WEB・アプリサービス

Indeed Japanへの転職難易度は??面接内容や給与を紹介

Indeed Japanは、国内最大級の求人検索エンジン「Indeed」を運営しているIndeed incの日本法人です。は米国テキサス州に構えていますが、日本のオフィスは東京都港区にあり、そこでは450名の従業員が働いています。
Indeedは2012年にリクルートホールディングスに買収されて以降、さらなる事業の拡大に取り組んでおり、即戦力となるキャリア採用を積極的に行っています。

この記事でわかること

  • Indeedの企業概要
  • Indeedの転職ポイント
  • Indeedの社風や企業文化

Indeedに転職するポイント

Indeedの特徴

POINT

  • ・日本でN0.1のユーザー数を誇る求人媒体、「Indeed」を運営。
  • ・2012年にリクルートホールディングスに買収されてからも、順調に売上を伸ばしている
  • ・自由度が高く、一人一人が自分で考えて仕事を行うケースが多い

Indeedへ転職するポイント

POINT

  • ・未経験でも転職可能なポテンシャル採用あり
  • ・最終面接は社長と1対1で行う
  • ・営業職と専門職で転職難易度が大きく異なる

Indeed Japanの企業概要

会社名 Indeed Japan株式会社
本社所在地 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル6階
代表取締役 高橋 信太郎
設立 2013年
株式 未上場
株主構成 株式会社リクルート(100%)

Indeed Japanの売上

Indeedは未上場のため、親会社のリクルートホールディングスの売上を掲載します。

リクルートホールディングスの売上推移

事業年数 2017年 2018年 2019年
売上高 1,839,987百万円 2,173,385百万円 2,310,756百万円
経常利益 131,718百万円 199,228百万円 239,814百万円円

Indeed Japanの最新ニュース

Indeed Japanの事業内容

Indeed

Indeedは、月間2,000万人を超えるユーザーが利用している日本でNO.1のユーザー数を誇る求人媒体です。
Indeedの特徴はweb上にある企業の採用ページの情報を一括で見られることです。タンワークやリクナビといったサイトに掲載されている求人まで確認できるため最も効率よく求人探しが可能となっています。
Indeedは求人の掲載料が基本無料なため、企業側にとっても利用することは大きなメリットとなります。
また、 Indeedに求人を出稿した企業に対し無料で使える「求人アナリティクス」というツールを提供しています。求人アナリティクスはIndeed内の検索キーワードや、実際に求人情報を見られた回数を確認できるツールです。

Indeed Japanの募集要項

Indeed Japanのキャリア採用は、大きく専門職と営業職の2つに分類されます。

専門職

Indeed Japanで求めるエンジニアは、日本だけでなく世界で活躍する人材です。
2020年3月現在で募集されている職種は以下の3つです。

  • ・ソフトウェアエンジニア(マネージャー)
  • ・データベースマネージャー
  • ・クオリティアシュアランスエンジニア

Indeedの技術職においては、マネージャーなど、プロジェクトの管理や推進ができる人材も多く募集されています。
具体的な経験年数の縛りがないものもありますが、これまでの実績とスキルが重視されます。前職でメンバーを育成していた経験などがあればなお良いでしょう。

また、マネジャー職以外の職種についてはポテンシャル採用の傾向もあり、職種によってはスキルに自信がないという人でも採用される可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・アーキテクチャとソフトウェア設計スキル
  • ・ソフトウェア開発に5年以上の経験など

営業職

Indeed Japanでは

  • ・インサイドセールス
  • ・アウトサイドセールス
  • ・代理店営業
  • ・直販営業
  • ・コンサルティング営業

など、細かくターゲットを分けた営業部隊を用意しています。
主に、無料、もしくは有料で、すでにIndeedを利用している人に対しての営業業務を行います。部門によっては代理店とのやり取りを行ったり、採用に関してのコンサルティングを行いながらクライアントの採用をサポートする場合もあるため、HR関連の知識を蓄積したい人に向いています。
セールス部門については高いスキルを求められることはさほどなく、特に人間性やコミュニケーション能力を重視する傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・web開発技術に関する理解
  • ・大卒以上
  • ・2年以上の営業経験
  • ・Indeedのビジョンやミッションに共感し、向き合える精神

