メーカー

東芝の転職難易度は?口コミや評判などを解説

▼下記は、東芝に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから東芝に転職してくるのか
・転職先:東芝からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

東芝の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒、大学・大学院卒など、幅広く在籍しています。大卒社員の多くは国立や私立ともに高学歴が多い傾向があります。

職歴

東芝在籍者は新卒からのプロパー社員が多い傾向があります。一部の転職者の職歴は主に、NTTデータなどのSIerや東京電力などの大手電力が挙げられます。

退職後の主な転職先

東芝からの転職先として、日本電産や本田技研日立製作所キヤノンなどの大手メーカー野村総合研究所アビームアクセンチュアなどのコンサル、さらには、サイバーエージェントなどのインターネット広告代理店へ転職しています。

東芝は日本を代表する大手電機メーカーであり、東芝グループの中核を担う企業です。
以前はテレビや家電製品、携帯電話などの消費者向け製品を展開していましたが、現在はすでに撤退しており、HDDなどの電力部品や原子炉、重電機など、企業間取引に関連する重工業分野へ重点的に展開しています。
その結果、日立製作所や三菱電機と並ぶ大手重電3社の一角と呼ばれています。
1875年創業と歴史は140年以上あり、東京都港区に本社を構え、125,648名もの社員が在籍している大企業です。
そんな東芝では、エンジニア職を中心に、バイタリティと熱意溢れる人材を求めています。

初めての転職で東芝を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

東芝の口コミや評判も大切だけど、まずはどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ定まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 東芝の企業概要
  • 東芝の転職ポイント
  • 東芝の社風や企業文化

東芝に転職するポイント

東芝の特徴

POINT

  • ・日本を代表する大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業
  • ・日立製作所や三菱電機と並ぶ大手重電3社の一角を担っている
  • ・比較的福利厚生が充実していることにより、働きやすい環境がある

東芝へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアを中心に求人募集
  • ・東芝グループが共有し大切にしている価値観を理解していることが重要

東芝の企業概要

会社名 株式会社東芝
本社所在地 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング
社長 車谷 暢昭
創業 1875年7月
株式 上場(東証2部、名証2部)
株主構成 GOLDMAN,SACHS&CO.REG(7.37%)
SMPPARTNERS(7.06%)
GOLDMANSACHSINTERNATIONAL(4.51%)

東芝の売上

東芝の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 3,947,596百万円 3,693,539百万円 3,389,871百万円
営業利益 86,184百万円 35,447百万円 130,460百万円

東芝の最新ニュース

東芝の事業内容

東芝は日本を代表する電機メーカーであり、日本3大重電企業の一角を担っている企業です。
以前までは家電製品をはじめとした消費者向け製品を展開しており、現在は重電機などの重工業分野に注力し、さまざまな製品を展開しています。
主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

エネルギーシステムソリューション

原子力や火力などの大型発電設備や、水力・地熱といった再生可能エネルギー発電システムを展開している事業です。
安全性向上を目指した設計の「プラント概念設計」や、高効率なプラント実現するための「プラント系統設計」、多様な燃料に対応できる「コンベンショナル発電」などのソリューションを提供しています。
また、環境にやさしい再生可能エネルギーによる発電所の建設や運営も行っており、発電所エリアを活用し、環境に配慮した技術開発にも貢献しています。
そのほかにも、送配電システムや自立型水素エネルギー供給システムなどのソリューションを展開しており、エネルギーに関するさまざまな場面で活躍している事業です。

インフラシステムソリューション

世の中の重要なライフラインを支える公共性の高いクライアントに対し、さまざまな製品やシステム、サービスを展開している事業です。
上水処理や下水処理、雨水排水といった「上下水道ソリューション」や、環境配慮などのニーズに対応した「受変電システム」、交通管制システムや施設管制システムなどの「道路ソリューション」の提供をしています。
そのほかにも、通信・放送システムや電波システムなどの製品やサービスの展開や提供も行っています。
また、近年ではIoTやAIなどを取り入れ、より安全かつ安心であり、より快適な社会インフラシステムを構築、クライアントと社会に貢献している事業です。

ビルソリューション

あらゆる人の快適な暮らしを支えるため、環境面に配慮した製品やサービスを展開している事業です。
エレベーターやエスカレーター、ビルファシリティーなど、ビルや施設向け製品の提供を行っています。
それ以外にも、照明器具や航空灯火、舞台スタジオ照明システム、電設資材、空調などの製品やサービスの展開もしています。
安全性や快適性を向上させるソリューションの提供を目指しており、また、近年では日本だけではなく、グローバル展開を推進している事業です。

東芝の募集要項

新規事業プロデューサー

東芝が目指すCPS(サイバー・フィジカル・システム)企業への変革と新規デジタル事業創出を推進するポジションです。
具体的には、インキュベーション段階のテーマや社会インフラに関わるデータを活用した事業戦略とビジネスモデルの策定、仮説検証を繰り返し事業化のリードを促します。
それ以外にも、既存事業のデジタルトランスフォーメーションや新規デジタルビジネス創出の推進なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・新規ビジネスのデザインや事業開発などの携わった経験
  • ・デジタルビジネスサービスの顧客向け提案~導入デリバリーの経験
  • ・プロフィット責任部門もしくはプロジェクトでの実ビジネス経験 など

