WEB・アプリサービス

スタメンの転職難易度は高い?面接内容や選考のポイントなどを解説

スタメン転職者の主なキャリアステップ

スタメンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

スタメン在籍者の主な職歴は、美容機器やアパレルなどのメーカーのほか、医療サービスやWEBサービス事業者なども挙げられます。

次の転職先

スタメンからの転職先として、SaaSやゲーム関連企業などへ転職しています。

「一人でも多くの人に、感動を届け、幸せを広める。」という経営理念を掲げ、企業に向けたエンゲージメント向上ツールの提供を行っているスタメン。
エンゲージメント向上プラットフォームである「TUNAG」に加え、オンラインサロンプラットフォームである「FANTS」の2つを展開しています。
そのなかでも「TUNAG」は、2022年に利用企業数が500社を突破するなど、今注目を集めている企業といえます。
そんなスタメンでは現在、フィールドセールスやインサイドセールス、マーケティングといった多彩な職種で中途採用を募集中です。
それらに加えエンジニアの募集も行っており、ビジネス職や技術職問わず幅広いバックグラウンドを活かして転職できる企業だといえるでしょう。
この記事では、スタメンに関する転職事情について詳しく解説します。

スタメンへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・スタメンの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スタメンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • スタメンの企業概要
  • スタメンの転職ポイント
  • スタメンの社風や企業文化

スタメンに転職するポイント

スタメンの特徴

POINT

  • ・エンゲージメント向上ツール「TUNAG」を展開する企業
  • ・「TUNAG」の利用社数は500社を突破するなど、順調に事業規模拡大中
  • ・勢いがあり、ベンチャー企業らしい自由闊達な風土があるとの口コミ多数

スタメンへ転職するポイント

POINT

  • ・セールスやマーケティング、エンジニアなど、多彩な求人がある
  • ・ディレクターなどの管理職での求人募集も多数存在
  • ・面接では入社後に取り組みたい仕事など、将来の内容がよく質問される

スタメンの企業概要

会社名 株式会社スタメン
本社所在地 愛知県名古屋市中村区下広井町1-14-8
社長 加藤 厚史
設立 2016年1月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 加藤厚史(40.61%)
株式会社スターフロンツ(7.11%)
ジャフコSV5共有投資事業有限責任組合(5.91%)

スタメンの売上

スタメンの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 396百万円 620百万円 913百万円
経常利益 -36百万円 7百万円 32百万円

スタメンの最新ニュース

スタメンの事業内容

スタメンは、企業に向けたエンゲージメント向上のためのツール「TUNAG」の提供を主力事業としている企業です。
日本企業では、社員の企業に対する信頼関係を意味するエンゲージメントが低いことが喫緊の課題として挙げられます。
そんな課題に対し、TUNAGではそれぞれの企業が従業員と信頼関係を向上させられる情報発信や人事の業務管理を可能としています。
また、アルバイトやパート社員も含む多くの社員が「TUNAG」を通してつながり、離職率を低下させて業務効率の改善を図るのもTUNAGの主な強みです。
さらには、オンラインサロンを運営するためのプラットフォームである「FANTS」も展開しています。
サブスクリプション型の課金モデルを採用しており、プロスポーツチームやレジャー施設、スクールなど、幅広いカテゴリでサロンの経営に利用されています。
経常利益や売上高はともに上昇傾向であり、今後もさらなる事業規模の拡大が期待されている企業です。

スタメンの募集要項

ディレクター

サービスや事業成長に向けた施策の立案と実施を行うのがディレクターの主な役割です。
マーケターと連携したプロモーション企画の立案はもちろんのこと、セールス部と連携したサロンオーナーの開拓やサロンのプロデュースの支援など、幅広い業務に携わりながらサービスの成長を促していきます。

必須な経験・スキル

  • ・新規サービスの立ち上げやプロデュースの実務経験
  • ・定量分析やKPI設計などの経験
  • ・SaaS系のITサービスや広告代理店における営業経験 など

