メーカー

TDKの中途採用を狙うなら何をするべき?面接内容や対策のポイントを細かく解説!

TDK転職者の主なキャリアステップ

TDKの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職TDK在籍者の主な職歴は、京セラパナソニックソニー日立製作所などの大手製造メーカーが挙げられます。

次の転職先TDKからの転職先として、日本電産シャープなどの大手製造メーカー本田技研などの自動車メーカーのほか、アマゾンへの転職事例なども挙げられます。

TDKは、パソコンの部品や自動車の部品など、多くの電子部品を生産している日本の大手電子部品メーカーです。
近年は自動運転や5Gの技術などにも積極的に目を向けて、将来性のある分野への事業転換も図っています。
その結果、日本で第4位のシェアを誇っており、人気とともに注目を集めている企業です。
そんなTDKでは、開発などの技術者を中心に、AIをはじめとした最先端技術への興味と関心を持ち、積極的に海外との交流を行える人材を求めています。

TDKを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・TDKの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、TDKの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • TDKの企業概要
  • TDKの転職ポイント
  • TDKの社風や企業文化

TDKに転職するポイント

TDKの特徴

POINT

  • ・5Gや自動運転など、将来を担う技術を扱っている企業
  • ・社員一人一人に対する裁量が大きい
  • ・国内だけでなく、海外との交流が比較的多い

TDKへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・開発などの技術者を中心に求人募集
  • ・AIをはじめ、最先端技術への興味と関心を持っていることが肝心

TDKの企業概要

会社名 TDK株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5番1号
社長 齋藤 昇
設立 1935年12月7日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(28.12%)
日本カストディ銀行(13.69%)
自社(2.46%)

TDKの売上

TDKの売上推移

事業年度 2020年 2021年
売上高 1,479,008百万円 1,902,124百万円
税引前利益 117,263百万円 172,490百万円

TDKの最新ニュース

TDKの事業内容

TDKは、1935年に設立された日本の大手電子部品メーカーです。
電子部品事業の分野での売上は国内第4位となっており、競争の激しい同分野のなかでもトップクラスの売上を誇っています。
TDKの主な事業としては、下記の2事業を主軸として運営しています。

記録デバイス生産事業

記録デバイスをはじめとした製品を生産している事業です。
パソコンでデータを保存する際、HDD(ハードディスクドライブ)がよく使用されますが、TDKではこのハードディスクドライブをはじめとした各種記録デバイスの生産を行っています。
そのなかでもヘッド部品は業界内最大手となっており、世界市場の30%を超える高いシェアを維持しています。
また、HDDの生産は、基本的にはHDDに特化したメーカーが行いますが、TDKは唯一、ほかの部品の生産も行っているメーカーであり、独自の技術を生かした生産が最大の強みとなっている事業です。

電子部品生産事業

記録デバイス以外の電子部品の生産に取り組んでいる事業です。
以前開発していたフェライトを活かした電子部品の生産を得意としており、磁性材料であるフェライトを扱う技術に長けているという特徴があります。
主力製品として、セラミックコンデンサと呼ばれる車に使われる部品や、機械の生産で用いられることの多いさまざまなセンサーを生産を行っています。
そのほかにも、近年スポーツ選手が身につけていることで話題となっている磁気ネックレスの生産も手掛けており、幅広い電子部品や磁気製品の生産に取り組んでいる事業です。

TDKの募集要項

次世代スピントロニクスデバイスの研究開発

スピントロニクスデバイスのさらなる発展や飛躍させる新しいスピントロニクスデバイスを研究し、開発を行うポジションです。
具体的には、次世代スピントロニクスデバイスのデバイスプロセス開発や、MTJ(Magnetic Tunnel Junction)膜の開発を行います。
最先端技術に携わることができるため、やりがいと成長を感じながら働くことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・10年以上のHDDヘッドやMRAMなどのスピントロニクスデバイス関わる業務経験

機械設計

二次電池のプロセス開発にあたり、品質の安定化を繋げていく業務を担うポジションです。
具体的には、電池プロセス開発の工程設計や装置改善と改造、機械設計を行います。
それ以外にも、新規装置導入やメンテナンスなども行う場合があります。
また、将来の量産化を視野に、試作量のスケールアップ検討も同時に行うなど、携わる業務は多岐にわたっている職種です。

必須な経験・スキル

  • ・装置設計から設置据付、立上げ導入、設備メンテナンスの経験
  • ・CADを使っての機械図面の作図経験

デバイスの拡販・営業促進

EDLC(電気二重層キャパシタ)の開発や製造、販売を行うポジションです。
具体的には、EDLCの営業促進担当として、顧客要望の聴取と製品説明、市場要求値の把握と整理を行います。
また、デバイス開発の提案にも携わる場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・電子部品業界の製品知識を有し、顧客への製品説明経験がある
  • ・電気二重層キャパシタ、または発電や蓄電ユニットといった電源に関する知識

TDKの転職難易度

TDKの転職難易度は非常に高いです。
電子部品の生産業のなかでもトップクラスの売上を誇っている企業なため、多くの応募者が集まる傾向があります。
また、その応募者は全体的に優秀な方であり、そのようななかで自身が頭一つ抜けるには、入念な面接対策と企業研究が欠かせないといえるでしょう。
さらには、TDKの求人は転職サイトや転職エージェント経由でなければ知ることができず、基本的に非公開であることも転職難易度を上げている要因の一つといえます。

TDKが転職者に求める人物像

TDKでは、社是として「創造によって文化、産業に貢献する」、社訓として「夢 勇気 信頼」の3つを掲げています。
TDKは世界中に名を知られた国際的にも有名な企業であり、100年近いその歴史からブランドとしての価値もあります。
そのため、世界中から信頼されるような電子部品を創造していくことに誇りを持つことのできるような人材を求めています。
また、周りの力に頼りすぎることなく、自らの力で問題を解決し、さまざまなことに挑戦していけるような人材も求めている傾向があります。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか用意し、万全な状態で臨むようにしましょう。

TDKの転職までの流れ

TDKの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・WEB検査

想定選考官:人事担当
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでに質問に加え、前職までの経験をどのように活かすかなどを質問されます。

内定

TDKの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は職種に応じて2~3回ですが、タイミングによって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分前後です。

TDKの面接内容

TDKの面接では、これまでのキャリアや仕事の内容、それらをどのようにしてTDKで活かすことができるのかなどを質問されます。
面接の雰囲気は非常に和やかではあるものの、これらの内容は細かくチェックされるため、一貫性を持った受け答えを準備しておきましょう。
特に異業種からTDKへの転職を目指す場合は、今までの仕事内容を専門用語を使わずに説明できるようになる練習をしておくことが肝心です。
また、TDKの場合はTDK側からオファーを出した人に対して面接を実施することがほとんどなので、業務内容についての説明とその確認を面接の中で行うこともあります。
面接で説明される内容は聞き漏らさないようにして、企業に対する理解が深いということをアピールしましょう。

TDKの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは中途採用によるキャリア募集はされていない
・求人情報はDODAなどで確認できる
・入社後のキャリアプランに関する質問が多い

設計、30代前半、女性
これまでの経験をうちでどのように直結できるかを質問されました。非常に具体的な提案を聞かれたため、あらかじめ回答を用意しておくと良いかもしれません。
設計、30代後半、男性
自分にとって仕事とは?と聞かれました。私にとって仕事は経験を積み、知識を身に付けるものであり、それらを活用して社会に貢献することで充実した日々を過ごせるということを伝えました。
開発、20代前半、男性
なぜうちで働きたいのかを質問されました。財務基盤が安定しており、高い技術力を誇っているTDKで活躍したいと考えていることを軸にアピールしました。
エンジニア、30代前半、女性
基本的な質問に加え、技術面を問うような質問もされました。面接の雰囲気は終始和やかであったため、必要以上に緊張することなく、自分らしく臨めたと思います。
営業、30代前半、男性
一般的な質問が多かった印象です。しかし、こちらの回答に対して深堀されることも多々あったため、一貫性のある回答ができることが大切だと感じました。

