマレジへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

スマレジ転職者の主なキャリアステップ 前職 LINEなどのWEB系事業会社 医療系メーカー IT企業 株式会社スマレジに転職 次の転職先 WEB系事業...

マクアケへの転職は難しい?事業内容や面接の対策ポイントなどを解説

マクアケは、さまざまなプロジェクトの事業者と応援者をつなぐクラウドファンディングサービス「Makuake」を運用している企業です。 1,000万円以上の資金調達に成功したプロジェクトの総数は50件以上であり、映画『この世界の片隅に...

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

freee転職者の主なキャリアステップ 前職 ワークスアプリケーションズなどのIT系コンサル LINE、Googleなどのweb系事業会社 freee株式会社に転職 ...

サクシードの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

サクシード転職者の主なキャリアステップ ...

パロアルトネットワークスへの転職。転職難易度や事業内容をご紹介

パロアルトネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 シマンテック、マカフィーなどのセキュリティソフトウェアメーカー、ネットワン、アライドテレシスなどのNIer、IBM、HPなどのSIer ...

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、セガなどのゲーム業界関連企業 株式会社マーベラスに転職 次の転職先 コロプラ、ガンホー、セ...

インバウンドテックへの転職事情。企業の基本情報や社員の口コミ、評判などを解説

インバウンドテックは、クライアント企業のエンドユーザーに対するカスタマーサポート業務の受託などを行っている企業です。 24時間365日で多言語対応のカスタマーサポートを提供していることが特色として挙げられます。 また、クライアン...

TOP