コンサルティング

アイドマホールディングスの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

アイドマホールディングスは、「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために設立以来BtoB企業における事業拡大のサポートや支援を行っている企業です。
そのほかにも、テレワークを活用し、在宅ワークとITを組み合わせた事業推進を提案するコンサルティングも展開しています。
また、2023年にビジネスコミュニケーションツール「MEMBER-S」の無償で提供するなど、さまざまなサービスを手掛けている企業です。
そんなアイドマホールディングスでは、コンサルティング営業やマーケティングといったクライアントと直接的な関わりが多い求人や、システム開発やバックオフィス業務担当者など、幅広く中途採用者の求人募集を行っています。
今回は、アイドマホールディングスへの転職を検討している方に向けて、転職前に知っておきたい企業の特徴や求める人材、面接で想定される質問内容などを解説します。

アイドマホールディングスを目指す人におすすめの転職エージェント

・アイドマホールディングスの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • アイドマホールディングスの企業概要
  • アイドマホールディングスの転職ポイント
  • アイドマホールディングスの社風や企業文化

アイドマホールディングスに転職するポイント

アイドマホールディングスの特徴

POINT

  • ・設立以来、中小企業をメインに事業拡大・売上向上を目指したコンサルティング支援を拡大
  • ・国内最大級の企業データプラットフォーム「BIZMAPS」を運営
  • ・福利厚生が充実しライフワークバランスを保ちやすい就業環境の整備

アイドマホールディングスへ転職するポイント

POINT

  • ・アイドマホールディングスの企業理念と9つの約束への共感が求められる
  • ・クライアントである経営陣に対する誠実な人柄と、自らの行動・言動に責任を持つことが求められる
  • ・直接クライアントと関わる求人やバックオフィス業務担当者まで、幅広く求人募集している

アイドマホールディングスの企業概要

会社名 株式会社アイドマ・ホールディングス
本社所在地 東京都豊島区南池袋2-25-2 藤久ビル東5号館4F
社長 三浦 陽平
設立 2008年12月22日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 JPM株式会社(39.41%)
三浦陽平(30.36%)
日本マスタートラスト信託銀行(4.59%)

アイドマホールディングスの売上

アイドマホールディングスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,829百万円 3,716百万円 6,193百万円
経常利益 216百万円 817百万円 1,607百万円

アイドマホールディングスの最新ニュース

アイドマホールディングスの事業内容

アイドマホールディングスは、中小企業の経営陣に対するコンサルティングをメインに事業拡大を続ける企業です。
具体的には、従業員数が100人前後の中小企業経営陣に対してコンサルティング・マーケティング事業を展開しており、各企業の人材不足にスポットを当て、在宅ワークとITを組み合わせた企業運営を提案してます。
また、人材不足解消後も企業の売上に対する悩みや、新規事業立ち上げサポートなど手厚い支援も行っています。
そのほかにも、リスト作成からアプローチ、分析まで営業活動に必要な機能を搭載したクラウド営業ツール「SalesCrowd」や、採用や公卿間での打ち合わせなどを行う際にオンサイト使えるビデオコミュニケーションツール「meet in」、時間や場所を自由に選択できる主婦のための在宅ワーク応援サイト「mama works」などを提供するなど、幅広く手掛けている企業です。

アイドマホールディングスの募集要項

マーケティング

クライアントのサービスや商材に対して多様な手法でマーケティングを実施、検証や改善を重ねること効果を最大化するパターンを発見することが主な役割です。
具体的には、依頼案件の進捗管理、在宅ワーカーのスケジュール管理、マーケティングデータ集計・分析、マーケティング施策の修正・改善など、多岐にわたって業務を行います。

必須な経験・スキル

  • ・BtoBやBtoC問わず、営業の実務経験
  • ・マネジメント経験
  • ・BtoB商材を扱う企業での顧客対応をした経験

エンジニア

営業新規開拓プラットフォームの開発や国内最大級の企業データベースツールの開発、マーケティングオートメーションツールの開発を行うポジションです。
そのほかにも、営業リスト作成ツールの開発や日程調整ツールの開発、勤怠&稼働管理ツールの開発なども行います。
スピード感があり、オープンスペースなどを活用しながら開発を進めることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・LAMP環境での開発経験
  • ・Dockerを使用した開発経験
  • ・AWSを使用した開発経験 など

コンサルティング営業

営業強化を図りたい企業の経営陣に対して、アイドマホールディングスの営業支援サービスを提案、加えて営業戦略の立案・実行・効果検証・改善提案・仕組み化までの一貫した業務を行うことが主な役割です。
具体的には、クライアント企業の会社状況や展望のヒアリング、AIを用いてニーズに合った最適な営業戦略を立案、企画実行、実行効果の解析などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業の経験

アイドマホールディングスの転職難易度

アイドマホールディングスの転職難易度は中程度です。
コンサルティングやマネジメント経験、営業の実務経験は必要ではありますが、特別な資格は必須条件とされていません。
全くの未経験から転職を希望することはやや難しいかもしれませんが、ある程度の経験があり、企業理念や目指すビジョンに共感する姿勢を強く見せることができれば、採用される可能性があります。
ただし、求人が掲載された際には応募が殺到することが想定できるため、こまめに求人をチェックし、抜かりなく面接対策を行っておくことが重要です。

