WEB・アプリサービス

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてなはインターネットサービスを展開しており、「はてなブログ」や「はてなブックマーク」といった主要サービスを筆頭にさまざまなサービスを提供している会社です。個人や法人を問わず利用できるところに魅力があり、ユーザー数も年々拡大しています。

本社は京都市にあり、従業員数は150名弱となっています。2004年に創業を開始し、成熟しつつある企業ですが、まだまだベンチャー精神を忘れてはいません。今後も積極的に優秀な人材を獲得しつつ、会社としてもさらなる発展を遂げていきたい考えです。

この記事でわかること

  • はてなの企業概要
  • はてなの転職ポイント
  • はてなの社風や企業文化

はてなに転職するポイント

はてなの特徴

POINT

・「はてなブログ」や「はてなブックマーク」といったコンテンツプラットフォームサービスを開発
・フラットな組織風土を大切にしており、若手でも積極的に意見を言いやすい社風
・平均残業時間が月10時間から20時間程度となっており、ワークライフバランスを重視できる

はてなへ転職するポイント

POINT

・インターネットが大好きで「ユーザーにより良いサービスを提供したい」という意思を示す
・常識に捉われず新しい価値観や変化を起こそうとする姿勢をアピール
・現状のスキルに甘んじることなく常に技術を磨こうとする姿勢があることを示す

はてなの企業概要

会社名 株式会社はてな
本社所在地 京都府京都市中京区御池通間之町東入ル高宮町206番地 御池ビル9F
社長 近藤 淳也
設立 2004年2月1日/td>
株式 上場(マザーズ)
株主構成 近藤淳也(36.91%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)(6.82%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託9口)(4.53%)

はてなの売上

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,890百万円 2,092百万円 2,520百万円
経常利益 351百万円 335百万円 449百万円

はてなの最新ニュース

はてなの事業内容

コンテンツプラットフォームサービス

はてなの最大の事業としてコンテンツプラットフォームサービスの運営、提供を行っています。「はてなブログ」や「はてなブックマーク」、「はてなニュース」や「人力検索はてな」を中心に個人や法人を問わず、人生の物語や会社の歴史などを記録するためのプラットフォームサービスの提供を行っています。

はてなブログでは、日々の記憶や体験をブログとして残すことで第三者と情報共有を簡単に行うことが可能となっており、ボタン1つで簡単に操作できる操作性にも定評があります。

はてなブックマークではインターネット上を席巻するような旬な話題をすぐに確認することができます。世間からの反応も楽しめるようなサービスとなっており、時代に乗り遅れることなくキャッチアップ可能なプラットフォームサービスです。

コンテンツマーケティングサービス

コンテンツマーケティングサービスとしては、「はてなブログMedia」や「はてなブックマークネイティブ広告」の運営と提供を行っています。はてなブログMediaはいわゆるオウンドメディアとしてのサービス提供を行っており、簡易的な操作でメディア運営ができるCMSとして人気を誇っています。

はてなブックマークネイティブ広告は、はてなブックマーク内で表示するインフィード型ネイティブ広告とはてなニュース上に表示するタイアップ記事広告の2種類を展開しています。個人や企業として出したい広告を最適化した形で表示してくれるので、高い広告効果に期待することができます。

テクノロジーソリューションサービス

ビッグデータサービスや受託・協業サービスも行っています。ビッグデータサービスでは「Mackerel」と呼ばれるSaaS型サーバー監視サービスを提供しています。表示されるグラフやデータなど、直感的に理解しやすいインターフェースとなっているところに特徴があります。

受託・協業サービスでは、さまざまな企業やサービスと連携しており、任天堂株式会社とは「スマプラス」を共同開発しています。その他にも任天堂株式会社と「イカリング2」や「Miiverse」などの揮発を行っています。

また、株式会社集英社との共同で「ジャンプルーキー!」の制作にも携わっています。

はてなの転職の募集要項

アシスタントディレクター

はてなブログの強化を業務とするポジションになります。企業がはてなブログを使ってコンテンツマーケティングを行えるよう、WEB制作や構築、運用といった業務内容を行います。また、パートナー会社との制作ディレクションを行ったり、機能開発におけるロードマップの定義などを行います。

必須な経験・スキル

Webサービスもしくはアプリケーション開発・制作・運用に携わった経験

オウンドメディアディレクター

企業が抱えているオウンドメディアのマーケティング課題のヒアリングやメディアコンセプトの設計、コンテンツ制作などオウンドメディアの幅広い業務に関わってもらうポジションです。

また、はてな内におけるクライアント企業とのタイアップやネイティブ広告などを中心とした自社媒体の提案なども行うことができるポジションです。

必須な経験・スキル

・クライアントワークをしながら、案件管理をしたことがある方
・メディアディレクション経験のある方

ネイティヴ広告営業

はてなの媒体が持っている広告枠を中心とした営業活動を広告代理店や広告主に行うポジションです。広告主のニーズを的確に把握した上で、最適な提案を行っていきます。また、はてなが保有しているネイティブ広告の枠だけではなく、はてなを使った記事広告やキャンペーンの企画なども行います。

