WEB・アプリサービス

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

 
▼下記は、Sansanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからSansanに転職してくるのか
・転職先:Sansanからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

Sansanの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高卒・短大・専門は多数、大学卒まで幅広い大学の出身者が在籍しています。

職歴

Sansan在籍者の主な職歴は、管理部門はコンサル金融機関などの出身者が多く、営業部門は国内事業会社、IT系ベンダーなどの出身者が挙げられます。

退職後の主な転職先

Sansanからの主な転職先は、アマゾンセールスフォースなどのクラウド系事業会社のほか、幅広い国内事業会社へ転職しています。

Sansanは、「Sansan」や「Eight」などの名刺管理サービスを開発・販売している会社です。名刺を簡単に管理できるアプリを通して、働き方を変えていくというビジョンを描いています。

創業が2007年のいわゆるベンチャーですが、福利厚生が充実していてワークライフバランスに優れ、育児休暇やその他有給休暇を取得しやすい企業といえます。また、社員が自主的に部活動を企画できる制度があるなど、非常に社内コミュニケーションが活発です。

本社は東京都渋谷区にあり、従業員は549名で資本金は62億3400万円(2019年7月17日時点)。2019年6月19日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しています。今後も売り上げを伸ばし続けることが予想される企業です。

Sansanへの転職を目指すならまず「ビズリーチ」をチェック!

Sansanの口コミよりも、どんな求人がでているのか知りたい!という人は、まずは転職サイトで掲載中の求人をチェックしてみましょう。
Sansanでは、現在ビズリーチでエンジニアや法人営業のスタッフを募集しています。

ビズリーチは非公開求人も多いので、登録する手間がありますが、多くの案件をいつでも見ることができるので、気軽に転職活動を始めることができます。

とりあえず情報収集、という場合でも登録しておくことをおすすめします。

この記事でわかること

  • Sansanの企業概要
  • Sansanの転職ポイント
  • Sansanの社風や企業文化

Sansan転職するポイント

Sansanの特徴

POINT

・部活動や、他部署とのランチ補助制度などがあり社内交流が盛ん
・産休・育休・保育園全額補助など子育て支援あり
・営業のほか、エンジニアやデザイナーなど専門職等、幅広いポジションで募集

Sansanへ転職するポイント

POINT

・2020年現在、事業拡大に伴う増員中で中途採用を積極的に行っている
・エンジニアの場合、特定の分野ではなく幅広い業務を行う
・面接では「何をしたいか」「何ができるか」を深堀される

Sansanの企業概要

会社名 Sansan株式会社
本社所在地 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
社長 寺田 親弘
設立 2007年6月11日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 寺田親弘(35.90%)
DCM Ventures China Fund(DCM VII)(6.67%)
INCJ(5.72%)
SMBC信託銀行(5.62%)

Sansanの売上

Sansanの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 4,839百万円 7,324百万円 10,206百万円
経常利益 -780百万円 -3,077百万円 -892百万円
POINT

Sansanは「それ、早く言ってよ~ 」のCMでお馴染みの企業ですが、広告宣伝費がかさみ赤字が続いていました。
しかし、現在Sansanは導入企業5700社以上、市場シェア率80%に達するサービスとなり、代表の寺田 親弘氏は「我々は既に赤字を拡大しながら売り上げを伸ばしていくフェーズではない」と明言しています。

その言葉通り、2019年度6月1日から〜11月30日までの第二四半期では黒字転換を果たしており、今後はさらなる事業の展開とあわせて会社としての信用度も高まっていくことが予想されています。

Sansanの最新ニュース

Sansanの事業内容

sansan

名刺を管理するためのサービスで、社内にある名刺をクラウド上で管理し、ビジネスプラットフォームとして活用することができます。Sansanを使うことで、工数をかけずに情報の集約・整理が可能です。

かつては名刺を管理する際、Excelなどに手入力でまとめていく必要がありました。Sansanがあればスキャニングしたデータを元に、AIが会社・人物単位で自動的に情報を集められます。

また、Sansanにはマーケティング機能も搭載されており、例えば、名刺の情報からメールアドレスを抽出して、イベント時などにメールを一斉送信することも可能です。
Sansanの導入企業は2018年11月時点で7,000社を突破しており、今後さらなる展開が見込まれます。今後も機能追加やパフォーマンスなどシステム面のアップデートを重ね、事業拡大を目指しているため、より多くのクリエティブな人材を求めています。

