WEB・アプリサービス

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

 
▼下記は、エムスリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからエムスリーに転職してくるのか
・転職先:エムスリーからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

エムスリーの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒がほとんどで、幅広い大学の出身者が在籍しています。難関大出身が比較的多いものの、学歴によって出世コースが決まることはありません。

職歴

エムスリーへ入社する前にアクセンチュアなどのIT系コンサル楽天ヤフーなどのWEB系事業会社、IBMなどのSIer、製薬会社などで実績を残した人材が多く在籍しています。

退職後の主な転職先

エムスリーを退社したのち、外資系の製薬会社のほか、国内の医療系のITベンチャーやリクルートグループなどへ転職する人材が比較的多い傾向があります。

エムスリーは医療従事者に向けた情報メディアを運営する企業です。医療に関する最新ニュースや、医師向けの転職求人、さらにはアメリカ・韓国にも事業を広げており、日本を含む世界中の医療関係者から支持を集めています。
エムスリーは東京都港区に本社を構え、従業員数は421名です。
2000年に設立され、医療×ITというこれまでなかったジャンルを開拓してきました。現在、新規事業にも積極的で、業容拡大に伴い、即戦力となる人材を募集しています。

初めての転職でエムスリーを目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

エムスリーの転職難易度や社員の口コミ評判よりも、まずは求人募集を一覧で確認したい!そんな方はビズリーチをチェック。
ビズリーチはハイクラス専門の転職サイトです。年収800万円以上の管理職・リーダーポジションの案件が多数掲載されています。
今なら非公開求人の社名を確認可能なプレミアムパスが30日間無料。ぜひこの機会に求人案件をチェックしましょう。

この記事でわかること

  • エムスリーの企業概要
  • エムスリーの転職ポイント
  • エムスリーの社風や企業文化

エムスリーに転職するポイント

エムスリーの特徴

POINT

・医療関連の情報サイトなどを運営
・経歴・年齢・性別・国籍を問わず評価される社風
・会社設立の2000年から20年間で急激な成長を果たしている

エムスリーへ転職するポイント

POINT

・面接ではフェルミ推定やケースインタビューが中心となる
・面接の前に必ずオンラインのSPIテストの受験がある
・医療業界の経験は原則不問で、人となりを重視した選考が行われる

エムスリーの企業概要

会社名 エムスリー株式会社
本社所在地 東京都港区赤坂1丁目11番44号
赤坂インターシティ10階
社長 谷村 格
設立 2000年9月
株式 上場(東証一部)
株主構成 ソニー(34%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(10.3%)
THEBANKOFNEWYORKMELLON(6.3%)

エムスリーの売上

 

エムスリー 売上推移 表

エムスリーの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 78,143百万円 94,471百万円 113,059百万円
経常利益 24,959百万円 27,472 百万円 30,942百万円

エムスリーの最新ニュース

エムスリーの事業内容

メディカルプラットフォーム事業

医療関係者に向けた情報サイト「m3.com」を中心とするメディカルプラットフォームを運営しています。

今まで、医療業界では、最新の医療用医薬品についての知見を深めるためには、製薬会社の営業であるMRから直接聞く方法をとっていました。しかしMR自身がサイト上から情報を発信する「MR君」の登場により、オンラインでいつでも情報を得ることが可能となりました。
また「m3.com」では医療関係の最新ニュースや海外論文が掲載されているだけでなく、医師同士の意見交換の場があったり、医療に約立つツールやサービスも紹介されています。

また、メディカルプラットフォーム事業はアメリカ向けの「MDLinx」や韓国向けの「MEDI:GATE」など世界10か国に展開しています。

現在、エムスリーのメディカルプラットフォーム事業では、マーケティング支援の分野にも着手しており、今後もさらなる事業拡大を図っています。

エビデンスソリューション事業

臨床試験や治験の協力者を募るプラットフォーム「治験君」を中心とする治験事業です。

かつては、大規模な臨床試験や治験を実施するためには、条件の当てはまる患者を手作業で探すことが一般的でした。
「治験君」を利用すれば、m3.comの会員全員に臨床試験・治験の呼びかけるため、治験・臨床試験をスムーズに実行可能となります。
治験施設支援機関ノイエスを買収した2015年以降、エビデンスソリューション事業の売上は順調で、治験開発の委託率や単価が上昇している傾向をみると、今後も安定して事業を拡大していくことが予想されます。

