コンサルティング

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、シンプレクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからシンプレクスに転職してくるのか
・転職先:シンプレクスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

シンプレクスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍、海外の大学出身者もおり、国立では東大や京大が多く、私立では早慶上理など、高学歴者が多く在籍しています。

職歴

シンプレクス在籍者は、新卒からのプロパー社員が多く、転職者の主な職歴は、ITや銀行メーカー、さらにはコンサルティングファームなんど幅広く挙げられます。

退職後の主な転職先

シンプレクスからの転職先として、アクセンチュアPwCベイカレントなどのコンサルティングファームが多く、そのほかにも損保証券などの金融系へ転職しています。

シンプレクスは、金融機関の収益業務に関わるシステムのコンサルティング業務やシステム開発業務などを行っている企業です。
金融分野に特化しており、銀行や証券、FXなどの市場系業務、デリバティブのリスク管理システムなどの導入コンサルティングの設計や開発を行い、高付加価値ソリューションの提供を行っています。
また、近年ではコンサルティングのみならず、システムインテグレーションも請け負っており、事業拡大にも注力している企業です。
1997年設立、東京都港区に本社を構えており、846名の社員が在籍しています。
シンプレクスでは、プロジェクトマネージャーなどの責任のあるポジションで、優秀でありながらガッツを持ち合わせている人材を求めています。

初めての転職でシンプレクスを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

シンプレクスの年収や面接内容も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ミドル~ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • シンプレクスの企業概要
  • シンプレクスの転職ポイント
  • シンプレクスの社風や企業文化

シンプレクスに転職するポイント

シンプレクスの特徴

POINT

  • ・金融機関の収益業務に関わるコンサルティング業務やシステム開発業務を行っている企業
  • ・金融分野に特化しており、高付加価値サービスを提供
  • ・裁量を持って働くことができるため、自己成長に繋がる環境

シンプレクスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・プロジェクトマネージャーなど、責任を問われるポジションで求人募集
  • ・高難易度や高品質の業務を行うため、ガッツのある人材を求めている

シンプレクスの企業概要

会社名 シンプレクス株式会社
本社所在地 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階
社長 金子 英樹
設立 1997年9月16日
株式 上場(東証1部)
株主構成(2018年3月期) シンプレクス株式保有組合(49.9%)
水嶋浩雅(48.5%)
株式会社OFFICE M(1.5%)

シンプレクスの売上

シンプレクスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 22,506百万円 23,696百万円 24,387百万円
経常利益 449百万円 583百万円 590百万円

シンプレクスの最新ニュース

シンプレクスの事業内容

シンプレクスは、金融業界に特化しており、銀行や証券などの金融機関業務において、金融市場業務やデリバティブのリクス管理システムなどの導入コンサルタントや設計の開発や提供をしている企業です。
イノベーションをコンセプトに、金融商品のディーリング・リスク管理や、戦略的なIT投資によって収益向上を図る領域に対してビジネスを展開しています。
また、システム開発などのほかにも、ローンチ後の保守まで行っており、一気通貫体制でサービスの提供を心がけています。
さらに近年では、AI・機械学習モデルを実用化するシステムインテグレーションの提供も開始しました。
日系企業でありながら、国内外を代表する大手金融機関の収益最大化を目標として、これからも事業拡大を続ける企業です。

シンプレクスの募集要項

社内システム担当

ネットワーク機器への設定変更作業や運用監視、トラブル対応などを担当するポジションです。
そのほかにも、仮想サーバーのインストールや基本設定作業、サーバーなどを監視制御するためのアプリケーション開発や運用も行います。
特定の技術領域だけに限らず、インフラ~アプリまで、最上流~下流まで幅広い経験を積むことができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・ネットワークの構築や運用経験
  • ・サーバーの構築や運用経験
  • ・アプリケーションの開発経験

AIプロダクトエンジニア

AIアルゴリズム開発や分析モデルのシステム実装、独自プロダクトの開発などを担うポジションです。
具体的には、新規プロダクトの機械学習モデル設計と実装や既存モデルの改善、機会学習アルゴリズムの調査と検証などを行います。
そのほかにも、プロダクト開発やデータ収集、前処理プログラムの開発も担当します。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のシステム開発または機械学習/データサイエンスの実務経験
  • ・プログラミング言語を用いて機械学習・統計ライブラリを利用した経験

プロジェクトマネージャー

証券会社向けに、システムコンサルティングからシステム開発、システムリリース後の運用や保守までを一気通貫で行うポジションです。
また、一般的なプロジェクトマネジメント業務に加え、ビジネスディベロップメントやコンサルティングの経験を積めるチャンスが多くあります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の金融やIT領域におけるプロジェクトリーダーやマネージャーの実務経験
  • ・クライアントのビジネスや業務理解に対して積極的な姿勢を持っている

シンプレクスの転職難易度

シンプレクスの転職難易度は非常に高いです。
知名度が高く人気がある企業であるため、ほかの応募者が多くいることが想定できます。
また、企業側としても優秀な人材を求めている傾向があるので、非常に高いレベルの能力が求められます。
応募者が多く、優秀な人材を求められている中から、自分を選んでもらうということは簡単なことではありません。
シンプレクスへの転職を目指すなら、ほかの人よりも優秀であるということをアピールできることが肝心です。

シンプレクスが転職者に求める人物像

シンプレクスでは、柔軟性と論理性を併せ持った地頭の良さや、主観と客観を必要に応じて視点を切り替えられるバランス感覚がある人材を求めています。
また、強い欲求を実現するために、全力でビジネスに打ち込めるガッツがある人材もめています。
高難易度の事業領域において、プロフェッショナルとして活躍するためには必要不可欠な要素のため、こういった部分が求めらているのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意してから臨みましょう。

シンプレクスの転職までの流れ

シンプレクスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問をさらに深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

シンプレクスの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は主に2~3回ですが、ポジションや応募人数によって異なります。
1回あたりの時間は1時間です。

シンプレクスの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験といったオーソドックスな質問から進みます。
また、「学生時代に打ち込んだことは?」や「どう努力できる人間なのか」なども質問されることがあります。
さらには、「100点の持ち点があり、複数の会社に割り振るとしたら、うちは何点?」や「アクセンチュアより優れているところは?」など、自社についての質問をされる傾向があるのでしっかりとした企業研究が必要です。
そのほかにも、自己分析をしっかりと行い、どんな質問に対しても、論理的な回答できるようにしておきましょう。

シンプレクスで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍5~7年、男性
優秀な社員が周りに多くいるため、自然と仕事に対する意識や考え方がポジティブになります。コンサルタントに近い仕事だからか、思考力が求められ、そういったところにやりがいと面白みを感じて仕事ができます。
システム開発、在籍3~5年、男性
自分のスキルアップに対しては最高の環境があると思います。若手に対して積極的にチャレンジを促し、社員のやりたいことを尊重してくれる風潮があります。時には、オーバータスクになってしまう場合もありますが、先輩や上司が見捨てずに手伝ってくれるので、最後までやり遂げることが可能です。
プログラマー、在籍5~7年、女性
男女問わず成果主義的な会社なので、肉体的にも精神的にもタフであれば、男女関係なく役職やキャリアを上げることができます。バリバリ働きたいという女性にはもってこいの企業だと思います。
口コミの要約

シンプレクスの口コミを見てみると、仕事のモチベーションを高めて働くことができる環境があるということが伺えます。また、若いうちから仕事を任せてもらえる風潮があるため、スキルアップは十分望めるということが伝わってきます。一方、ネガティブな口コミとしては、「福利厚生があまりない」や「ワークライフバランスが悪い」などといった口コミが多く見られます。

シンプレクスの年収・給与

年収 742万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 なし
住宅手当 なし
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険など

シンプレクスでの転職者の出世難易度

シンプレクスの転職難易度は中程度です。
優秀な社員が多く在籍しており、一見出世するのは難しそうに感じますが、シンプレクスは実力主義な風潮があります。
また、評価は男女関係なく平等に行われるので、実績を残せば残すほど、どんどん出世することが可能です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 プリンシパル 900万円
30代中盤 プロフェッショナル 1,200万円
30代後半 マネージャー 1,500万円
40代前半 アソシエイトプリンシパル 1,200万円
40代後半 アソシエイトプリンシパル 1,500万円

シンプレクスはどんな人が働いている?

シンプレクスの従業員数

846名

シンプレクスの平均年齢

37.6歳

シンプレクスの平均勤続年数

記載なし

シンプレクスの社風

シンプレクスは完全実力主義という社風があり、頑張ったら頑張った分だけ成果が出るという企業です。
また、比較的風通しが良く、上司に意見が述べやすい環境があります。
人間関係も比較的良好であり、上下関係なくコミュニケーションを取ることが可能です。
バリバリ働きつつ、社員同士仲良く働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

シンプレクスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、年末年始休暇、介護休暇など
平均残業時間 月60時間前後
フレックス制度 有り(コアタイム:10:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

シンプレクスの社長

金子 英樹

1963年生まれ。
一橋大学法学部卒業後、大前研一氏の影響でコンサルタントを志し、アーサー・アンダーセン(現:アクセンチュア)に入社。
生命保険会社のシステム開発事業などにプログラマーとして従事し、アメリカのシカゴ本社勤務を経て1990年に退職。
そのときの上司からシリコンバレーのベンチャー企業への転職を誘われ、キャッツ・ジャパンアカウントマネジャーに就任、東京オフィスの立ち上げに携わる。
翌年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券情報システム部門に勤務、1994年に社内MVPを受賞。
退職後、1997年にシンプレクス・リスクマネジメント(現:シンプレクス)を設立、代表取締役社長に就任。
「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」において、ベンチャー企業として唯一のトップ10入りを果たしている。

シンプレクス現職、OB/OGの有名人

上村 崇

早稲田大学在学中にベンチャー企業に参画し、データ分析やソフトウェア開発に携わる。
大学卒業後はアクセンチュアに入社、戦略グループにてコンサルティングに従事。
2005年にALBERTを創業、データサイエンスをコアとする事業を展開、ビッグデータ解析などを通じてAI市場を牽引、100名以上のデータサイエンティストやAIエンジニアを擁する組織にまで成長。
その後、科学技術振興をミッションとするepiSTを設立、さらには、シンプレクスとエピストの共同出資でDeep Perceptを設立した。

シンプレクスの転職に関わるQ&A


シンプレクスは、提供しているサービスが高難易度かつ高品質なため、必然的に業務量は多くなります。
また、案件によっては完全オーダーメイドでの開発になり、上流案件定義時より高い専門性や顧客との折衝能力が求められるので、体力的にも精神的にもタフでガッツであることが必要です。
ただし、今までにITコンサルティング経験やSEの経験があれば、比較的すぐに慣れるでしょう。

男女差別は一切なく、評価などは平等に行われます。
ただし、上記で説明した通り、ハードワークになるため、肉体的・精神的に強くなければ働くことは厳しいかもしれません。
バリバリ働いてスキルアップしたいというキャリアウーマンには、向いている企業といえます。

シンプレクスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

シンプレクスの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
求人情報をはじめ、企業からのメッセージや社員インタビュー、さらには企業理念や創業ヒストリーなどが掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、求人情報の内容はそれほど具体的に掲載されているわけではないので、より具体的な内容が知りたい場合や、公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人情報から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してシンプレクスへの転職を目指すなら、掲載されている企業数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベストでしょう。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・圧倒的案件の多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募~面接までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできず、自分のペースで転職を進めたい人には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、シンプレクスの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは最高年収が2,000万以上!

ビズリーチに掲載されている求人は、コンサルティングやマネージャーなどを多数掲載しています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって、提示されている年収も比較的高く、中でも年収2,000万円以上の求人もあります。
また、ビズリーチは転職サイトと比べて、比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、シンプレクスの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してシンプレクスへの転職を目指すなら、転職支援実績を多く持っている「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

シンプレクスはハイクラス転職の中では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなります。
「通過率はどれくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先か」など、キャリアコンサルタントに相談することで解消できる可能性があります。
シンプレクスへの転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職エージェントを活用するのが確実です。

JACリクルートメントではエンジニアの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なる場合があります。

JACリクルートメントは、いろんな企業や業界を熟知しており、専門性に特化したキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、より確実な転職活動を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがシンプレクスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

  ▼下記は、MAキャピタルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからMAキャピタルに転職してくるのか ・転職先:MAキャピタルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

  ▼下記は、ベインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベインに転職してくるのか ・転職先:ベインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

  ▼下記は、ATカーニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからATカーニーに転職してくるのか ・転職先:ATカーニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ベイカレント・コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベイカレント・コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ベイカレント・コンサルティングからどこへ転職す...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本ユニシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ユニシスに転職してくるのか ・転職先:日本ユニシスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、クニエに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクニエに転職してくるのか ・転職先:クニエからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

  ▼下記は、BCGデジタルベンチャーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからBCGデジタルベンチャーズに転職してくるのか ・転職先:BCGデジタルベンチャーズからどこへ転職するのか ...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

▼下記は、シンプレクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシンプレクスに転職してくるのか ・転職先:シンプレクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP