WEB・アプリサービス

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

 
▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか
・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

リンクトインの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学~大学院卒まで幅広い大学出身者が在籍しており、海外大学出身の社員も多く在籍しています。

職歴

リンクトイン在籍者の職歴として、転職エージェントや各社人事系ポジションなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

リンクトインからの転職先として、転職エージェントや各社人事系ポジションなどへ転職しています。

リンクトインは、現在世界各国で利用されるビジネス特化型SNS「Linkedin」を運営するリンクトインの日本オフィスです。
オフィスは東京都千代田区丸の内の丸の内ビルディングに構えています。

2016年にマイクロソフトに買収されて以降も、売り上げを順調に上げており、2019年度は売上が28%上がっています。
リンクトインは世界中から集まる優秀な人材と共に、世界最大規模のSNSの運営に携わることができる企業です。

初めての転職でリンクトインを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

リンクトインの評判や年収も大切だけど、それよりも先にどんな求人が出てるのか早く知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • リンクトインの企業概要
  • リンクトインの転職ポイント
  • リンクトインの社風や企業文化

リンクトインに転職するポイント

リンクトインの特徴

POINT

  • ・世界最大のビジネス特化型SNSを運営
  • ・世界中のオフィスから様々なバックグランドを持ったスタッフが訪れる
  • ・年齢層が高く、家族持ちの社員が多いため、残業や土日出勤はほとんどない

リンクトインへ転職するポイント

POINT

  • ・転職者に求めるスキルが高く、転職難易度が非常に高い
  • ・ほとんどの職種でネイティブレベルの英語力が求められる
  • ・職種によっては海外への出張を行う場合がある

リンクトインの企業概要

会社名 リンクトイン・ジャパン株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内
丸の内ビルディング34階
社長 村上 臣
設立 2003年5月
株式 非上場
株主構成 Microsoft Corp.(100%)

リンクトインの売上

マイクロソフトの子会社のため、現在、リンクトイン事業の経常利益は公開されておりません。

リンクトイン 売上グラフ

ユーザベースの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 2,271百万ドル 5,259百万ドル 6,754百万ドル

リンクトインの最新ニュース

リンクトインの事業内容

タレントソリューションズ

リンクトインの主軸となる事業がビジネス特化型のSNS「Linkedin」の運営及び開発です。
登録ユーザー数は、Twitterよりも多い5億4,000万人以上で、世界最大級のビジネスSNSとなっています。
日本国内のユーザー数は200万人と、あまりメジャーではないSNSですが、外資系企業に勤める人材や、海外進出に興味のある人材のほとんどはLinkedInに登録しています。

LinkedInで登録できるプロフィール情報は全て、キャリア情報となっています。
人材を探す企業側は、求めるスキルにマッチした人材に、直接オファーをかけることで、効率的に採用を進めることが、可能となっているのです。
また、転職を考えていない登録ユーザーに対しても、オファーをかけられることや、国籍関係なく求職者を探せるというメリットがあります。
他の企業と競合する可能性を下げながら、優秀な人材を採用することが可能なのです。

マーケティングソリューションズ

リンクトインでは、広告事業も行っています。リンクトインに登録されるプロフィール情報は、ビジネス関連のみとなっているため、より正確な広告のターゲティングが可能となっています。
メッセージ広告では、コンバージョン率40%という事例もあり、今後日本のビジネス市場でも重要な役割をはたすSNSとなるでしょう。

セールスソリューションズ

リンクトインでは顧客ともつながることが可能です。リンクトインに登録したユーザーの中から、見込顧客を選定し、より正確な営業リストを作ることができるのです。
自社のプロフィールを閲覧したユーザーをいつでも確認できることや、役職、業界、地域など詳細検索も可能となっているため、より効率的に見込み顧客を開拓可能です。

また、事前に見込顧客のプロフィールを知ることで、リード率を高めることが期待できます。
ちなみにリンクトインのメッセージ機能「InMail」は、営業電話の30倍以上の返答率があると、公式で発表されています。

ラーニングソリューション

SNSの他にリンクトインでは、オンラインの学習支援も行っています。
ビジネス・テクノロジー・クリエイティブの3つのジャンルから、基礎的なものから応用的なものまで、幅広くコンテンツを提供しており、その総数は15,000以上となっています。

また、リンクトインでは、講師の募集も積極的に行っています。
世界最大規模のSNSに、自身のコンテンツを載せて知名度を上げたいプロフェッショナルは多いため、質の高いコンテンツが多く集められるのです

リンクトインの転職の募集要項

Senior Client Solutions Manager – Marketing Solutions

日本国内のタレントソリューションズ事業のマーケティング担当となります。
営業から、提案、広告運用、競合調査、トレーニングまで全てを担う役割となるため、求められるスキルも非常に高いです。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・オンライン企業での6年以上の顧客対応経験
  • ・ビジネス会話レベルの英語スキル