Eight

Eightは、取り込んだ名刺を活用するための、無料から利用できる個人向け名刺管理アプリです。高精度の文字認識技術を搭載しているうえた上、オペレーターによる手入力も行われるため、正確に名刺をデータ化できることが特徴で、2020年現在、ユーザー数は230万を突破しています。

パソコンでもスマホでも利用できるため、状況を選ばず名刺情報へすぐにアクセス可能です。相手がEight上で名刺情報を変更したときにも通知が届くため、常に最新の情報を得られることも魅力です。

Eightは5年連続の赤字となっていましたが、2019年時点から黒字に転換させる方針で事業が進められています。

Sansanの転職の募集要項

サービス開発エンジニア

Sansanのアプリケーションエンジニアとして、新規機能追加の要件定義から、リリース、改善まで担当します。
国内シェア率No.1プロダクトの開発から配信まで、全過程に携わるため、高いスキルが求められますがその分スキルアップも見込める業種です。
新機能追加の他にUI/UXの改善やパフォーマンス向上、技術刷新などのプロジェクトにも携わります。

必須な経験・スキル

・Webアプリケーション開発経験(C#、Java、Python、Go、Node.js、Scala、Visual Basic .NETなど)
・PostgreSQL、SQL Server、Oracleなどのリレーショナルデータベースを用いた開発経験

Webアプリケーションエンジニア

Sansanのアプリケーションエンジニアを募集しています。プロダクトの価値を素早く、そして質の高い状態で世に届けるためのプロセスに携わることになります。sansanへ新機能を追加したり、パフォーマンスを向上させたり、UIやUXの改善にも関わることが可能です。

必須な経験・スキル

・Webアプリケーション開発経験(C#、Java、Python、Go、Node.js、Scala、Visual Basic .NETなど)
・PostgreSQL、SQL Server、Oracleなどのリレーショナルデータベースを用いた開発経験など

iOSアプリエンジニア

Swiftを使った、ネイティブアプリケーションの開発が主な業務です。最新技術やライブラリーを用いた開発が可能です。

必須な経験・スキル

・Swift を利用した iOS 向けネイティブアプリケーションの開発経験
・UIKit などの iOS 標準ライブラリ・フレームワークについての知識

ブランドエディター

Sansanの企業ブランドを向上させることを目的として、コンテンツの企画から編集・制作をする業務です。長期継続でのキャリア形成を見込んでいるため、30代までの募集となっています。

記事コンテンツから画静止画、動画、ノベルティーグッズ、イベントなどのディレクションを担当するため、高いクリエイティビティとコミュニケーション能力が要求される職種です。

必須な経験・スキル

・3年以上の編集・ディレクション経験
・紙媒体とWeb媒体の制作経験
・記事や原稿、コピーなどのライティング経験
・原稿やデザイン、レイアウトのチェック・修正業務の経験

Sansanの転職難易度

Sansanの転職難易度は比較的高めではありますが、現在事業拡大に伴い中途採用に力を入れているため間口は広くなっています。内定を勝ち取るためには、高い論理的思考力や説明能力だけでなく、志と行動の一貫性も求められます。総じて、その人の生き方と仕事観で判断する傾向があると言えるでしょう。

Sansanが転職者に求める人物像

Sansanでは、なにより転職者に「自走する力」を求めています。ベンチャー気質も強く、入社してからは、「アプリをどう改善するか」「どうしたらサービスを多くの人に届けられるか」など、自ら考え行動する機会が多くなります。

エンジニアでも開発段階から打ち合わせに呼ばれ、意見を聞かれることも多いため、きちんと自分の考えを持ち、それを論理的かつ積極的に発言できる必要があります。

採用においては、スキル以上もそうですが、ポテンシャルを重視する傾向があり、経験が浅くても技術者としてのセンスを買われて採用されることがあります。

Sansanの転職までの流れ

Sansanの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次面接

想定選考官:人事・現場メンバー
履歴書に書かれた内容を元に、主にスキルセットの確認を目的とした質問をされます。あまり変わった質問はなく、一定のスキルを持つことをロジカルに伝えることができれば問題ないでしょう。

