コンサルティング

ネオマーケティングへの転職ってどう?事業や年収、社員の口コミなどを解説

ネオマーケティング転職者の主なキャリアステップ

ネオマーケティングの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職ネオマーケティング在籍者の主な職歴は、広告代理店やマーケティング企業などが挙げられます。

次の転職先ネオマーケティングからの転職先として、アイレップサイバーエージェントトランス・コスモスなどへ転職しています。

ネオマーケティングは、「生活者起点のマーケティング支援」というコンセプトのもと、インフラ業界から食品業界まで幅広いクライアント企業へのマーケティング支援事業を展開しているコンサル企業です。
マーケティングのプロセスを4つの段階に分けた独自の「マーケティングフレームワーク4K」を用いたマーケティング支援を行っており、クライアント企業の各フェーズを一気通貫してサポートできることが強みに挙げられます。
また、2022年に「NotePM」のネットリサーチおすすめ11選でサービスを紹介されるなど、注目を集めている企業です。
そんなネオマーケティングは、マーケティングコンサルタントや広報担当などの職種で中途採用を募集しています。
ここ数年は売上高が上昇傾向で推移しており、新規営業所を宮城は大阪へ開設するなど事業規模の拡大にも積極的です。
そこでこの記事では、ネオマーケティングへの転職を検討している方に必ず知っておいて欲しい、ネオマーケティングの事業内容や年収、社員の口コミなどを解説します。

ネオマーケティングを目指す人におすすめの転職エージェント

・ネオマーケティングの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • ネオマーケティングの企業概要
  • ネオマーケティングの転職ポイント
  • ネオマーケティングの社風や企業文化

ネオマーケティングに転職するポイント

ネオマーケティングの特徴

POINT

  • ・幅広い業界でマーケティング支援を行うコンサル企業
  • ・マーケティングのフェーズを4段階に分けた独自の「マーケティングフレームワーク4K」を開発
  • ・経営層との距離も近く、社内の風通しは良いとの声あり

ネオマーケティングへ転職するポイント

POINT

  • ・マーケティングコンサルタント、広報担当などで中途採用を募集中
  • ・データサイエンティストなど、専門性の高い職種でも募集中
  • ・面接では入社後のビジョンや志望動機を細かく深堀りされるとの情報あり

ネオマーケティングの企業概要

会社名 株式会社ネオマーケティング
本社所在地 東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
社長 橋本 光伸
設立 2000年10月
株式 上場(東証JASDAQ)
株主構成 株式会社エムスリードリームインベスター(26.88%)
橋本光伸(20.38%)
株式会社TRMブラザーズ(11.31%)

ネオマーケティングの売上

ネオマーケティングの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,132百万円 1,427百万円 1,829百万円
経常利益 19百万円 173百万円 286百万円

ネオマーケティングの最新ニュース

ネオマーケティングの事業内容

ネオマーケティングは、「生活者起点のマーケティング支援」をコンセプトとしたマーケティング支援を主力事業としています。
インフラ業界や食品業界など、コンサルティングの実績がある業界が幅広いことが特徴です。
マーケティングの各段階を「カクシン(核心)」「カイハツ(開発)」「カイタク(開拓)」「カイゼン(改善)」の4つに分けた、独自の「マーケティングフレームワーク4K」に基づいて支援を行います。
最近では、Web広告やECサイトなどを取り扱う「デジタルマーケティング」の分野にも力を入れています。
生活者へ対する理解をベースとして、クライアント企業に対するWeb広告戦略の提案や作成、運用、効果の検証までをすべて自社で行うことが特徴的です。
売上高、経常利益ともにここ数年は上昇傾向で推移しており、今後も事業規模の拡大が見込まれています。

