グループ企業

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

 
▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか
・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

NTT西日本の主な転職元・転職先

学歴

NTT西日本在籍者の主な学歴は、国立大学出身者が非常に多く、さらには大学院卒の社員も相応に在籍しています。

職歴

NTT西日本に在籍している社員は、転職者が比較的少ない傾向であり、社員の多くが新卒入社の社員となります。

退職後の主な転職先

NTT西日本からの転職先として、リクルートグループLINEなどのWEB系事業会社コンサルティング会社などが挙げられます。

NTT西日本(西日本電信電話株式会社)は1999年7月1日に設立し、NTTより西日本移行本部に属する県内通信サービスなどを譲受されています。
NTT(日本電信電話株式会社)のみが株主の非上場企業であり、資本金3,120億円、株式発行総数2,496万株、従業員3,500人の大手通信会社です。
西日本地域における地域電気通信業務やその付帯業務などを中心に手がけており、光サービス(光コラボ含む)が約932万件、ひかり電話が約851万チャンネルなど、数多くの通信サービス契約の実績を持っています。
現在、NTT西日本では更なる発展と事業拡大のため、即戦力となるような人材を募集しています。

初めての転職でNTT西日本を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

NTT西日本の年収や転職難易度よりも先に、どんな求人があるのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人を豊富に取り扱っており、転職先をどこにするか定まっていない場合は、ここで比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する予定がある方でも、情報収集として事前にチェックしておくと、転職活動がスムーズに進むでしょう。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • NTT西日本の企業概要
  • NTT西日本の転職ポイント
  • NTT西日本の社風や企業文化

NTT西日本に転職するポイント

NTT西日本の特徴

POINT

  • ・主な事業内容は西日本における通信サービスの提供
  • ・カフェテリアプラン方式の福利厚生制度を導入
  • ・従業員数3,500人(NTTグループ全体の社員数は約30万人)
  • ・年収は一般社員で平均600万円、管理職クラスだと800~900万円といわれている

NTT西日本へ転職するポイント

POINT

  • ・学歴不問の求人もある
  • ・グループ会社からの転職には専用の制度が用意されている
  • ・「転職人気企業ランキング2019」総合33位、IT・通信部門では4位の人気
  • ・専門職ポジションでの求人が中心

NTT西日本の企業概要

会社名 西日本電信電話株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
社長 小林 充佳
設立 1999年7月1日
株式 非上場
株主構成 日本電信電話株式会社(100%)

日本電信電話株式会社の売上

NTT西日本は非上場企業のため、日本電信電話株式会社の売り上げを掲載しております。

日本電信電話株式会社の売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 11,540,997百万円 11,391,016百万円 11,799,587百万円
経常利益 1,329,259百万円 1,527,769百万円 1,755,624百万円

NTT西日本の最新ニュース

NTT西日本の事業内容

電気通信業務

NTT西日本では西日本エリアにおける電気通信サービスをメインで行っており、地域電気通信業務やそれに付随する業務サービスを展開し提供しています。
具体的には電話などの「音声伝送サービス」やLAN型通信網サービスなどの「データ伝送サービス」、ATM専用サービスなどの「専用サービス」、「電報サービス」の4種類に分類されます。
また、地域電気通信業務に付随するサービスとして、電話機本体の販売や利用料金回収代行サービス、電気通信コンサルティングなどの研修も行っています。
西日本エリアのインフラを管理し提供する事業として、人々の生活を支える業務が中心です。

研究開発

事業に密着した応用的研究開発を行っていて、AIやlotなど、新たな技術の普及に向けた研究の推進や研究開発業務を通じた人材育成も行っています。地域格差や災害、労働人口の減少など、様々な社会問題に対して銭湯に立ち、ICTの力で解決していく「ソーシャルICTパイオニア」を目指しています。
また、フレッツ光ネクストの機能拡充や効率化に向けた開発、ネットワークオペレーションシステムの高度化と効率化に向けた開発、将来における収益の糧となり得る応用的研究など、さまざまな研究を行います。
研究開発は縁の下の力持ちとして、さまざまなサービスを根底から支え、機能改善や機能拡充などのサポートを進めています。

海外事業活動

グローバルな展開を視野にいれ、これまでに培ったブロードバンドサービスに関連するノウハウを活かし、海外の新技術やサービスの情報収集、海外企業とのリレーション構築、協業を進めています。
NTTグループの全ての40%以上が海外で働いていて、NTTグループは90を超える国と地域でネットワークサービスを提供し、89の国と地域に海外拠点を有しています。グローバルIPバックボーンについても、世界トップクラスと評価されています。
NTT西日本は、日本だけでなく、世界で活躍することができる企業です。

