WEB・アプリサービス

ボードルアの転職難易度は高い?事業内容や将来性などを解説

ボードルア転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    システム開発会社

  • 株式会社ボードルアに転職

  • 次の転職先

    富士ソフトなどのSIer
    ネットワークインテグレーター

ボードルアの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

ボードルア在籍者の主な職歴は、システム開発会社などが挙げられます。

次の転職先

ボードルアからの転職先として、富士ソフトなどのSIerのほか、ネットワークインテグレーターなどへ転職しています。

ボードルアは、ITインフラストラクチャ分野に特化した専門企業として、顧客の課題解決のサポートを行っている企業です。
コンピューターのシステムを動作させるために必要なサーバーや、情報通信を行うためのネットワーク、信頼性を担保するためのセキュリティなど今や情報技術が生活に必要不可欠なインフラとなるなかで、常に最新の技術をサポートしてきています。
そんなボードルアでは、ITコンサルタントやネットワークスペシャリスト、プロダクトマネージャーといった技術職を中心に中途採用を募集しています。
マーケットの規模が拡大するにつれて企業規模も拡大傾向にあり、最近転職先として注目が高まっている優良企業です。
この記事では、ボードルアへ転職するために知っておきたいボードルアの事業内容や将来性などを解説します。

ボードルアへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ボードルアの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ボードルアの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ボードルアの企業概要
  • ボードルアの転職ポイント
  • ボードルアの社風や企業文化

ボードルアに転職するポイント

ボードルアの特徴

POINT

  • ・ITインフラの構築を支援する企業
  • ・ITコンサルティングやシステム開発の受託などを行っている
  • ・社員同士の仲が良く、社内イベントも頻繁に開催されているとの声多数

ボードルアへ転職するポイント

POINT

  • ・ITコンサルタントやネットワークスペシャリストなどの職種で中途採用募集中
  • ・プロジェクトマネージャーなど、経験の豊富な人材を対象とした求人もある
  • ・面接では人柄と実力をバランス良く聞かれるため、あらかじめの対策が必須

ボードルアの企業概要

会社名 株式会社ボードルア
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー37階
社長 冨永 重寛
設立 2007年4月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 冨永重寛(60.99%)
藤井和也(23.57%)
程島義明(6.10%)

ボードルアの売上

ボードルアの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,261百万円 2,648百万円 3,084百万円
経常利益 237百万円 395百万円 542百万円

ボードルアの最新ニュース

ボードルアの事業内容

ボードルアは、企業の運用するサーバーやセキュリティ、ネットワークなどのITインフラを支援するITインフラストラクチャ事業を主力事業としています。
最近では企業のDX化が進行するなか、技術は先鋭化、専門化していることが指摘されています。
個々の企業に高い技術が求められているなか、ボードルアではITインフラストラクチャを包括的に支援するソリューションを提供してきました。
ITインフラストラクチャにはネットワークサーバーやセキュリティ、クラウド、仮想基盤など様々な分野がありますが、ボードルアはそれぞれの分野をバランス良く手掛けているため、収益の安定性が高いのが特徴です。
そのなかでもクラウド技術に関連する受託開発案件などには強みがあり、クラウド分野の売上は26%を占めています。
2025年には市場規模が1兆8000万円を突破すると予想されている成長性の高い分野を手掛けているため、将来性も高い企業だといえるでしょう。

ボードルアの募集要項

ITコンサルタント

ボードルアの顧客が抱えるさまざまな課題を的確に抽出し、それぞれの顧客にあった最適なソリューションを提供することがITコンサルタントの役割です。
エンジニアとしても活躍することができるなど、技術職へのキャリアパスも開けているのがボードルアの特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上

プロジェクトマネージャー

ボードルアの手掛けるプロジェクトのリソース管理や調整、KPI管理などマネジメント業務を総合的に行うことがプロジェクトマネージャーの役割です。
チームワークに富んだ人材が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上

ボードルアの転職難易度

ボードルアへの転職難易度は中程度です。
ボードルアでは、ITコンサルタントやネットワークスペシャリスト、プロジェクトマネージャーといった技術職での中途採用をメインで行っています。
現在、在籍している社員の職種の比率でも技術職が96%以上を占めており、技術職としてのキャリアがある方は転職を有利に進めることができるでしょう。
ネットワークスペシャリストなどの資格を保有している場合は選考が有利になります。
技術職としての経験がない場合であっても、ITヘルプデスクなどでの求人が募集されているため、職種にこだわりがない場合はそのような比較的専門性の低い職種へ応募するのも一つの手です。
ただし、いずれの求人に応募する場合でも、実際にボードルアで働く際にはクラウド技術に関する知識は求められるため、選考までに専門性を高めておけるかがボードルアへの転職を成功させるポイントといえます。