必須な経験・スキル

・ 広告営業のご経験

はてなの転職難易度

はてなの転職難易度は全体的に高めです。インターネット関連事業を中心に成長を遂げている状況の中で、自らの技術力を磨き社内外に価値のあるサービスを提供することを求められています。社内には技術力の高いエンジニアが揃っているので、そうした方々と対等にコミュニケーションを取るスキルも必要とされます。

サービスの企画や設計、開発の進行などを任されることもあるので、ディレクター経験がある方はその経験を生かしやすくなります。デザイナーやエンジニアを含めて、アプリ系やサーバー系など何か秀でたスキルを持っておくことがポイントです。

はてなが転職者に求める人物像

はてなではとにかくインターネットが好きな人を求めています。単純に好きというだけではなく、自己研鑽を欠かさず、社内外に価値のあるサービスを提供しようとする意思を持った上で仕事に取り組む精神が求められます。インターネット上のサービス提供においても、常にユーザー目線を持ちユーザーファーストの精神を持って日々の業務に当たる必要があります。

インターネットが好きであることを前提として、自分のスキルを高め、社内の人を上手く巻き込みながらユーザーの方に満足してもらえるようなサービスやコンテンツを提供する意思を持つことが大切です。

はてなの転職までの流れ

はてなの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次面接

想定選考官:人事
「なぜはてなに入社したいのか」、「はてなに入社したらやりたいことはあるか」といった点を中心に面接が進められていきます。

最終面接

想定選考管:役員
1次面接で聞かれた内容をさらに掘り下げた形で面接が進められていきます。プレゼン面接と呼ばれる形の面接になることもあります。

はてなの面接形式

1次面接は1対1で行われることがほとんどです。
最終面接では複数の役員と面接を行うケースがあります。
1回あたり30分から1時間程度で終了となります。

はてなの面接内容

はてなの面接は比較的和やかな雰囲気の中で行われることが多くなっています。企業風土としてもフラットな社風を売りにしており、面接でもそうした雰囲気を感じやすいことが特徴です。雰囲気は和やかですが、鋭い質問をされることが多いです。

自己PRや志望動機をはじめとして、「はてなに入って何をしたいのか」を中心に話が進められていくことがあります。「ユーザーにとって価値あるサービスを提供するためには何が必要か」「ユーザー目線で仕事を行うために心がけていることはあるか」など、ユーザー目線で仕事を行うことについて深堀りされることがあります。

インターネットやWebサービスが好きだというだけで選考に通過できるわけではないので、日々ユーザー目線や価値のあるサービスとは何かについて考える習慣を身につけておくことがポイントです。

はてなで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
はてなは裁量労働制を敷いている会社のため、基本給に関してはそこまで高い企業ではないが、裁量労働手当がつく会社である。頑張っただけ、一定の評価が受けられる企業であると思う。

営業、在籍3~5年、男性
有給などに関しては非常に取りやすく、有給を申請しても嫌な顔をされたことがありません。むしろ、有給を取得していないと上司に言われます。また、夏休みも決まった時期ではなく7~9月の間で3日間自由に休みを取ることができるため、非常に働きやすい会社です。

エンジニア、在籍1~3年、男性
割と平和な会社だと思います。飲み会などもそんなに多い印象はなく、基本的には定時に帰れるのでプライベートの時間を守りながら働ける会社です。ただ、受託案件などで事故が発生した場合には稀に残業などが発生します。

はてなの年収・給与

年収 540万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 無し
福利厚生 社会保険完備、昼食支給、ほたて賞、TGIF、はてなインターンなど

はてなでの転職者の出世難易度

はてなでは年功序列という考え方よりも実力主義という考え方が浸透しています。経験や年次が高いから出世できるということではなく、若くても成果を上げたり会社への貢献度が高いと判断されたりした場合は、そのまま出世につなげることができます。

日々自己研鑽を積み、社内外に価値のあるサービスを提供することに主眼が置かれており、その結果として出世できるかどうかが判断されます。転職者だからと言って出世しにくということもないので、積極的に自分のスキルや実力をアピールして会社への貢献度を高めることが重要です。

1つの職種にこだわることなく、エンジニア職やデザイナー職、ディレクター職など、横断的に仕事ができる人材は評価されやすい風土となっています。

はてなはどんな人が働いている?

