WEB・アプリサービス

メルペイへ転職を考えている方必見。社員数や年収を調査

 
▼下記は、メルペイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからメルペイに転職してくるのか
・転職先:メルペイからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    GMO、PayPal等の電子決済業者
    金融機関
    ・事業会社のマーケ部門

  • 株式会社メルペイ

  • 主な転職先

    ・業種を問わず幅広い企業

メルペイの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、専門・高専~大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の出身者がいます。

職歴

職歴は、GMO、PayPal等電子決済業者、金融機関出身者、さらには、事業会社のマーケ部門出身者などがあげられます。

退職後の主な転職先

メルペイ退職後の転職先に、大きな特徴や傾向はありません。退職後は業種を問わず幅広い企業へ転職しています。

メルペイは、フリマアプリの開発・運営を行うメルカリの子会社です。
2017年に設立され、モバイル決済だけではなく「金融に関する全てのサービスを簡単に完結できる社会」の実現を使命としています。
オフィスを六本木ヒルズ森タワーに構え、従業員数は425人(2019年6月時点)です。
メルペイはまだ新しい企業で、現在は投資段階となっていますが、メルカリという広い入り口を持った電子決済サービスは、今後爆発的な成長が見込まれる事業といえるでしょう。

初めての転職でメルペイを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

メルペイの社員数や年収も重要だけど、それよりも先にどんな求人募集があるのか気になるという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ミドルクラス~ハイクラス求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ定まっていないという場合は、ここで一度比較するのがおすすめです。
転職エージェントの活用を予定している場合でも、情報収集として事前に転職サイトをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • メルペイの企業概要
  • メルペイの転職ポイント
  • メルペイの社風や企業文化

メルペイ転職するポイント

メルペイの特徴

POINT

  • ・スマホ決済サービス「メルペイ」を運営している
  • ・充実した福利厚生で自由に働ける環境が整っている。
  • ・2018年から2019年にかけて従業員数が2.4倍増加している

メルペイへ転職するポイント

POINT

  • ・英語スキルが重宝される
  • ・面接は逆質問から始まる
  • ・経験をメルペイで活かす想像力が重視される

メルペイの企業概要

会社名 株式会社メルペイ
本社所在地 東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー
社長 青柳 直樹
設立 2017年11月20日
株式 非上場
株主構成 記載なし

メルペイの売上

メルペイの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 22,071百万円 35,765百万円 51,683百万円
経常利益 -2,779百万円 -4,741百万円 -12,171百万円

メルペイの最新ニュース

メルペイの事業内容

メルペイ

メルペイはスマホ決済サービスである「メルペイ」を運営・開発を主な業務としています。
メルペイは2019年2月に提供されたばかりの新しいサービスです。
リリースされた当初はフリマアプリ「メルカリ」の決済サービスとして認識されていました。
しかし、リリースから63日で100万人、125日目に200万人と登録ユーザー数が爆発的に伸び、1年が経った現在では、500万人異常が利用する決済サービスとなっています。
その背景として、オンラインの決済だけでなく、全国のコンビニをはじめとする、レストラン・スーパー・薬局・携帯キャリア・家電量販店など、オフラインの決済も可能となったことが挙げられます。
現在メルペイが利用可能な店舗は全国で約150万店舗とされており、今後もさらに加盟店が増えていくことが予想されます。

メルペイの1番の強みはメルカリで得た売り上げをそのまま利用できることです。スマホ決済サービスの1番の課題は「最初の一回をどう利用してもらうか」と言われています。
しかし、メルペイでは初めから不用品を売った段階で、登録するユーザーが多く、利用のハードルが低くなっているのです。

銀行と連携しオンラインでチャージ可能な機能や、チャージレスの「メルペイあと払い」など、独自のサービスを展開しており、利用者のニーズに合わせて使い分けられるのも、メルペイの強みといえるでしょう。