フィールドセールス

インサイドセールスやマーケティングと連携しながら顧客に対する商談を行い、スタメンの売上拡大を目指すのがフィールドセールスの役割です。
各企業の社長や経営部といったトップクラスの顧客と接点を持つことができます。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業の実務経験
  • ・目標達成意欲や推進力の保有
  • ・学習意欲や傾聴力の保有

スタメンの転職難易度

スタメンの転職難易度は中程度です。
スタメンでは、ディレクターやフィールドセールスのほかに、インサイドセールスやマーケティングなど、極めて幅広い職種で中途採用を募集しています。
また、ビジネス職に加えてエンジニア職での採用も行っており、Webサービスやアプリなど分野ごとに特化した募集があるのが特徴です。
ディレクターなどの一部の管理職を除き、求められている必須要件はそれほど厳しいものではありません。
ディレクターの場合は新規サービスのプロデュース経験など、マネジメント能力が求められています。
特別選考難易度が高いというわけではありませんが、どの職種に応募する場合でも徹底した面接対策があると安心でしょう。

スタメンが転職者に求める人物像

スタメンが転職者に求める人物像として、「自らがスタメンのファンであり、成長に情熱が込められること」が挙げられます。
スタメンは、設立から間もないベンチャー企業ということもあり、社員それぞれが自社サービスに対して熱い思いを持っています。
このような風土のもとでさらにスタメンのサービスをより良いものにしていくためには、自分自身がスタメンのサービスに誇りを持つことが欠かせません。
面接の際も、このようなポイントを意識しながら熱意を伝えると良いでしょう。
また、成果主義を採用しているため、「常に成果を求めながらアクションができること」も求める人物像として掲げられています。
成果にこだわることのできるマインドを持った人材が向いている企業です。

スタメンの転職までの流れ

スタメンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:チーム社員
想定内容:これまでの経験といった基本的な質問が中心ですが、人物面に関する質問もされます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:これまでの内容を踏まえ、スタメンで実現したいことやスタメンで働く将来像など、未来志向の質問が多くなります。

内定

スタメンの面接形式

スタメンの面接回数は2回です。
面接形式は特に定まっておらず、1対1や複数人で行われる場合など、状況によって異なります。
面接1回あたりの所要時間は30〜40分程度と一般的な水準です。
選考期間は2週間前後のことが多く、ややスピーディーな選考といえます。

スタメンの面接内容

スタメンで最もよく聞かれる質問として、「スタメンに入社したあとにどのようなことをやりたいのか」というものが挙げられます。
スタメンでは、社員一人一人の熱意を重要視する風土があります。
そのため、「スタメンに入社したあと担当する仕事」や「スタメンで実現したいこと」といった具体的な将来像を描くことは極めて重要です。
自分が面接に合格したあとのイメージを膨らませながら、自分の熱意をアピールできるように工夫を重ねましょう。
そのほかにも、「これまで最も困難だった場面は何か」や「それをどう乗り越えたのか」という内容もよく聞かれます。
前職でのエピソードなども交えながら、自分が直面した困難とその対処法を分かりやすく伝えられるよう練習を重ねると良いでしょう。

スタメンの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集している
・求人情報はGreenなどでも確認できる
・熱意を問うような質問が多い

エンジニア、20代後半、男性
「これまでどのようなプロダクトに携わったのか」と聞かれました。履歴書に書いたような内容を再確認する質問が多く、特にこれといって答えにくい質問はなかった印象です。面接は終始和やかな雰囲気でした。
マーケティング、20代後半、男性
「これまでに直面した最も大きな困難は何だったか」と聞かれました。前職でのトラブルのことを話したところ、「それをどのようにして解決したのか」や「そこから得られた教訓はなにかあるか」と聞かれました。
プロデューサー、40代前半、女性
これまでの経歴や志望理由といった基本的な質問がほとんどでした。面接官は2人おり、1人は人事部の方、もう1人が配属予定先の部署の社員です。スタメンに入社したあとのビジョンについては非常に掘り下げられました。
エンジニア、30代後半、女性
「これまでに携わったプロダクトについて教えて下さい」といわれました。そのあとは、実装を担当した部分など、細かく聞かれました。また、具体的な実装の案件を見せられて、「これはできそうか?」と聞かれました。
営業、40代前半、女性
「スタメンに入社したあと、どのようなことを達成したいのか」と聞かれました。特に、「夢を実現するために、なぜスタメンを選んだのか」という質問が印象に残っています。全体的に熱意を重視している印象です。