はてなの従業員数

145人

はてなの平均年齢

32.9歳

はてなの平均勤続年数

記載なし

はてなの社風

はてなの社風はフラットなところに特徴があります。インターネット・通信業界にはよく見られる社風ですが、若手やベテランなど関係なく意見を言いやすい環境が整っています。1人1人の社員がエンジニア関連の技術に対するこだわりが強いため、細かい技術やマニアックな内容で熱い議論を交わすこともあります。

勤務形態としては裁量労働制が採用されているので、時間に縛られた働き方をするわけではありません。働いた時間よりも出した成果が重視される企業風土となっており、月間の残業時間も10時間から20時間程度と少なくなっています。技術力の高いエンジニアが揃っていることは間違いなので、自身のスキルを磨いて社会に貢献していきたいという方には最適な企業風土です。

はてなのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇
平均残業時間 10時間〜20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載無し
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載無し

はてなの社長

栗栖義臣

大阪大学原子力工学科を卒業後、大手システムインテグレータに就職します。その後、2008年に株式会社はてなにエンジニアとして入社しました。任天堂との協業事業「うごメモはてな」や「Miiverse」などのプロジェクトに携わり成果を上げてきました。

2014年に株式会社はてなの代表取締役社長に就任をし、現在にいたるまでインターネット業界を席巻するサービスを提供し続けています。プライベートでは3児の父であり、家事や育児も精力的にこなすイクメンの部分があります。

はてな現職OB/OGの有名人

Richard Chen

2002年から5年間にわたってアメリカGoogleのシニアビジネスプロダクトマネージャーとして活躍した経験を持っています。Google日本法人の立ち上げにも関わるなど、日本通の一面も持ち合わせており、グローバルな視点を持ちながらビジネス界で活躍を続ける大物でもあります。

カリフォルニア大学バークレー校で政治経済の学士号と経営学修士(MBA)を取得するなど、その知性とスキルは抜群のものがあります。日本語も堪能であり、ビジネス上のコミュニケーションも問題なく行うことができます。

はてなの転職に関わるQ&A


とにかくインターネットが大好きで、自分のスキルを積極的に磨いていきたいという向上心のある人が向いています。ブログやコンテンツサービスなどは全てWeb上でのサービスとなっているので、直接的にお客様の顔が見える機会はそれほど多くありません。

それでも常にユーザー視点を持ちながら、自分のスキルを磨き、価値のあるサービスや製品を提供できるように日々取り組む姿勢を持っている方にとって働きやすい会社です。


女性でも十分に活躍できる環境が整っています。はてなでは男性や女性といった性別にこだわらない考え方を持つ人が多く、女性だから出世できない、女性だから活躍できないといった雰囲気はありません。

女性も活躍次第で出世することができますし、管理職について高い給料をいただくことも可能です。反対に言えば、男性と同じような働き方を求められる部分も出てくるので、強い覚悟を持って入社することが大切です。

はてなへ転職する方法

はてなの採用ページから申し込む

はてなの採用ページから応募することができまs。応募フォームには学歴や職歴、志望動機などの情報を記入します。

転職エージェント経由で申し込む

エン転職やdodaなどのIT企業向け転職エージェントから応募することができます。
転職エージェント経由で応募することによって、専任の担当者に面接日程の調整や給与交渉などを行ってもらうことができます。

関連記事

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

リンクトインは、現在世界各国で利用されるビジネス特化型SNS「Linkedin」を運営するリンクトインの日本オフィスです。 オフィスは東京都千代田区丸の内の丸の内ビルディングに構えています。 2016年にマイクロソフトに買収...

リクルート住まいカンパニーへの転職は難しい?難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニーは1976年創刊の住宅情報誌「住宅情報」から始まり、その後2012年に元々のリクルートが分社化してできた会社です。本社は東京都港区芝浦に置かれており、資本金1億5,000万円、従業員数は2,046名で、男性...

グノシーへ転職。福利厚生や年収などを解説

グノシーは2012年に設立され、「グノシー」や「ニュースパス」など情報キュレーションアプリを開発・運営を行っているベンチャー企業です。 本社は東京都港区赤坂に構え、従業員数は223名です。 独自のアルゴリズムを駆使して、ユーザー...

エス・エム・エスへの転職は難しい?難易度や年収などを調査

エス・エム・エスは介護事業者及び、介護・医療業界で働く人向けに、情報サービスを提供しています。 本社は東京都港区に構え、従業員数は615名(2019年3月31日)です。 医療分野に携わる人の多くがエス・エム・エスのサービスを活用...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

スマートニュース株式会社は、世界5,000万ダウンロードを超えるニュースアプリ「Smart news」を開発・運営する企業です。 従業員150名のうち半数はエンジニアとなっており、日々、ユーザビリティを重視したメディア運営やア...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・...

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、2012年に株式会社リクルートの分社化により設立された企業です。 東京都品川区上大崎に本社があり、東京だと上野や銀座、ほか札幌、仙台、梅田、名古屋、福岡にも支社があります。資本金...

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

Sansanは、「Sansan」や「Eight」などの名刺管理サービスを開発・販売している会社です。名刺を簡単に管理できるアプリを通して、働き方を変えていくというビジョンを描いています。 創業が2007年のいわゆるベンチャーで...

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

ネットフリックスは1997年にアメリカのカリフォルニア州で創業し、世界中で運営を行う映像ストリーミング配信事業の運営を行っています。 2017年12月時点で世界190か国以上に動画配信を行い、売上規模は1兆5,000億円以上、...

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

アイスタイルは、化粧品・コスメに関する情報サイト及び、ECサイト、専門店を運営している会社です。創業は1999年で日本でも早くからビッグデータに目をつけ、消費者に行動を分析するデータベース技術を使って、現在日本でN0.1の化粧品情報...

TOP