メーカー

木村工機への転職ってどう?転職難易度や社員の口コミなどを解説

木村工機転職者の主なキャリアステップ

木村工機の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

木村工機在籍者の主な職歴は、シャープなどの電機メーカー電子部品メーカーのほか、デザイン会社や金属加工会社などが挙げられます。

次の転職先

木村工機からの転職先として、クボタなどの農機メーカー電子部品メーカーへ転職しています。

70年以上に渡って空調機器の製造を手掛けてきた木村工機。
業務用空調の製造販売に特化したメーカーであり、オフィスビルや商業施設、工場、学校など、幅広い空間の快適な空調を作り続けています。
国内外における取得済みの特許件数は2022年時点で190件を超えるなど、高い技術力にも定評があるのが特徴です。
そんな木村工機では、販促企画やグラフィックデザイン、施工管理といった職種で中途採用を募集しています。
歴史のあるメーカーのため、安定性が高いことに加えて2020年に株式を上場したことも相まって知名度が高まりつつある企業です。
この記事では、木村工機への転職を狙う方に向けて、事業内容や転職難易度、実際に働いている社員からの口コミなどを解説します。

木村工機を目指す人におすすめの転職エージェント

・木村工機の口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • 木村工機の企業概要
  • 木村工機の転職ポイント
  • 木村工機の社風や企業文化

木村工機に転職するポイント

木村工機の特徴

POINT

  • ・業務用空調の製造販売を行う企業
  • ・オフィスビルや商業施設など、顧客は多岐にわたり、安定した経営基盤を持つ
  • ・特許取得数は190件を超えており、高い技術力に国内外から定評

木村工機へ転職するポイント

POINT

  • ・販促企画や施工管理などで中途採用の求人あり
  • ・グラフィックデザインなど、専門性の高いポジションでの募集もある
  • ・面接では前職の経験を深堀りされる傾向があるため、対策が必要不可欠

木村工機の企業概要

会社名 木村工機株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区上本町西5丁目3-5
社長 木村 惠一
設立 1947年8月
株式 上場(東証スタンダード)
株主構成 KIMURA(10.91%)
自社(6.37%)
大阪中小企業投資育成(5.20%)

木村工機の売上

木村工機の売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 12,121百万円 10,525百万円 10,200百万円
経常利益 1,865百万円 1,410百万円 1,331百万円

木村工機の最新ニュース

木村工機の事業内容

木村工機の主力事業は、業務用空調機器の製造販売です。
1947年に機械工具類の販売を行いはじめたのが木村工機の源流であり、その後70年近くにわたって熱交換器や暖房機器の製造を行ってきました。
納品先となる顧客は幅広く、オフィスビルや商業施設はもちろん、学校や病院、工場など、さまざまな場所で木村工機の空調機器が使用されています。
社会的な環境問題への関心の高まりを受け、地域環境に優しい製品の製造にも力を入れているのが特徴です。
中長期経営戦略として、温室効果ガス排出量削減をさらに推し進めるための新製品開発に積極的に取り組むことを掲げています。
また、産業分野や商業分野、保険分野など、それぞれのシチュエーションに合わせた最適な空調機器を開発する「分野別最適空調」の推進も重要なポイントです。
現代問題となっている新型コロナウィルス感染症の影響により、やや経常利益が落ち込みましたが、それでもなお安定感のある経営が続いている企業です。

木村工機の募集要項

販促企画

納期調整や積算、プレゼン資料作成といった販促に向けた実務作業に取り組みます。
また、売上分析や販促資料作成を通じて培ったスキルを活用して、将来的には全社的な営業推進企画の立案なども行います。
OJTを始めとした研修制度も充実しているのが特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上
  • ・1年以上の営業管理や営業事務、販促などの実務経験
  • ・基本的なPCスキル

