コンサルティング

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    業種を問わず幅広い業種の企業

  • BCGデジタルベンチャーズに転職
  • 次の転職先

    業種を問わず幅広い業種の企業

BCGデジタルベンチャーズの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍。高学歴の比率が高い傾向があります。中には留学経験者や海外大学出身の人材も在籍しています。

前職BCGデジタルベンチャーズはダイバーシティを重視しているため、転職元には特に特徴はなく、業種を問わない幅広い企業からの転職者が多く在籍しています。

次の転職先BCGデジタルベンチャーズ退職後の転職先も特にこれといった傾向はなく、転職者は業種を問わない幅広い企業へ移ってています。

BCGデジタルベンチャーズは、ボストンコンサルティンググループ(BCG)傘下の独立した組織であり、主に大手企業を対象にデジタル化や新規事業創造のサポートを行っています。
世界8か所にオフィスを構え、2016年4月には東京都中央区にオフィスを開設しました。
一般的なコンサルティングファームと異なり、戦略から投資まで一貫してサポートするのが特徴で、コンサルタントだけでなくエンジニア、デザイナーなど、さまざまなエキスパートが在籍しています。
そんなBCGデジタルベンチャーズでは、必要としている人材も多岐に渡るため、さまざまな職種で人材募集をしています。

BCGデジタルベンチャーズを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・BCGデジタルベンチャーズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、BCGデジタルベンチャーズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • BCGデジタルベンチャーの企業概要
  • BCGデジタルベンチャーの転職ポイント
  • BCGデジタルベンチャーの社風や企業文化

BCGデジタルベンチャーズに転職するポイント

BCGデジタルベンチャーズの特徴

POINT

  • ・事業立ち上げ、デジタルシフトに特化したコンサルティング事業
  • ・戦略から投資まで全てサポートするコンサルティングを行う
  • ・完全フレックス制を導入しており、出社時間が自由

BCGデジタルベンチャーズへ転職するポイント

POINT

  • ・転職難易度が非常に高く、過去の大きな実績が求められる
  • ・ネイティブレベルの英語力を求められる
  • ・採用においてフェルミ推定やケース面接が行われることが多く、論理性を求められる

BCGデジタルベンチャーズの企業概要

会社名 BCGデジタルベンチャーズ
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-5-3 ブエナビスタ恵比寿
代表者 平井 陽一朗
設立 2016年4月
株式 非上場
株主構成 記載なし

BCGデジタルベンチャーズの売上

記載なし

BCGデジタルベンチャーズの最新ニュース

BCGデジタルベンチャーズの事業内容

ボストンコンサルティンググループの主軸事業は、スタートアップや事業創造の戦略コンサルティングです。
世界でも有数のコンサルティングファームとして知られており、数多くの世界的企業をクライアントとして抱えています。
BCGデジタルベンチャーズでは、特にデジタルシフトや新事業の立ち上げに特化して企業のサポートを行っています。
新規事業立ち上げでは、工程を「イノベーション」「インキュベーション」「コマーシャリゼーション」の3つのフェーズに分け、アイデアの発見創出やプロダクトへの落とし込み、サービスのローンチからマネタイズなどをスピーディーに行い、スタートアップを支援しています。
イノベーターやエンジニア、クリエイティブなど、さまざまなエキスパートが在籍しているおり、戦略設計から投資まで一気通貫でサポートを行っていることが特徴です。

BCGデジタルベンチャーズの募集要項

エンジニア

技術的なバックグラウンドを活かしつつ、新規事業の開発に携われるポジションです。
インキュベーションフェーズでの実装や宣伝方法の検討、ビジネスプランの作成を担当します。
IT企業のエンジニアと異なり、プロジェクトごとに扱うテクノロジーが大きく異なっているため、幅広いスキルが求められます。
ディレクターやリーダー、ジュニア、シニアのポジションが用意されており、経験年数やスキルによってどこに就くのかが決められます。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェア開発経験
  • ・新規ビジネス創出、新しい技術についての興味と関心
  • ・プロジェクトメンバー、クライアントと協同できるコミュニケーション能力 など

成長アーキテクト

成長アーキテクトは、クライアントの新規事業の立ち上げに対し、Go to Marketの戦略策定やマーケティング施策立案を行います。
プロダクトマネージャーなどと連携しながら、サービスが成長し続ける基盤づくりの責任者として活躍する職種です。
海外のチームと連携しながらマーケティング全体の支援を行うため、こちらも英語スキルが必須となります。

