SIer

富士ソフトの転職難易度は?年収や選考内容などを解説

 
▼下記は、富士ソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから富士ソフトに転職してくるのか
・転職先:富士ソフトからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

富士ソフトの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高校や専門学校、大学卒が多く在籍しています。

職歴

富士ソフトの在籍している方の職歴はそこまで多くはなく、SIerWEB系事業会社などが主な職歴として挙げられます。

退職後の主な転職先

富士ソフトからの転職先として主に、SIerやシステム系子会社、さらにはWEB系事業会社などへ転職しています。

富士ソフトはソフトウェアの開発や販売、システムインテグレーションなどを行う企業です。
設立した大手独立系ITソリューションベンダーであり、富士ソフトはグループ全体で1万人を超える技術者を抱えている大企業であり、金融系や製造業、医療業界など幅広い業務系システム開発と構築を行っています。
1970年に設立、神奈川県横浜市に本社を構え、14,121名の従業員が在籍しています。
そんな富士ソフトでは、明確な将来のビジョンを持ち、即戦力となる人材を求めています。

富士ソフトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」をチェック!

富士ソフトにどんな求人があるのか知りたいという方は、まずはビズリーチのチェックをおすすめします。
ビズリーチは、一般求人のほかに、普段は見ることができない非公開求人を持っている可能性があり、状況によっては紹介してもらうこともできるでしょう。
また、自分の所持スキルに合ったキャリアアドバイザーや富士ソフトへの転職に特化したキャリアアドバイザーを探すこともできます。
登録してすぐは、オファーをもらうチャンス!早めにレジュメ登録をしておけば自分にあったオファーが来やすくなるため、できるだけ早くレジュメ登録を済ましておくことをおすすめします。

この記事でわかること

  • 富士ソフトの企業概要
  • 富士ソフトの転職ポイント
  • 富士ソフトの社風や企業文化

富士ソフトに転職するポイント

富士ソフトの特徴

POINT

  • ・1万人以上の技術者を抱える大企業
  • ・金融系や製造業、医療業界など、幅広く展開
  • ・独立系のインテグレーターであり、ソフトウェア開発に強みを持つ

富士ソフトへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用を積極的に行っている
  • ・グローバル展開において明確なビジョンを持ち、高いポテンシャルがあることが重要
  • ・主体性があり、コミュニケーション能力が長けている人材を求めている

富士ソフトの企業概要

会社名 富士ソフト株式会社
本社所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1-1
社長 坂下 智保
設立 1970年5月15日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(11.6%)
有限会社エヌエフシー(9.0%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(6.1%)

富士ソフトの売上

富士ソフトの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 180,773百万円 204,329百万円 231,074百万円
経常利益 10,260百万円 12,071百万円 13,749百万円

富士ソフトの最新ニュース


富士ソフトの最新情報を掲載しております。

富士ソフトの事業内容

業務系ソリューション

グローバル競争時代の現代を勝ち抜くビジネスを支える最適なソリューションを提供している事業です。
流通業や金融業、サービス業などのあらゆるニーズに応え、コンサルティングや開発、システム構築~サポートまで、充実した体制でトータルソリューションの提供しています。
生産や販売、在庫管理などの幅広い基幹システムに関してサポートしている「基幹システムソリューション」、自社データセンターを主軸にクラウド基盤でIaaSやSaaSを提供する「情報システムソリューション」など、さまざまなソリューションを展開しています。
そのほかにも「ネットサービスソリューション」や「金融ソリューション」など、幅広いソリューションを展開、個別システム開発からクラウドまで、サービスと技術を駆使した最適なシステムを提供しおり、その結果、売上高が前年に比べて126.0%増収となりました。

組込/制御テクノロジー

ハードウェア組込レベルからそれらをコントロールするレベルまで、グローバルでも通用する質の高い組込テクノロジーを提供している事業です。
ロボットや自動車、医療機器などの幅広い分野でさまざまなな組込システムに対応したサービスの提供、ADASや自動運転などの先進技術分野での開発経験を活かし、車載ソフトウェアの幅広い制御技術の提供などを行っています。
そのほかにも社会を支える最新技術の提供やファクトリーオートメーションを推進、OA機器の提供など、マルチに支援している事業です。