2次面接

想定選考官:配属部署の部長
より具体的なスキルについての質問と、人間性を含めたSansanとのマッチ度の確認が行われます。Sansanの企業理念である「Sansanのカタチ」と自分の意思にズレがないか、事前に確認しておくことが重要です。

最終選考

想定選考官:役員
選考の観点は2次面接とほぼ同じですが、逆質問にかける時間が長い傾向があります。
自立した思考や論理的な説明力を見られるため、自分の仕事に対する考え方や入社したあとの目的をしっかりと言語化できるようにしておきましょう。

Sansanの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。面接回数は2~3回程度で、1回につき30分程度が目安です。

Sansanの面接内容

面接では、提出したレジュメがとにかく読み込まれます。事前準備でどれだけ熱意があるかも見られるため、エントリーシートや履歴書にも力を入れる必要があります。
Sansanは人材評価において「プラス要件」「コア要件」「注意要件」と、具体的な項目を用意しているため、なんとなく悪い、なんとなく良いで判断されることは基本的にありません。

また、これまでの傾向では変わった質問をされることは少なく、志望動機や前職での経験など、一般的な質問が多くなります。
ただし、「その回答をした理由」を聞かれるケースも多いため、事前に質問・回答の意図を深く考えておくことをおすすめします。

Sansanで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5〜10年、女性
その人のポジションや職務内容にもよるので一概には言えませんが、少なくとも私は働きやすいです。男性の方でも育児休暇をとっていく方が多いです。また家族の看病で休むという連絡も良く聞くため、急な呼び出しなどでも休みにくいということはなさそうです。

また、会社で社員の子供向けのイベントが開催されたり、エンジニアが子供向けのプログラミング講座を実施したり、育児中に社員が集まるコミュニティすらあります。とにかく子供を大切にする風土が出来上がっており、お子さんがいる方にはかなりおすすめしたい会社だと思います。

営業、在籍3~5年、男性
クラウドビジネスの最先端を見ることができるのが大きな働きがいだ。Sansanの営業やマーケティング部門は業界内でもかなり先端を走っていると実感する。業務として直接関わることがなくてもかなり勉強になる。クラウドビジネスについて知りたい方にはおすすめの会社だ。ただ、スキルがないと昇給がしにくいという側面はあるかもしれない。若手で上に行っても降格や減給は普通にあり、そこらへんはシビアである。
エンジニア、在籍3~5年、男性
残業は少なめなのでワークライフバランスは取りやすい。プライベートで勉強することもできる。ベンチャー企業で残業が少なめなのは凄いと思う。他部署間の飲み会に補助金が出たり、部活動のようなものもあるので、社員同士がとても仲が良い。入社水準は高く、優秀な人材が集まっているため、一緒に働いていて大変刺激になる。また、社内恋愛も割と活発で出会いの場も多く結婚する人もいる。
口コミの要約

Sansanの口コミを見る限り、ワークライフバランスは取りやすいようです。残業時間も少なく、急な休みも取りやすいとのことでした。また育児休暇を取る人も多く、家族を大事にしている社員が多いです。子供向けのプログラミング講座まで開いてくれるのはすごいですね。

優秀な社員も多く、クラウドビジネスの最先端を見ることができるのもメリットです。ベンチャー企業らしくスキルアップが図れる上に、プライベートも充実できるのは素晴らしいでしょう。

Sansanの年収・給与

年収 315万円~827万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 表参道駅・渋谷駅から2駅以内に住んでいる社員に対し住宅費用を会社が補助
福利厚生 Geek Seek社外勉強会、チャージ休暇、
在宅勤務制度など

Sansanでの転職者の出世難易度

Sansanは部活動など社内交流も盛んで、比較的フラットな社風です。そのため、プロパーに比べて転職者が出世しにくいということはありません。評価制度は公平だという社員の声も多いため、成果を出せれば問題なくキャリアアップしていけるでしょう。
Sansanでは、短期的なKPIが頻繁に変わる傾向もあるため、目先の目標ではなく、企業の進むべき方向を見据えて行動し続けることがポイントです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 1,000万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,000万円

Sansanはどんな人が働いている?