TDKで働いている方の評判・口コミ

営業職、在籍5~7年、男性
数多くの種類の電子部品を扱っており、どの分野の業務にも対応することができるため、営業としてのスキルも伸ばすことができます。一方、M&Aを多く繰り返している企業でもあるので、契約の都合上あまり売り込むことのできない商品もあったりと、仕事をするうえでの制約は多少あります。ただし、現在注目されている自動運転やAIの技術などにも積極的に手掛けているため、企業としての将来度は高いでしょう。
開発職、在籍5~7年、男性
転居を伴う移動が発生した場合、住宅手当や子供手当が支給されるのが嬉しいポイントです。また、社内には共有スペースが多く、オフィス環境は非常に整っていると感じています。ただし、部署によっては忙しいところもあり、配属先によって負担が異なるかもしれません。現在は、リモートワークの導入がされたので、安心して働くことができます。
事務職、在籍3~5年、女性
事務職の業務は、今も昔も書類ばかりやらされている、という印象があります。システムエンジニアの積極的な採用などにより、システムベースでの業務への移行を進めていますが、現状その恩恵はほとんどありません。業務内容も非常に複雑であり、覚えるのに時間がかかるものも多く、ミスが許されない業務なので負担感があります。

口コミの要約部署によっては仕事量の偏りがあり、特に事務系の職業は抱える書類が非常に多く大変であるということが伺えます。電子部品を扱うメーカーということもあり、開発職などではシステムの利用が積極的に進んでいる反面、事務系の職種ではまだまだ作業効率の面で課題が多く残っています。しかし、その一方で、大企業であり、最先端技術の分野に積極的に取り組んでいることから、会社の安定性に満足しているということが分かります。特に住宅手当や子供手当といった福利厚生が充実しており、大企業ならではの大きなメリットがあるといえるでしょう。

TDKの年収・給与

年収 782万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り(転居を伴う異動が発生した場合のみ)
福利厚生 各種社会保険完備、財形貯蓄制度、住宅融資制度など

TDKでの転職者の出世難易度

TDKの出世難易度は中程度です。
TDKは非常に有名な企業であり、その将来性や年収の高さから転職先としての人気も高いため、優秀な人材が集まる傾向があります。
そのため、多くの優秀な社員が在籍しており、そのなかで自身が出世するのは簡単なことではありません。
しかし、TDKは社員のおよそ3割が転職者であり、実力主義を徹底して人事が決まるように工夫がされています。
そのため、転職者だからといって新卒採用者よりも不利に扱われるというようなことはありません。
実績を残して活躍をアピールすることができれば、転職者であっても十分に出世の機会はあるといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 700万円
40代中盤 なし 800万円
50代後半 課長 1,200万円

TDKはどんな人が働いている?

TDKの従業員数

5,719名(単独)
116,808名(連結)

TDKの平均年齢

43.4歳

TDKの平均勤続年数

18.3年

TDKの社風

TDKは歴史の長い企業ですが、年功序列よりも実力を重視する実力主義を採用していることが特徴的です。
そのため、若手であっても自発的に行動できれば自由に挑戦させてもらえるという風土があります。
さらに、売上の9割は海外であることからも伺えるように、海外とのコミュニケーションを取る機会が非常に多いです。
そのため、ダイバーシティにも富んだ多様性も持ち合わせています。
大企業にどうしても起きてしまいがちなデメリットを上手に回避し、社会へ目を向ける企業カルチャーがあるといえるでしょう。

TDKのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:30~17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、半日有給休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月30時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

TDKの社長

齋藤 昇

1966年生まれ、三重県出身。
同志社大学法学部卒業後、東京電気化学工業株式会社(現・TDK株式会社)に入社。
2007年に電子部品営業グループ 欧州営業統括部長に就任。
その2年後、TDK-EPC株式会社の電子部品営業グループ 欧州営業統括部副統括部長に就任。
2011年にTDK株式会社の執行役員、TDK-EPC株式会社の電子部品営業グループデピュティゼネラルマネージャーに就任。
その後も、電子部品営業グループ デピュティゼネラルマネージャーや常務執行役員、電子部品営業本部長などを歴任。
2022年より、代表取締役を務めている。