ネオマーケティングの募集要項

マーケティングコンサルタント

メーカー企業の抱える課題の解決に必要な各種コンサルティング業務を行うことがマーケティングコンサルタントの役割です。
クライアントからの問い合わせ対応やマーケティング課題のヒアリング、社内プロジェクトチームの立ち上げなど、マーケティングの各プロセスへ総合的に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・経験を活かしてより高いステージに挑戦したいという意思がある
  • ・新しいことに能動的、かつ柔軟に対応できる
  • ・企業の成長へ主体的に携わっていきたいという意志 など

広報担当

カスタマーサクセス部門において、コールセンターの構築や管理業務を担当します。
オペレーターメンバーの教育や育成のみならず、パートナー企業との業務調整、管理も行います。
将来的にはカスタマーサクセス事業のリーダー候補として活躍することが期待される職種です。

必須な経験・スキル

  • ・コールセンターの管理者経験
  • ・データの取扱いや報告書の作成経験

ネオマーケティングの転職難易度

ネオマーケティングの転職難易度は中程度です。
ネオマーケティングでは、マーケティングコンサルタントと広報のほかに、データサイエンティストや商品開発などの職種でも中途採用を行っています。
手掛けるマーケティングの局面が幅広いため、さまざまな職種での中途採用が行われていることが特徴です。
前職での経験を生かして転職したいといった場合でも、自身のバックグラウンドに合う求人が見つかりやすい企業だといえます。
ただし、面接ではかなり丁寧に志望動機や入社後のビジョンなどについて触れられる傾向があります。
2021年には東証JASDAQへ株式を上場したこともあり、転職先としての注目も集まってきている企業です。
採用の倍率も決して低くないため、油断せずに手抜かりなく面接対策を進めていきましょう。

ネオマーケティングが転職者に求める人物像

ネオマーケティングでは転職者に対し、それぞれの職種で求める人物像を明記しています。
そのなかでも、多くの職種で共通しているのが「経験を活かし、より高いステージへ挑戦したいこと」「企業の成長へ主体的に携わっていきたいこと」の2点です。
ネオマーケティングは、自社開発のメソッド「マーケティングフレームワーク4K」などを用いているなど、独自のマーケティング手法に定評があります。
これらの手法を活かしつつ、さらにレベルの高いマーケティングを行っていきたいという成長意欲が重要です。
また、「企業の成長へ携わりたいか」という点は面接でも聞かれます。
主体性が重視されているということを頭に入れ、どのようにネオマーケティングを成長させていきたいのかを考えておくことも重要です。

ネオマーケティングの転職までの流れ

ネオマーケティングの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や将来のビジョンなどについて深堀りされる傾向があるため、しっかりと準備をしてから望みましょう。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの面接内容などを踏まえ、ネオマーケティングでやりたいことや志望動機の再確認などが行われます。

内定

ネオマーケティングの面接形式

ネオマーケティングの面接回数は基本的に3回です。
マーケティングコンサルタント以外の職種では面接回数がやや少なくなる傾向にあり、2回で面接が終了したという情報もあります。
面接は2次面接以外は1対1で行われ、2次面接は面接官が2名ほどの複数人形式で行われます。
面接1回あたりの所要時間は1時間ほどです。

ネオマーケティングの面接内容

ネオマーケティングの面接では、「将来何をやりたいですか?」「ネオマーケティングへ入社したあと、どのように会社へ貢献できますか?」といった未来志向の質問が多いです。
特に、ネオマーケティングでどのようなキャリアプランを考えているかについては1次面接の段階から細かく聞かれる傾向にあります。
ネオマーケティングでやりたいことについても、企業理解と紐付けて深堀りされることがあるため、面接前によく考えておきましょう。
ほかには、「何を求めてネオマーケティングへ応募したのですか?」といったネオマーケティングをどれほど知っているかを確かめるような質問も多いです。
ネオマーケティングの事業内容に対する理解を確認し、本当に熱意があるかどうかを見ています。
面接の前に一度ネオマーケティングの事業内容などについておさらいし、このような質問にも自信を持って答えられるようにしておきましょう。

ネオマーケティングの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・将来に関する質問をされる傾向がある

