WEB・アプリサービス

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

▼下記は、オープンロジに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからオープンロジに転職してくるのか
・転職先:オープンロジからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

オープンロジの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広い学歴の社員が在籍しています。

職歴

オープンロジ在籍者の主な職歴は、リクルートDeNAヤフーデジタルガレージなどのWEB系事業会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

オープンロジからの転職事例はそれほどありませんが、一部転職者は物流系のベンチャー企業へ転職しています。

オープンロジは、中小企業や個人事業主と物流会社を繋ぎ、新しい物流インフラの形を築いている企業です。
中小規模のEC事業者などの直接と取引するのは厳しい方と物流会社を結ぶクラウドサービスプラットフォーム「オープンロジ」を提供しています。
オープンロジを介して多くの事業者から受注を集めることで、スケールメリットの算出やシンプルかつ低コストの価格設定の実現が可能となるだけでなく、保管や検品といった基本業務や各種モールとのAPIを通じたデータ連携も対応しています。
そういったサポートが功を奏しオープンロジは、8,000以上の導入実績を持っており、今後の事業拡大に注目を集めている企業です。
2013年設立、東京都豊島区に本社を構えており、86名の社員が在籍しています。
オープンロジでは、エンジニアなどの専門職ポジションを中心に、物流業界に関心があり、チャレンジ精神を持って最後までやり遂げられる人材を求めています。

初めての転職でオープンロジを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

オープンロジの口コミや社風も気になるけど、それよりも先にどんな求人が募集されているのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、主にハイクラス求人を豊富に掲載しているため、希望ポジションが未だ定まっていないという方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • オープンロジの企業概要
  • オープンロジの転職ポイント
  • オープンロジの社風や企業文化

オープンロジに転職するポイント

オープンロジの特徴

POINT

  • ・新しい物流インフラを積極的に形成している企業
  • ・物流という需要が拡大している市場の中で、急成長できるポテンシャルを持つプラットフォーム「オープンロジ」を提供
  • ・8,000人以上のユーザーに導入した実績を誇る

オープンロジへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアを中心に求人募集
  • ・物流業界に関心があり、チャレンジ精神を持っていることが重要

オープンロジの企業概要

会社名 株式会社オープンロジ
本社所在地 東京都豊島区東池袋1丁目34-5 いちご東池袋ビル9F
社長 伊藤 秀嗣
設立 2013年12月25日
株式 非上場
株主構成 記載なし

オープンロジの売上

オープンロジの売上に関する情報は現在公開されていません。

オープンロジの最新ニュース

オープンロジの事業内容

プラットフォーム「オープンロジ」を介して、中小企業・個人事業主と物流外車を繋ぎ、クラウドサービスを提供している企業です。
「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」というビジョンを掲げており、独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫のネットワーク化を可能としています。
また、標準化した仕様とオペレーションにより、物流業務の効率化と一元化の実現、それにより、固定費なしや従量課金での利用が可能です。
さらには、倉庫事業者向けのアプリケーションなども提供しており、今後はモノの動きをより最適化する「フィジカルインターネット」の実現に向け、さらなる事業拡大の推進を目指している企業です。

2021年現在、コロナウイルスによる「新しい生活様式」が浸透している現代において、「EC向けに冷蔵・冷蔵倉庫が利用したい」などの要望を応えるべく、冷凍・冷蔵商品の保管と出荷業務が可能な倉庫との提携を開始しました。
その結果、単発や小ロット案件でも冷凍・冷蔵が必要な商品の対応が可能となり、今後も幅広いニーズに対応できるよう提携倉庫の拡大、システム開発と改善など、サービスをさらに充実させることを目標としています。

オープンロジの募集要項

Webエンジニア

クラウド物流プラットフォーム「オープンロジ」の開発や運用を行うポジションです。
具体的には、ユーザーポータルをはじめとした荷主向けシステムや、WMSをはじめとした倉庫向けシステム、プリンター制御システムの開発と運用を行います。
また、新規事業の立ち上げとして、倉庫のネットワーク化による次世代物流網の構築や、データを活用した物流と商流の最適化を任せれる場合もあります。

必須な経験・スキル

  • ・Webアプリケーションフレームワークを利用した開発・運用経験
  • ・MySQLなどのRDBMSを用いた実務運用経験
  • ・パフォーマンスとスケーラビリティーを考えた設計開発能力 など