プロダクト・サービス&アウトソーシング

蓄積されたノウハウから生まれた自社のプロダクトとさまざまなプロダクト・サービスを組み合わせて提供している事業です。
富士ソフトが持つ組込/制御系・業務系のノウハウが加価値を生み出すことで、新しいビジネスチャンスの創造とともに、最新ロボットテクノロジーやデジタル家電など、付加価値の高いプロダクトの提供をしています。
ドキュメントや動画などをサーバーで一括管理し、タブレットなどから簡単に閲覧することができるサービス「moreNOTE」や、教室のテレビやプロジェクターを電子黒板や掲示板に変えるシステム「みらいスクールステーション」など提供し、会社や学校に貢献、今後の発展を支える事業です。

富士ソフトの転職の募集要項

インフラ・基盤エンジニア

インフラ・基盤エンジニアは、社会保障関連のシステムについて開発を行います。
具体的な業務内容は、社会保険システムに関するさまざまなシステムの開発、要件定義~総合試験などです。
小規模~大規模まで幅広い案件の更新継続が多く、PLやリーダー、サブリーダーでの開発や試験なども担当します。

必須な経験・スキル

  • ・インフラ関連の設計・構築経験

セキュリティビジネスの推進者

セキュリティビジネスの推進者は、プロジェクトのPLとして、セキュリティビジネスの企画や戦略立案、遂行などを行うポジションです。
具体的には、Webアプリケーション診断やプラットフォーム診断といった脆弱性診断のビジネス化推進、同社のセキュリティビジネスのサービスラインナップの立ち上げに携わります。
プロジェクトマネージャーの経験や情報処理安全確保支援士などを持っていると、面接で有利になる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・Web系アプリ開発経験
  • ・セキュリティソリューションに関する基礎的な知識
  • ・セキュア開発、脆弱性検査の経験 など

業務系システムエンジニア

業務系システムエンジニアは、金融系システム開発のPLやPMとして、メンバー管理やエンドユーザーとの仕様調整、見積もりなどを担当する職種です。
それ以外にも、若手社員の教育や指導、ビジネスパートナーである会社との打ち合わせや要因調整なども行います。
上流工程経験やマネジメント経験、見積り経験があると、好まれる傾向があります。
また、金融系業務検定資格の保有やビジネスアナリストの経験なども優遇されるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・Java・Net、COBOL開発経験
  • ・オープン系システム開発経験

富士ソフトの転職難易度

富士ソフトは、職種やポジションによって異なりますが、全体的に難易度が高いです。
営業の場合は、営業経験が3年以上であることが必須であり、企画や管理系でも経験年数が3年以上必要など、どのポジションでもある程度の能力と経験年数が求められる傾向があります。
面接の際、これらをアピールできる実績や能力がなければ難しいかもしれません。
中途採用自体は頻繁に行われており、狭き門ということもないので、実績や能力をいかにアピールできるかが鍵となってきます。

富士ソフトが転職者に求める人物像

富士ソフトでは、グローバル展開において明確なビジョンを持ち、高いポテンシャルを持っている人材を求めています。
また、主体的に行動することができ、論理的思考力や情報分析力に長けている人材も求めている傾向にあります。
これらを持っていることをアピールできるエピソードを用意してから、面接に臨むと良いでしょう。

富士ソフトの転職までの流れ

富士ソフトの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接・筆記試験

想定選考官:リーダー
志望動機や入ってからやりたいことなど、基礎的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:人事
一次面接で聞かれたことを改めて質問され、富士ソフトにマッチしている人材かを判断されます。

富士ソフトの面接形式

面接は一次面接ではグループ面接、二次面接では1対1で行われます。
面接回数は1~2回です。
面接は1回あたり30分~1時間です。

富士ソフトの面接内容

富士ソフトの面接では、志望動機や入社してからやりたいことなど、基礎的な質問から面接が進みます。
そのほかにも「中学生の頃の性格」など、少し変わった質問をされることもありますが、トリッキーな質問をされることはほぼないでしょう。
ただし、「なぜ富士ソフトを選んだのか」という部分は、最重要視している傾向があり、その部分をしっかり回答できるかどうかが重要です。
企業分析を細かいところまで行い、熱意ある志望動機を伝えることができれば、面接が通りやすくなるでしょう。