キャリアソリューション事業

「エムスリーキャリア」を中心とする、医療従事者に向けた人材紹介・求人情報サービス事業です。

キャリアソリューション事業は、未開拓の部分が多い市場でもあるため、今後さらに成長が期待できる事業となっています。
実際に「マイナビDOCTOR」や「リクルートドクターズキャリア」など、大手転職サイトと比べても利用者数は多く、国内市場のシェア率は1/3程度です。
医師の転職ニーズは年々高まっており、今後市場が2倍まで拡大するといわれています。キャリアソリューション事業がこのまま成長していく限り、売上200億円以上も期待できる事業といえるでしょう。

エマージング事業

エムスリーでは新規事業の立ち上げにも積極的に取り組んでいます。
患者向けの情報メディカルサイトや、病院単位で利用できる予約システム。さらにゲノムによる癌診断の支援やAI分野まで、幅広く事業を展開しています。
取締役の横井智氏は「今後も引き続き、医療に関する全てを対象とした事業を生み出していきたい」と公言しており、エムスリーは現在、大きな転換期に入っていると言えるでしょう。
実際に、2017年から2018年にかけての売上成長率は84%と最も勢いがあり、今後もさらに成長が加速していくことが見込まれます。

エムスリーの募集要項

現在エムスリーでは大きく分けて11種の職種で募集を行っています。
エムスリーの中途採用では、経歴を登録すると、合致したポジションを紹介してくれる「キャリア登録」も可能なため、応募する際には積極的に利用しましょう。

メディカルマーケティング支援

エムスリーのメイン事業である、サイト運営に携わる人材を募集しています。
募集している職種は7種類。
・アカウントマネジメント
・事業責任者候補
・マーケティング事業企画・サービス運用
・ソリューションセールス エグゼクティブ
・マーケティングセールス・サービス開発
・コンテンツプロデューサー
・メディカルライター
ほとんどの職種では関連する業種での3年以上の実務経験が求められますが、マーケティングセールス・サービス開発と、メディカルライターに限り、未経験でも応募が可能となっています。

必須な経験・スキル

・Web広告やマーケティング企業での営業経験3年以上
・BtoBサービスを行う企業におけるサービス事業の統括経験・30歳以上など

製薬企業向けデータ・リサーチビジネス

m3.comで培ったデータ活用し、新たなデータビジネスの企画・実行を行います。
募集している職種は5種類。

・データマーケター
・データコンサルタント
・データアナリスト
・海外事業担当
・リサーチ・プロジェクトマネジャー
データマーケターとデータアナリストに関してはコンサルティングファームでの経験や、経営企画などの経験が応募の条件となります。ただし、データアナリストに関しては若手の未経験者を積極採用している傾向があり、20代で医療にまつわるコンサルティングを経験したい方におすすめの職種となっています。
海外事業担当とリサーチ・プロジェクトマネジャーではグローバルに活躍できる人材を求めており、TOEIC800点以上程度の英語スキルが必須となります。

必須な経験・スキル

・新事業や新サービスの企画、立案、提案経験
・TOEIC800点以上
・金融業界やIT業界における法人向けソリューション営業経験など

ゲノム関連ビジネス

エムスリーのゲノムビジネス事業は、現在立ち上げフェーズで、具体的な業務内容は非公開となっています。
現在募集している職種は2種類。
・ビジネスディベロップメント担当
・プロダクトマネージャー
売上10000億円を超えるエムスリーの経済資源を利用しながら、スタートアップ企業のような環境で未開拓の新規事業の立ち上げに携われるため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。
ゲノムに関する知識や業務経験は必須ではないため、医療全体の進歩に未経験から携わりたい方にとって最適な職種となっています。

必須な経験・スキル

・3〜5年以上の社会人経験
・プロジェクトマネジメントの経験
・戦略コンサルティング会社アナリスト3年目レベルのPCスキルなど

医療機関/医療関連企業向けビジネス

新規サービスの開発や、M&A市場開発、開業に伴うコンサルティング、電子書籍事業、クラウド電子カルテ事業、AI×ヘルスケア事業など、募集している職種は15種類と多岐に渡ります。
これらの職種は大きく分けてコンサル系とIT系の二手に分けることができますが、どちらも未開拓な部分が大きく、やりがいを感じることができるでしょう。

