コンサルティング

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか
・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・読売広告社などの広告代理店
    ・不動産関連会社

  • 株式会社ランドネット
  • 主な転職先

    ・不動産管理会社
    DeNAなどのWEB系事業会社
    ・一建設などの建設会社

ランドネットの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴ランドネット在籍者の主な職歴は、読売広告社などの広告代理店のほか、不動産関連会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先ランドネットからの転職先として、不動産管理会社のほか、DeNAなどのWEB系事業会社や一建設などの建設会社へ転職しています。

ランドネットは、関東地方や関西地方を中心に、不動産の売買仲介サービスを展開している不動産会社です。
不動産仲介をメインに展開していますがが、近年はリフォーム業なども手掛けるなど、住宅に関連する事業を総合的に手掛けています。
さらには、不動産管理も行っており、全国5,000戸近い管理物件を持ち、入居率は98%を誇っています。
そんなランドネットは、不動産コンサルタントや施工管理などの幅広いポジションで、社内外と積極的にやり取りでき、仕事を通じて成長することに喜びを見い出せる人材を求めています。
この記事では、ランドネットへの転職を成功させるうえで知っておきたい、ランドネットの事業内容や中途採用面接で聞かれる内容などを解説します。

ランドネットへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ランドネットの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ランドネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ランドネットの企業概要
  • ランドネットの転職ポイント
  • ランドネットの社風や企業文化

ランドネットに転職するポイント

ランドネットの特徴

POINT

  • ・関東や関西一円を中心に不動産仲介サービスを展開する不動産会社
  • ・リフォーム事業も手掛けるなど、近年事業規模を拡大中
  • ・全国に5,000戸近くの管理物件を持ち、入居率は98%を誇る

ランドネットへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・不動産コンサルタントや設計施工管理などで求人募集
  • ・社内外と積極的にやり取りでき、仕事を通じて成長できることが肝心

ランドネットの企業概要

会社名 株式会社ランドネット
本社所在地 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋7階
社長 榮 章博
設立 1999年9月29日
株式 上場(東証JASDAQ)
株主構成 株式会社ブレインネット(38.61%)
榮章博(33.68%)
ゴールドマン・サックス・インターナショナル(1.98%)

ランドネットの売上

ランドネットの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 30,152,771千円 35,773,981千円 41,163,009千円
経常利益 1,073,572千円 831,131千円 1,154,894千円

ランドネットの最新ニュース

ランドネットの事業内容

ランドネットは、関東地方や関西地方を中心に、不動産の売買仲介サービスを行っている不動産会社です。
主力として、中古不動産を買い取り、不動産業者や投資家などへ販売を行っています。
ランドネットが買い取りしている不動産は、単身世帯の入居者を想定した「ワンループタイプ」と、ファミリー層などの入居者を想定した「ファミリータイプ」の2つに分かれています。
ワンルームタイプの物件は、主に法人の顧客に向けた販売を行い、一方ファミリータイプの物件は、主に入居者へ向けた販売を行っていることがランドネットの特徴です。
また、必要に応じてリノベーションやリフォームなどを行っており、20年以上に渡り不動産を手掛けてきたことで蓄積されたデータベースを活用した最適な価格を算出できることを強みに持っています。
現在のコロナ禍のなかでも売上は2年連続で上昇しており、今後も事業規模を拡大していけるかを注目されている企業です。

ランドネットの募集要項

不動産コンサルタント

ランドネットが投資用に管理している不動産の売買仲介営業を行うポジションです。
具体的には、販売する不動産の情報収集や不動産の仕入れ、広告の企画、物件所有者との交渉などを行います。
担当する業務の範囲は幅広いですが、さまざまな経験を積むことのできる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・不動産コンサルタントとしての実務経験

設計施工管理

ランドネットの管理する不動産であるマンションや戸建てのリノベーション・リフォームに関連する業務を包括的に担当するポジションです。
具体的には、リフォーム内容の提案や内装、設備に沿った見積もりとプランの作成、工程管理と物件引き渡し後のフォローアップなどを行います。
コンセプト立案から経験できるため、企画力や設計施工力、事業推進力などのスキルを身に付けられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ハウスメーカーや工務店などで建築やリフォームの実務経験
  • ・建築士1~2級や建築施工管理技士1~2級などの資格保有

ランドネットの転職難易度

ランドネットの転職難易度は中程度です。
ランドネットでは、不動産に関連する職種である不動産コンサルタントや施行管理はもちろんのこと、エンジニアや人事など、不動産業界での経験がない場合でも応募しやすい傾向にあります。
求められる経験やスキルの基準もそれほど厳しくはなく、異業種からの転職であっても応募しやすいのがランドネットの特徴です。
ただし、面接対策は気を抜かずに進めておくことが重要であり、実際に不動産に対する興味や基礎的な知識などは面接で質問されることもあります。
現在事業拡大中であり、幅広いポジションで求人募集はされていますが、決して簡単に転職できるというわけではないため、あらかじめ理解しておきましょう。