TDK現職、OB/OGの有名人

石黒 成直

1957年生まれ、東京都出身。
北海道大学理学部化学科に入学するも中退。
幼い頃から音楽が好きであり、音楽を仕事にできると考えた末、1982年に東京電気化学工業株式会社(現・TDK株式会社)入社。
音楽記録媒体である磁気テープ事業に従事。
2014年に執行役員、翌年には常務執行役員に就任。
その2年後、代表取締役社長に就任。
2022年より、取締役会長を務めている。
ハードディスクドライブ事業から主力事業の転換を図り、M&Aを積極的に行うことで売上の増加を達成した人物。

TDKの転職に関わるQ&A


TDKに在籍している社員は3割が中途採用の社員であり、多様性に富んでいます。
また、優しい方が多く在籍しているため、働きやすい環境があります。
ただし、製造業であることもあり、女性の割合は現在1割程度と、女性の積極的な採用は今後も行う必要があります。


TDKの中途採用は、オファーシステムを採用しており、そのオファーがどのようにして決められているのかなどの詳細は明らかにされていません。
しかし、全くの異業種からでも転職に成功したという例はあり、公式サイト上でも「異業種からの応募、採用も可能」と明記されているので、電子部品産業で働いたことのない方でも歓迎されています。

ただし、電子部品についての理解を深めておくことは最低限必要なので、採用後のフォローアップは忘れないようにしましょう。

TDKへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

TDKの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
採用情報ページには、TDKについてやニュース、製品情報など、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、TDKではオファー方式を採用しているため、応募者が求人情報を確認することができません。
自身で求人情報を確認したい場合やほかの競合他社の募集要項も一緒に確認したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、TDKの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

製造業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してTDKに転職するなら、製造を行っている競合他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職できます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、製造を行っている企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの製造業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ニプロの転職難易度は高い?口コミや評判などを解説

ニプロ転職者の主なキャリアステップ 前職 小野薬品工業などの製薬会社 医療機器メーカー ニプロ株式会社に転職 次の転職先 小林製薬などの製薬会社 富士...

アシックスに転職するには?評判や年収を徹底調査

アシックス転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 東レなどの繊維 ユニクロなどのアパレル 自動車、消費財などのメーカー 株式会社アシックスに転職 ...

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

スクウェア・エニックス転職者の主なキャリアステップ 前職 セガなどのゲームメーカー 銀行、生保などの金融関連企業 出版社 ソフトウェアメーカー 株式会社スクウェア・エニックスに...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

NEC転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 日立製作所などの大手電機メーカー 日本電気株式会社に転職 次の転職先 パナソニック、ルネサスエレクト...

アサヒビールへの転職。難易度や口コミを徹底調査

アサヒビール転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 職歴の特徴は特になし アサヒビール株式会社に転職 次の転職先 転職先の特徴は特に...

未来工業へ転職したい方必見!年収や難易度などを解説

未来工業転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどが新卒のプロパー社員 未来工業株式会社に転職 次の転職先 転職事例ほとんどなし 未来工業...

東レは転職難易度高い?面接内容や口コミなどを解説

東レ転職者の主なキャリアステップ 前職 ライオンなどの日用品メーカー マルハニチロなどの食品メーカー 帝人フロンティアなどの衣料・繊維メーカー 東レ株式会社に転職 ...

ブラザー工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

ブラザー工業転職者の主なキャリアステップ 前職 日本電産、カシオなどのメーカー 銀行 研究所 コンサルファーム ブラザー工業株式会社に転職 次の転職先...

クラレへの転職は難しい?面接難易度や口コミなど解説

▼下記は、クラレに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクラレに転職してくるのか ・転職先:クラレからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ドローン開発を行うACSLの転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

「技術を通じて、人々をもっと大切なことへ」というミッションのもと、産業向けのドローン開発を行っているACSL。 物流はもちろん、空撮や煙突点検、下水道点検といった幅広い領域での活躍が期待されるドローンを開発していることで注目を...

TOP