Sansanの従業員数

549名(2019/05時点)

Sansanの平均年齢

32.2歳

Sansanの平均勤続年数

2.5年

Sansanの社風

コミュニケーションがとても盛んで、基本的に和気藹々とした雰囲気で業務が進みます。残業を強要されることも少なく、プライベートも充実させやすいでしょう。
表参道駅・渋谷駅から2駅以内に住んでいる場合に住宅手当が出る「M20制度」があるため、仕事以外でも近くに住む社員とのコミュニケーションが取りやすくなっています。

慣れ合うだけでなく、自分の意見をはっきりと発言する人材が多いため、互いが良い刺激となり、業務面での成長も見込めます。

Sansanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇
平均残業時間 36.8時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

全体の残業時間も少なくワークバランスは取りやすいと言えます。1日単位で自宅勤務ができる「イエーイ」や平日と休日を入れ替えらえる「どにーちょ」などの社内制度があるため、働き方は柔軟に調整できます。有給もよほど重要なことがない限り自由に取得できるようです。

Sansanの社長

寺田 親弘

三井物産株式会社に入社し、情報産業部門に配属されて経験を積む。その後シリコンバレーで日本向けベンチャー企業のビジネス展開支援に従事。2007年にSansan株式会社を創業。コンセプトを進化させていくことが必要だと考えを持ち東証マザーズ上場までを成し遂げる。

Sansan現職、OB/OGの有名人

富岡 圭

Sansan株式会社の取締役と事業部長を兼任。日本オラクル株式会社に入社後、上海やバンコクを拠点にアジアを中心としたマーケット開拓を担当。2007年よりSansanの事業部長に就任。

Sansanの転職に関わるQ&A


Sansanにはユニークな福利厚生が数多く存在します。より良いコミュニティーを作るために社員が自主的に部活動を企画する「よいこ」をはじめ、エンジニアやデザイナーの技術書購入の費用を会社で負担してくれる「Geek Seek」や、保育園料の全額補助や産休からの職場復帰をサポートを受けらえる「MOM」、ベビーシッターや家事代行サービスの費用補助をしてくれる「KISS」などがあります。


Sansanの企業理念には「仕事に向き合い、仕事を楽しむ」というものがあります。楽しむとは楽をすることではなく、小さな努力を積み重ねていき、本気で仕事に向き合うことを指しています。他にも「強みを活かし、成果を出す」というものがあり、自分の得意領域を活かして、いかにサービスの質を向上できるかを社員に求めています。
ビジネスにおいて出会いは名刺交換から始まります。名刺交換の形を変えることで、出会いそのものの考え方を変え、イノベーションを起こすことがSansanの目的です。
Sansanは一見地味なサービスですが、日常的な作業を効率化し、人々の働き方を大きく変える可能性を秘めたビジネスと言えるでしょう。

Sansanへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Sansan採用ページから応募が可能です。
公式サイトにはSansanの募集職種が一覧で見ることができます。総合職、エンジニア・研究開発職、クリエイティブ職の3つの大枠の中から条件で絞り込むことも可能です。会社概要やどんなサービスを行っているかを確認することもできますので、面接や書類作成にも役立ちますので、一度は見ておいたほうがよいでしょう。

また、現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、詳しい給与などは「経験・能力等に応じて個別に決定します」となっているため、自分がどのくらいの給与をもらえるかどうか確認したい場合には、転職エージェントを利用するといいでしょう。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

Sansanへの転職活動の際に、転職サイトを利用するという方におすすめなのが、掲載企業数がトップクラスで、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」です。
ビズリーチのメリットとして、自分の市場価値を把握することが可能で、希望のポジションや職種に転職がしやすくなることが挙げられます。
転職サイトを活用するメリットして大きく3つ挙げられます。

・求人募集が多数掲載されている
・自分のペースで転職活動が可能
・ネットで応募するだけなのでスピード感がある

自分の希望するポジションを探している方や、自分のペースで転職活動したいという方にはおすすめです。
また、転職エージェントを利用した転職活動を予定しているという方にも転職サイトがおすすめで、事前にSansanへの募集内容や求められるスキルなどをチェック可能です。