メルペイは今後さらに、他社との連携を強化する方針を示しており、各社のサービスに対し一括で支払える決済サービスになることを目標としています。

メルペイの転職の募集要項

Androidエンジニア

主にメルペイのアンドロイドアプリの開発を行います。
現在メルペイでは1つのプロジェクトごとに10名程度のエンジニアを配属し、開発を行っています。
開発言語はKotlin。Gradleのmulti moduleを活用しプロジェクトの設計を行います。
メルカリとの協調作業もあり、チーム内でのコミュニケーションが必須の業務となるでしょう。
出世には、社内の評価だけでなく、技術カンファレンス(国内外問わず)での評価も重視されており、技術のアウトプットの場が広い職種となっています。

必須な経験・スキル

  • ・メルペイのミッションとバリューへの共感
  • ・JavaまたKotlinによるAndroid向けネイティブアプリケーションの開発経験
  • ・チームの中で他者と協働してモバイルアプリケーションを開発した経験

データアナリスト(チームマネージャー)

メルペイの事業全体における成長のため、分析組織のマネジメントに取り組みます。
経営陣や事業責任者とのコミュニケーションを取る機会が多く、メルペイの中心に立って事業の成長をデータ分析の観点からマネジメントする職種になります。
また、チームメンバーの採用も任されるため、大きな責任の伴う職種となるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・プラットフォーム系の事業などにおけるビッグデータの分析経験
  • ・チームマネジメントの実務経験
  • ・組織全体の課題に対するアプローチ経験

メルペイの転職難易度

メルペイの転職難易度は高めです。しかしサービスが始まった2019年以降、メルペイでは、採用のペースを上げており、2019年には200人以上従業員を増やしています。
キャッシュレス化が進む現在。親会社のメルカリとしても、メルペイは力を入れるべき事業として予算を割いており、今後もキャリア採用を積極的に行うことが予想されます。

メルペイが転職者に求める人物像

常に新しいことにチャレンジしようとする意思と実行力を持った人材が求められます。
スマホ決済サービス自体が比較的新しいサービスであるため、未開拓の領域が広く、前例のないものに挑戦する必要があります。
メルペイでは、新しい観点を持った人材を歓迎する傾向があるため、0→1で何かを生み出したい人には最適な職場となるでしょう。

メルペイの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次面接

想定選考官:人事
逆質問から面接が始まります。その後「現職で得たスキルをメルペイでどう活かせるのか?」を軸とした質問が多く出される傾向があります。

最終選考

想定選考官:社長
想定選考官:人事部長・役員
一次面接の2週間後に最終選考が行われます。一次面接の内容を更に掘り下げて聞かれます。

メルペイの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2回です。
1回につき30分程度となります。
面接の結果は1週間程度で報告されます。

メルペイの面接内容

選考フローは一般的な企業と基本的に同じです。
ただしエンジニア職の場合、エントリー時にGitHubのアカウントなどで、ソースコードを提出して欲しいと言われる場合があります。
面接は逆質問から始まりますが、試験官が予想していない質問を投げた場合、面接というよりもディスカッションの場になります。
ディスカッションのようになった場合、一緒に働くイメージを明確に持ってもらえるため、採用される可能性はかなり高まるでしょう。

メルペイで働いている方の評判・口コミ

マーティング、在籍5〜10年、男性
めまぐるしく動き続ける新規事業に関われる。さまざまなプロフェッショナル人材と一緒に仕事ができるので、大変刺激になります。キャッシュレスという未開拓の分野における知見も深められるため、今後のキャリアの選択肢も増えていくと思います。
エンジニア、在籍3〜5年、男性
会社のミッションに強く共感している人材が集まっている。組織の方向性と自己実現が合致している人はやりがいを感じられると思います。ただ、自分がやりたいプロジェクトに参加できる訳ではなく、何のためにやっているのかわからなくなり、転職していく人も少なくありません。
口コミの要約

メルペイはまだ新しい企業であり、人材補充も始めたばかりの企業であるため、口コミはあまり出回っていません。少ない口コミの中でも目立ったものは「目指すべき場所が高く士気が高い」というものでした。
また、キャッシュレス化が進む中で、事業に携われることを誇りに思っている社員も多いようです。
ただし、研修制度や社内インフラはまだ整っていない部分もあり、自己管理能力が必要という口コミも見られました。

メルペイの年収・給与

年収 500万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 ドリンク無料、セミナーの受講補助、
産休・育休支援の拡充、育児・介護休暇の有償化など

メルペイでの転職者の出世難易度

メルペイの出世の難易度は高いでしょう。出世に関する口コミ情報が出回っていないものの、キャリア採用に力を入れていることから、優秀な人材が多いことが予想され、その中で活躍しなければいけません。
ただし、メルペイでは無制限昇給制という、上限のない給与を公約しており、四半期に1度の絶対評価で給与の設定が行われます。
新規事業で成果を残されば、出世のチャンスは充分あるでしょう。
また、メルペイは海外進出にも積極的なため、語学力があることも評価につながります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 1,000万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 1,100万円
40代前半 なし 1,100万円

メルペイはどんな人が働いている?

メルペイの従業員数

200名(2018/09)

メルペイの平均年齢

31.9歳(メルカリ全体)

メルペイの平均勤続年数

1.5年(メルカリ全体)

メルペイの社風

メルペイでは「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」という3つの経営理念が社員に行き渡っています。
そのため、1つのプロジェクトに対して一丸となって取り組む姿勢が見られます。
スピード感を持って業務を行うため、新しいことにチャレンジすることが好きな方には最適な職場といえるでしょう。
残業時間は月20時間ほど。仕事熱心な人が多いとはいえ、残業を強要される雰囲気はなく、むしろ副業を推奨しています。ワークライフバランスはかなり良い企業といえるでしょう。

メルペイのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム:12:00~16:00)
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 リラックス休暇、Sick Leave
平均残業時間 20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

メルペイの社長

青柳 直樹

慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、ドイツ証券勤務を経て、ITベンチャーのグリーに転職。グリーの代表取締役CEO、米国法人CEO、事業本部長を歴任。2016年にグリー取締役を退任し2017年にメルペイの代表取締役CEOに就任。

メルペイについて「私たちが提供したいのは、単なる決済手段ではない」と語っておりメルペイを通して、社会を変革していこうとする意思を示している。

メルペイ現職、OB/OGの有名人

曾川 景介

メルペイの取締役CTO。京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修士課程を修了し、FluxFlex社にて「WebPay」の立ち上げに携わる。ウェブペイ株式会社の最高技術責任者として、クレジットカード決済のサービス基盤の開発を経験。その後LINE Pay事業に携わり、2017年よりメルペイ取締役CTOに就任。

メルペイの転職に関わるQ&A


・シックリーブ(病気・怪我の場合10日間の休暇を有給とは別に付与)
・リラックス休暇(時期を問わず3日間の休暇を付与)
・セミナー受講補助
・語学学習のサポート
・ドリンク無料
・妊活サポート(不妊治療費用の一部を会社が負担)
・病児保育日の支援
・認可外保育園の補助
・結婚・出産休暇&お祝い金など

一般的な育休や、デバイスの貸し出しはもちろんのこと、ユニークな福利厚生が用意されており、働きやすい職場環境となっています。


メルペイの面接では、「経験」と「経験をメルペイで活かす能力」が重視されます。
採用担当も任されている山本真人執行役員は「自身の経験と当社でのポジションという点と点を線でつなぐ、今在籍しているメンバーとご自身がつながるとどんなシナジーが生まれるかが想像できるかどうか。」を重視していると語っています。
メルカリグループではダイバーシティを重視しているため、幅広い業種のスキルを持った人材を集めています。メルペイに転職するには、高いスキルを持つだけでなく、実際にそのスキルがどう活用できるのかを面接で伝える必要があるのです。

メルペイへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

メルペイはキャリア採用の専用ページを公式サイトに用意しています。
専用ページでは社風や福利厚生について詳しい記載があるため、必ず確認することをおすすめします。
ただし、求人情報に関しては、それほど具体的には掲載されていないので、具体的な内容が知りたい場合や、公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から自分の希望するポジションを見つけるなら「転職サイト」

転職サイトを活用してメルペイへ転職するなら、掲載企業数が多く、ミドルクラス~ハイクラス案件が多く扱っている「ビズリーチ」がベストです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・自分の希望するポジションが見つかりやすい
・空き時間に転職活動できる気軽さがある
・気になる求人にすぐに応募できる

求人案件は豊富にあるため、自分の希望にあった求人を見つけることや、空き時間に転職活動したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、気になる求人にすぐ応募できるというスピード感があるので、早く転職したいという方には向いているでしょう。

ビズリーチはハイクラスのエンジニア案件が中心

ビズリーチに掲載されているメルペイの求人は4件です。

※画像はイメージです。

募集されている求人の多くは、エンジニアなどの専門職ポジションとなっています。
また、ミドルクラス~ハイクラスをメインとしているビズリーチだけあり、提示されている年収が800~1,500万円と比較的高くなっています。
ビズリーチはいくつかある転職サイトのなかでも一般的に公開されていない非公開求人を多く取り扱っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで公開されているもの以外の案件を紹介してもらえることがあります。
ただし、転職サイトからの応募は、企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通りにくいということがあります。
より確実な転職を目指すなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚い支援を受けながら転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してメルペイへの転職を目指すなら、多くの実績とクオリティの高さに定評がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・模擬面接や書類添削をはじめとする手厚い支援
・企業と自身との非常に高いマッチング率
・比較的非公開求人が多い

転職エージェントは、模擬面接による指摘とアドバイスや、転職活動で必要となる各種応募書類の添削などをはじめ、非常に手厚い支援を受けられます。
また、ポジションや業界に精通しているキャリアコンサルタントが多数在籍しており、具体的なキャリアプランの相談が可能となっています。
初めての転職活動で不安がある場合や、転職の成功率を少しでも上げたい場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。

JACリクルートメントは、企業名が伏せられているがWeb系ベンチャーのハイクラス求人が多数!

JACリクルートメントの求人では、基本的に企業名が伏せられていますが、ミドルクラス~ハイクラス求人をメインに取り扱っています。

※画像はイメージです。

JACリクルートメントでは、専門性に長けたキャリアコンサルタントが多数在籍しており、その数は1,200名以上です。
また、その専門性に特化していることから、具体的な内容まで相談が可能で、より自分の希望するキャリアプランを構築することができます。
さらには、非公開求人を多く持っている傾向があるため、キャリアコンサルタントに相談すれば、紹介してもらえることがあります。

あなたがメルペイに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

さくらインターネットへ転職するには?面接内容や口コミ評判も徹底調査

▼下記は、さくらインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからさくらインターネットに転職してくるのか ・転職先:さくらインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

  ▼下記は、スマートニュースに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからスマートニュースに転職してくるのか ・転職先:スマートニュースからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

Facebook Japanへの転職。評判や難易度などを解説

  ▼下記は、Facebook Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFacebook Japanに転職してくるのか ・転職先:Facebook Japanからどこへ転職するのか...

マネーフォワードへ転職するには?年収・面接回数・口コミも併せてご紹介!

▼下記は、マネーフォワードに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネーフォワードに転職してくるのか ・転職先:マネーフォワードからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

クラウド業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

クラウドとは クラウドサービスや、クラウドファウンディング…近年よく聞かれるようになったクラウドという言葉。生活の中であたり前に触れている方も多いでしょう。しかし、クラウドってそもそも何?と言われると曖昧な方も多いのではないでしょ...

グノシーへ転職。福利厚生や年収などを解説

  ▼下記は、グノシーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグノシーに転職してくるのか ・転職先:グノシーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

AWSへの転職は難しい?キャリアプランや福利厚生についてご紹介

▼下記は、AWSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAWSに転職してくるのか ・転職先:AWSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

グリー(GREE)へ転職するべき?難易度や年収などをご紹介

▼下記は、グリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからグリーに転職してくるのか ・転職先:グリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP