WEB・アプリサービス

インバウンドテックへの転職事情。企業の基本情報や社員の口コミ、評判などを解説

インバウンドテックは、クライアント企業のエンドユーザーに対するカスタマーサポート業務の受託などを行っている企業です。
24時間365日で多言語対応のカスタマーサポートを提供していることが特色として挙げられます。
また、クライアント企業に代わってセールスを行う「セールスアウトソーシング」も行っており、多方面で支援している企業です。
そんなインバウンドテックでは、総合職や経理、営業マネージャー候補といった職種で中途採用を募集しています。
将来の幹部候補となる重要なポジションでの採用も行っており、中途採用に積極的な企業です。
そこでこの記事では、インバウンドテックへの転職を検討している方に向けて、インバウンドテックの事業内容や想定年収などの基本情報に加え、社員の口コミなどを解説します。

インバウンドテックを目指す人におすすめの転職エージェント

・インバウンドテックの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • インバウンドテックの企業概要
  • インバウンドテックの転職ポイント
  • インバウンドテックの社風や企業文化

インバウンドテックに転職するポイント

インバウンドテックの特徴

POINT

  • ・カスタマーサポート受託事業などを手掛ける東証マザーズ上場企業
  • ・24時間365日多言語対応可能なサービスが特色で、安定した経営が続いている
  • ・職種の垣根を超えてさまざまな仕事に携われる一方で、残業時間は長めという声もある

インバウンドテックへ転職するポイント

POINT

  • ・法人営業や経理などの職種で中途採用を募集中
  • ・総合職や営業マネージャーなど、出世ルートが確立されている求人もある
  • ・面接ではグローバルに働いた経験などを中心に聞かれる

インバウンドテックの企業概要

会社名 株式会社インバウンドテック
本社所在地 東京都新宿区新宿2-3-13 大橋ビル
社長 東間 大
設立 2015年4月1日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 リンクコーポレイトコミュニケーションズ(17.69%)
下大薗豊(10.37%)
グローバルキャスト(6.48%)

インバウンドテックの売上

インバウンドテックの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 2,983百万円 2,003百万円 2,769百万円
経常利益 210百万円 268百万円 288百万円

インバウンドテックの最新ニュース

インバウンドテックの事業内容

インバウンドテックは、24時間365日対応可能で営業機能を備えた「多言語コンタクトセンター運営事業」を主力事業としています。
クライアント企業のエンドユーザーに対するカスタマーサポートを受託し、日本語や英語、中国語、韓国語、ポルトガル語など、12か国語に対応したコールセンターを運営していることが特徴です。
電話による口頭でのコミュニケーションのほか、タブレット端末を用いた映像による対応やウェブサイト、電子メールを利用した対応も行っています。
また、クライアント企業に代わって営業活動を行うセールスアウトソーシング機能を有していることもインバウンドテックの特徴です。
クライアントの見込み顧客に対して営業活動を行い、必要に応じて商品やサービスの紹介、販売勧誘、アンケート調査などを行っています。
今後も技能実習生などの在留外国人は増えていくことが想定できるため、将来性の高い事業展開を行っているでしょう。

インバウンドテックの募集要項

総合職

将来のインバウンドテックの幹部候補として、さまざまなマネージメント業務に携わるのが総合職です。
まずはセールスアウトソーシング事業の営業職として、協力会社の営業社員をマネジメントするポジションに就きます。
営業スキルを身につけるとともに、最終的には経営陣と一体となったマネジメントに携わることが期待されている責任のあるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・何らかの社会人経験

カスタマーサポート

電機やガスなどのインフラに関するさまざまな手続きのサポートを行うポジションです。
そのほかにも、自治体サービスに関するサポートや商品の注文、SIMフリー携帯の設定方法案内なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・何らかの社会人経験

コンタクトセンター管理責任者候補

コンタクトセンターの品質や計数、人員管理を行い、顧客満足度の向上を目指すポジションです。
具体的には、クライアントとの折衝や品質管理、業務改善、生産性向上、勤怠管理などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・1~2年の中規模以上のコンタクトセンターでのSV業務経験
  • ・基本的なPCスキル