アイドマホールディングスが転職者に求める人物像

「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために「世界の可能性を広げる」というビジョンを目指す株式会社アイドマホールディングス。コンサルティング・マーケティング部門の求人ではこれらに加えて「事業を通じて企業と日本の課題を解決する」という考えに共感する人材を求めています。また、協働して事業を進める相手は、中小企業経営陣がほとんどです。そういった相手に対して誠実な対応をとることが出来る人柄、コミュニケーション能力求められるでしょう。加えて、マーケティングでは企業の問題点を透明化し、課題解決や売上向上を目指します。課題を具体化し新たな企画立案につなげる高い分析力も必要とされるでしょう。

アイドマホールディングスの転職までの流れ

アイドマホールディングスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事部
想定内容:転職を希望した理由や、アイドマホールディングスを選んだ動機など基本的な質問が想定されます。過去の就業経験においてコンサルティングやマネジメントの経験を有する場合は、そのときに得た実績や知識を事業推進にどう貢献させたいかなど、積極的な姿勢を見せることが大切です。

最終面接

想定選考官:事業部責任者
想定内容:転職希望者の現在のコンサルタントやマネジメント能力がどの程度か判断するために、ケース問題を出題する傾向があります。口頭での説明に加えて、ホワイトボードなどを使ってプレゼン形式の回答を求められる可能性があります。企業HPに事例がいくつか掲載されているため、確認しておくとケース問題の回答に役立つでしょう。

アイドマホールディングスの面接形式

アイドマホールディングスでは基本的に2回程度の面接が実施されています。
想定選考官は一次面接が人事部、二次面接が事業部責任者であり、面接が進むにつれて回答難易度の高い質問をされることが予想されます。

アイドマホールディングスの面接内容

アイドマホールディングスの面接は、転職を希望する理由やなぜアイドマホールディングスに入社したいかといった基本的な質問に加えて、コンサルティング・マネジメント企業で出題されがちなケース問題が出される可能性もあります。
また、アイドマホールディングスでは企業理念やビジョンに共感する人材を求める傾向にあるため、それらに関した質問も想定されます。
企業HPに理念やビジョンが詳しく記載してあるため、事前に確認してから面接に臨むようにしましょう。

アイドマホールディングスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くの求人募集が載っている
・求人情報はリクナビネクストなどでも確認可能
・企業理念やビジョンに関する質問が多い

マーケティング、20代後半、女性
なぜアイドマホールディングスを選んだのか問われました。過去にもコンサルティング・マネジメント経験はあっため、そこでの実績など詳しく答えました。企業がどんなコンサルティング・マネジメントを行っているのかや過去の事例なども併せて見ておくと面接対策になると思います。
コンサルティング営業、30代前半、男性
最終面接の際、ケース問題が出題されました。過去に実務経験を有していれば、冷静に分析しプレゼン方式の回答にも対応できると思います。
コンサルティング営業20代後半、男性
アイドマホールディングスの企業理念やビジョンに関する質問が多かったです。どのような理念・ビジョンを掲げているのかを事前に確認しておき、それに加えて9つの約束について自分が企業のその考えをどう思っているか、熱意ある回答をすることが採用につながると思います。

アイドマホールディングスで働いている方の評判・口コミ

システム開発/在籍2年目/男性
アイドマでは、成果に応じてきちんと評価してもらうことが出来る。それが仕事のモチベーションにつながり、どんなに忙しくともやめたいと感じたことはない。年功序列ではなく若手に対して高い評価を与えてくれる。自分とほとんど同時期に転職した社員で1年目から昇格・昇給しているのを見て自分も頑張ろうと思った。
コンサルティング営業/在籍4年目/女性
中小企業の悩みや課題を分析し、クライアントの利益につなげなければならないプレッシャーを感じている。しかし、常に責任感を持ち、クライアント企業に対する誠実な対応を心がけることで実績が出た時にはとてもうれしく感じる。他の社員からのアドバイスなどもあり、自分一人で抱え込むことがほとんどないため、周囲からの手助けにとても感謝している。今後もこの気持ちを忘れずに働き続けたい。
マーケティング/在籍3年目/女性
アイドマでは企業や法人向けの営業を行っている。前職でも営業経験はあったが個人向けの営業だったため、その時とは違ったやりがいを感じている。これまで培ってきた営業スキルに加えて、企業や法人向けのコンサルタント・マネジメント知識が必要となり、入社したばかりの頃は分からないことがたくさんあった。しかし研修制度なども充実しており、それが今の自分の実績につながっていると思う。