リサーチ、30代前半、男性
「将来、ネオマーケティングでどのようなことをしたいのか」と聞かれました。同じような内容を1次面接から最終面接まで3回に渡ってそれぞれ聞かれるため、入念に回答を準備しておくと良いと思います。
営業、20代後半、女性
「ネオマーケティングに求めていることは何か?」「どうしてほかのコンサル企業ではなくうちを選んだのか?」と聞かれたことが印象に残っています。ネオマーケティングについての企業理解が重要だと思いました。
経営企画、20代後半、女性
「自己PRをしてください」「志望動機を教えて下さい」といった基本的な質問が多く、どれも答えやすかったです。面接官にはやや威圧的な雰囲気がありましたが、話してみると気さくな雰囲気での面接でした。
コンサルタント、20代後半、男性
オーソドックスな内容が多く、雰囲気も含めて至って普通の面接でした。「ネオマーケティングに何を求めているのか」「どのようにしてネオマーケティングへ貢献できるか」と聞かれたことが印象に残っています。
広報、30代後半、男性
「ネオマーケティングという会社を変える気持ちがあるか」「将来この会社でどうなりたいのか」と聞かれました。主体性が重要視されていたように思います。

ネオマーケティングで働いている方の評判・口コミ

広報、在籍7~10年、男性
ルーティン化されたような単純作業がなく、いつも自分の頭を使って働けていることに働きがいを感じます。もちろん人によって向き不向きはありますが、新しいことへ積極的に挑戦していきたい方は何年続けても飽きることのない職種だと思います。コンサル企業としてはワークライフバランスも比較的良く、有給休暇なども咎められることなく取得することが可能です。
マーケティング、在籍3~5年、女性
マーケティングは今後どの会社でも求められる必須のスキルなので、マーケティングの知識や経験を幅広く身につけられる良い環境だと思います。自社保有のアンケートモニターに対し、「アイリサーチ」というサイトを活用してアンケートを行うことができるため、他社にはない提案が可能です。マーケティングの各段階を浅く広く扱っている分、専門性の高い競合他社との競争に破れてしまうことがあります。
法人営業、在籍7~10年、男性
男女問わず活躍できる環境が整っており、女性社員の比率も高いです。営業系の職種は残業時間が長くなり、帰宅が遅くなる傾向にあります。法令遵守意識が高いため、残業代はしっかりと支給されますが、業務量が多いため定時に帰宅するのはほとんど不可能です。仕事の裁量は大きいため、大きなやりがいはありますが、役職が上がると共に業務量も増えるため、周りとのコミュニケーション不足も起こりやすいです。

口コミの要約仕事の裁量が大きいため、働きがいのある企業だという声が多く見られました。他社と差別化された独自のメソッドを活用していることから、企業としての将来性も高いのではないかと感じている社員が多かったです。一方でワークライフバランスについては意見が分かれました。役職が上がると業務量が増える傾向にあり、それに伴って残業も増加していくようです。

ネオマーケティングの年収・給与

年収 470万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 退職金制度、従業員持株会制度、資格取得支援制度、健康保険組合優待など

ネオマーケティングでの転職者の出世難易度

ネオマーケティングでの転職者の出世難易度は中程度です。
ネオマーケティングでは、定期的に行われる面談における定量的、定性的な各評価が出世の判断材料となります。
それほど競争的な風土はないため、個人目標をしっかりと達成し、実績を面談の場でロジカルに説明することができれば出世することが可能です。
ただし、役職を上げるには相応の成果が求められます。
コンサルタントとしての経験が豊富なベテラン社員も多いため、そのなかで目立った実績を残すことは簡単なことではありません。
中途採用の社員が多いため、中途採用だからといって出世が不利になるということはありませんが、出世をするためには日々の業務のなかで着々と実績を積み重ねていくことが求められます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 リーダー 500万円
30代中盤 サブリーダー 500万円
30代後半 リーダー 900万円
40代前半 部長 700万円
40代後半 部長 900万円

ネオマーケティングはどんな人が働いている?