施工管理

見積作成や価格交渉、機器手配から工程管理まで、施工の幅広い段階を担当します。
問い合わせのあった工場担当者に対して要望事項のヒアリングや納入実績の管理を行うのも仕事の一つです。
打ち合わせから納品まで一貫して携わることができるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上
  • ・基本的なPCスキル

機械設計エンジニア

顧客要望に合わせて自社製品の業務用空調機をカスタマイズするポジションです。
具体的には、商業施設やビル、ホテル、工場、学校などに向けた「業務用空調機」のカスタマイズ設計や、新製品の図面作成、設計基準などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・機械業界や建築業界での実務経験
  • ・Auto CADやBrics CAD、3D CADなどの使用経験
  • ・WordやExcelなどのオフィス系ソフトが使用できる

木村工機の転職難易度

木村工機の転職難易度は中程度です。
木村工機では、施工管理や販促企画のほかにグラフィックデザインや営業といった職種でも中途採用が行われることがあります。
いずれの職種も異業種からの転職が狙いやすく、業界を問わず転職を狙いたいという場合にはおすすめの企業です。
しかし、木村工機は2020年に株式を上場したということもあり、年々注目度が高まりつつある企業であり、選考の倍率も上昇傾向にあることが予想できます。
さらには、面接では前職の経験を中心に深堀りされるため、企業研究をはじめとした面接対策は手を抜くことなく行っておきましょう。

木村工機が転職者に求める人物像

木村工機が転職者に求める人物像は、「明るい対応ができること」と「何事にも機転を利かせて行動できること」の2つです。
木村工機は70年以上の歴史を誇る老舗企業ですが、それを下支えしているのは顧客との信頼関係です。
営業などの直接顧客と対面する機会が多い職種はもちろん、そのほかの職種であっても明るく誠実な対応ができる人材を求めています。
また、木村工機が中長期経営戦略で掲げているようにメーカーは環境問題をはじめとした社会問題に対する関心を高く持っておくことが欠かせません。
周囲の状況を敏感に読み取ることのできる機転の効く人材が重宝されます。

木村工機の転職までの流れ

木村工機の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・適性検査

想定選考官:人事
想定内容:履歴書に沿った簡単な面談が実施されます。

最終面接・筆記試験

想定選考官:社長・役員
想定内容:1次面接の内容を踏まえ、さらに前職での経験や志望動機などを深掘りされます。

内定

木村工機の面接形式

木村工機の面接回数は2回です。
面接形式は1対1形式となることが多いですが、職種によって集団面接で行われるパターンもあります。
面接1回あたりの所要時間は45分前後と標準的な長さです。
1次面接と同時に適性検査が、2次面接と同時に筆記試験が行われるのが木村工機の特徴ですが、いずれも内容は一般的なものなので落ち着いて対処しましょう。

木村工機の面接内容

木村工機の面接では、前職での経験を深掘りされる傾向があります。
たとえば、「前職において最も頑張ったことは何か?」「前職での頑張りを象徴するようなエピソードはあるか?」といったものが挙げられます。
具体的な実績について細かく掘り下げられたという応募者もいるため、事前に前職で活躍したエピソードを用意しておくと良いでしょう。
前職での経験をいかに木村工機での仕事に生かしていけるのかという点まで踏み込んで話せるとさらに好印象です。
そのほかには、「お酒は飲めるか?」と聞かれたという応募者もいました。
全体を通して雰囲気は和やかだったという口コミも多かったため、緊張しすぎずに自然体で話せるようにすると良いでしょう。

木村工機の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はリクナビNEXTなどでも確認できる
・こちらの回答を深堀りされる傾向がある