スタメンで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍1~3年、男性
日頃から周囲の社員と情報共有を行い、互いに励まし合おうという文化があります。社員同士の距離は近く、まさにベンチャー企業といったような雰囲気があるのが印象的です。組織体制は頻繁に変更されますがまだまだ規模が大きくないため、それほど弊害は発生していません。ワークライフバランスについては並程度といった印象ですが、柔軟に対応してもらえると思います。
マーケティング、在籍3~5年、女性
これからの会社を作っていくんだというやる気に溢れた人材が多く在籍している環境で、実際そのようなマインドを持った人が馴染みやすい風土があります。また、19:30以降は残業してはいけないというルールがあるため、それ以降の残業がない点も高評価です。ただし、ベンチャー企業ということもあるからか、人の入れ替わりが激しい印象があります。方針もコロコロ変わるため、やりがいを見いだせない人はすぐに転職してしまう印象です。
法人営業、在籍3~5年、男性
互いを認め合うという文化があるため、働きやすい企業だと感じます。生き生きと働いている社員も多く、将来性も高いのではないでしょうか。常に「あなたはどうしたいのか」という点を大切にしているため、社員一人一人が文字通り経営者目線を持つことができます。メリハリをつけようという意識も高く、仕事の生産性も高いです。
口コミの要約

全体的にお互いを認め合う風土があり、働きやすい企業だという意見が多くありました。ベンチャー企業ということもあり風通しの良い風土があるようです。ただし、企業の方針や体制が頻繁に変更されるという点には苦言を呈している社員は少なくありません。発展途中の企業のため、企業の体制が安定するまでにはしばらく時間がかかりそうです。

スタメンの年収・給与

年収 506万円
ボーナスの有無 有り(個別にオファー)
昇給制度 年3回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(個別にオファー)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会など

スタメンでの転職者の出世難易度

スタメンでの転職者の出世難易度は中程度です。
スタメンでは、成果主義の評価体系を採用しており、仕事で残した実績をしっかりと数字で判断するシステムが確立しています。
そのため、しっかりと数字を上げることで出世できる可能性が高まるでしょう。
また、スタメンはベンチャー企業ということもあり、自社製品に対する愛着や仕事に対する熱意が出世に影響する傾向があります。
社内には転職者がほとんどのため、転職者だからといって出世が不利になるということはありません。
仕事に対するモチベーションをアピールしつつ、積極的に仕事を引き受ける姿勢が出世への近道です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 部長 900万円
40代前半 本部長 700万円
40代後半 部長 900万円

スタメンはどんな人が働いている?

スタメンの従業員数

69名

スタメンの平均年齢

30.1歳

スタメンの平均勤続年数

1.5年

スタメンの社風

スタメンは、自分で考えて自分から挑戦する姿勢やチャレンジ精神に対して周りが協力し応援してくれる風土があります。
「ライフスタイルに革命を起こすような仕組みこそが企画」と定義しており、常に改善やより良い事業を作るために全社員が企画を考え提案できる環境です。
そうした思想が浸透しているため、現場でもフラットな関係で役職者も部下の給料や評価が上がるように年次関係なく良い提案や仕事には積極的に後押しをしてくれる雰囲気があります。
新規事業についても、入社3年目の新卒社員が事業責任者として活躍するなど、企画次第でピックアップしてもらえる前例があります。

スタメンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30〜18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