ネオマーケティングの従業員数

84名

ネオマーケティングの平均年齢

33.56歳

ネオマーケティングの平均勤続年数

4.26年

ネオマーケティングの社風

ネオマーケティングでは、経営層との距離が近い風通しの良い社風があります。
特に経営陣からは「社員全員で会社を盛り上げていきたい」という意思が強く伝わってくるため、社員一人ひとりが会社を成長させていこうという意思を持っています。
役員や上司であっても必ず相談に乗ってくれることが多く、社内で互いに助け合っていこうという風土がある会社です。
また。経営層との距離が近いため、ボトムアップでの意見が通りやすい環境です。
社員数はそれほど多くない企業のため、一人ひとりの仕事に責任が求められます。
中途社員の場合は管理職を担うことも多く、責任とやりがいが必要な環境だといえるでしょう。

ネオマーケティングのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月30.4時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ネオマーケティングの社長

橋本 光伸

1975年生まれ。
1999年に株式会社日本経済広告社に入社。
2000年に有限会社メディアインタラクティブ(現・株式会社ネオマーケティング)を設立し、代表取締役に就任。
2015年より、株式会社セールスサポートの代表取締役も兼任している人物。

ネオマーケティング現職、OB/OGの有名人

荒池 和史

1976年生まれ。
1999年に株式会社セブンイレブン・ジャパンに入社。
2004年に株式会社クークーへ入社後、2006年にイー・ガーディアン株式会社へ転職。
その2年後に取締役に就任。
2015年に株式会社ネオマーケティングに入社し、翌年より取締役(営業管掌)を務めている。

ネオマーケティングの転職に関わるQ&A


ネオマーケティングでは、多くの女性社員が活躍しています。
産休や育休などの制度も整っており、利用する社員も多くいます。
残業時間はそれほど少なくないものの、フレックスタイムなどの制度が導入されています。
柔軟な働き方を実現することができるため、女性でも働きやすいと感じる社員が多いでしょう。


ネオマーケティングの月平均残業時間は30.4時間です。
同業種と比較すると標準的な水準ですが、やや長めの残業時間であると感じている社員も少なくありません。
特に営業系の部署は忙しいことが多いです。

ただし、22時以降の残業が規制されているなど、ワークライフバランスを改善するための取り組みにも力が入れられています。
フレックスタイム制もあるため、柔軟に調整できると感じる社員も多くいます。

ネオマーケティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ネオマーケティングの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「ネオマーケティングの強み」や「サービス」、「調査レポート・ノウハウ情報」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したいという場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ネオマーケティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してネオマーケティングに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

マーケティングを行う企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのマーケティング会社の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「マーケティングを行っている企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

サークレイスへの転職。事業内容や口コミについて分かりやすく解説

サークレイス転職者の主なキャリアステップ ...

CINCの転職事情。転職難易度や年収などを解説

CINC転職者の主なキャリアステップ ...

アイドマホールディングスの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

アイドマホールディングスは、「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために設立以来BtoB企業における事業拡大のサポートや支援を行っている企業です。 そのほかにも、テレワークを活用し、在宅ワークと...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

ギックスの転職事情。2022年に上場した新進気鋭のITコンサル企業について解説します

ギックス転職者の主なキャリアステップ ...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

日本IBM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、PWCなどのIT系コンサル出身者など 日本IBM株式会社に転職 次の転職先 ...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

TDSEの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

TDSEは、AIを活用した総合型ソリューションを提供している企業です。 主にデータとAIを活用して顧客の変革のサポートをはじめ、「Tableau」や「NetBase」といったツールの提供を行っています。 また、2022年に株...

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

JSOL転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などの大手メーカー 大塚商会などのIT系企業 日本総研 株式会社JSOLに転職 次の転職先 KPMG...

TOP