ビズリーチはリクルートグループのハイクラス案件が多数掲載

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、営業の求人とエンジニアの求人が多く掲載されています。

※画像はイメージです。
ビズリーチは、ハイキャリアな層をターゲットにしているため、年収も比較的高く、800万円~が平均となっています。
また、非公開求人も多いため、アドバイザーに相談することで公開されている求人以外の職種も紹介してもらえる可能性もあります。
ただ、転職サイトから応募した場合には、企業が求めているスキルなどが具体的にわかりづらく、自分のスキルは使えるのか不安に思ったり、なかなか書類選考が通らなかったりする可能性も高くなります。
より確実にSansanに転職をしたい場合には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

Sansanへの転職を考えている方におおすすめなのが転職エージェントです。
転職エージェントを利用するメリットとしては
・転職活動においてさまざまな面でのサポートが可能
・転職サイトに比べて企業とのマッチング率が高い
・非公開求人数を多数保有している
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで行ってくれます。
また、あらかじめSansanへの転職実績があれば、転職先の現場社員や人事との人脈があるため、普通は知ることの難しい現場の情報を事前に聞くことが可能です。
初めて転職活動をする方や少しでも転職活動に不安がある方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

両面できっちりサポートしてもらいたいなら「JACリクルートメント」

Sansanへの転職に転職エージェントを活用するなら「JACリクルートメント」がおすすめです。

※画像はイメージです。

転職エージェントには大きく分けて、片面・両面の2種類に分類されます。
片面エージェントとは、転職者や企業への対応を分業で行う転職エージェントであり、分業制には案件数が多いというメリットがあります。
一方、両面エージェントとは、転職者や企業への対応を1人で行うエージェントです。
企業と直接繋がっているキャリアアドバイザーに相談できるため、専門性が非常に高いというメリットがあります。
勢いのあるベンチャー企業への転職ならば、専門性の高い両面エージェントがベスト。
採用傾向や社内時事情など、ネットでは知り得ない情報も紹介してもらえるため、転職活動を進めるうえでお大きなアドバンテージとなるでしょう。
JACリクルートメントは非公開求人が中心ではありますが、両面型エージェントなので専門性が非常に高く、企業からの信頼は厚いため、非公開求人の件数が非常に多いのが最大の特徴です。

JACリルートメントはミドル・ハイクラス層のキャリアアップを目指す転職希望者向けのエージェントとなっているため、年収500万円〜3,000万円と、比較的高めに設定されていることも特徴的です。
自身の経験などの情報を登録することで、業界に精通したキャリアアドバイザーから希望に合わせた最適な案件を紹介してもらえるでしょう。

クリエイティブ系の職種に強いエージェントなら「マイナビクリエイター」

エンジニアなどのクリエイティブ系の職種なら、マイナビクリエイターがおすすめです。

業界トップクラスの案件数を誇り、在籍エージェントもクリエイティブ業に強いので自分のスキルについてや今後のビジョンについて話やすいです。
似たようなスキルや年齢の人がどのように転職してキャリアアップをしていったかなども聞くことができるので、登録しておいて損はないでしょう。


※画像はイメージです。

web関連職などの求人情報が多く、クリエイティブ職で活躍していきたいという方は、おすすめの転職エージェントです。

あなたがSansanに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

トランスコスモスに転職するなら?面接内容や評判を解説

▼下記は、トランスコスモスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトランスコスモスに転職してくるのか ・転職先:トランスコスモスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

  ▼下記は、ネットフリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットフリックスに転職してくるのか ・転職先:ネットフリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

  ▼下記は、クックパッドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクックパッドに転職してくるのか ・転職先:クックパッドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

▼下記は、リクルートマーケティングパートナーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートマーケティングパートナーズに転職してくるのか ・転職先:リクルートマーケティングパートナーズからどこへ転職...

ソネット・メディア・ネットワークスの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、ソネット・メディア・ネットワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソネット・メディア・ネットワークスに転職してくるのか ・転職先:ソネット・メディア・ネットワークスから...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

  ▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

▼下記は、グリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグリーに転職してくるのか ・転職先:グリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ベースの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

▼下記は、ベース株式会社に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベース株式会社に転職してくるのか ・転職先:ベース株式会社からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ダークトレースに転職するには?難易度やポイントをご紹介

  ▼下記は、ダークトレースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからダークトレースに転職してくるのか ・転職先:ダークトレースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

TOP