スタメンの社長

加藤 厚史

1981年生まれ。
2006年に中京テレビ放送株式会社へ入社。
2008年に株式会社エイチームへ入社し、2010年に株式会社スタメンの取締役に就任。
2016年に代表取締役社長に就任。
2022年より、代表取締役社長執行役員CEOを務めている。

スタメン現職、OB/OGの有名人

大西 泰平

1984年生まれ。
2008年に株式会社大広へ入社。
2012年に株式会社ユニクロへ入社し、2014年にSekai Lab Pte.Ltd.へ入社。
2016年に株式会社スタメンの取締役に就任。
その後、取締役コーポレート本部長を務め、2022年より取締役副社長執行役員COO TUNAG事業部長を務めている。

スタメンの転職に関わるQ&A


スタメンの月平均残業時間は20時間前後となっており、ほかのIT系企業と比べても低い水準です。
スタメンでは、19:30以降の残業を一律で禁止するというルールがあり、残業時間は削減されてきています。
そのため、ワークライフバランスについては心配のない企業といえるでしょう。

スタメンでは、部署を問わず多くの女性社員が活躍しています。
比較的若い企業ということもあり、産休の取得実績が多いというわけではありませんが、家庭を持ちながらスタメンで働いている女性社員も在籍しているため、概して男女問わず活躍しやすい企業だといえるでしょう。

スタメンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

スタメンの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージや会社紹介資料などが掲載されているため、応募する前に目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したいと考えている方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スタメンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

ITベンチャー企業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してスタメンに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職では、ITベンチャー企業をはじめとした企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのITベンチャー企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ソネット・メディア・ネットワークスの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

ソネット・メディア・ネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーグループ 証券会社 Web系事業会社 コンサルティング会社 ソネット・メディア・ネットワークス株式会...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのシステム会社 GMOなどのインターネット関連企業 ゲーム関連企業 株式会社Aimingに転職 ...

GRCSへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

GRCSは、テクノロジーを活用した情報管理の効率化を図り、複雑な外部環境リスクから企業を保護している企業です。 海外にて企業経営のスタンダードとして認知されているGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)やセキュリティに注...

ニューラルポケットの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

ニューラルポケットは、画像や動画を解析する独自のAI技術の研究開発を行っている企業です。 AIをスマートフォンやPC、カメラなどの端末に搭載してデータ処理することで低コストや低消費電力の実現を図っています。 また、2022年...

ベネフィットワンの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

ベネフィットワンは、官公庁や企業の福利厚生業務「ベネフィット・ステーション」などの運営代行サービスを行っている企業です。 主に法人向けサービスを主軸に手掛けており、設立以来より、ユーザー定額課金型のサービスマッチングを展開することで、...

ミクシィの転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

ミクシィ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、カプコン、DeNAなどのゲーム関連企業 NTTドコモ、ソフトバンクなどのIT系事業 株式会社ミクシィに転職 ...

FiNC Technologiesに転職するには?面接や福利厚生などを調査

FiNC Technologies転職者の主なキャリアステップ 前職 事業会社 リクルートなどの事業会社 サイバーエージェントなどのWEB系代理店 コンサルティングファームなど ...

ノートンへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

ノートンは、コンピュータセキュリティソフト「ノートン」の開発や提供を行っているソフトウェア会社です。 主にインターネットセキュリティに特化した製品の開発と提供を行っており、これまでに約5,000万人のデバイスや個人情報、オンラインプラ...

モイへの転職。ツイキャスの運営を行っている会社の年収や口コミは?

PCやスマホなどから気軽に動画配信、音声配信を行うことが出来るサービスである「ツイキャス」などの運営を行っているモイ。「人と人をつなげて世界中の人々の生活を豊かに変えます」というミッションを掲げ、様々なライブ配信サービスを提供している東...

マーキュリーリアルテックイノベーターへの転職は難しい?選考フローや出世難易度などを解説

マーキュリーリアルテックイノベーターは、不動産に関するビッグデータを活用した情報プラットフォームを提供している企業です。 「Big Data × Technology」をビジョンに掲げ、新築分譲マンションの物件概要情報や販売価...

TOP