NTT西日本の転職の募集要項

上級システムエンジニア

地方銀行や信用金庫など金融業界に特化した電話やデータネットワークを中心とした通信システムの提案や導入を担当します。
AI商材等新サービスの提案やユーザーへのシステム化提案、要件定義支援などを行います。
そのほかにも通話データを活用した業務改善やデータ通信ネットワークシステムの提案・設計を中心に関わるポジションです。
金融サービスと情報技術を結びつけたフィンテックに対するニーズが高まっているため、ミッション性が高く、やりがいを感じることができる職種です。
金融システム関連のキーワードが頻繁に登場するため、金融関連の知識やスキルがあると採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・システム開発におけるプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの経験
  • ・コンサルティングファームでの当該業界のコンサルティング経験
  • ・銀行もしくは銀行のシステム子会社での勤務経験

ITコンサルタント

金融業界に特化した営業活動を行い、ICTにおける営業促進業務を担当します。
光IP電話や情報機器、クラウドサービスなどのNTT西日本のICTサービスの提案、ユーザーの課題解決・事業の成長・拡大をお手伝いします。
システムユーザーは同社担当ユーザーのロケーションに広く渡るため、出張して訪問することもあります。しっかりとユーザーのニーズや課題を引き出し、課題解決のためのコンサルティングを行うことが主な業務となるでしょう。
全社的観点を有し、マネージャーとして自組織の目標達成に向けて組織を牽引できる人や、高いスキルと知識を有し、リーダーとしてチームを牽引、目標達成に向けて貢献できる人は重宝されます。

必須な経験・スキル

  • ・コンサルティングファームにおける銀行業界のコンサルティング経験やシステム提案経験
  • ・銀行および銀行のシステム子会社でのシステム企画経験
  • ・金融業界を担当するSlerでのプロジェクトマネジメント業務経験、業界やシステムの知見

新規ビジネス企画・開発

西日本エリアにある各大学へICTを活かした新規サービスの企画や開発、営業推進を行い、企画から仕様、概要設計まで携わります。
大学にはこれまで蓄積した学生データや教育サービスなどの情報が豊富に存在しており、それらを有効に活用してビジネス展開できる大学はそこまで多くありません。
そこで当たらなサービスモデルやシステム企画を行い、各大学のビジネスの発展に貢献します。
営業やSE部隊と連携しながらサービスの展開、ユーザーへのシステム化提案など高度な業務知識やスキルを活用しながら実施します。

必須な経験・スキル

  • ・ITサービスの企画経験
  • ・文教や教育におけるシステム開発や基盤構築の経験
  • ・5年以上のサービス開発経験

NTT西日本の転職難易度

NTT西日本への転職難易度は比較的高いです。
人気があり有名な企業で転職人気企業ランキングでは33位に入るほどで、応募者が多数いることが推測されます。
また、高いスキルや優れた経験が求められるので、特化した知識やスキルがないと採用してもらうのは難しいかもしれません。
多くいる応募者のなかで、相手に負けないような経験やスキルを有し、「NTT西日本に入社したらどんなことができるか」を明確にし、面接時にしっかりアピールすることが肝心です。

NTT西日本が転職者に求める人物像

NTT西日本では「新規事業や企画の立ち上げ経験がある」や「リーダーシップを発揮できる」など、即戦力になる得るような人材を求めています。
また、個人プレーよりも組織などのチームで活躍できる協調性のある人物も求めています。
3500人と多くの社員が働くなかで、社員同士・地域の繋がりや連携を重視しつつ、高度なスキルや知識を発揮できることが重要です。

NTT西日本の転職までの流れ

NTT西日本の選考フロー

書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
志望動機や今までの経験など基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
これまでの面接で聞かれたことを中心に深堀し、再度NTT西日本にマッチしている人材なのかを判断されます。

内定

NTT西日本の面接形式

一次面接では1対複数人で行われることがほとんどです。
二次面接では1対1で行われます。
最終面接では複数の役員と面接を行うケースがあります。
1回あたり30分~1時間程度で終了となります。

NTT西日本の面接内容

NTT西日本の面接では志望動機やこれまでの経験など定型的な質問から始まり、「入社したらどんなことをしたいか」など聞かれます。
「どんな事業に携わってどんな成果を出したいか」が重要であり、その点を問われます。
転勤の可能性もあるので、結婚していたり子供がいたりしても転勤となることもありので、その辺も聞かれたときにはしっかりと回答できるようにしておくことが必要です。
また、人柄も見ており、雑談に近い質問をされることもあります。
面接の雰囲気は温かみがある感じで、難しいような質問はされません。
どんなことをしたいかなどを明確にして、リラックスしながら面接に臨むと良いでしょう。

NTT西日本で働いている方の評判・口コミ

経営企画 在籍5年〜10年 男性
大手企業なだけあって、規模の大きな仕事を多く任せてもらえます。他社の人とも対等に話ができ、多くの人と関わる仕事でコミュニケーションが楽しいと感じています。しかし、仕事は基本的にルーチン化しており、専門的なスキルアップが難しい仕事であるとも感じています。

営業、在籍3年〜5年、女性
若いころから金額の多い仕事に携わることになるので、プレッシャーを感じる一方で仕事にやりがいを感じています。しかし、(私がそう思っているだけかもしれませんが)無駄だと思える会議が多く、そのために必要な資料作成がけっこう大変です。

また、携わっている仕事は就職前に思っていたほど専門性はなく、日々の仕事に大きな変化がないとも感じています。

営業、在籍10年以上、男性
良くも悪くも「大組織での働き方」が身につく会社だと思っています。上下の相談や連絡の体制が整っているので、部下も「相談がしやすい環境だ」と感じているようです。

コツをつかめば自分のペースで仕事をこなせるようになるのですが、チャレンジが認められない社内風土と感じているので退屈に感じている部下もいます。

口コミの要約

NTT西日本の口コミを見てみると、大企業であることもあり、大きな仕事にも関わることができるようです。良い点もあれば悪い点もあるようで、仕事のモチベーションにも深く関わっている様子がわかる口コミが多く見られます。また、社内風土に古典的な会社としての流れがみられる口コミもありましたので、職場によってはそうした風潮に苦しむ場面もあるかもしれません。

NTT西日本の年収・給与

年収 911万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 無し
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 寮社宅:世帯用、単身・独身用社宅
カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、持家取得支援
人間ドックなど

NTT西日本での転職者の出世難易度

NTT西日本での出世難易度は比較的高いです。
NTT西日本は、歴史のある企業だけあり、その分年功序列の風潮も残っています。結果が必ず昇格に結び付くとは限らないため、評価制度が分かりづらいと思う方もいるでしょう。
成果を残し、実績があれば若くして出世することも可能ですが、上司へのアピールがしっかりできないと正当な評価を受けられないということもあります。
また、周りには優秀な社員が多く在籍しているので、そのなかから出世するというのは簡単なことではありません。
努力し続けて、成果を残し続けることが出世への近道です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 主査 700万円
30代後半 担当課長 1,200万円
40代前半 なし 800万円
40代後半 担当課長 1,100万円

NTT西日本はどんな人が働いている?

NTT西日本の従業員数

3,500人(2019年3月末現在)

NTT西日本の平均年齢

41.3歳

NTT西日本の平均勤続年数

16.8年

NTT西日本の社風

NTT西日本はチームプレーを重視しており、「組織」を大切にする社風です。
大所帯の組織であるため、個人で何かをするというよりも組織全体で何ができるのか、世の中にどういう変化をもたらすことができるのかを重要としています。
また、年功序列の文化が残っている傾向があり、上下関係にも厳しい部分があります。
そのため、よほどの結果を出さない限り、若いうちや経験が浅いうちから評価をしてもらえることは多くありません。
しかし、成果を出し続ければ安定した役職に就くことも可能です。

NTT西日本のワークライフバランス

副業可否 記載無し
勤務時間 9:00〜17:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 ライフプラン休暇、夏季休暇、特別休暇(結婚・出産・忌引など)、
育児休職、介護休職など
平均残業時間 10.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

NTT西日本の社長

小林 充佳

1957年生まれ。
1982年4月に日本電信電話公社に入社。
西日本電信電話株式会社の岡山支店長やサービスマネジメント部長、技術企画部門長などを歴任し、2018年6月に代表取締役社長に就任。
2025年に向けた中期経営計画において「これからのNTT西日本は『ソーシャルICTパイオニア』をめざす」と宣言しました。

NTT西日本現職、OB/OGの有名人

上野 至大

1944年生まれ、鹿児島県出身。
1967年に九州大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社に入社。
その後、日本電信電話取締役相互接続推進部長、取締役西日本会社移行本部副本部長を経て、1999年に西日本電信電話が設立されると同時に同社代表取締役副社長に就任。
さらには新世代通信網開発センター代表取締役社長も兼務。
2002年から西日本電信電話代表取締役社長を務める。
2004年からは西日本電信電話取締役相談役として、会社のあらゆる問題の相談を受けています。

NTT西日本の転職に関わるQ&A


NTT西日本およびNTTグループ会社で、過去に3年以上の勤務実績がある退職者を対象とした採用制度です。
NTT西日本では、スマート光戦略の実現に向けて「従前の発想にとらわれない多彩なコミュニケーション」を実現する新規ビジネスの創出やサービスの開発に取り組んでいます。
多様な能力・ノウハウ・経験を有する元社員に再び活躍してもらうことで、さらなる事業運営の活性化やイノベーションの喚起を図ることを目的としてスタートした制度です。


福利厚生も充実しているため、女性にとって働きやすく、キャリア志向の女性は努力次第で昇進のチャンスにも恵まれているといえます。
また、産休や育休も取得しやすい環境があるため、安心して働ける環境があります。
ただし「焦りすぎ」という意見もあり、無理に女性の昇進を急ぎ過ぎているのではないかという意見も見られます。

NTT西日本へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

NTT西日本の公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
公式サイトには求人情報以外にも、中途採用社員に期待することや社員メッセージなど、さまざまな情報が掲載されています。
また、現在募集されている職種の求める条件などが軽く掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してNTT西日本へ転職したい場合は、掲載企業数がトップクラスであり、ハイクラス求人を豊富に持っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチは、現在の自分の能力を把握することができ、より適したポジションへの転職がしやすくなるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つです。
・求人情報が多い
・自分のペースで転職活動が行える
・応募までのスピード感がある

希望する職種を探している方や、自分のペースで転職活動を行いたいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを活用するという方も多く、NTT西日本の募集内容や求められる能力などが知りたい場合は、一度チェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは年収の相談が可能

ビズリーチには、NTT西日本の求人件数は1件と少ないですが、グループ会社や同業他社の求人は多く掲載されています。

※画像はイメージです。

ハイクラス求人を豊富に扱っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高くなっています。
さらには、一般的に公開されていない非公開求人を持っていることもあり、キャリアアドバイザーに相談することで、非公開求人を紹介してもらうこともできます。
ただし、転職サイトを活用した応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、経験やスキルなどで落とされてしまうということは珍しくありません。
確実な転職を目指すなら、転職エージェントの活用が良いでしょう。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

NTT西日本への転職で、転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの案件数を持っており、転職実績も多い人気のある転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは主に3つです。
・キャリア相談や年収交渉などを行ってくれる幅広いサポート
・自分と企業とのマッチング率が高い
・非公開求人数が圧倒的に多い

転職エージェントでは、履歴書などの応募書類の添削や、模擬面接を行うことによるアドバイス、さらには年収交渉を代わりに行ってくれます。
また、NTT西日本への転職実績があれば、転職先との太いパイプが構築されているため、普通では知りえないような内部事情などを聞くこともできます。
転職活動を円滑に行いたい場合は、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

リクルートエージェントに掲載されているNTT西日本の求人情報を見てみると、データサイエンティストや法人向けのインサイドセールスの求人が掲載されています。
NTT西日本 リクルートエージェント
※画像はイメージです。

自分では大したことないと思っているスキルでも、意外と重要なスキルということもあり、キャリアアドバイザーに相談することで、そういったスキルが明確になります。
また、リクルートエージェントでは、一般的に公開されていない非公開求人を多く持っているので、状況や能力に応じて紹介してもらえるでしょう。

あなたがNTT西日本に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

  ▼下記は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムオンラインに転職してくるのか ・転職先:NTTコムオンラインからどこへ転職...

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、CCCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCCCに転職してくるのか ・転職先:CCCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

日産自動車の転職難易度は?中途採用の年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

▼下記は、日産自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日産自動車に転職してくるのか ・転職先:日産自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

オリエンタルランドの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを調査!

  ▼下記は、オリエンタルランドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリエンタルランドに転職してくるのか ・転職先:オリエンタルランドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。 継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成し...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか 一般的な...

セガへの転職難易度は?口コミや年収など解説

  ▼下記は、セガに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセガに転職してくるのか ・転職先:セガからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

  ▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか ・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

TOP