WEB・アプリサービス

ココペリへの転職は難しい?事業内容や社員の口コミなどを解説

ココペリ転職者の主なキャリアステップ

ココペリの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHといった有名私立大学の割合が高くなっています。

前職ココペリ在籍者の主な職歴は、三菱UFJ銀行みずほ銀行野村證券などの金融のほか、楽天メルカリファーストリテイリングなどが挙げられます。

次の転職先ココペリからの転職先として、AI企業や金融WEBサービス企業などへ転職しています。

ココペリは、「企業価値の中に、未来を見つける。」というミッションを掲げ、中小企業にテクノロジーを届けるBtoB、SaaSモデルのビジネスプラットフォームを提供している企業です。
中小企業をターゲットとしたコンサルティングやDX支援なども手掛けています。
人工知能やビッグデータに関する開発研究も積極的に行われているなど、技術力の高さに定評があります。
そんなココペリでは、エンジニアリングマネージャーやパートナーサクセスといった職種で中途採用を募集中です。
特にエンジニアの求人が豊富であり、機械学習エンジニアやデータエンジニアなど、専門的な人材も数多く求められています。
この記事では、ココペリへの転職を目指すうえで必ず知っておきたい事業内容や社員の口コミなどを解説します。

ココペリへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ココペリの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ココペリの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ココペリの企業概要
  • ココペリの転職ポイント
  • ココペリの社風や企業文化

ココペリに転職するポイント

ココペリの特徴

POINT

  • ・中小企業向けのビジネスプラットフォームの提供を行う東証マザーズ上場企業
  • ・コンサルティングやDX支援なども手掛けており技術力も高い
  • ・風通しが良く働きやすい職場だが、タスク管理や経営体制には課題があるとの声もある

ココペリへ転職するポイント

POINT

  • ・エンジニアリングマネージャー、ソリューション営業などの職種で求人あり
  • ・エンジニアの中途採用に積極的で細分化されている
  • ・面接ではビジョンへの共感を中心に志望動機が重視される

ココペリの企業概要

会社名 株式会社ココペリ
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル11F
社長 近藤 繁
設立 2007年6月11日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 近藤繁(29.70%)
森垣昭(6.10%)
株式会社東広(4.60%)

ココペリの売上

ココペリの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 185百万円 413百万円 1,024百万円
経常利益 -98百万円 -21百万円 239百万円

ココペリの最新ニュース

ココペリの事業内容

ココペリの主力事業は、中小企業をターゲットとしたSaaS形式のビジネスプラットフォーム「Big Advance」の提供です。
中小企業を支える基盤である地域金融機関と連携することで、中小企業の抱えるさまざまな経営課題を解決するサービスを行っています。
AI(人工知能)や取引先情報などのビッグデータに関連する研究開発も盛んに行われており、AIをAPIで利用できる「FAI」も開発中です。
創業以来一貫して中小企業の支援を行っており、高い技術力に裏打ちされた独自のノウハウが蓄積されています。
また、主力サービスである「Big Advance」は、基本機能が月額3,000円から利用可能と価格を抑えた事業展開を行っていることも特徴です。
ビジネスチャットやビジネスマッチング、福利厚生や補助金管理、ホームページの自動作成機能などが搭載されています。
売上高、経常利益はともに上昇傾向で推移しており、特に売上高に関しては5年連続で上昇中です。
2021年3月期は経常利益もプラスに転じ、今後もさらなる業績拡大していくことが予想されます。

ココペリの募集要項

エンジニアリングマネージャー

エンジニアチームのマネージャーとして、プロセスのマネジメントやプロジェクトのマネジメント、チームビルディングなどを担当します。
エンジニアリング組織全体の構築や改善、運用に携わることのできるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェアエンジニアとしての実務経験
  • ・自社サービスの開発や運用を行う部署でのエンジニアリングマネジメント経験

パートナーセールス

金融機関各支店の行員を対象とした経営支援プラットフォーム「Big Advance」のサービス説明を行います。
また、行員とともに中小企業を訪問し、中小企業の経営者に対して「Big Advance」の利用促進提案などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の法人営業経験