国際税務業務

主計部において税務のプロフェッショナルとして税務関係に携わるポジションです。
具体的には、国際税務や税務調査などの対応、税務方針の立案や関係部門への教育といった企画業務を担当します。
国内外工場や事業所、本社管理会計などの経験を積むことができ、経理部門の中核としてキャリア形成することができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・事業会社や監査法人、税理士法人などで5年以上の国際税務業務経験
  • ・ビジネスレベルの英語力
  • ・公認会計士もしくは税理士の資格保有

プロジェクトマネージャー

CPSj企業への変革やグループ関連業務のデジタルトランスフォーメーションを推進するため、システム期設計から開発、運営などを行うポジションです。
具体的には、推進事業テーマを選定し、場や枠組みを主体的に企画、事業会社やパートナー企業と共に実行を行います。
また、推進事業テーマのコンソーシアムやコミュニティ、パートナリングスキームの主体的な立ち上げなども行う職種です。

必須な経験・スキル

  • ・消費者や生活者向けサービスの企画や開発した経験と実績
  • ・パブリッククラウド上でのシステム構築経験
  • ・アジャイル型でのプロジェクトマネジメントの経験と実績

東芝の転職難易度

東芝の転職難易度は比較的高いです。
その理由としては、日本を代表するほどの企業であり、そのため知名度が高く、人気もあることが挙げられます。
中途採用枠はそれほど少なくありませんが、応募者が多く、結果的に倍率が高くなることが想定できます。
また、企業側から求められるスキルや経験も全体的に高いため、東芝への転職は簡単ではないといえるでしょう。

東芝が転職者に求める人物像

東芝では、人や環境に対する責任を自覚し、誠実な気持ちで行動できるような人材を求めています。
また、世の中をより良く変えていく熱い情熱を持ち、次の世代をも据えて、行動できるような人材も求めている傾向があります。
東芝は多岐に展開しているため、こういった能力が求められるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、万全な状態で臨むと良いでしょう。

東芝の転職までの流れ

東芝の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、強みや弱みなど、人間性を判断するような質問をされます。

内定

東芝の面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、場合によっては増える可能性があります。
1回あたりの時間は30分程度です。

東芝の面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランといった一般的な質問から進みます。
特に「なぜ東芝に入社したいのか」や「ほかの企業ではなく、なぜ東芝を選んだのか」などの質問は非常に重要視しているため、面接官を感心させられるような回答であることが重要です。
また、「あなたの強みと弱みは?」や「趣味は?」など、人間性を見るかのような質問を多くされる傾向があります。
東芝では、即戦力となるようなスキルや経験を持っている人材を求めていますが、それと同時に人柄も大切にしています。
企業研究と自己分析は入念に行い、どんな質問でも一貫性を持って回答できることが肝心といえるでしょう。

東芝で働いている方の評判・口コミ

物流・購買・資材調達、在籍3~5年、女性
東芝はインフラの基盤を作る企業なため、社会に貢献しているという実感を感じならが仕事することができます。また、大企業なので、さまざまな社員が在籍しており、色んな刺激を受けながら仕事に取り組むことができるでしょう。手を挙げればやりたいことに挑戦できる環境もあると想います。
HTMLコーター、在籍7~10年、男性
社内では新人教育がよく行われているため、スキルアップできる環境はあります。教育する側も丁寧に教えてくれるため、分からなければマンツーマンで教えてもらえるでしょう。キャリア開発に力を入れているので、キャリアプランが立てやすいと思います。
法人営業、在籍3~5年、男性
会社の待遇が非常に良く、若手でも有給休暇をしっかり取らせてもらうことができます。また、最近では残業しないように管理されているので、プライベートな時間を大切にすることもできるでしょう。
口コミの要約

東芝の口コミを見てみると、社会に貢献していると実感しながら働けるということが伝わってきます。また、スキルアップできる環境があり、ワークライフバランスも良いため、働きやすい環境があることが伺えます。

東芝の年収・給与

年収 867万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険各種完備、カフェテリアプラン、財産形成、持株会など

東芝での転職者の出世難易度

東芝の出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多く在籍している中で、より多くの実績を残し、上司や周りの社員から認められることで出世ができるようになります。
また、基本的に尖っている社員よりも、仕事に従順し素早くかつ確実にこなしていると評価される傾向があります。
それらに加え、語学が堪能だと尚良いでしょう。
東芝で出世を目指すなら、これらを意識することが出世への近道といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,100万円
40代後半 なし 1,000万円
50代前半 なし 1,400万円

東芝はどんな人が働いている?