インバウンドテックの転職難易度

インバウンドテックの転職難易度は中程度です。
インバウンドテックでは、総合職や営業マネージャー候補など、責任のあるポジションでの中途採用を積極的に行っています。
未経験でも応募可能な求人が多く、応募へのハードルはそれほど高くありません。
異業種からの転職だが出世を狙いたいという方にはぴったりの企業だといえます。
ただし、将来的に経営陣と一体となったマネジメント業務をこなすことが求められるポジションでの採用が多いため、選考は厳しい傾向があります。
特に総合職や営業に関連する職種では人物面を中心に、丁寧に見極められるため入念な準備が必要です。
インバウンドテックの経営方針などについて理解を深めたうえで応募するなど、熱意をアピールできるよう対策を進めておきましょう。

インバウンドテックが転職者に求める人物像

インバウンドテックは、公式サイトや求人上にそれぞれ求める人物像をいくつか明記しています。
そのなかでも多くの職種の求人に共通して見られるキーワードは、「若く勢いのある会社に順応できること」と「成長のための変化を楽しめること」の2点です。
インバウンドテックは2020年12月に東証マザーズへ株式を上場した新進気鋭の企業であり、人員の拡充や事業規模の拡大を積極的に進めています。
職種の垣根を超えた業務に携わることも多く、絶えず変化のある環境です。
今後の成長に向けた新しいチャレンジを楽しむことのできる成長意欲に富んだ人材が求められています。

インバウンドテックの転職までの流れ

インバウンドテックの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:チーム社員・人事
想定内容:これまでの職務経験や志望動機といった基本的な内容が掘り下げられます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:一次面接での内容なども踏まえ、インバウンドテックへ入社した後のビジョンなどについてさらに深堀するような質問が多くなります。

内定

インバウンドテックの面接形式

インバウンドテックの面接回数は2回です。
面接形式は1対1形式のことが多いですが、1次面接は面接官が複数人いたという口コミもあります。
面接時間は30分強と標準的な水準です。
選考期間は2週間ほどで、ややスピーディーに行われる傾向があります。

インバウンドテックの面接内容

インバウンドテックの面接では、志望動機や自己PRといった基本的な内容はもちろん、「これまでに外国人と関わった経験はあるか」や「グローバルに働いた経験はあるか」など、インバウンドテックならではの国際性を重視した質問が多いのが特徴です。
インバウンドテックではコールセンターの多言語対応を強みとしており、グローバル展開を見据えた事業が行われています。
国際性豊かな人材が求められていることを念頭に、海外と関わった経験などのエピソードを面接前に用意しておきましょう。
そのほかにも、「今後在留外国人が増えると思うか」や「自動翻訳が進歩しているが、多言語対応の強みは何か」など、インバウンドテックの事業内容を踏まえた質問も想定されます。
特に将来の幹部候補となるポジションへ応募する場合は、インバウンドテックの経営方針に関わる質問が多くなる傾向にあるため、事前に業界の動向などを整理しておくと良いでしょう。

インバウンドテックの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・グローバルに関する質問が多い

法人営業、20代後半、男性
自己PRや志望動機といったオーソドックスな内容を一通り聞かれたあと、「これまで外国人と関わった経験はありますか」と聞かれたことが印象に残っています。話しやすい雰囲気があり、和やかな面接でした。
営業、20代前半、女性
「自動翻訳の技術が進歩しているが、多言語対応することのメリットは何だと思うか」と聞かれたのが印象に残っています。答えにくい質問でしたが、できるだけ論理的に話すように心がけました。
企画、40代前半、男性
「これまでグローバルに働いた経験を教えてください」といわれました。また、「自身のキャリアに対してインバウンドテックがどう作用するのか」と聞かれたことが印象的です。
事務、30代前半、女性
志望動機など基本的な内容がメインで、印象に残っている質問は特にありません。面接は書類に沿って行われる形式で、答えやすい質問が多かったです。
サービス、30代前半、男性
現在の業界の動向についてどう思うか聞かれました。また、今後在留外国人が増えると思うかということも聞かれました。全体的にざっくりとした質問が多かった印象です。

インバウンドテックで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
グローバル化に伴い、今後もマーケットが拡大していくと思われる将来性の高い事業を展開していることが特徴です。風通しの良い社風があり、職種の垣根を超えて協力する場面も少なくありません。また、教育や研修制度は整備されつつありますが、まだまだ完全には確立され切っていない状況です。今後大きな成果を上げていくためには、教育制度を充実させることが必要だと思います。
サービス、在籍1~3年、女性
ベンチャー企業ということもあり、柔軟に対応する風土があります。経営メンバーとの距離も近く、気軽に話をすることが可能です。評価はやや曖昧で、上司との関係やコミュニケーションが重視されているように感じました。社員同士の距離は全体的に近く、社内外での交流も活発です。さまざまな国籍の社員が働いていることが印象的です。
事務、在籍1~3年、女性
職種にもよりますが、残業はやや長めの傾向があります。福利厚生は基本的なものは一通り揃っていますが、これといった特徴的なものがあるわけではありません。オフィスも一般的なもので、しっかりと整理整頓されています。社内の男女比はほぼ半々で、男女ともに活躍しやすい環境です。管理職にはやや男性が多い印象を受けます。

口コミの要約風通しの良い社風であり、経営陣を含めた社員同士の交流が活発に行われているという口コミが多く見られました。事業の将来性についても好意的な意見が多かったです。一方、ワークライフバランスについては評価が割れていました。職種によっては残業時間がやや長いなど、ここについては改善の余地がありそうです。

インバウンドテックの年収・給与

年収 407万円
ボーナスの有無 なし(業績手当はあり)
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社員持株会制度、人間ドック費用補助、婦人科検診費用補助など

インバウンドテックでの転職者の出世難易度

インバウンドテックの転職者の出世難易度は中程度です。
インバウンドテックでは、年に2回ほど昇給・評価の機会があります。
年功序列ではなく業績ベースでの評価が行われているため、実力のある中途入社の社員は責任のあるポジションへ登用されることも少なくありません。
口コミでは、出世をするうえでは他社以上に上司との関係が重要だという意見が目立っていました。
そのため、未だ社員数の少ない企業ということもあり、評価制度は確立していないといえます。
上司をはじめとした社員と積極的にコミュニケーションをとり、実力をアピールしていくことが出世の鍵となります。

インバウンドテックはどんな人が働いている?

インバウンドテックの従業員数

49名

インバウンドテックの平均年齢

32.8歳

インバウンドテックの平均勤続年数

2.3年

インバウンドテックの社風

インバウンドテックの社風としては、ベンチャー企業らしい風通しの良い雰囲気が特徴的です。
一部の職種ではジョブローテーション制度も導入されており、職種を超えたコミュニケーションも積極的に行われています。
社内での交流が活発に行われている和気あいあいとした社風があります。
また、さまざまな国籍の社員が働いているため、ダイバーシティに富んだ社風があるという意見もありました。
インバウンドテックは、設立当初から多言語対応に力を入れていることもあり、多様性を尊重する雰囲気があります。
国籍の垣根を超えて協力するグローバルで自由な社風が形成されていることが特徴です。

インバウンドテックのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、介護休暇、ワクチン休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

インバウンドテックの社長

東間 大

1967年生まれ。
2004年に株式ウィリオの代表取締役に就任。
その2年後、株式会社エーツーメディアの専務取締役に就任。
2013年にJapanREIT株式会社を設立し、代表取締役に就任。
2015年に株式会社インバウンドテックの取締役に就任。
その後も株式会社インフォネットの代表取締役会長や株式会社インバウンドテックの代表取締役社長を歴任。
2019年より、株式会社インバウンドテックの代表取締役社長執行役員兼ソリューション事業本部長を務めている。