プロダクト・コミュニケーションデザイナー

全社マーケティングのクリエイティブディレクションを行うポジションです。
そのほかにも、ブランドマーケティングマネジメントや、サイト全体のでデザインレギュレーションの作成と運用、サイト設計なども行います。
また、能力に応じてUXデザインやUIコーディングに携わる場合もあるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・アートディレクターまたはデザイナー経験
  • ・コーディングの知見
  • ・WEB制作アプリケーションの知見と実務経験 など

フィールドセールス

インサイドセールスチームが獲得した顧客の商談に対して、オンラインやオフラインを通じて営業活動を行うポジションです。
具体的には、契約交渉や料金・納期などの各種条件交渉、クライアントの課題やニーズの把握、課題解決方法の提案を行います。
また、提案資料作成やプレゼンテーション、ビジネスプランの提案なども行い、幅広い業務に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の無形商材の法人営業経験
  • ・新しいチャレンジや環境の変化に対応できる適応力がある
  • ・高いコミュニケーション能力

オープンロジの転職難易度

オープンロジの転職難易度は比較的高いです。
中途採用枠はそれほど少なくありませんが、成長中の企業なため応募者が多く、倍率が高くなってしまうことが想定できます。
また、優秀な人材が集まりやすいため、難易度は必然的に高くなってしまうといえるでしょう。
オープンロジへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが必要です。

オープンロジが転職者に求める人物像

オープンロジでは、積極的にチャレンジし、失敗からも前向きに捉え、成長し続ける向上心を持った人材を求めています。
また、チームのために行動できる方や、これまでにない新しい価値を創造したい方なども求めている傾向があります。
持っているスキルや経験も大切ですが、オープンロジではチームで課題に取り組むことが多いため、採用では人柄も重要視しており、こういった部分を持っている方は面接時に好感を持ってもらえるでしょう。

オープンロジの転職までの流れ

オープンロジの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてオープンロジにマッチしている人材かを判断されます。

内定

オープンロジの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、ポジションによって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

オープンロジの面接内容

オープンロジの面接は、志望動機やキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
また、「企業のバリューを浸透させるためにどのような行動を取りますか」などといった質問をされる傾向があり、また、こちらの回答に対し、「それはなぜ?」といった深堀をされます。
ただし、特段変わった質問をされることはほぼなく、いたって普通な質問を多くされる傾向があるので、しっかりと自己分析と企業研究を行いましょう。

オープンロジで働いている方の評判・口コミ

事業開発、在籍5~7年、男性
システムに強い物流サービス企業ということもあり、倉庫のデッドスペースを活用という考えの基活動しています。クライアントの成長に合わせた最適な倉庫サービスの提供が可能であり、上流のさまざまなシステムと連携することで企業の特異性を高めています。そのため、面白味を感じながら働けるでしょう。
企画関連職、在籍3~5年、女性
フレックス導入がされており、出退勤時間の調整ができるため、ワークライフバランスは良いと思います。また、会社側からも推奨されているリモートワークが定着しつつあるため、働き方改革が着々と進んでいるため、働きやすい環境があります。
マーケティング関連、在籍3~5年、男性
ベンチャー企業ということもあり、制度などが整っていない部分もありますが、社員の希望を聞き入れてくれる雰囲気はあります。実際にそれで新設された制度もあり、比較的提案はしやすいでしょう。
口コミの要約

オープンロジの口コミを見てみると、企業に特異性があり、ほかの企業と一味違うため、面白味を感じながら働けるということが伺えます。また、まだ制度は整っていないものの、働きやすくするために提案を受け入れてくれるということを伝わってきます。

オープンロジの年収・給与

年収 531万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 ウェルカムランチ、ブラザーシスター制度、書籍購入制度など

オープンロジでの転職者の出世難易度

オープンロジの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、多くの実績を残し、上司をはじめ、周りの社員に認められていることが前提となります。
また、スキルや経験だけでなく、人柄を重要となってきます。
ただし、新卒と中途の出世難易度はそれほど変わりません。
中途入社でも出世できる可能性は大いにあるでしょう。
オープンロジで出世を目指すなら、人一倍努力をして実績を残し、周囲に評価してもらうことで、出世への道は拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 役員 1,000万円
40代後半 役員 1,200万円

オープンロジはどんな人が働いている?

オープンロジの従業員数

86名

オープンロジの平均年齢

32歳

オープンロジの平均勤続年数

記載なし

オープンロジの社風

オープンロジは、比較的風通しの良い社風です。
また、コミュニケーションを大切にしている風土もあるため、助け合い精神が浸透しています。
自分から率先して動くという雰囲気があり、そういったことに対し正当な評価をしてもらえるため、自ら動いて課題を見つけながら働けるという方には、向いている企業でしょう。

オープンロジのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、生理休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

オープンロジの社長

伊藤 秀嗣

東京都出身。
明治大学卒業後、ネットエイジに入社。
入社から3か月で雑誌のオンライン販売サービス「Fujisan.co.jp」を運営している富士山マガジンサービスの創業メンバーとして成長に貢献。
主に営業やマーケティングに従事。
レガシーな物流領域をもっとオープンに革新していきたいという思想から、2013年に株式会社オープンロジを設立、代表取締役CEOに就任。

オープンロジ現職、OB/OGの有名人

及川 直彦

1965年生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業後、早稲田大学大学院商学研究科博士前期家庭修了。
1988年に電通に入社、広告や広報キャンペーン企画の立案に従事し、デジタル情報技術を活用したマーケティング・コミュニケーション手法の開発と事業化を推進。
2000年にネットイヤーグループのシニアバイスプレジデントとして、戦略インターネットプロフェッショナルサービスを立ち上げ、プロジェクト統括しつつ成長期の組織を整備。
翌年には、マッキンゼー・アンド・カンパニーにおいて、ハイテクやテレコムなどの新規事業を開発、マーケティング戦略の立案に従事。
さらには、電通のクリエイティビティを重視した戦略コンサルティングファームの創業などを行い、2019年よりオープンロジのCSMOに就任。

オープンロジの転職に関わるQ&A


企業研究を行う点で、最も重要なのは、オープンロジと同業他社の違いを明確に知ることです。
オープンロジは事業に関して特異性があるため、それらをしっかりと理解し、面接ではそれらを踏まえたアピールを行うと効果的でしょう。

アルバイトや契約社員からでも正社員になることはできます。
ただし、正社員になるためには一定以上の実績や経験があることが前提です。
正社員を目指すなら、努力をし続け、経験を積みながらスキルアップすると良いでしょう。

オープンロジへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

オープンロジの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかに、会社説明資料や社員紹介、福利厚生などが掲載されているので、企業研究に役立てると良いでしょう。
ただし、公式サイトからの転職は、どうしても時間がかかってしまいがちです。
素早く転職したい方やサポートを受けながら転職したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してオープンロジへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したいという方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできないという方には、転職サイトがベストです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、オープンロジの募集要項や必須スキルなどを知りたいという方は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高く、年収交渉もできる!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、事業開発やマネージャーなどの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、年収の交渉もできます。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、オープンロジの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してオープンロジへの転職を目指すなら、転職支援実績を多く持っている「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

オープンロジは比較的人気の高い企業で、そのため競争率も高くなります。
「通過率はどれくらいあるのか」や「果たして自分の理想としている転職先といえるか」など、キャリアコンサルタントに相談することで解消できるでしょう。
オープンロジへの転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職エージェントを活用するのが確実です。

JACリクルートメントではエンジニアの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、いろんな企業や業界を熟知しており、専門性に特化したキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、より確実な転職活動を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがオープンロジに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

イトクロへの転職はおすすめ?転職難易度や年収などをご紹介

  ▼下記は、イトクロに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからイトクロに転職してくるのか ・転職先:イトクロからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

▼下記は、ネットフリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットフリックスに転職してくるのか ・転職先:ネットフリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

メルカリの転職難易度は?年収や口コミを徹底リサーチ

  ▼下記は、メルカリに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルカリに転職してくるのか ・転職先:メルカリからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ベースの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

▼下記は、ベース株式会社に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベース株式会社に転職してくるのか ・転職先:ベース株式会社からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

アイフリークモバイルの転職難易度は?面接内容や評判などを解説

▼下記は、アイフリークモバイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイフリークモバイルに転職してくるのか ・転職先:アイフリークモバイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

Shopifyへの転職は可能?採用情報や転職難易度を徹底調査

Shopifyは、Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供するカナダ発の企業です。 「Shopify」は中小企業をメインに設計されており、世界175か国において100万を超える加盟店に利用されています。 Amazonや楽天...

DMM.comへ転職したい方必見。転職難易度や評判について調査

  ▼下記は、DMM.comに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDMM.comに転職してくるのか ・転職先:DMM.comからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

Cygamesへの転職情報まとめ!転職難易度や評判を徹底調査!

▼下記は、Cygamesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCygamesに転職してくるのか ・転職先:Cygamesからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

TOP