東芝の従業員数

125,648名

東芝の平均年齢

45.0歳

東芝の平均勤続年数

19.8年

東芝の社風

東芝は、落ち着いた雰囲気があり、真面目な社風です。
歴史が非常に長く伝統的な日本企業なため、古い習慣が残っており、それが東芝の良さとなっています。
また、のんびりとした雰囲気があり、人当たりの良い社員が多く、困りごとや不明なことがあれば親身に聞いてもらえるでしょう。
のんびり自分のペースでありながら、やりがいを持って働きたいという方には、向いている企業といえます。

東芝のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:30~17:15
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、夏季休暇、災害休暇など
平均残業時間 月30〜40時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

東芝の社長

車谷 暢昭

1957年生まれ、愛媛県出身。
東京大学経済学部卒業後、旧三井銀行に入行。
その後2年間は旧大蔵省に出向し、係長として東京オフショア市場創設、日米円ドル委員会に関わった。
再び、旧三井銀行へと戻り、国際部門や総合企画部など担当。
その後も旧さくら銀行の東京営業第六部次長をはじめとしたさまざまな役職を歴任し、2020年より東芝の代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に就任。
そのほかにも、ボランティア活動として、世界の若手演奏家を対象に、毎年行われている無償育成プログラム、ミュージックマスターコースジャパンの会長も勤めている。

東芝現職、OB/OGの有名人

土光 敏夫

1896年生まれ、岡山県出身。
東京高等工業学校(現・東京工業大学)卒業後、東京石川島造船所(現・IHI)に入社。
タービン製造技術を学ぶためスイスに留学し、帰国後は石川島芝浦タービン(現・IHIシバウラ)の技術部長として出向、1946年に社長に就任。
その後もさまざまな役職を歴任し、1965年に東京芝浦電気(東芝)の再建のため社長に就任、見事再建に成功した。
6年社長を務めた後、会長に就任。
そのほかにも、蔵前工業会理事長や日本経済団体連合会第4代会長、第二次臨時行政調査会長などを歴任。
1988年に老衰のため死去。
数々の企業再建を果たし、日本の経済や企業を支えた人物であり、NHKでテレビ番組が放送されるほどの知名度を持つ。

東芝の転職に関わるQ&A


数年前に売上などが低下し、一時期不安がささやかれており、誰しもが一度は耳にしたことがあるでしょう。
しかし、現在ではデジタルトランスフォーメーション戦略統括部の設立によりAI技術に注力しています。
その結果、インフラ関係に関して強みを持ったため、現状安定しているといえます。
一時期は倒産するかもしれないという危機はあったかもしれませんが、現在ではそういった心配はないので安心しても問題ないでしょう。

男性社員のみならず、女性社員も多く在籍しています。
また、フレックス出勤やそれぞれの状況に応じた勤務時間設定もできるため、家事と両立しながら働くということも可能です。
さらには、努力次第では出世することも可能なので、バリバリ働きたいというキャリアウーマンには向いている企業といえるでしょう。

東芝へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

東芝の公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報をはじめ、東芝の製品やサービス、企業情報、ニュースなどが掲載されています。
ただし、求人内容はそれほど具体的に掲載されていないため、より具体的な内容が知りたい場合や確実な転職を目指したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用して東芝への転職を目指すなら、掲載企業数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベストです。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックすることができるので、自分に合った担当者を探せるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、転職エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、東芝の募集要項や必須スキルなどをざっくりとでも知りたい人は、まずは転職サイトをチェックしてみるのも良いでしょう。

ビズリーチでは平均年収が高く、求人によっては年収交渉が可能!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、事業開発や経理などといった求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドルクラス~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあり平均年収が比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも非公開求人が比較的多く、キャリアアドバイザーに相談することで非公開案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、東芝の社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して東芝への転職を目指すなら、圧倒的な案件数を誇り、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

東芝はハイクラス企業の中では人気の高く、当然その競争率も高くなります。
「通過率がどのくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先といえるのか」など、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。
東芝への転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントではWEB面接が可能!

リクルートエージェントの求人を見てみると、法務や決算業務など、責任感が必要とされる案件が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつであり、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたが東芝に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日清食品の転職事情。口コミや面接内容などを解説

▼下記は、日清食品に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日清食品に転職してくるのか ・転職先:日清食品からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

キーエンスへの転職難易度。面接対策や口コミについて徹底解説

  ▼下記は、キーエンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからキーエンスに転職してくるのか ・転職先:キーエンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

JTの転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

▼下記は、JTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTに転職してくるのか ・転職先:JTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、AGCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAGCに転職してくるのか ・転職先:AGCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

マツダへの転職を成功させるには?難易度や面接内容など徹底解説

▼下記は、マツダに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマツダに転職してくるのか ・転職先:マツダからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

カルビーへ転職するには?採用フローや面接内容をご紹介!

▼下記は、カルビーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカルビーに転職してくるのか ・転職先:カルビーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

味の素へ転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

▼下記は、味の素に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから味の素に転職してくるのか ・転職先:味の素からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

島津製作所の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、島津製作所に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから島津製作所に転職してくるのか ・転職先:島津製作所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

カプコンの転職難易度は?社員の評判や面接内容を徹底解説

  ▼下記は、カプコンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカプコンに転職してくるのか ・転職先:カプコンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

▼下記は、未来工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから未来工業に転職してくるのか ・転職先:未来工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプ...

TOP