インバウンドテック現職、OB/OGの有名人

下大薗 豊

1979年生まれ。
2006年にスリープロコミュニケーションズ株式会社の代表取締役に就任。
2011年に株式会社スプリックスの取締役会長に就任。
その2年後、代表取締役社長に就任。
2015年に株式会社インバウンドテックの代表取締役社長へ就任し、2017年より代表取締役会長を務めている。

インバウンドテックの転職に関わるQ&A


インバウンドテックの月平均残業時間は10〜20時間となっており、職種によって幅があることが特徴です。
事務やコールセンターのスタッフの場合はほとんど残業がなく、働きやすい企業だという口コミが多く見られました。

一方、総合職や営業などインバウンドテックの中枢に関わる責任のあるポジションの場合、残業時間は平均よりも長い水準となる傾向があります。
ただし、いずれの職種も休日出勤はほとんどなく、有給休暇も取得しやすいという意見がありました。


インバウンドテックでは、産休や育休の制度が導入されています。
取得後に職場へ復帰した実績もあり、男女問わず活躍しやすい環境づくりが積極的に進められているといえるでしょう。
社内の男女比はほぼ半々で、女性も多く活躍しています。
女性の出世ルートについては意見が分かれていました。
転勤を伴う総合職に男性が多く、結果的に女性があまり出世できないのではないかという声があります。

インバウンドテックへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

インバウンドテックの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
ただし、2022年3月現在、正社員の求人募集はされていません。
そのため、定期的に公式HPをチェックし、中途採用による正社員募集をされているかを確認する必要があります。
今すぐインバウンドテックに転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、インバウンドテックの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募までを自分のペースで転職活動をするなら、「doda X(旧:iX転職)」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

サービス展開を行う企業の募集要項も比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのサービス業界の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高めの水準となっています。
また、doda X(旧:iX転職)は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「サービスを展開する企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

コンピューターマネージメントへの転職は難しい?年収や転職難易度などを解説

コンピューターマネージメント転職者の主なキャリアステップ ...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ランサーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、グリー、アイレップなどのWEB系事業会社 ランサーズ株式会社に転職 次の転職先 リクルートなどのWEB...

Preferred networksの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

Preferred networks転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー WEB系事業会社 特許・法律事務所 株式会社Preferred networksに転職 ...

東京通信の転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

東京通信は、ミステリーゲームを中心としたアプリ開発を行っているアプリ開発会社です。 「美醜の大地-復讐ミステリー」や「3分間ミステリー」など、数々の人気タイトルを提供しています。 そのなかでも、「カジュアルゲーム」と呼ばれる...

スマレジへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

スマレジ転職者の主なキャリアステップ 前職 LINEなどのWEB系事業会社 医療系メーカー IT企業 株式会社スマレジに転職 次の転職先 WEB系事業...

カラダノートへの転職情報。年収や事業内容、面接対策のポイントなどを解説

カラダノートは、「家族の健康を支え、笑顔を増やす」というコーポレートビジョンのもと、妊娠や出産の場面で役立つファミリー向けのデータ活用サービス、webメディアなどを運営しているIT企業です。 妊娠・出産中の母親に寄り添う情報を発信...

ツクルバへの転職。面接内容や求人情報・年収・評判まで徹底解説

ツクルバ転職者の主なキャリアステップ 前職 不動産関連会社があげられる。 インターネット広告事業 株式会社ツクルバに転職 次の転職先 不動産関連会社やW...

ダークトレースに転職するには?難易度やポイントをご紹介

ダークトレース転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業 Web系事業会社 ダークトレースに転職 次の転職先 事例なし ダークトレース...

ラクスルに転職はするべき?面接内容や年収などについて調査

ラクスル転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループ、カカクコムなどのWEB系事業会社 ラクスル株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ、...

アジアクエストの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

アジアクエスト転職者の主なキャリアステップ ...

TOP