口コミの要約アイドマホールディングスの企業理念や目指すビジョンに共感し、責任感とやりがいを感じている社員が多いようです。転職者のほとんどは、過去の就業経験である程度の実務経験と実績があるようです。しかし、中小企業や法人に対するコンサルタント・マネジメントには高い分析力や知識が必要となるため、研修制度や書籍貸し出しなどを活用し、学びながら事業を進めているという声が多く挙げられました。成果が評価に直結するため、若手でも早い段階で昇進できる点も魅力の一つのようです。

アイドマホールディングスの年収・給与

年収 600万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(月2万円まで)
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、自己啓発支援制度、インセンティブ制度など

アイドマホールディングスでの転職者の出世難易度

アイドマホールディングスの出世難易度は中程度でしょう。実績・成果がそのまま評価に直結するため、若いうちから昇格している社員も多いようです。目指す目標が明確で常に努力を続けることが出来る人はスピード出世が期待できます。転職者でも研修制度や書籍貸し出し制度の活用で知識をつけ、積極的にクライアント企業のコンサルティング・マネジメント経験を積むことが可能です。クライアント企業のことを一番に考え、提案し続けることが結果につながります。誠実な姿勢を忘れずに、企業や自社の展開に貢献しようとする意志が大切です。

アイドマホールディングスはどんな人が働いている?

アイドマホールディングスの従業員数

213名

アイドマホールディングスの平均年齢

29.8歳

アイドマホールディングスの平均勤続年数

1.8年

アイドマホールディングスの社風

アイドマホールディングスは、在籍している社員のほとんどが掲げる理念やビジョンに共感しており、クライアント企業に対して誠実なコンサルティングやマネジメントを行っている企業です。
また、実績や成果に応じて評価されていく社内の仕組みもあり、どの社員もポジティブで明るい思考を保有している傾向にあります。
福利厚生も充実しており、なかにはコミュニケーション向上を目的とした福利厚生があることも大きな特徴です。
そういった福利厚生も気兼ねなく使用することができる雰囲気もあり、働きやすい職場環境の整備につながっているといえるでしょう。

アイドマホールディングスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇制度など
平均残業時間 月40時間程度
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アイドマホールディングスの社長

三浦 陽平

1976年生まれ。
2005年に株式会社トータルサービスへ入社。
翌年、株式会社ベンチャーオンラインへ入社。
2008年に株式会社アイドマ・ホールディングスを設立し、代表取締役に就任。
そのほかにも、系列会社である株式会社アイドマインサイト(現・SEADREAMCOMPANY)の設立や、株式会社物語TVの取締役、株式会社meet inの代表取締役も兼任した人物。

アイドマホールディングス現職、OB/OGの有名人

三浦 和宏

2009年に株式会社アイドマ・ホールディングスへ入社。
2013年に株式会社物語TVの取締役に就任。
2018年から株式会社アイドマ・ホールディングスの事業部長や執行役員、取締役、営業本部長兼セールスソリューション事業部長などを歴任。
2022年より、営業本部長を務めている。

アイドマホールディングスの転職に関わるQ&A


社員同士のコミュニケーション向上のために設けた福利厚生の一つです。飲み会代を負担し、社員同士がともに食事をすることで、社内全体でコミュニケーションをとってもらうことを目的としています。


転職者でも元々在籍していた社員と同じように評価してもらうことはできますか?
A:アイドマでは、実績・成果に応じて評価を更新しています。すでに在籍している社員だけでなく、転職者も同様です。コンサルティング・マネジメント、営業において何かしらの実績がすでにある場合には、面接時にアピールすると良いでしょう。入社後はそれを自社の展開・拡大に役立て欲しいと思います。

アイドマホールディングスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アイドマホールディングスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
求人情報以外にも、「仕事を知る」や「プロレドの文化を知る」、「社員インタビュー」など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間を有してしまいスムーズに転職することが難しいかもしれません。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アイドマホールディングスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

サービス業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアイドマホールディングスに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

コンサルティングを行う企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、サービス業界をはじめとした幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのコンサルティング会社の平均年収は800万円~1,500万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「コンサルティングを行っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

あなたがアイドマホールディングスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールスフォース、日本オラクルなどの外資系ベンター ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業者 Appier Jap...

ソフトブレーンの転職事情・面接内容や口コミなどを解説

ソフトブレーン転職者の主なキャリアステップ 前職 日本ユニシス、トランス・コスモスなどのIT系企業 船井総研などのコンサルティングファーム ソフトブレーン株式会社に転職 ...

ビザスクの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ビザスク転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、サイバーエージェントなどのWEB系事業会社 三井物産、住友商事などの総合商社 パーソルキャリアなどの人材関連企業 株式会社...

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ ...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

ベイン・アンド・カンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 証券 コンサルティングファーム メディア 通信 消費財メーカーなど ベイン・アンド・カンパニーに転職 ...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

シグマクシス・ホールディングス(旧・シグマクシス)の転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

Slalom(スラローム)の転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

Slalomは、アメリカのシアトルに本社を構えており、戦略や技術、ビジネス変革に焦点を当てた近代的なコンサルティングを提供するコンサルティングファームです。 2019年から日本への事業展開を目的とした市場参入計画をスタートさせ、2...

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。 ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、202...

TOP