Glint, Senior People Science Consultant

2018年にリンクトインが買収した、従業員エンゲージメントの可視化ツール「Glint」のアジア太平洋地域の顧客に対し、コンサルティングサポートを提供します。
海外での勤務が多くなるため、英語スキルが必須です。

必須な経験・スキル

  • ・人材管理かコンサルティングの8年以上の経験
  • ・ビジネス会話レベルの英語スキル

Account Director – Marketing Solutions, Japan

マーケティングソリューションズ事業のアカウントディレクターとして、広告代理店と協力しブランド認知力や投資利益率の向上に携わります。
世界各地のオフィスと連携をとって、クライアントのソリューション考案するため、自身の大きなスキル向上が期待できるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・広告業界での5年以上のビジネス開発経験
  • ・オンラインメディアの2年以上の運営経験
  • ・口頭・書面でのやりとりに支障が出ない英語スキル

リンクトインの転職難易度

リンクトインの転職難易度は非常に高いです。
リンクトインは採用募集をリンクトインのサービス上で行っており、その募集要項は全て英語で記載されています。スキルがあっても、語学の面から諦める人も少なくないでしょう。
また、面接内容も一般的な紋切り型の質問ではなく、変わった質問に対し自ら考え、どう対処するかなどの能力を確認されます。そのため、対策が難しく、簡単に合格できる面接ではありません。

リンクトインが転職者に求める人物像

転職者に求めているのは、臨機応変な対応力・論理的な思考プロセス・言語化能力です。
リンクトインは大企業ですが、従業員には、受動的に与えられた仕事だけをこなすだけでなく、自由な発想も求められます。
入社した際に、周りを巻き込んで、プロジェクトを進められるポテンシャルも重視されます。

リンクトインの転職までの流れ

リンクトインの選考フロー

Linkedinのサービスから申し込み

1次選考〜3次選考

想定選考官:人事、現場社員
面接回数は、希望する職種によって異なります。電話でのオンライン面接から始まるのケースが多く、エンジニアなどの専門職の場合は実技試験を実施します。

最終面接

想定選考官:人事
1次〜3次選考の面接内容の摺り合わせが行われます。

内定

リンクトインの面接形式

リンクトインのメッセージツールのやりとりから、選考が始まります。
最終選考までは実際に会って面接が行われることは少なく、ほとんどがオンラインでの面接となります。
採用までの期間はおよそ3週間程度です。

リンクトインの面接内容

リンクトインに入社した場合、自分のキャリアは自分で作っていく必要があります。そのため、面接では「自分にとって大切なものは何か」が繰り返し問われることが多いです。

この質問では、キャリアプランの他に、論理的に解説する能力や、プレゼンスキルが見られているため、事前に対策を立てて面接に臨みましょう。

リンクトインで働いている方の評判・口コミ

ソフトウェアエンジニア、在籍5~10年、男性
優秀な人材の中で、自分のスキルを最大限に発揮できる環境だと思います。月に一度、有給日とは別に、自由に行動できる日があって、新しいことにチャレンジしてみたり、社内のイベントに参加したり、常にスキルが向上していくのを実感できます。。
マーケティング、在籍5~10年、女性
性別を問わず公正に評価してくれる企業。LGBTフリーでもあって、昔はみんなで2丁目に飲みに行くこともありました。出産後の復帰率や、育休取得率も高く、ワークライフバランスがかなり良いです。自分のキャリアについて話す機会が多く、どこを目指すべきか常に自分で把握できます。
エンジニア、在籍3~5年、男性
エンジニアの中でも、シニアエンジニア・管理職と、どちらのキャリアパスを進むか、はやい段階から意識できる取り組みは評価できます。海外の優秀なエンジニアとも情報を共有できるので、エンジニアとしてのスキル向上はかなり期待できます。
マイクロソフトの傘下に入っても、社内の体制は変わっておらず、大手でありながらベンチャーのように働けます。

口コミの要約

リンクトインの口コミでは、働きやすさとスキルアップに関するものが多くみられました。
意思決定が早く、大手マイクロソフトの傘下でありながら自由に働けることも、リンクトインへの転職が人気の理由といえるでしょう

リンクトインの年収・給与

年収 821万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 有り(年1回)
残業手当 有り
固定残業手当 無し
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 健康保険・厚生年金雇用保険・労災保険等の社会保険完備

リンクトインでの転職者の出世難易度

リンクトインの出世難易度は非常に高いです。国内・国外から優秀な人材が集まるリンクトインでは、常に社内の人が思いつかないような、オリジナリティのあるアイディアを出し続ける必要があります。
ただし、リンクトインでは社内でのコミュニケーションが取りやすく、他の社員の意見を吸収して、自分のパフォーマンスを120%発揮できる環境が整っています。
また、性別や経歴ではなく、結果で評価が決まるため、結果を出せばその分出世も期待できるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 1,300万円
30代中盤 シニアマネージャー 2,500万円
30代後半 なし 1,300万円
40代後半 なし 1,000万円

リンクトインはどんな人が働いている?