ボードルアが転職者に求める人物像

ボードルアは、転職者に対して求める人物像を求人上でいくつか明記していますが、そのなかでも最も重要視されているのは「チームワークを大切にできること」です。
ボードルアでは、ITコンサルタントや営業、開発職など、さまざまな職種の人材がチームとなって、プロジェクト単位で仕事を進めていきます。
社員同士のコミュニケーションを積極的に取りながら仕事をすることができるチームワークに富んだ人材が活躍できます。
そのほかにも、「向上心のある仲間と成長していきたいこと」も大切な観点となっています。
ボードルアの手掛けるクラウド分野は日々新しい技術が生まれており、常に最新の技術動向にアンテナを張っておくことが欠かせません。
ボードルアへの転職を目指すうえで、「向上心」は大きなキーワードとなります。

ボードルアの転職までの流れ

ボードルアの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・チーム社員
想定内容:1次面接はWebで行われ、将来どのような仕事をしたいのか、どのようなキャリアパスを想定しているのかなど、未来志向の質問が多いです。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:自身の経験を中心に深堀される一方で、「成功するには何が必要か」といったややひねりのある質問もあります。

内定

ボードルアの面接形式

ボードルアの面接回数は2〜3回です。
職種や応募状況によって微妙に異なりますが、1次面接はオンラインで実施されます。
また、1次面接と前後して適性検査も行われるのが特徴です。
応募者一人に対して面接官2〜3名が対応する複数人面接形式で、1回あたりの所要時間は45分ほどとなっています。

ボードルアの面接内容

ボードルアの中途採用面接では、「将来、どのようなキャリアを描いているか」「成功するためには何が必要だと思うか」といった未来志向の質問が多く聞かれます。
また、応募する職種がエンジニアの場合は、「どのようなエンジニアになりたいか」といった切り口で聞かれることもあります。
いずれにしても将来のビジョンが重視されるため、事前にボードルアで働くビジョンを明確化させておくと良いでしょう。
そのほかには、「学生時代にどのようなことをやってきたか」や「学生時代のリーダー経験はあるか」といった学生時代の経験を深堀されたという口コミが目立ちます。
当時のエピソードなども交えながら、リーダー経験などを分かりやすく話すと良いでしょう。

ボードルアの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・人柄を判断するような質問が多い

エンジニア、30代後半、男性
「ボードルアで実現したいキャリアはあるか」「将来どのようなエンジニアになりたいか」といったことを聞かれました。未来志向の質問が多かったように感じます。
コンサルタント、20代後半、女性
「ボードルアに入社した後どのような仕事をやりたいのか」と聞かれました。雰囲気はいたって普通の面接でした。
営業、20代後半、女性
営業チームのメンバーと、対面形式で面接を行いました。自身のキャリアを中心に深堀され、人物面と実力面をバランス良く聞かれた印象です。
エンジニア、30代前半、男性
「あなたのことを友達に聞くとしたら、どのような人だと答えるか」といわれたことが印象に残っています。専門職への応募であっても、チームワーク性を重視しているように感じます。
プロジェクトマネージャー、30代前半、女性
「学生時代のリーダー経験はあるか」と聞かれました。また、「そのほかに学生時代は何をしていたのか」とも聞かれました。過去のエピソードをいくつか用意しておくと良いでしょう。

ボードルアで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5~7年、男性
チームワークを重んじる文化があります。エンジニア部門と非エンジニア部門に分かれていますが、エンジニアの採用に力を入れています。フレンドリーな社員も多く、あだ名で呼び合う文化があります。ワークライフバランスは並程度といった印象ですが、休日はやや少ないかもしれません。
技術、在籍3~5年、女性
若い人が多く、最も年上のチーム社員でも40代のことが多いです。社内イベントも頻繁に行われており、社員とのコミュニケーションを大切にしたい社員には良い企業です。働き方は配属される現場によって大きく左右される印象があります。産休や育休などの制度が整っており、取得後に職場へ復帰した女性社員も少なくありません。女性社員の割合は現在3割ほどです。
エンジニア、在籍1~3年、男性
チームワークを重視する風土があり、カルチャーにフィットすることができる人材は楽しく活躍することができる印象です。残業時間が非常に短く、働きやすい企業なのではないでしょうか。一方で、家賃補助がないなど、福利厚生はまだまだ未整備です。社員には仕事に対するモチベーションが高い方が多いため、カルチャーに合うかどうかが分かれるポイントといえます。
口コミの要約

チームワークを重視するアットホームな風土があるという口コミが多く見られました。社内イベントも多く開催されているようですが、これに対しての社員の評判は分かれる所です。コミュニケーションを大切にできて良いという社員もいれば、ワークライフバランスが悪く感じるという社員もいます。

ボードルアの年収・給与

年収 365万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1~2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 休日出勤手当、資格手当、新人研修、電話・メール研修など

ボードルアでの転職者の出世難易度

ボードルアの転職者の出世難易度は中程度です。
ボードルアでは、入社3年目までは年に2回、4年目以降は年に1回の評価があります。
評価の基準はこれといって特に明確なものが定められているわけではありませんが、資格の取得が重要視されているという情報が多く見られました。
ボードルアでは、福利厚生として資格手当を支給しているなど、資格の有無を大切にする文化があります。
また、中途社員だからといって出世が難しいということは全くなく、それぞれが平等に実力主義で評価されるのが特徴です。
ボードルアでの出世を狙うのであれば、チームワークを重視しつつ、資格の取得に力を入れるのが良いでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代中盤 なし 400万円
30代後半 なし 600万円

ボードルアはどんな人が働いている?