富士ソフトで働いている方の評判・口コミ

プログラマー 在籍3~5年 男性
多種多様な案件に携わることができ、多くの経験を積むことができる環境があります。プログラミングなどのスキルは確実に身に付いていて、成長とやりがいを感じることができると思います。また、実力があればプロジェクトを任せてもらえることもあるため、責任感もあります。

法人営業 在籍1~3年 男性
入社してから営業なら1.5か月間、技術なら3か月間しっかりと教育期間が設けられているので、あまり経験ない人でも安心ではないでしょうか。また、OJTが半年で設定されているので、先輩とマンツーマンで教育を受けることができます。
企画 在籍3~5年 女性
コンプライアンスに違反するものに対して、厳しくチェックが入ります。有給休暇の消化も定期的に促されるので、取得しやすいと思います。また、近年の働き方改革により、以前よりも残業が少なくなり、ワークライフバランスが良くなったと感じます。
口コミの要約

富士ソフトの口コミを見てみると、多くの経験を積む環境があり、やりがいと責任感を感じるということが伝わってきます。また、教育に力を入れていることから、能力に不安がある人でもしっかりと学ぶことができることが分かります。

富士ソフトの年収・給与

年収 598万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、育児・介護支援、長期休業制度、保養所など

富士ソフトでの転職者の出世難易度

富士ソフトでの出世難易度は比較的高いです。
富士ソフトには優秀な社員が多く在籍しており、そのなかから出世するというのは簡単なことではありません。
ただし、富士ソフトでは正当な評価をしてもらうことができ、成果主義なところがあります。
ほかの人よりも多くの実績を残すことができれば、出世することも可能でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 主任 600万円
30代後半 主任 600万円
40代前半 主任 800万円
40代後半 部長 1,000万円

富士ソフトはどんな人が働いている?

富士ソフトの従業員数

7,734名(単体)
14,121名(連結)

富士ソフトの平均年齢

37歳

富士ソフトの平均勤続年数

9.0年

富士ソフトの社風

富士ソフトは、比較的風通しが良く、在籍している社員を大切にする社風があります。
在籍している社員同士で一丸となって業務にあたることもあり、チームワークを大切にしている風土があります。
また、会社全体で残業を失くす努力をしていることもあり、毎週水曜日はNO残業Dayを作ったり、有給申請が通りやすい傾向があります。
男性女性関係なく、どんな人でも働きやすいと思える環境があるでしょう。

富士ソフトのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔・特別休暇など
平均残業時間 20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

富士ソフトの社長

坂下 智保

1961年生まれ、大阪府出身。
神戸大学経営学部卒業後、1985年に野村コンピュータシステム(現:野村総合研究所)に入社。
ナレッジシステム事業二部長を経て、2004年に富士ソフトABC(現:富士ソフト)に入社。
2005年に取締役IT事業本部長、2007年に常務取締役を歴任し、2011年に代表取締役社長に就任。
現在、元請けの拡大やグローバル化の推進などを行っている。

富士ソフト現職、OB/OGの有名人

野澤 宏

1942年生まれ、東京都出身。
東京電機大学工学部電子工学科を卒業後、1966年に大明電話工業(現:ミライト)に入社。
その後、日本電子工学院(現:日本工学院専門学校)の講師となり、1970年に自宅で富士ソフトウェア研究所(現:富士ソフト)を設立。
取締役や代表取締役社長を歴任し、2001年に代表取締役会長に就任。
2012年に代表取締役会長執行役員に就任。

富士ソフトの転職に関わるQ&A


富士ソフトは激務でブラック企業ではないかと耳にしたことがある方も少なくないでしょう。
結論からいうと、今の富士ソフトは激務ではありません。
以前は仕事量が異常で、遅くまで残業ということもありましたが、現在では働き方改革が推進されており、一人が持つ仕事量は減りました。
その結果、激務というほどではなくなったのです。
ただし、時期によっては忙しいときもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。