リンクトインの従業員数

350名(アジア全体)

リンクトインの平均年齢

記載なし

リンクトインの平均勤続年数

記載なし

リンクトインの社風

リンクトインは、従業員それぞれが、自分でキャリアを選択しやすい環境となっています。
社員同士で、キャリアについて話し合う機会が多く、それぞれの視点からアドバイス出し合えるような雰囲気があるます。
社員一人ひとりが得意な分野を活かして、業務に取り組めるため、仕事に大きなやりがいを感じている人が多いようです。

リンクトインのワークライフバランス

副業可否 記載無し
勤務時間 8:30~17:00(フレックスタイム制)
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 夏季特別休暇・年末年始休暇
平均残業時間 23.2時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

リンクトインの社長

ジェフ・ウィナー

1992年にペンシルベニア大学ウォートン校を卒業。2001年からYahooのネットワーク部門で、副社長を務める。その後ワーナーブラザーズの副社長に就任し、2008年以降、リンクトインの暫定社長として従事する。2016年のマイクロソフトによるリンクトインの買収に大きく貢献した実績がある。
米最大の企業口コミサイトのGlassdoor社会によって実施された「CEOの支持率調査」では、「一切隠しごとをしない企業文化」や「頻繁に行われる全員参加の会議」などが評価され、1位を獲得しており、従業員支持率100%のCEOとして知られている。

リンクトイン現職、OB/OGの有名人

Linkedin日本代表 村上 臣

KDDIの受託などを請け負っていた有限会社「電脳隊」を青山学院大学在学中に同学の川邊健太郎(現在Zホールディングス株式会社CEO)らと設立。その後当時のYahooの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。
2017年11月よりリンクトインの日本代表に就任し、日本では広まらなかったリンクトインのサービスを立て直し、普及させるため尽力している。

リンクトインの転職に関わるQ&A


現時点でリンクトインは、公開型の求人媒体に求人を出していません。採用情報はLinkedIn上の採用ページにて募集を行っており、募集職種の詳細などもそちらで記載されています。リンクトイン以外に転職する場合でも、リンクトイン転職活動を有利に進められるSNSなので、登録しておくことをおすすめします。


リンクトインの従業員の多くは、ダイバーシティ(多様性)を重視した職場で、常にスキルアップが実感できる部分に、やりがいを感じています。
また、現在リンクトインは日本で普及しているとはいえないSNSです。ポテンシャルのあるサービスを新しい領域に売り込み、社会をより豊かにしていくような事業内容にも、大きなやりがいを感じている従業員が多いです。

リンクトインへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

リンクトインは、自社で採用サービスを用意しています。
それぞれの職種には仕事内容や必須スキルなど、詳しい募集要項が記載されています。
ただし、リンクトインに記載されている求人情報は全て英語表記となっているため、語学に疎い方には転職は難しいかもしれません。
また、求人の情報量はそれほど多くないため、具体的な内容が知りたい場合や、一般公開されていない非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してリンクトインへの転職を目指すなら、掲載されている企業数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックできるため、自分に合った担当者を探せることも魅力のひとつです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数が比較的多い
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、リンクトインの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは年収交渉が可能!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、経営企画や経営戦略などの求人を多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドルクラス~ハイクラスをメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収も比較的高めになっており、年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、リンクトインの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してリンクトインへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇り、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

リンクトインはミドル・ハイクラス転職では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなります。
「通過率がどのくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先といえるのか」など、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。
リンクトインへの転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントではアカウントエグゼクティブやアカウントディレクターなどの案件が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、アカウントエグゼクティブやアカウントディレクターなど、責任のあるポジションの案件が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつで、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがリンクトインに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

  ▼下記は、リクルート住まいカンパニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルート住まいカンパニーに転職してくるのか ・転職先:リクルート住まいカンパニーからどこへ転職するのか ...

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

AWSへの転職は難しい?キャリアプランや福利厚生についてご紹介

▼下記は、AWSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAWSに転職してくるのか ・転職先:AWSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

▼下記は、マネーフォワードに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネーフォワードに転職してくるのか ・転職先:マネーフォワードからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

freee(フリー)への転職。転職難易度や評判などを解説

  ▼下記は、freeeに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからfreeeに転職してくるのか ・転職先:freeeからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

メルペイへ転職を考えている方必見。社員数や年収を調査

  ▼下記は、メルペイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからメルペイに転職してくるのか ・転職先:メルペイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アイフリークモバイルの転職難易度は?面接内容や評判などを解説

▼下記は、アイフリークモバイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイフリークモバイルに転職してくるのか ・転職先:アイフリークモバイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

TOP