営業、40代前半、男性
「前職ではどのような商材を販売していたのか」と聞かれたことが印象に残っています。全体的に、これまでの経歴について掘り下げるように聞かれました。また、「お酒はどれくらい飲めますか」と聞かれたことも覚えています。
販促、30代後半、女性
全体的にこれといって答えにくいような質問はありませんでした。「これまでの仕事で一番頑張ったことは何か」「そこから何を学んだのか」といったようなこれまでのキャリアを振り返るような質問がありました。
管理職、40代前半、男性
全体的に書類に沿って進んだ印象です。志望動機については細かく突っ込まれて深堀りされました。雰囲気は全体的に和やかで、話しやすかったです。
企画、40代前半、男性
「前職で実績を挙げられたことは何か」と聞かれました。また、「その実績を挙げられたのはなぜだと思うか」や「その体験をどう木村工機での仕事に活かせると考えているのか」など、細かく深堀りされました。
デザイナー、20代後半、女性
「どうして木村工機を選んだのか」など、志望動機に関する質問が多かったです。また、「どこで木村工機を知ったのか」と聞かれたことが印象的でした。

木村工機で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍10年以上、女性
町工場からスタートした企業ということもあり、工場の権限が強い印象です。歴史は古く、非常に安定した企業なのではないかと思います。以前は残業がかなり多かったですが、最近はだいぶ削減されてきました。年次休暇も年々増えてきているため、働きやすい環境が整ってきているといえるでしょう。
管理職、在籍5~7年、男性
未だ古い制度や考え方がまだ残っており、非効率だと感じる場面が多々あります。ただし、女性社員は多く、職種にはよりますが概ねどこの部署ものびのびと活躍している印象です。上場企業ということもあり、産休や育休の制度も整っています。
施工管理、在籍10年以上、男性
社内での交流を大切にする風土があり、定期的にコミュニケーションがとられています。また、独自に開発したヒートポンプ製品があるため、競争力は高く安定感があります。大手企業が手がけないような手間のかかる製品を製造しているのも特徴です。
口コミの要約

トップダウンの体制が根強く残っており、古き良き日本企業といった印象だという口コミが多く寄せられていました。また、独自に開発した製品があるため、競争力が高いということを評価する意見も多かったです。ワークライフバランスについては並程度といった印象ですが、古くから受け継がれるルールが非効率を生み出しているという点を指摘する声もありました。

木村工機の年収・給与

年収 575万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 家族手当、役職手当、資格手当、退職金制度、財形貯蓄制度、貸付金制度など

木村工機での転職者の出世難易度

木村工機の出世難易度は中程度です。
木村工機では、年功序列と実力主義が混ざりあった評価制度が確立されています。
口コミには、年功序列が6割程度、実力主義が4割程度なのではないかという意見も寄せられていました。
急激に給与やポジションが上がったりすることこそないものの、着実に実績を上げていればしっかりと出世につながるでしょう。
また、中途社員だからといって出世が不利になるということは全くありません。
資格手当が用意されていることからも分かるように、木村工機では自己研鑽を行う人材を評価する風土もあります。
常に自分自身で勉強や資格取得といったステップアップを続けることができるマメな人材が重宝されます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 400万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 主任 900万円
40代前半 なし 700万円
40代後半 課長 900万円
50代後半 部長 900万円

木村工機はどんな人が働いている?

木村工機の従業員数

350名

木村工機の平均年齢

39.4歳

木村工機の平均勤続年数

12.9年

木村工機の社風

木村工機の社風の特徴として、社員同士のコミュニケーションを大切にするという点が挙げられます。
70年以上続く企業ということもあり、平均勤続年数は約13年と非常に長いです。
社員同士の仲も比較的良く、お互いに会話や挨拶を積極的に行います。
そのため、一人で黙々と仕事を進めるというよりも、仲間と一緒に協力しながら仕事を進める雰囲気があるのが木村工機の特徴です。
また、トップダウンの体制が強いという意見も多く寄せられていました。
社長の権限が強く、業務を行ううえでは承認が必要な場面が多いですが、社長が独走状態にあるというわけではなく、「社長自身が社員を大切にしている」や「トップダウンだが苦ではない」と感じている社員が多いのも、木村工機の社風の特徴といえるでしょう。

木村工機のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:45〜17:30(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、創立記念日、メーデー、慶弔休暇など
平均残業時間 月15時間前後
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

木村工機の社長

木村 惠一

1933年生まれ。
1952年に木村工機へ入社。
1955年に取締役へ就任。
1975年に代表取締役専務に就任。
翌年、代表取締役社長に就任し、2018年より代表取締役執行役員社長を務めている。

木村工機現職、OB/OGの有名人

木村 晃

1961年生まれ。
1987年に監査法人三田会計社へ入社。
1990年に公認会計士林弘事務所へ入所し、1993年に公認会計士に登録。
1996年に公認会計士木村晃事務所を開設し、所長へ就任。
1999年に木村工機へ入社し、取締役本社営業部長に就任。
2003年より取締役東京営業本部長に就任し、2018年より専務取締役執行役員管理本部長を務めている。

木村工機の転職に関わるQ&A


木村工機では、産休や育休といった女性の働きやすさのためのさまざまな制度が整備されています。
また、育児のための時短勤務制度が整っているのも木村工機の特徴です。
女性社員だからといって特別に優遇されるということは少ないですが、男女関係なく平等に評価されるため働きやすいと感じる女性社員の意見が多く見られました。

社員からの口コミによれば、木村工機の月平均残業時間は28.4時間です。
これは上場企業の平均程度の水準で、ワークライフバランスはまずまずといえるでしょう。
有給休暇については、「以前は少なかったものの最近は増えてきた」や「取得が奨励されている」といった意見が多く寄せられていました。

木村工機へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

木村工機の公式サイトにある採用方法ページから応募できます。
募集要項以外にも、選考フローなどが掲載されているため、応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの転職の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したいと考えている場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、木村工機の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空調メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して木村工機に転職するなら、製造を行う他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、製造企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのメーカー企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

エブレンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

エブレンは、情報や通信、制御などの分野を対象に、産業用電子機器や工業用コンピューターの設計と製造を専門としているメーカーです。 バックプレーンやバスラック、システムシャーシを中心に、電子機器本体まわりの開発や試作、設計などに関...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

日本ロレアル転職者の主なキャリアステップ ...

富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)への転職。年収や口コミなどを解説

富士フイルムビジネスイノベーション転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 キヤノンなどの大手メーカー 事務機器メーカー 富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロ...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

マツダ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機、東芝などの大手メーカー アイシン精機などの自動車関連メーカー マツダ株式会社に転職 次の転職先 エル...

株式会社ポケモンへの転職は難しい?求人情報や年収などを解説

ポケモン転職者の主なキャリアステップ 前職 セガ、スクウェアエニックス、任天堂などのゲーム関連企業 株式会社ポケモンに転職 次の転職先 DeNA GAME...

アズビルの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

アズビル転職者の主なキャリアステップ 前職 コニカミノルタ、村田製作所、大王製紙などのメーカー ホテル 商社 アズビル株式会社に転職 次の転職先 川崎...

ブルボンの転職難易度は?口コミや社風などを解説

ブルボン転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどだが、飲料メーカーからの転職事例あり 株式会社ブルボンに転職 次の転職先 東ハト、三幸製...

オーケーエムへの転職は難しい?事業内容や将来性、社員の評判などを解説

オーケーエムは、建築や発電、造船などで用いられるバルブの製造を行っている業界屈指のバルブメーカーです。 大手顧客にバルブを製造販売しており、超高層ビル「あべのハルカス」の空調設備には全てオーケーエムの製造したバルブが使用されて...

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

スバル転職者の主なキャリアステップ 前職 本田技研、日産自動車、マツダなどの自動車メーカー フォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。 スバル株式会社に転職 ...

本田技研(ホンダ)の転職難易度は?評判や年収などを解説

本田技研転職者の主なキャリアステップ 前職 大手自動車メーカー 大手電機メーカー 大手コンサルティング会社 本田技研工業株式会社に転職 次の転職先 自...

TOP