ボードルアの従業員数

639名

ボードルアの平均年齢

27.4歳

ボードルアの平均勤続年数

3.2年

ボードルアの社風

ボードルアの社風として、チームワークを非常に大切にするという社風が挙げられます。
ボードルアでは、社内バーベキュー大会をはじめとしたさまざまなイベントが定期的に開催されています。
社員同士のコミュニケーションを大切にする社員が多いため、このようなイベントに積極的に参加したいというタイプの方が馴染みやすい風土です。
また、若い社員が多く活気のある風土があるという点も特徴的です。
年代別の割合では25歳までの社員が49%とおよそ半数を占めており、平均年齢も27歳と非常に若くなっています。
最年少の部長は31歳であり、年齢や勤続年数に関わらず重役に抜擢するのも特徴です。
若く活気のあるバイタリティに溢れる風土があるという点を頭に入れておきましょう。

ボードルアのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30〜18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇、生理休暇、ハネムーン休暇など
平均残業時間 月14.0時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ボードルアの社長

冨永 重寛

1981年生まれ。
2006年に株式会社ニキティスの代表取締役に就任。
翌年、慶應義塾大学経済学部を卒業し、株式会社ボードルアへ入社。
同年、代表取締役社長に就任。

ボードルア現職、OB/OGの有名人

藤井 和也

1981年生まれ。
2006年に株式会社ニキティスの取締役に就任。
翌年、株式会社ボードルアへ入社し、2018年に代表取締役に就任。
2020年より、代表取締役経営管理本部長を務めている。

ボードルアの転職に関わるQ&A


ボードルアでは、出産休暇や育児休暇といった基本的な制度が整備されています。
また、生理休暇など、女性の働きやすさを特に重視した制度が導入されているのも特徴です。
公式サイトの情報によると、女性社員の割合は18%と決して多くはありませんが、男女問わずしっかりと配慮された働きやすい風土があるため、女性でも働きやすい企業といえるでしょう。

ボードルアでは、社会保険などの基本的な福利厚生は整っています。
一方で、社員の口コミには退職金制度がないことや家賃補助が出ないことなど、福利厚生がまだまだ未整備だと指摘する意見が目立っていました。
社内イベントなどは頻繁に開催される一方で、福利厚生については改善の余地があるといえます。

ボードルアへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ボードルアの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「代表メッセージ」や「仕事を知る」、「働く環境」など、有益な情報が多数掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ボードルアの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してボードルアに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

サービスの提供を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職では、サービス業をはじめとした幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「サービスを扱っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ASIRO(アシロ)への転職。求める人物像や社風・年収などを徹底解説

「ASIROに関わる人を誰よりも深く幸せにすることで、よりよい社会の実現に貢献する」を企業理念とし、日常生活の基盤やインフラとなりえるリーガルメディア・リーガルHRに関連したサービスを開発・提供する株式会社アシロ。そんなアシロではエンジ...

セーフィーの転職難易度は高い?面接の傾向や社員の声などを解説

セーフィー転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリなどのWEB事業者 セーフティ株式会社に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし セー...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

グリー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、ヤフーなどのWEB系事業会社 グリー株式会社に転職 次の転職先 リクルートなどの事業会社 ヤフー、楽天な...

ラクスルに転職はするべき?面接内容や年収などについて調査

ラクスル転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループ、カカクコムなどのWEB系事業会社 ラクスル株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ、...

GRCSへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

GRCSは、テクノロジーを活用した情報管理の効率化を図り、複雑な外部環境リスクから企業を保護している企業です。 海外にて企業経営のスタンダードとして認知されているGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)やセキュリティに注...

KLabへの転職は難しい?選考フローや年収など解説

KLab転職者の主なキャリアステップ 前職 カプコン、COM2USなどのゲームメーカー ぐるなび、アイデムなどのWeb系事業会社 KLab株式会社に転職 ...

ファブリカコミュニケーションズの転職事情。事業内容や年収などを解説

ファブリカコミュニケーションズ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社ファブリカコミュニケーションズに転職 次の転職先 自動車ディーラー...

ヘッドウォータースへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ヘッドウォータース転職者の主なキャリアステップ ...

サーバーワークスへの転職は難しい?事業内容やミッション、将来性などを解説

サーバーワークス転職者の主なキャリアステップ ...

イトクロへの転職はおすすめ?転職難易度や年収などをご紹介

イトクロ転職者の主なキャリアステップ ...

TOP