ランドネットが転職者に求める人物像

ランドネットでは、ポジションごとに求める人物像が記されています。
多くのポジションに共通して求められているのが、「社内外と積極的にやり取りできるコミュニケーション能力」と「仕事を通じて成長することに喜びを見いだせる」ことの2点です。
ランドネットは社員同士の仲が比較的良く、イベントなども頻繁に開催されるという風土があります。
実際に仕事をしていくうえでも、このような会社の風土に馴染めることが大切といえます。
また、不動産売買というサービスを通して顧客に新たな価値を提供するため、コミュニケーション能力に富んだ人材も求めらるといえるでしょう。

ランドネットの転職までの流れ

ランドネットの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・課長
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄や価値観を判断するような質問をされます。

内定

ランドネットの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

ランドネットの面接内容

ランドネットの面接は、志望動機や前職の退職理由など、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「合わない人と仕事で関わらなければならないときにどうするか」や「人間関係で悩んだことは?」といった人柄や価値観を判断するような質問をされる傾向があります。
さらには、「不動産に対する興味はあるか」や「どうしてこの業界で働きたいのか」など、不動産関連の質問もされるため、あらかじめ説得力のある回答を用意しておくことが重要です。
他社を含めた企業研究はもちろんのこと、自己分析もしっかりと行い、どのような質問にも一貫性をもって回答できるように準備しておきましょう。

ランドネットの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションで募集している
・求人情報はDODAやリクルートエージェントなどでも確認できる
・基本的なことを質問されることが多い

コンサルタント、30代後半、男性
志望動機やこれまでの内容についてなど、オーソドックスな内容が中心の面接でした。変に緊張しすぎず、落ち着いて答えていくことが重要だと思います。
管理、30代前半、男性
どうして不動産業界に興味を持ったのかを聞かれました。また、ランドネットを志望した理由などについてはかなり深堀りされた印象です。
エンジニア、20代後半、女性
オーソドックスな内容が中心の面接でした。スキルテストのようなものはありませんでしたが、エンジニアとしてのスキルを問うような質問がいくつかありました。
営業、30代前半、男性
「以前の職場で人間関係に苦労したことはあったか」という質問が印象的でした。また、営業をするうえで大切なことはなんだと思うかを聞かれました。
施工管理、30代前半、女性
特に答えにくいような質問はなく、志望動機や自己PRなど基本的な内容がほとんどでした。特別話しやすいわけでも圧迫面接気味というわけでもなく、至って普通の面接です。

ランドネットで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍10年以上、男性
「大家族主義」という名の下、さまざまな社員間のイベントが開催されます。社内風土は良くも悪くも社長のワンマンで、基本的には社長が決定します。仕事に対するモチベーションが高い方が多く、待遇はそれなりに良いため、普通に暮らす分には困ることのない給料を貰えるでしょう。
賃貸管理、在籍5~7年、女性
近年急速に成長しており、特にここ最近は年130%ほどの成長率を記録しています。女性社員の比率は3割ほどで、特に営業などの部門ではほとんどが男性です。産休や育休などの制度自体はありますが、実際に利用している方はそれほど多くないように感じます。
営業主任、在籍10年以上、男性
以前は夜遅くまでの残業が常態化していましたが、働き方改革の波を受け、近年は徐々にワークライフバランスが向上してきていると感じます。宅建の資格取得支援制度も整っており、利用している社員が多く、スキルアップできる環境はあるといえるでしょう。

口コミの要約ランドネットの口コミを見てみると、社員同士の仲が良く、家族のような人間関係が構築されているということが伝わってきます。上下関係も比較的フラットで、一般社員であっても社長と話しやすいベンチャー企業のような一面があるということが伺えます。

ランドネットの年収・給与

年収 703万円
ボーナスの有無 年3回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、資格手当制度、退職金制度、社員持株会制度など

ランドネットでの転職者の出世難易度

ランドネットの出世難易度は中程度です。
ランドネットでは、実力主義が採用されており、評価は数字に基づいて行われます。
人事の公平感についての評価も高かったため、素直に実績が出世に反映されると考えて間違いないでしょう。
営業系の部署は30歳前後の比較的若い社員が多く、中途採用の方が多数派を占めている傾向があります。
中途採用だから不利だということは全くありませんが、出世をしていくためには着々と実績を積み上げていくことが大切でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 係長 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 課長 900万円
40代前半 主任 900万円
40代後半 部長 1,100万円
50代前半 部長 1,400万円

ランドネットはどんな人が働いている?