必須な経験・スキル

  • ・BtoC企業でのマーケティングの戦略立案と運用経験
  • ・マーケティング予算の作成やメディアミックスの運用経験
  • ・モバイルやwebに対する知見 など

エクスペリエンス (UI/UX) デザイナー

プロダクトマネージャーやストラテジックデザイナーなど、各分野の専門家と連携し新規事業のデザイン部分を担当します。
webやアプリのデザインだけでなくハードウェアのデザインも担当するため幅広い領域を担うデザイナーとなるでしょう。
近年ではDX施策をUI/UXの観点でサポートするプロジェクトが増加傾向にあるため、サービスデザイン・プロダクトデザインの経験がある人材が優遇されます。

必須な経験・スキル

  • ・UIデザインの経験
  • ・PhotoshopやIllustrator、Sketchなどを使用した業務経験
  • ・Figmaなどのプロトタイプを使用したUX設計 など

BCGデジタルベンチャーズの転職難易度

BCGデジタルベンチャーズへの転職難易度は非常に高いです。
BCGデジタルベンチャーズの従業員はエキスパート集団と呼ばれており、高いスキルを保有した人が集まります。
そのため、現職で大きく評価された経験がなければ入社は厳しいかもしれません。
また、英語スキルも当たり前のように求められるため、転職が叶ったとしても周りについていけず1年未満で退社する方も少なくありません。
ただし、自分のスキルを100%活かせる環境は整っているため、挑戦してみる価値は充分あるといえるでしょう。

BCGデジタルベンチャーズが転職者に求める人物像

BCGデジタルベンチャーズは各分野でのプロフェッショナルを求めています。
現職での事例や今後の伸び代、新しいことに挑戦し続ける精神など、全てにおいて高いレベルを要求してきます。
常識に縛られて働くよりも、自分の意見を発信して主体的に動ける人材に向いている企業です。

BCGデジタルベンチャーズの転職までの流れ

BCGデジタルベンチャーズの選考フロー

書類・エントリーシート提出

履歴書・職務経歴書の内容からBCGデジタルベンチャーズとのマッチ度を判定されます。クリエイター職の場合はポートフォリオの提出を求められることかあるので準備しておきましょう。

1次面接

想定選考官:人事
「なぜBCGデジタルベンチャーズなのか」を軸に面接がされます。「日本にはマンホールがいくあるのか」などのフェルミ推定やケース問題、社会課題解決問題など、難しい質問をされることが多いので、対策が必須です。

最終選考

想定選考官:役員
1次面接で聞かれたことをより深く掘り下げて質問されます。企業とのマッチング度を総合的に判断され、双方の合意の上採用が決まります。

BCGデジタルベンチャーズの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

BCGデジタルベンチャーズの面接内容

「前職ではどんなプロジェクトを担当したか」や「将来何を達成したいか」など、基本的な質問のほかに、フェルミ推定やケース問題、社会課題解決問題を出されます。
特に社会課題解決問題は、解決方法のアイデアだけでなく、どのように解決していくかといった手順の説明を求められる場合が多く難問となるでしょう。
BCGデジタルベンチャーズでは、デジタル知見と実行支援の能力に長けた人材が求められています。
課題に対して客観的に判断し、納得できるような論理を組み立てられるよう事前に必ず対策しておきましょう。
最終面接では、その場で採用を申し立てられるケースもあります。
BCGデジタルベンチャーズの最終面接に残る人材は、ほかの企業への転職を考えているケースが多く、最終面接ではむしろBCGデジタルベンチャーズ側からオファーするような形になることが多い傾向があります。

BCGデジタルベンチャーズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はIndeedなどでも確認可能
・将来についての質問が多い

営業、20代後半、男性
どうしてうちを選んだのかを質問されました。ボストンコンサルティンググループということもあって以前から知っており、そのような大きな企業で尽力したいと思って志望したということを軸にアピールしました。
エンジニア、30代前半、男性
前職ではどのようなプロジェクトに携わってきたかを聞かれました。くつか参加してきたため、一つ一つを丁寧に分かりやすく伝えるように心がけました。
デザイナー、20代後半、女性
将来について質問されました。事前に将来のキャリアプランを考えていたため、どういう風になりたいかを具体的に説明し、できるだけポジティブな言葉で伝えました。

BCGデジタルベンチャーズで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント、在籍3~5年、男性
クライアントの重大課題に取り組めるという点でモチベーションを高く維持できる。簡単な仕事はなく、結果へのプレッシャーが大きいので、そういう意味で成長できる会社です。1から丁寧に教えてもらえるわけではありませんが、先輩のコンサルティング技術を盗んでどんどん成長していく人が多いです。また、人事評価は比較的フェアです。
コンサルタント、在籍1~3年、女性
実務を通じた人材育成の場としてはすごい良い環境だと思う。ロジカルシンキングを地家有心に、ビジネスマンとしてのスキルを高めることかできる。また、シニアなクライアントと接するため、コミュニケーション能力も鍛えられやすい。実力で評価されるため、性別や年齢で差別されることはないと思います。育休からの復職率はかなり高いですが、クライアントへの対応がある以上、子育てと並行して働くのは難しいかもしれません。実際にマネージャークラスのワーキングマザーはあまり多くありません。
エンジニア、在籍1~3年、男性
外資系の自由な雰囲気と、温かい風土が重ね合っており、特にバックスタッフの雰囲気が良いように感じる。コンサルティング会社なので忙しいが、その分成長していける会社だと思う。仕事が終われば定時に帰宅は可能。残業するのはむしろ評価されない。評価制度はしっかりしており、実力に応じて正当に評価される。BCGグループの中でベンチャー企業のように働けるのはかなりいい経験になると思う。

口コミの要約BCGでジタルベンチャーズの口コミでは「評価制度が公平」というものが多いです。また、レベルの高い社員が多く仕事を通じて成長しやすいということも分かります。コンサルティングは業務内容が幅広い上に、結果へのプレッシャーも大きいので、どんどん成長していくことができるでしょう。女性のコンサルタントを増やそうとしている流れがあり、性別問わず活躍することが可能です。

BCGデジタルベンチャーズの年収・給与

年収 800万~1,200万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 無し
福利厚生 健康保険、厚生年金、
雇用保険、労災保険など

BCGデジタルベンチャーズでの転職者の出世難易度

BCGの出世難易度は高いです。
優秀な社員も多いため、実力がないと出世は厳しいでしょう。
評価制度は正当という口コミも多く、プロパーに比べて転職者が評価されにくいことはありません。
ただし、 BCGでジタルベンチャーズのキャリア採用では即戦力を求めているため育成の面では新卒のようなサポートは受けられず、社内の人間を見て学ぶ必要があるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 マネージャー 900万円
30代前半 なし 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,100万円
40代中盤 ディレクター 1,300万円

BCGデジタルベンチャーズはどんな人が働いている?

BCGデジタルベンチャーズの従業員数

約480名

BCGデジタルベンチャーズの平均年齢

記載なし

BCGデジタルベンチャーズの平均勤続年数

記載なし

BCGデジタルベンチャーズの社風

BCGデジタルベンチャーズは、外資系企業でありながら日本企業の文化が強い企業です。
派閥や年功序列というものはなく、個々のパフォーマンスを最大限に発揮できる環境があります。
また、社内の人間は一定の思考力の水準と高いモチベーションを持っており、大企業でありながらもベンチャー企業らしい雰囲気があります。
キャリア採用も積極的に行っており、社内のスローガンでもある「多様性からの連帯」が体現されている企業といえるでしょう。

BCGデジタルベンチャーズのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 完全フレックス制
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

BCGデジタルベンチャーズの社長

平井 陽一朗

東京大学経済学部を卒業後、メンテナンスリース会社をコロンビアで起業。
その後、BCGに入社するが、ディズニーやオリコン、ザッパラスと企業を転々とし、オリコン、ザッパラスでは副社長やCEOを経験。
その後、BCGに再入社し、BCGデジタルベンチャーズ東京拠点の立ち上げをリードした。

BCGデジタルベンチャーズ現職、OB/OGの有名人

花城 泰夢

明治大学在学中から、「宇宙授業」「ホスピタルクラウン(TVドラマ化)」を企画するなど、デザイナーとしての才能を見せる。
卒業後には、NTTドコモやNTT東日本のコンテンツ制作事業を経験。
カメラマンとしても、北野武やブラットピットなどの撮影を担当。
2012年のフィリピン留学の際には現地でDMM英会話の事業立ち上げに携わる携。
実績として、大人気アプリ「BrainWars」や「BrainDots」のデザイン担当などが挙げられる。