Indeed Japanの転職難易度

Indeed Japanの転職難易度は専門職・営業職で大きく異なります。
専門職の場合、転職難易度は非常に高いです。60か国以上、28か国語での求人情報を取り扱うIndeedのシステム面に入り込むため、席は非常に限られてきます。また、世界中にある30以上のオフィスとの連携もとるため英語のスキルはほぼ必須といえます。

一方営業職の転職難易度は比較的低いです。現在Indeedでは事業の拡大に伴い、大幅な営業部隊の増員を行っています。2018年7月1日に大阪にオフィスを開設したこともあり、今後さらに多くのキャリア採用を実施することが予想されます。

Indeed Japanが転職者に求める人物像

Indeedは「ポジティブで最適な仕事探しができる世界を目指す」という企業理念を掲げています。
業界を改革していきたいという気持ちを持ち、自分も成長していきたいという意思がある人はIndeedに適していると言えるでしょう。企業全体の成長スピードが速いため、その成長に追いつけるかも重視されるポイントです。
人材業界を変えたい・大きなプロジェクトの仕組みから動かしたいなど、強い意志をもつ人材が求められます。

Indeed Japanの転職までの流れ

Indeed Japanの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次面接

想定選考官:部署長
「これまでの成功体験」「現職での実績」など深く掘り下げて質問されます。

2次面接

想定選考官:部署長
1次面接で聞かれたことを更に掘り下げて質問されます。事前に資料を作ることを求めてくる場合もあります。

最終選考

想定選考官:役員
Indeedの社長と最終面接を行います。

Indeed Japanの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は3回程度です。
1回につき30分程度となります。

Indeed Japanの面接内容

職種にもよりますが、基本的には3回面接を行います。
初回は志望動機や経歴などのエントリーシートを元にした質問が多く、二次面接では「今までの実績や経験」をより具体的に聞かれる傾向があります。
実績については、事前に資料を作りプレゼンをするケースもあるため、自分のアピールポイントを整理しておくようにしましょう。
最終面接では、スキルセットの確認よりも、人間性や仕事への姿勢を判断するための質問が多くなります。Indeed Japanという会社に関しての理解度はもちろん、入社後になにを目指すか、なにができるか、など、自分なりの目標や軸を定めておくようにしましょう。

Indeed Japanで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
成長とチャレンジができる環境だと思います。自発的に行動していけば、新しいスキルをどんどん身につけることが可能です。成績が表示されるため、自分の立ち位置が分かり、その上で自分よりも優れた成績の人からアドバイスがもらえます。リクルートに買収されるまではかなり自由だったとは聞きますが、今の体制でも他の企業よりはかなり自由が効くと思います。
エンジニア、在籍3~5年、男性
給与は同業種と比べてもかなりいいと思います。インセンティブで受け取れる部分が多いので、営業でも年収800万は狙える。以前に比べて昇給が難しくなったと言われていますが、トップになれば年収1,000万以上は貰ってると思います。
アウトサイドセールス、在籍3~5年、男性
一定の成果を上げていれば休みはかなり取りやすいです。定時で帰る人がほとんどなので、残業や休日出勤を強いられることはありません。フレックスタイム制で、有給も自由に取れるのでワイフバークバランスはとても良いです。ただ、新人研修の時は、覚える内容が多いので、あまり休む余裕はありませんでした。
エンジニア、在籍3~5年、女性
女性の割合は少ないですが、出産育児休暇を取得している人が多く、女性でも働きやすい環境が整っています。ワーキングマザーでも昇給している人はいるので、性別が出世の妨げになることはないと思います。ただ、20〜30代で退職する女性が多く40代,50代の方は気が強くてタフな人が多いです。

口コミの要約

Indeed Japanは、給与やライフワークバランスにおいて高い評価を得ている企業です。実績を正しく評価してもらえる昇給制度や、部署によっては完全フレックス制を導入していることもあり、高収入とプライベートの充実を両立させられることが主な理由として挙げられます。
IT業界のなかではセールス職が強めの企業でもあるため、実績に対してはかなり評価が厳しいという声も見られました。

Indeed Japanの年収・給与

年収 450~1000万
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 無し
福利厚生 フリーフード・フリードリンクBAR完備、社会保険完備など

Indeed Japanでの転職者の出世難易度

Indeed Japanの出世難易度は高めです。自由、かつ実績重視な社風で、良くも悪くも「仕事のクオリティ次第」という傾向があります。
組織体制は極めてフラットで、年功序列ではないため、実績を出し、しっかりとそれがアピールできていれば、早い段階で出世・昇給できる可能性もあります。
社内にはキャリア採用のメンバーも多いため、プロパーに比べて転職者が評価されにくいということはありません。

Indeed Japanはどんな人が働いている?

Indeed Japanの従業員数

45,856名(2019年3月31日時点)
※リクルート全体

Indeed Japanの平均年齢

27.5歳

Indeed Japanの平均勤続年数

記載なし

Indeed Japanの社風

Indeed Japanは穏やかな社風が特徴的な会社です。社員同士はとても仲が良く上下関係も緩いです。新入社員に関しても優しく接してくれます。
また、人材業界を変えようとする熱意が強く、仕事に対して誇りを持っている人が多いのもIndeed Japanの特徴といえるでしょう。
ただし、成果に関してはとてもシビアで、数字にこだわる社風があることも否めません。
エンジニア職の場合、社内の公用語は英語で、上司に対しても意見を述べられるなど、本社であるテキサスオフィスと同じような文化が浸透しています。
Indeed Japanではエンジニアと営業でオフィスが完全に別れているため、それぞれ社風が違うことを覚えておきましょう。

Indeed Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30(条件により出退社時間変更可能)
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇
平均残業時間 26時間
フレックス制度 条件により可能
リモートワーク 条件により可能
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

Indeed Japanの代表

高橋信太郎

1965年生まれ。関西大学時代、学生ベンチャー企業リョーマにて活動。1989年にリクルート入社後、社内で数々の賞を受賞。2001年の退社後はまぐクリック(現GMOアドパートナーズ)、GMOインターネットなどを経て、2016年4月よりIndeed Japan 代表取締役兼営業本部長に就任。現在は代表取締役ゼネラルマネジャー兼営業本部長として活躍。

Indeed Japanの現職、OB/OGの有名人

北村吉弘

Indeed Japanの親会社であるリクルートホールディングスの代表取締役社長。1997年にリクルートに入社。その後38歳でグループ子会社の社長に就任したことが話題を集める。そして2018年、43歳という若さでリクルートの代表取締役社長に就任した。

Indeedの転職に関わるQ&A


Indeed Japanには麻布十番のビジネスオフィスの他に、技術職用の目黒・恵比寿・田町にオフィス。さらに大阪の営業オフィスがあります。
麻布十番のオフィスはワンフロアでコミュニケーションが取りやすい環境になっています。社長室もなく、社員とすぐに連絡を取り合えることを重視しています。中央にはフリースペースが配置されており、作業や打ち合わせ、休憩など、自由に利用することが可能です。


営業職のやりがいは、実績に対して充分な報酬が与えられることです。インセンティブ率が高く、多く受注すればするほど評価されるため、仕事に意欲的な社員が多い印象です。
また、会社の成長を実感しつつ、自分も成長できるということを、やりがいにする社員も多くいます。
エンジニア職の場合、世界で最も利用される求人サービスのシステムに携われるため、大きなやりがいを感じることでしょう。世界中の優秀なエンジニアと連携するため、自身のスキルアップも望めます。