ココペリの転職難易度

ココペリの転職難易度は中程度です。
ココペリでは、エンジニアリングマネージャーやパートナーセールスといった職種のほか、プロダクトマネージャーやエンジニアなどの職種で中途採用を行っています。
エンジニアの求人が非常に豊富で、機械学習エンジニアやデータエンジニアなど細分化した募集が行われていることが特徴です。
専門職以外ではそのほかにソリューション営業や事業開発といった職種で求人があります。
職種の選択肢が幅広い一方で、面接ではココペリのビジョンへの共感などを丁寧に聞かれる傾向があります。
また、それぞれの職種で一定の必要経験が定められており、未経験の職種へ挑戦するのはややハードルが高いです。
これまでの経験を面接の場で上手くアピールすることがココペリへの転職を成功させる鍵となるでしょう。

ココペリが転職者に求める人物像

ココペリが転職者へ求める人物像として、「ココペリのミッションやビジョンを理解し、共感および体現できること」が挙げられます。
ココペリは「企業価値の中に、未来を見つける。」というビジョンを掲げ、「中小企業にテクノロジーを届けよう。」というビジョンの元、事業を展開しています。
この2点をしっかりとおさえると共に、それを体現することができる行動力が必要です。
また、「自分が経験したことのない技術をキャッチアップし、プロダクトへ向き合えること」も求められています。
ココペリは、機械学習やビッグデータなどの分野での高い技術力を核としたサービスを展開中です。
新しい技術やツールなどを積極的に取り入れるなど、変化に対して柔軟に対応できる人材が重宝されます。

ココペリの転職までの流れ

ココペリの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:部署マネージャー・取締役
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな内容が中心です。
また、経営の観点を踏まえた質問もされる傾向にあります。

最終面接

想定選考官:代表取締役
想定内容:これまでよりもさらに踏み込んだ質問があるとともに、ココペリのビジョンなどについての説明もあります。

内定

ココペリの面接形式

ココペリの面接回数は3回とやや多く設定されており、選考状況によってはさらに面接回数が増える可能性もあります。
面接形式は全て1対1となっており、面接から内定までは1〜2週間程度となっています。
企業への理解を深めるため、オンラインでカジュアル面談を行うことも可能です。

ココペリの面接内容

ココペリの面接では、「ココペリのミッションを知っていますか」や「ココペリのビジョンのどの点に共感して応募したのか」といった企業精神に対する共感を重視した質問が多いです。
ココペリは最近事業規模が拡大しており人員の拡充も進んでいますが、まだまだ社員数は少なく、企業のミッションやビジョンが社員の間に浸透しています。
面接前に今一度、ココペリのビジョンやミッションをチェックしておき、共感できるポイントをリストアップしておくと良いでしょう。
そのほかには、「中小企業で働いた経験はありますか」や「法人と関わった経験を教えて下さい」など、ココペリならではの質問も目立ちます。
中小企業をターゲットとした事業展開を進めていることもあり、中小企業の現状に対する理解が重視される傾向にあります。
自身の体験談なども交えながら、説得力のある回答ができるように準備しておきましょう。

ココペリの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くの求人が載っている
・求人情報はGreenなどでも確認可能
・オーソドックスな質問が多い

営業、30代前半、男性
自己PRや志望動機といった基本的な内容を質問されたあと、「ココペリの企業ビジョンを知っているか」と聞かれました。事前にチェックしておいたので、しっかりと答えられました。
法人営業、20代後半、女性
「これまで中小企業の経営者と関わった経験はあるか」といわれたことが印象に残っています。中小企業の抱える経営課題など、現状を理解できているかが重視されていた印象です。
エンジニア、20代後半、女性
これまでに携わったプロジェクトの規模と自身の役割について細かく聞かれました。また、最終面接では企業のビジョンやミッションに関する質問が多かったです。
マネージャー、40代前半、男性
「残業についてどう思っているか」と聞かれたことが印象に残っています。答えにくい質問でしたが、率直に自分の意見を伝えるように心がけました。
エンジニア、20代後半、男性
これまでに経験したことのある開発環境についてなど、オーソドックスな内容が多かったです。最終面接では「中小企業をサポートするという精神に共感できるか」と聞かれました。

ココペリで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍1~3年、男性
「中小企業のために」という精神が社内全体に浸透しており、社員が一丸となって頑張っていこうという意識の強い企業です。また、残業はできるだけしないようにと声をかけてもらえます。所属している部署にもよるかもしれませんが、ワークライフバランスは全体的に良好です。お子さんがいる社員も多く、子育てについても柔軟に対応してもらえます。
エンジニア、在籍3~5年、男性
全体的に裁量の大きな仕事に携われ、働きがいのある企業です。忙しい時期もありますが、どんな仕事も無駄にはなっていないと感じます。評価の基準がやや曖昧で、給与も企業の業績に左右されてしまうことが少なくありません。社員は全体的に若く、年齢を問わずチャレンジを後押しする社風があります。
マネージャー、在籍3~5年、男性
非常に風通しの良い風土があり、働きやすい企業です。取締役の発信力が弱く、部長クラスの社員が昇進していくべきだと思います。特に今の部長は極めて実力があると感じます。2021年の4月からは評価制度や給与テーブルが変更され、企業の成長に伴って待遇が改善していくものと思われます。タスク管理には課題感があり、部署をまたいだ連携も改善の余地が大きいです。

口コミの要約風通しが良い企業で、掲げているミッションが社内に浸透しているという口コミが多く見られました。働きがいを感じる機会が多く、仕事が無駄にならないという意見も多かったです。一方で、経営や社内体制などについてはやや厳しい意見が寄せられていました。社内体制の構築と待遇の改善が今後の課題となるといえるでしょう。

ココペリの年収・給与

年収 574万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 資格手当、ランチ代補助、セミナー受講費補助、書籍購入代補助など

ココペリでの転職者の出世難易度

ココペリの転職者の出世難易度は中程度です。
ココペリではOKR制度で評価が行われています。出世は年功序列よりも実力主義の傾向が強く、目立った実績を挙げた人が順当に出世していくという傾向があります。
社内には転職者が多いため、転職者だからといって出世が不利になるということは全くありませんが、出世がしやすいというわけでもありません。
良い意味でビジネスモデルは確立されておらず仕事の裁量は大きいため、自らさまざまな仕事に積極的にチャレンジしていくことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 グループマネージャー 900万円
40代前半 グループマネージャー 900万円
40代後半 エンジニアリングマネージャー 1,100万円

ココペリはどんな人が働いている?

ココペリの従業員数

46名

ココペリの平均年齢

36.3歳

ココペリの平均勤続年数

1.8年

ココペリの社風

ココペリは企業のビジョンやミッションを大切にする企業です。
特に「中小企業のために」という精神が社内全体に浸透しており、社員の間に連帯感が強いという特徴があります。
企業の目指す方向に強く共感することの出来る人が活躍しやすい企業風土です。
また、体制が良くも悪くも確立されておらず、自由な雰囲気があるという意見がありました。
経営陣の力関係にもややムラがあり、取締役に比べて部長の力が強い傾向にあります。
事業規模の拡大に伴って社員数も増えるなか、強固な体制の確立を求める声が上がっています。

ココペリのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:30〜18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月40.0時間
フレックス制度 有り(職種による)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

ココペリの社長

近藤 繁

1978年生まれ。
2002年に株式会社みずほ銀行へ入行。
2006年にイー・ステージ株式会社へ入社し、翌年に株式会社ココペリの代表取締役CEOに就任。
2010年より、株式会社アイケアパートナーズ東京の取締役を務め、2011年に一般社団法人Hearthの理事に就任。
そのほかにも、株式会社情報センター出版局取締役も務めている人物。

ココペリ現職、OB/OGの有名人

森垣 昭

1981年生まれ。
2005年に株式会社ガイアックスへ入社。
翌年に株式会社GT-Agencyの取締役へ就任。
2009年より、株式会社ソーシャルグループウェア取締役を務め、2012年に株式会社テンエックスラボへ入社。
2015年に株式会社ココペリの取締役COOを務め、2019年にテクノロジー事業部長に就任。
2021年より、取締役を務めている。

ココペリの転職に関わるQ&A


ココペリの月平均残業時間は40時間ほどとなっています。
これは同規模の企業と比較するとやや長い水準です。
社員数がそれほど多くないため、実際の平均的な残業時間はこれよりもやや短い傾向にありますが、いずれにしてもある程度の残業時間は必要となります。
ワークライフバランスが気になる場合は、応募前のカジュアル面談などで相談してみても良いかもしれません。

ココペリの平均年収は575万円であり、最近の東証マザーズへ上場した企業としては標準程度かやや高い水準です。
以前は給与が低く待遇改善を求める声が多く寄せられていましたが、上場を機に給与が上がったという情報がありました。
上場後も売上が上昇し続けているなか、さらなる待遇の改善に期待が寄せられています。

ココペリへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ココペリの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、メッセージや会社紹介資料、社員インタビューなどが掲載されているため、一度目を通したほうが良いでしょう。
ただし、募集内容はざっくりとしか掲載されていないため、イマイチ分からないということも少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ココペリの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

通信業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してココペリに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職では、募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの通信業界の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

クラウドワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 人材紹介会社 広告制作会社 生命保険会社 観光業界 株式会社クラウドワークスに転職 次の転職先 ...

ティアンドエスへの転職情報まとめ。難易度や年収などについて解説

ソフトウェア開発の請負や運用保守、さらには半導体の製造など、テクノロジーに関連する事業を多角的に展開しているティアンドエス。 日立グループや東芝グループなど、大手企業からの受注実績も目立っている企業です。 最近では画像認識や...

ココペリへの転職は難しい?事業内容や社員の口コミなどを解説

ココペリ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券などの金融 楽天 メルカリ ファーストリテイリング 株式会社ココペリに転職 ...

ASIRO(アシロ)への転職。求める人物像や社風・年収などを徹底解説

「ASIROに関わる人を誰よりも深く幸せにすることで、よりよい社会の実現に貢献する」を企業理念とし、日常生活の基盤やインフラとなりえるリーガルメディア・リーガルHRに関連したサービスを開発・提供する株式会社アシロ。そんなアシロではエンジ...

ファイアアイの転職難易度は?口コミや年収などを解説

ファイアアイは、サイバーセキュリティ攻撃を調査し、悪意のあるソフトウェアから保護しているサイバーセキュリティ企業です。 主力として、ITセキュリティリスクを分析するためのハードウェアやソフトウェア、それらに通ずるサービスの提供をしてい...

インターファクトリーへの転職は難しい?選考フローや口コミなどを解説

インターファクトリーは、EC事業者が自社運営するECサイトを構築するために必要なクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」を提供している企業です。 事業運営を通じ、さまざまな方の幸せを実現することを目指しており、こ...

LINEへの転職。福利厚生や年収について解説

LINE転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアやワークスアプリなどのITコンサル ヤフーやクックパッドなどのWeb系事業会社 富士通などの電機メーカー ツールベンダー ゲームなどのWeb系コン...

Dropboxの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

Dropbox転職者の主なキャリアステップ 前職 オラクル、シマンテックなどの大手ソフトメーカー IBM、NTTなどのSIer 楽天などのWeb系事業会社 Dropbox Jap...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWEB系事業会社 プロダクト・商品・サービスを持っている大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム Googleなどの外資系テク...

ぐるなびへ転職するには?評判や口コミなどについて調査!

ぐるなび転職者の主なキャリアステップ 前職 WEB系事業会社 食品メーカー 外食産業など 株式会社ぐるなびに転職 次の転職先 WEB系事業会社 デジ...

TOP