BCGデジタルベンチャーズの転職に関わるQ&A


事業内容が異なります。
どちらもボストンコンサルティンググループの会社であり、日本に拠点がありますが、BCGデジタルベンチャーズはクライアントと一緒に新規事業を創造していくのに対し、DigitalBCGはクライアントの課題をテクノロジーで解決していく会社です。DigitalBCGはAIはブロックチェーンなど最先端のテクノロジーを駆使しています。


BCGデジタルベンチャーズは完全フレックスタイム制です。フレックス制には「コアタイム」が存在し「12:00から17:00までコアタイム」となっていればその時間は出社していないといけません。完全フレックス制の場合はコアタイムがなく出社時間は自由です。ただし、BCGでジタルベンチャーズ ではパートナーに勤務時間を合わせるため、自由に出社できるというよりも、変則的な勤務時間に対応するためのフレックスタイム制といえるでしょう。

BCGデジタルベンチャーズへ転職する方法

まずは公式サイトで概要を確認

BCGデジタルベンチャーズの中途採用ページでは、転職者のよくある質問や、海外拠点の募集要項を確認することが可能です。
ポジションごとの詳しい業務内容や募集条件を確認するためにも、まずは海外拠点の募集要項を確認することをおすすめします。
また転職者のよくある質問では、企業文化に関する情報を中心に紹介しているため、企業研究をするうえで確認は欠かせないでしょう。
ただし、現在中途採用ページには国内の募集要項は掲載されていないため、国内拠点を希望する場合は、転職サイトやエージェントを利用する必要があります。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、BCGデジタルベンチャーズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

グリープ内の募集要項を比較するなら「転職サイト」

転職サイトを使ってBCGデジタルベンチャーズへ転職するなら「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
転職サイトを利用する最大のメリットは豊富な募集案件を手軽に確認できることです。BCGグループの案件や、マッキンゼー、ベイン・アンド・カンパニーなどの外資系大手コンサルティングファームなどの案件を比較できるため、転職先の選択肢を一気に増やすことができます。
また、転職エージェントを利用する場合と比べて早く転職できることも転職サイトを利用するメリットです。
転職エージェントを利用する場合、面接の日程だけでなく、転職コンサルタントとの打ち合わせの日程も調整する必要があるため、応募することを決めてから内定までに半年以上かかる場合もあります。転職サイトは企業の採用者と直接やりとりを行うため、スピード感を持って転職活動を進めることができるのです。

doda X(旧:iX転職)の保有するBCG案件は非公開求人が中心

doda X(旧:iX転職)で扱っている求人案件です。

※画像はイメージです。
doda X(旧:iX転職)は自身のプロフィールと経歴を登録することで、厳選されたヘッドハンターからスカウトメールが届きます。
自身の持つスキルを思いもよらない企業から求められるケースも多いため、中長期的な転職活動をお考えの場合は早めに登録しておくことをおすすめします。
またdoda X(旧:iX転職)ではヘッドハンターに相談することで、非公開求人を紹介してくれることが多い転職サイトですのでエンジニア職以外を希望する場合は、気軽にメッセージを送ることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ 前職 EY新日本、あずさなどの監査法人 アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツなどのコンサルファーム 三菱東京UFJなどの銀行 ...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

Supership転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 広告代理店 通信キャリア IT企業 Supership株式会社に転職 次の...

TDSEの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

TDSEは、AIを活用した総合型ソリューションを提供している企業です。 主にデータとAIを活用して顧客の変革のサポートをはじめ、「Tableau」や「NetBase」といったツールの提供を行っています。 また、2022年に株...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

日本IBM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、PWCなどのIT系コンサル出身者など 日本IBM株式会社に転職 次の転職先 ...

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

EY・ストラテジー・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーなどの事業会社、デロイト、PWC、アクセンチュアなどのコンサルティングファームなど EY・ストラテジー・...

デリバリーコンサルティングへの転職。面接内容や年収を紹介

デリバリーコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 エス・エム・エスなどのWEB系事業者やPwCなどのコンサルファームがあげられる。 株式会社デリバリーコンサルティングに転...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

ベイカレント・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、PwCなどのコンサルティングファーム 国内SIer 国内大手事業会社 株式会社ベイカレント・コン...

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

PwCコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 アクセンチュア、デロイト、EYなどの戦略コンサル 大手シンクタンク PwCコンサルティング合同会社...

TOP