また、国内の医療業界はいまだアナログな部分が大きく、改善の余地がまだまだあるのが現状です。
m3.comという大きなビジネスの基盤があるエムスリーでは、膨大な資金を活用し、医療系電子書籍の「M2PLUS」の充実や、クラウド電子カルテの普及を行い、医療業界全体の効率化を図っているのです。

必須な経験・スキル

・KPIを設定して、PDCAを回せる能力
・企画・マーケティング、市場調査に関する一般的な知識
・デジタルマーケティングに関する2年間の実務経験など

一般企業向けビジネス

クライアントの健康経営に関する企画・提案を行うことが主な業務となります。
募集している職種は4種類。

・健康経営 マーケット開発職
・Health and Welfare ストラテジスト職
・エムスリー株式会社(ソニーグループ) 看護師・保健師
・新規サービス開発・企画営業/マーケティングプロデューサー

健康経営 マーケット開発職とHealth and Welfare ストラテジスト職はクライアントや、会員の健康経営を支援することが主な業務となります。どちらも配属される部署はPatient Support事業本部ですが、この事業は社長直下の少数精鋭の新規事業となるため、大きな責任が伴うでしょう。
また看護師・保健師は、エムスリー社内だけでなく、クライアントや会員に医療情報を提供することが主な業務です。看護師資格と臨床経験が3年あれば誰でも応募可能なため、働きやすさを求めて転職する人が多い人気の職種となっています。
新規サービス開発・企画営業/マーケティングプロデューサーはクライアントや会員の商品開発や企画営業の支援を行います。

必須な経験・スキル

  • ・経営者・経営層への営業・コンサルティング経験
  • ・新たなサービスの企画・開発のスキルと経験
  • ・看護師資格など

エムスリーの転職難易度

エムスリーの転職難易度はどの職種も高めです。面接・SPI試験の合格基準が極めて高く、しっかりと対策しなければ通過は厳しいでしょう。
面接では論理性の高さを問われる質問が多く「なぜその質問をされたのか」をよく理解してから回答する必要があります。
また、フェルミ推定等のビジネスフレームワークを使った質問も頻繁にされます。「海にこぼしたコーヒーを回収するには?」など明確な答えのない問題に対して、とっさに論理的な回答ができるよう、対策しておきましょう。
ただし、2020年現在、エムスリーでは事業の拡大に伴い、キャリア採用を積極的に行っているため、転職を考えているのであれば今がチャンスかもしれません。

エムスリーが転職者に求める人物像

論理的思考力に優れ、かつ既存の概念にとらわれない発想を持った人材を求めています。
エムスリーではビジネスの基盤が整っているため、新規事業の立ち上げに対し、積極的に取り組んでいます。
そのため、どの職種でも、新しいことに挑戦でき、成長意欲が高く、医療×ITという分野に高い興味関心があるという3つの要素は必須となっています。
また、営業職やマネジメント職に関しては、コミュニケーション能力が高く、社内外の人間を納得させられるプレゼンテーションスキルが求められます。

エムスリーの転職までの流れ

エムスリーの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次~2次面接

想定選考官:人事
「なぜエムスリーでないといけないのか」という質問をされ、回答の論理性を強く求める傾向があります。

最終選考

想定選考官:人事・役員
1次面接で聞かれたことを更に掘り下げて質問されます。

エムスリーの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は3回程度です。
1回につき30分程度となります。

エムスリーの面接内容

「将来のどのようなキャリアプランを描いているか?」「自分の短所と長所を10こずつ挙げてください」など、自身に関するものが必ず問われます。この時に、もちろん内容も見られますが、回答の速さ・論理性の2点が重視されるため、事前に徹底した自己分析が必須となります。
フェルミ推理に関しても同じ点を重視されるため、心配な方は考え方を復習しておきましょう。
また、必ず事前に頭に入れておきたいものとして、「エムスリーの経営戦略」と「なぜエムスリーなのか」の2点が挙げられます。エムスリーの公式サイトには、毎年会社説明のスライドが掲載されているため、必ずチェックしておきましょう。