Indeedへ転職する方法

方法①|Indeed Japanの採用ページから申し込む

Indeed Japanの求人情報はIndeedに掲載されています。Indeed Japanの公式サイトからIndeedの求人ページに移動できます。
営業職の場合は日本語での求人情報が記載されていますが、エンジニア職の場合は求人情報が英語で記載されているため、注意が必要です。
Indeedの応募ページでは基本情報を登録していれば入力の手間が省けるため、転職活動を進めるのであれば事前に登録しておくことをおすすめします。

方法②|転職エージェントを通して申し込む

Indeed Japanの面接では「いかに社内で活躍できるか」が見られるため、自己分析が欠かせません。Indeedから申し込む場合、3回行われる面接の対策を1人で行うため転職難易度はかなり高まるでしょう。
転職エージェントではおすすめの求人情報を提供してくれるだけでなく、過去の傾向から見た面接対策や、転職活動のスケジュール管理などのサポートも全て無料で受けられます。
エージェントを選ぶポイントは自分に合ったコンサルタントを見つけることです。相談も無料でできるため、複数のエージェントに登録し、それぞれ比べることをおすすめします。

関連記事

ユーザベースへ転職したい方必見。転職難易度や福利厚生についてご紹介

ユーザベースは、情報の発信・取得ができるプラットフォーム「SPEEDA」「NewsPics」を提供する企業です。 本社を東京都港区六本木に構え、従業員数は567名(2019年3月月時点)です。 近年、ユーザベースはマーケティ...

アマゾンジャパンへの転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパンは2000年7月に設立した会社です。 2憶種を超える書籍、生活用品、コスメ、時計、食品&飲料などの商品を取り扱う総合オンラインストア。 本社は東京都目黒区にあります。2018年10月時点では、営業からマーケテ...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてなはインターネットサービスを展開しており、「はてなブログ」や「はてなブックマーク」といった主要サービスを筆頭にさまざまなサービスを提供している会社です。個人や法人を問わず利用できるところに魅力があり、ユーザー数も年々拡大していま...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、2012年に株式会社リクルートの分社化により設立された企業です。 東京都品川区上大崎に本社があり、東京だと上野や銀座、ほか札幌、仙台、梅田、名古屋、福岡にも支社があります。資本金...

ベクトルへ転職。激務って本当?

ベクトルは、PR事業を手掛けている会社であり、顧客の商品やサービスのプロモーションを行っている会社です。創業は1993年とPR事業の中でも老舗で、PR事業のリーディングカンパニーとして成長してきました。 現在は、WEBPR...

JapanTaxiの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

JapanTaxi株式会社は、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 本社は日本交通と併設されており、東京都千代田区紀尾井町の紀尾井町ビルにあります。従業員は123名で、資本金...

エス・エム・エスへの転職は難しい?難易度や年収などを調査

エス・エム・エスは介護事業者及び、介護・医療業界で働く人向けに、情報サービスを提供しています。 本社は東京都港区に構え、従業員数は615名(2019年3月31日)です。 医療分野に携わる人の多くがエス・エム・エスのサービスを活用...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

クックパッドの転職について。年収や働き方などを解説します。

クックパッドは月間約5,500万人が利用する料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」を運営しています。 1997年に創業し、現在は東京都渋谷区恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスタワーに本社を構えています。資本金は5,286百...

ウェザーニューズへは転職するべき?評判や年収について調査

ウェザーニューズは気象情報サービスを運営する会社です。気象・海象予測を行い、船や飛行機の安全運行をサポートします。本社は千葉県千葉市美浜区に構え、従業員数は1000名ほどです。多くの人が知っている有名企業です。 今後ウェザーニ...

TOP