富士ソフトでは、面接の際、筆記試験がある場合があります。
その筆記試験の難易度はというと、そこまで高くないでしょう。
また、たとえ点数が悪かったとしても、そこまで影響がない場合があります。
しかし、点数が高いに越したことはないので、前もって準備しておくことをおすすめします。

富士ソフトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

富士ソフトの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
採用情報ページには、富士ソフトが掲げる技術やプロジェクト、企業についてなどが掲載されています。
また、現在募集を行っている職種の情報が掲載されているので、どんな職種があるのか知りたい場合は、一度チェックしてみると良いでしょう。
しかし、掲載されている求人情報は、内容が薄い場合があり、詳しく知りたいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して富士ソフトに転職したい場合、掲載数が非常に多く、ハイクラス求人を扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、自分の市場価値を知ることができ、適した職種へ転職しやすいというメリットがあります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つです。
・求人件数の多さ
・自分のペースで転職ができる
・応募までのスピード感がある

自分の希望する職種を探している方や、応募までに素早く動きたいという方にはおすすめです。
また、転職サイトを転職エージェントを利用する前に活用する方が多く、富士ソフトの募集職種や募集内容などを知りたい方はチェックすることがおすすめといえます。

ビズリーチでは年収の相談が可能

2020年7月現在、ビズリーチには富士ソフトの求人募集の掲載はありませんでしたが、大手ソフトウェア開発企業の求人募集が多数掲載さています。

※画像はイメージです。

ビズリーチはハイクラスを扱っている転職サイトなだけあり、平均年収が800万~1,000万円と高水準となっており、案件によっては年収交渉することも可能です。
また、非公開求人が多い転職サイトとしても知名度があり、キャリアアドバイザーに相談することで、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
さらには、職務経歴を登録しておけば、企業側からスカウトされるということも有り得ます。
ただし、スカウトされた場合、自分の求めている職種とは違うということがあるので、確実に自分が希望する職種で働きたい場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

富士ソフトへ確実に転職するために転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」が良いでしょう。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの案件数を保有しており、転職実績も非常に多くあります。

転職エージェントを利用するメリットは主に3つです。
・キャリア相談や年収交渉などを含むサポート
・企業との高いマッチング率
・非公開求人が非常に多い

転職エージェントでは、履歴書などの応募書類の添削や、模擬面接による指摘とアドバイス、さらには年収交渉まで行ってくれるサポートが充実しています。
また、富士ソフトへの転職実績があれば、転職先に太いパイプがあるため、内部事情などを知ることができます。
転職に対して少しでも不安があるのなら、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

リクルートエージェントに掲載されている富士ソフトの求人情報を見てみると、エンジニアの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

自分では大したことないと思っているスキルでも、異なる業種からしたら重宝されるスキルということもあり、キャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、より合った職種を紹介してもらえます。
さらには、非公開求人を多く持っているので、状況やスキルによって非公開求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。

あなたが富士ソフトに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本総研の転職難易度は高い?面接内容や年収を調査!

  ▼下記は、日本総研に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本総研に転職してくるのか ・転職先:日本総研からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

野村総合研究所への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

  ▼下記は、野村総合研究所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村総合研究所に転職してくるのか ・転職先:野村総合研究所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

  ▼下記は、日立製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日立製作所に転職してくるのか ・転職先:日立製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

TISへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

  ▼下記は、TISに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTISに転職してくるのか ・転職先:TISからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

大塚商会の転職情報まとめ。面接の口コミや転職難易度を調査!

  ▼下記は、大塚商会に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大塚商会に転職してくるのか ・転職先:大塚商会からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

富士ソフトの転職難易度は?年収や選考内容などを解説

  ▼下記は、富士ソフトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから富士ソフトに転職してくるのか ・転職先:富士ソフトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

コムウェアの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、コムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコムウェアに転職してくるのか ・転職先:コムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

  ▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか...

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)へ転職するには?難易度や面接情報を調査

▼下記は、伊藤忠テクノソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから伊藤忠テクノソリューションズに転職してくるのか ・転職先:伊藤忠テクノソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

TOP