エムスリーで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3〜5年、女性
男女関係なく活躍しやすく女性でも出世が望めます。育休も取りやすいし、復帰後にバリバリ活躍する社員も少なくありあません。給与にも働き方にも不満を持っている社員は少ないと思います。
マーケティング、在籍3〜5年、男性
一見事業の幅が狭いようで、営業職は、医薬品・医療機器メーカーや不動産サービス、金融サービス、自動車メーカーといった、幅広い企業に提案を行っていく。エムスリーの特徴は、顧客にとって有益な結果になるのであれば、自由に提案内容を組み立てて提案し直すのが許されることだと思います。他の企業に比べて営業職は、自由に仕事ができる点が面白いです。
エンジニア、在籍3〜5年、男性
様々な業界から転職してきた人が集まっている。全体的な優秀な人が多く、先輩の働き方は参考になる部分が多い。個人に仕事内容を委ねるため、成長できる機会は多い。顧客提案、プレゼン資料作成など、ビジネスパーソンとして今後も必要となる様々なスキルを身につけられる。

口コミの概要

エムスリーは男女関係なく活躍しやすい職場です。人事評価にも不満を抱いている口コミはなく、公平性のある会社であることが分かります。どの職種でも、「自由にやらせてくれることが多い」「成長につながりやすい」という口コミが多く、キャリアアップを目指す方にも、おすすめな企業となっています。

エムスリーの年収・給与

年収 791万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)完備など

エムスリーでの転職者の出世難易度

エムスリーの出世難易度は高めではあるものの、自由にやらせてくれる社風であるため、成果をアピールしやすいでしょう。目に見える成果を出すことができれば出世は可能です。
経歴や性別、国籍で差別されることはなく、その人の成果のみで評価が決められます。
また、エムスリーは頻繁に新規事業を立ち上げる企業なので、新規事業の管理職に抜擢される可能性は充分あるでしょう

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,000万円

エムスリーはどんな人が働いている?

エムスリーの従業員数

421名(2019年3月末現在)
6,024名(2019年3月末現在)

エムスリーの平均年齢

35.9歳

エムスリーの平均勤続年数

3.9年

エムスリーの社風

エムスリーは、非常に人間関係がフラットな社風で、上下関係にはあまり厳しくありません。
会議の場などでも、年齢や役職に関係なく発言・提案がしやすいため、社歴が浅くても活躍のチャンスがあるでしょう。
新規事業の立ち上げにも注力している企業のため、プロジェクトの中核として動ける可能性があるのも魅力です。

エムスリーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00-17:45
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 祝日、年末年始休暇、
有給休暇、その他特別休暇制度
平均残業時間 25時間
フレックス制度 無し
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

エムスリーの社長

谷村 格

国際基督教大学を卒業後、1987年にマッキンゼー・アンド・カンパニーへ入社。コンサルタントとしての経験を積んだ後、2000年にエムスリー株式会社の代表取締役社長に就任。インターネットを使った医療環境の改善に日々取り組んでいる。

エムスリーの転職に関わるQ&A


「より大きな仕事にチャレンジする人」が向いています。エムスリーは年齢や経歴に関係なく、実績を出していけば、チャレンジングな仕事が待っている環境です。主体性をもって働きたい人にとっては、居心地のよい会社です。


エムスリーは特別な福利厚生を用意している企業ではありません。しかし、平均して年収が高いことや、健康に関する保険が充実していること、健康保険組合で利用できる施設が充実しているなど、充分にカバーできるといえるでしょう。実際に福利厚生の薄さを原因とする退職の事例はほとんどなく、社員全体も満足していることが伺えます。

エムスリーへ転職する方法

まずは公式採用ページで募集の概要をチェック

エムスりーの公式サイトでは、全ての職種の募集要項にアクセス可能です。
サイト内で職務系履歴を登録すると、50種類以上の職種から自動で自分にあった職種を当ててくれるため、まずはどのポジションが自分に適しているのか試しておくことをおすすめします。
ただし、サイト内の募集要項には詳細な情報は記載されていないため、書類選考の段階で不採用とされてしまう可能性が非常に高いです。
エムスリーへより確実に転職するのであれば、転職サイトやエージェントサービスを利用することをおすすめします。

似たような求人も同時に探すなら「ビズリーチ」

ビズリーチはハイクラス専門の転職サイトです。他の転職サイトとの違いは、ヘッドハンティング案件が中心となっていることです。
ビズリーチの審査をクリアした3500人以上のヘッドハンターや人事担当者がビズリーチに案件を掲載しているため、案件の質は転職サイトの中でもトップクラスです。
また、自身の経歴や登録しておくことで、スさカウトを受けつけることも可能です。当たり前と思っていたスキルや経験を魅力的に感じる企業は少なくないため、転職の視野を広げたい方はぜひ、登録しておくことをおすすめします。

ビズリーチには新領域案件が豊富

ビズリーチに掲載されているエムスリーの案件を見てみると、新規領域におけるプロデューサー・コンサルタント案件が中心となっていることがわかります。


※画像はイメージです。

ビズリーチに掲載されている募集要項は全てビズリーチの審査を通過したヘッドハンターと人事担当によって記入されているため、業務内容、募集条件、歓迎要綱など詳細な内容が記載されています。
公式サイトの募集要項よりもさらに深堀した内容を確認したい場合は、まずはビズリーチを確認しましょう。

勢いのあるベンチャーに強い転職エージェントなら「JACリクルートメント」

エムスリーへの転職に、おすすめなエージェントの1つがJACリクルートメントです。
JACリクルートメントはミドル〜ハイクラスの転職に強い転職エージェント。年収500万円以上へのキャリアアップを希望する方には最適なエージェントといえるでしょう。
また、35歳以上の転職は難しいといわれている中、JACリクルートメントの利用者の平均は30~40代となっており、管理職経験者などのキャリアアップ支援の実績が非常に高いです。
JACの管理部門・管理職の約7割は非公開求人となっているため、新規事業や競合他社に知られたくない大型プロジェクトの案件を紹介させる可能性も高いといえるでしょう。

JACリクルートメントは基本非公開求人

JACリクルートメントでは、企業名は掲載されていないものの、医療xIT分野におけるハイクラス求人募集が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

エムスリーでは医療機関/医療関連企業向けビジネスにおけるコンサルティング関連の中途採用に力を入れています。サイト内に企業名は掲載されていないものの、転職コンサルタントに、自身の持つスキル・経験と、エムスリーへの転職を希望する旨を伝えることで、最適なポジションでの募集要項を紹介してもらえるでしょう。
エムスりーは時価総額3兆円を突破したいまだ成長中の企業です。勢いのあるベンチャーに強いJACリクルートメントであれば、採用の傾向や、企業の内部事情など、細かい情報を引き出すことができるでしょう。

クリエイティブ系のポジションを希望するなら「マイナビクリエイター」

m3.com関連の業務や、その他エンジニアリング、デザイナーポジションを希望する場合におすすめなエージェントがマイナビクリエイターです。
マイナビクリエイターはWeb・IT関連職種、ゲーム業界への転職に特化したマイナビのエージェントサービス。JACリクルートメントが管理職の非公開求人が多いのに対してこちらは、エンジニアリング職の非公開求人を多数保有してるエージェントとなっています。
また、マイナビクリエイターは非公開求人の豊富さだけでなく、面接対策や書類添削などのサポートの厚さに関する評判が非常に高いサービスです。
キャリアアップのための転職にはスキルは絶対条件として必要です。スキルに加えて、企業に生じるメリットを書類や面接でアピールすることが転職を成功させる最大のポイントといえるでしょう。
自己アピールがうまくできるか心配。どの実績をアピールするべきかわからない。そういった不安のある方には、マイナビクリエイターは特におすすめのエージェントです。

マイナビクリエイターはデジマ領域の案件も豊富

マイナビクリエイターに掲載されている募集要項を確認すると、電子カルテにおけるエンジニア案件が中心となっています。

※画像はイメージです。

また、その他の案件としてはデジタルマーケティング領域における募集要項も多数掲載されており、コンサルタントやデータサイエンティスト案件も豊富に取り扱っていることがわかります。
エムスリーへの転職は、案件が豊富なJACリクルートメントとマイナビクリエイターを併せて活用することで、よりスムーズに進めることができるでしょう。

あなたがエムスリーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

  ▼下記は、リクルート住まいカンパニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルート住まいカンパニーに転職してくるのか ・転職先:リクルート住まいカンパニーからどこへ転職するのか ...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

イトクロへの転職はおすすめ?転職難易度や年収などをご紹介

  ▼下記は、イトクロに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからイトクロに転職してくるのか ・転職先:イトクロからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

  ▼下記は、エイチームに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエイチームに転職してくるのか ・転職先:エイチームからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

アイフリークモバイルの転職難易度は?面接内容や評判などを解説

▼下記は、アイフリークモバイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイフリークモバイルに転職してくるのか ・転職先:アイフリークモバイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

▼下記は、リクルートマーケティングパートナーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートマーケティングパートナーズに転職してくるのか ・転職先:リクルートマーケティングパートナーズからどこへ転職...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

TOP