コンサルティング

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本ユニシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本ユニシスに転職してくるのか
・転職先:日本ユニシスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・ほとんどがプロパー社員
    IBMなどのSIer出身者
      

  • 日本ユニシス株式会社

  • 主な転職先

    SIer
    ・IT
    ・ゲームメーカー など

日本ユニシスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍しており、海外の大学でMBAを取得している社員も多くいます。

職歴

日本ユニシス在籍者は、プロパー社員がほとんどであり、一部転職者もいます。転職者の職歴は、IBMなどのSIer出身者となっています。

退職後の主な転職先

日本ユニシスからの転職先としては、IBMなどのSIerや、アビームなどのコンサルティング会社などへ転職しています。

日本ユニシスは、主にビジネスソリューションを提供するITサービス企業であり、情報通信技術サービスの提供や情報システム構築を行うシステムインテグレーターです。
金融機関向けシステムをはじめ、アパレル系システムや通販系システム、ERPソリューションなどで強みを持っており、2008年からはクラウドサービスに注力しています。
1958年設立、東京都江東区に本社を構え、7,830名もの社員を抱えている大企業です。
そんな日本ユニシスでは、企画やコンサルタントなどの専門職において、専門性に特化した能力を持つ人材を求めています。

初めての転職で日本ユニシスを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

日本ユニシスの年収や口コミも気になるけど、先にどんな求人があるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人を豊富に取り扱っているため、転職先がまだ確定していないという方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチを事前にチェックしておくと、転職活動を円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本ユニシスの企業概要
  • 日本ユニシスの転職ポイント
  • 日本ユニシスの社風や企業文化

日本ユニシスに転職するポイント

日本ユニシスの特徴

POINT

  • ・金融やアパレル系などに強みを持つ大手システムインテグレーター
  • ・2008年からクラウドサービスにも注力
  • ・研修制度や福利厚生が充実しており、働きやすい環境を完備

日本ユニシスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠はそれほど多くない
  • ・企画やコンサルタントなどの専門職で求人募集
  • ・専門性に特化した能力を持ち、即戦力となる人材を求めている

日本ユニシスの企業概要

会社名 日本ユニシス株式会社
本社所在地 東京都江東区豊洲一丁目1番1号
社長 平岡 昭良
設立 1958年3月29日
株式 上場(東証1部)
株主構成 大日本印刷(20.65%)
日本トラスティサービス信託銀行(10.3%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.08%)

日本ユニシスの売上

日本ユニシス 売上推移

日本ユニシスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 286,977百万円 299,029百万円 311,554百万円
経常利益 16,092百万円 20,515百万円 26,615百万円

日本ユニシスの最新ニュース

日本ユニシスの事業内容

日本ユニシスは、経営コンサルティングからシステム設計や開発、システムの運用や保守といったサポート業務など、トータルサービスを展開している企業です。
金融向けシステムをはじめとした、アパレル・通信・ERPソリューション・CRMなどで強みを持っています。
現代、市場の成熟や技術革新のスピード向上、グローバル化などのさまざまな要素から、非常に未来の見えにくい時代です。
そんな時代に対し、日本ユニシスでは、社会変化を先読みし、社会課題の解決に貢献するプラットフォームの提供を進めています。
また、長年培ってきたシステム開発の知識とノウハウ、技術を最大限に活用し、優れたICTサービスの提供、顧客企業の価値創造を支援しています。
今後の展望として、「ネオバンク」「アセットガーディアン」「デジタルアクセラレーション」「スマートタウン」の4つに注力し、クライアントと共に社会を豊かにする価値の手供、社会課題の解決を目指している企業です。

日本ユニシスの募集要項

インフラエンジニア

日本ユニシスが提供している大手通販会社向けアウトソーシングサービスで、情報システムのインフラ保守サーバーチームのリーダーとして、保守業務の進捗や品質管理などを行います。
また、将来を見据えた次世代アウトソーシングの企画や戦略立案、さらには実行まで行います。
ほかの社員を牽引していく職種なため、マネジメントスキルが必要になります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のインフラ構築やシステム運用領域リーダー経験
  • ・IT部門やユーザー部門といった顧客との交渉・調整経験
  • ・インフラ知識

プロジェクトマネージャー

自社製品「Bank Vision」の開発や適用プロジェクトの業務グループに属し、顧客均衡から進捗管理、メンバーサポートを行うポジションです。
プロジェクトは200人体制であり、10~20人ほどのメンバーをマネジメントし、徐々に人数が増えていきます。
このポジションで扱うシステムはクライアントからのニーズが高く、クライアントから直接感謝の言葉をもらうこともあるので、やりがいを感じられるポジションでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・金融系プロジェクトにおけるシステム導入経験

ソリューション営業

アパレルや小売といった流通分野の企業に対し、業務改善や経営支援を目的としたシステムの提案を行います。
具体的には、BPOや基幹系システム、情報系システムなどの提案を行い、新規ビジネス開拓に積極的に取り組みます。
クライアントの要望を叶えるだけではなく、エンドユーザーのことまで理解したうえで、最適な提案と価値提供を行う必要があるため、責任があるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業経験
  • ・ITの基本的な知識

日本ユニシスの転職難易度

日本ユニシスの転職難易度は比較的高いです。
歴史が長く、知名度がある企業であり、年収や待遇面が非常に充実していることから、応募者が多いことが想定されます。
また、日本ユニシスでは中途採用をそれほど多く行っていないため、転職できるチャンスは少ないでしょう。
求人が公開されたとしても、求められている能力が高く、応募する転職者は全体的にレベルが高くなります。
日本ユニシスへの転職を目指すなら、簡単な道のりではないことをあらかじめ理解しておく必要があります。

日本ユニシスが転職者に求める人物像

日本ユニシスでは、新しいビジネスの発想や創造ができ、何事にも前向きに取り組めるような人材を求めています。
ビジネスソリューションを提供しているITサービス企業として、常にクライアント目線であり、時代の流れに沿った最新サービスの展開を目標としている企業のため、上記のような人材を求めているのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、面接官にアピールすることで採用される可能性が高まるでしょう。

日本ユニシスの転職までの流れ

日本ユニシスの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や今までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事部長・技術系部署の部長
想定内容:これまでにされた質問を再度深堀し、さらに今後のキャリアプランなどの質問をされます。

内定

日本ユニシスの面接形式

一次面接はグループ面接、それ以降の面接は1対1で行われます。
面接回数は職種に応じて2~3回あります。
1回あたりの時間は30分前後です。

日本ユニシスの面接内容

志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「学生時代に打ち込んだこと」や「今後のキャリアプラン」、「弊社で何をやり遂げたいか」などの質問をされることがあります。
あらゆる見方で質問されるため、自己分析をしっかりと行っておく必要があります。
面接の雰囲気は、全体的に穏やかな雰囲気です。
必要以上に緊張することなく、自分らしく面接に臨めるでしょう。

日本ユニシスで働いている方の評判・口コミ

プロジェクトマネージャ、在籍10年以上、男性
クライアントは大企業が中心なので、大抵は大きな仕事を担当することができます。責任感はありますが、やりがいは非常に感じることができるでしょう。また、ある程度自由な風潮があるので、誰でも働きやすいと思います。
ソフトウェア関連職、在籍3~5年、男性
研修・教育期間は長く、しっかりと学ぶことができます。また、配属後もOJT制度があるため、部署によるかもしれませんが、丁寧に教えてくれる方が多くいます。上司とのキャリア相談も可能なので、今後のキャリアプランを立てやすいでしょう。
アプリケーション設計、在籍1~3年、女性
フレックス制度が導入しているので、働き方にかなり融通が利きます。家族の体調不良や急用などでも休みが取りやすく、残業時間もそれほど多くはありません。業務後に趣味を楽しんでいる方が多くいます。
口コミの要約

日本ユニシスの口コミを見てみると、大きな仕事に携わることができ、責任とやりがいを感じながら仕事できることが伝わってきます。また、研修などが充実しており、ワークライフバランスも良いため、働きやすい環境ということも伺えます。

日本ユニシスの年収・給与

年収 825万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り
福利厚生 各種保険完備、退職年金制度、独身寮、契約保養所など

日本ユニシスでの転職者の出世難易度

日本ユニシスの出世難易度は比較的高いです。
日本ユニシスには優秀な人材が多数在籍しており、それぞれ実績を残しています。
そのなかから出世するというのはなかなか難しいでしょう。
また、年功序列の色が比較的濃いため、基本的には上の社員から出世していきます。
ただし、評価は平等に行われるため、実績を残せば残すほど評価してもらえるでしょう。
出世を目指すなら努力を怠らず、実績を残し続けることで道は拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 主任 700万円
30代後半 マネージャー 900万円
40代前半 マネージャー 1,000万円
40代後半 部長 1,200万円
50代前半 部長 1,400万円

日本ユニシスはどんな人が働いている?

日本ユニシスの従業員数

4,355名(単体)
7,830名(連結)

日本ユニシスの平均年齢

44.6歳

日本ユニシスの平均勤続年数

21.0年

日本ユニシスの社風

日本ユニシスは、おおらかであり、穏やかでのびのびとした社風があります。
良い社員やマイルドな社員が多く在籍しており、個人の成長を尊重している風土がありますが、チームワークも重視しています。
社員同士は比較的仲が良く、定期的にコミュニケーションを取っている方が多いです。
必要以上にストレスを感じたくない方や、自分らしく働きたいという方には向いている企業といえるでしょう。

日本ユニシスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、リフレッシュ休暇、特別休暇など
平均残業時間 月20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本ユニシスの社長

平岡 昭良

1956年生まれ、石川県出身。
早稲田大学理工学部卒業後、日本ユニシスに入社。
ビジネスアグリゲーション事業部長や執行役員、取締役常務執行役員、取締役上席常務執行役員などを歴任。
2016年に代表取締役社長に就任、現在に至る。
「志」を持つ方々と社会課題を解決していく企業を目指している。

日本ユニシス現職、OB/OGの有名人

葛谷 幸司

1963年生まれ。
1985年に日本ユニシス入社。
SW&サービス本部S-BITS適用統括PMや金融第三事業部長、金融事業部門副部門長、執行役員などを歴任。
2016年に取締役常務執行役員に就任、現在に至る。
葛谷氏は、アルバイトから始め、執行役員まで出世した人物。

日本ユニシスの転職に関わるQ&A


結論からいうと、日本ユニシスの上下関係はそれほど厳しくはありません。
年功序列な風土はあるものの、比較的自由な雰囲気の中で業務にあたることができます。
また、上下関係のないチームで自由な発想を育てることを目標としているため、働きやすい環境があるといえます。

男性社員のみならず、女性社員も多く在籍しており、男女差別は特にありません。
評価は平等に行われるため、女性社員でも出世することが可能です。
また、産前産後休暇や育児休暇などの制度もあるため、女性でも安心して働ける環境があるでしょう。

日本ユニシスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本ユニシスの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることができます。
採用情報ページには、企業からのメッセージが掲載されているので、一読をおすすめします。
ただし、求人情報は掲載されておらず、自らエントリーして企業からのお声かけを待つというスタンスのため、求人情報を確認することができません。
自分でポジションを探すほうが良い場合や、一般的に公開されていない求人にも応募してみたいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人情報からポジションを選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本ユニシスへ転職するなら、掲載されている企業件数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラス求件が多く扱っている「ビズリーチ」が良いでしょう。
ビズリーチでは今の自分の市場価値を把握することができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすくなるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。
・掲載されている案件が多い
・空いた時間に転職活動できる気軽さ
・応募~面接までのスピード感

豊富にあるポジションや企業の中から自分に合った場所を探したい場合や、空いた時間に転職活動したい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前に転職サイトを活用する方も多く、日本ユニシスの募集内容を知りたい方は、事前にチェックすると良いでしょう。

ビズリーチではPVやコンサルタントなどの専門職が多数掲載!

現在、ビズリーチに掲載されている日本ユニシスの求人情報はありませんが、同業他社の求人は多数掲載されています。


※画像はイメージです。

ミドルクラス~ハイクラス求人をメインとしているビズリーチだけあって、提示されている年収も比較的高く、最低年収は800万円となっています。
また、非公開求人が多く持っていることもあり、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募は、「企業が求めているスキルや人物像」がイマイチ分からないため、経歴やスキルで落とされてしまうことも珍しくありません。
確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して日本ユニシスへの転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質の良さに定評があり、業種ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しています。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つです。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・企業との高いマッチング率
・一般公開されていない非公開求人の多さ

日本ユニシスはハイクラス求人の中では非常に人気の高い企業なため、必然的に競争率も高くなります。
「転職者全体の通過率はどれくらいなのか」や「今の自分でも通用するのか」など、疑問点や不安なことはキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントではエンジニアやコンサルタントの求人多数

リクルートエージェントの求人を見てみると、エンジニアやコンサルタントなどの求人が多数掲載されています。

日本ユニシス リクルートエージェント
※画像はイメージです。

上記のような不安や疑問がある場合や、初めての転職活動という場合は、手厚いサポートがあるリクルートエージェントがベストといえます。
また、リクルートエージェントは登録しなくても案件を閲覧することができるため、パッと見て気になる求人を見つけたら登録するという方法でも良いでしょう。
さらには非公開求人が多く扱っているため、キャリアコンサルタントに相談することで紹介してもらえる可能性があります。

あなたが日本ユニシスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

  ▼下記は、ストライクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからストライクに転職してくるのか ・転職先:ストライクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

  ▼下記は、ATカーニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからATカーニーに転職してくるのか ・転職先:ATカーニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

  ▼下記は、フューチャーアーキテクトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーアーキテクトに転職してくるのか ・転職先:フューチャーアーキテクトからどこへ転職するのか 一般...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

▼下記は、Supershipに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSupershipに転職してくるのか ・転職先:Supershipからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

  ▼下記は、クニエに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクニエに転職してくるのか ・転職先:クニエからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

  ▼下記は、日本IBMに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本IBMに転職してくるのか ・転職先:日本IBMからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

▼下記は、ボストンコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからボストンコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:ボストンコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し...

マッキンゼーアンドカンパニーの転職難易度は?英語は必須?

▼下記は、マッキンゼーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマッキンゼーに転職してくるのか ・転職先:マッキンゼーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

TOP