ランドネットの従業員数

496名

ランドネットの平均年齢

30.6歳

ランドネットの平均勤続年数

6.0年

ランドネットの社風

ランドネットには、社員同士のコミュニケーションが非常に活発であり、フラットな社風です。
「大家族主義」を謳っており、社長を中心に名実ともに家族のような雰囲気があります。
在籍している社員の平均年齢は30.6歳と比較的若く、社内には非常に活気があり、ここ数年の成長を受け、勢いのある企業といえます。
また、関連会社にはアジア系の企業が多いことから、社内でも日常的に中国語や英語が飛び交っており、グローバルな環境があるというのも特徴的です。
フラットな環境のなかで、社員同士連携しながら業務を進めたいという方には、向いている企業でしょう。

ランドネットのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00(職種による)
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月30.7時間
フレックス制度 有り(一部)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ランドネットの社長

榮 章博

1960年生まれ、大阪府出身。
中央大学法学部卒業後、不動産流通会社に入社。
経営企画部門や営業などを経験後、データシステムなどに興味を持つ。
IT化の進んでいなかった不動産業界で、いち早く不動産流通データベースシステムを開発し、1999年に株式会社ランドネットを設立、代表取締役に就任。
20周年を迎えた現在、『第二創業期』として事業拡大を推進している人物。

ランドネット現職、OB/OGの有名人

浦 好之

1982年生まれ。
阪神淡路大震災をきっかけに、マンションの堅牢性に興味を抱く。
建築の専門学校へ進学し、デザインを専攻したのち、2006年に株式会社ランドネットに入社。
2013年、第一営業部長へ就任し経営へ参画。
その翌年には、取締役に就任した。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ランドネットの転職に関わるQ&A


ランドネットに在籍している女性社員は3割程度です。
人数的には標準的ですが、ほとんどの方が事務系部署に配属されています。
産休や育休などの制度は整っており、お祝い金などを受け取ることも可能なため、比較的制度は整っているといえるでしょう。
ただし、部署によっては女性比率が1割を切っているところもあり、女性の働きやすさについて気になる場合は、面接時などで配属先部署の女性社員比率などを質問すると良いかもしれません。

ランドネットは、不動産業界のなかでも給与が高いことで知られています。
平均年収は703万円であり、同規模の会社としては高水準の部類です。
また、実力主義が採用されているため、実績によって大きく給与が異なってきます。
ただし、その反面で固定給は少なく、成果に応じたインセンティブで総額が増えるというシステムになっているため、高年収を狙うのであればしっかりと結果を残すことが求められます。

ランドネットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ランドネットの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージやブログ、ランドネットの現在など、さまざまな情報が掲載されているため、応募する前に一度目を通すと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの転職した場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ランドネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してランドネットに転職するなら、不動産業を行う他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、不動産業界をはじめとした募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの不動産業の平均年収は、900万円~1,500万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

あなたがランドネットに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

M&Aキャピタルパートナーズの転職はおすすめ?採用情報や年収をご紹介

M&Aキャピタルパートナーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 メーカー コンサルティング会社 銀行 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職 ...

ネオマーケティングへの転職ってどう?事業や年収、社員の口コミなどを解説

ネオマーケティング転職者の主なキャリアステップ 前職 広告代理店 マーケティング企業 株式会社ネオマーケティングに転職 次の転職先 アイレップ サイバ...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ 前職 EY新日本、あずさなどの監査法人 アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツなどのコンサルファーム 三菱東京UFJなどの銀行 ...

BlueMemeへの転職まとめ。事業内容や年収、面接内容などについて解説

「プログラミングの自動化」をキーワードに、システム開発の内製化をサポートするコンサルティング業務などを行っているBlueMeme。従来は多くのエンジニアが必要であった開発案件を、独自のローコード技術で効率的に解決する方法論「AGIL...

アイドマホールディングスの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために「世界の可能性を広げる」というビジョンを掲げながら、設立以来BtoB企業における事業拡大のサポート・支援を続けてきた株式会社アイドマホールディングス。テレワ...

KPMGコンサルティングへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

KPMGコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 大手国内事業会社 アクセンチュア、デロイト、PwCなどのコンサルファーム KPMGコンサルティング株式会社に転職 ...

AGSの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

AGS転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 AGS株式会社に転職 次の転職先 トーマツ、あずさ監査法人、NTTデータなどのSIer ...

ドリームインキュベータの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ドリームインキュベータ転職者の主なキャリアステップ 前職 ATカーニー、アクセンチュアなどの同業コンサル トヨタ自動車、LINE、大手商社などの大手事業会社 国家公務員 株式会社...

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)への転職情報まとめ

企業の持つネットワークの安全性向上や、コンピュータへの不正侵入防止、データの改善や破壊、情報漏洩防止に向けた各種コンサルティングを行っているグローバルセキュリティエキスパート。情報セキュリティのスペシャリストの人材育成も行っている、...

TOP