SIer

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本(西日本電信電話株式会社:NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE WEST CORPORATION)は、1999年7月1日に設立し、NTTより西日本移行本部に属する県内通信サービスなどを譲受されています。

NTT(日本電信電話株式会社)のみが株主の非上場企業であり、資本金3,120億円、株式発行総数2,496万株、従業員約3,500人の大手通信会社です(2019年3月時点データ)。

西日本地域における地域電気通信業務やその付帯業務などを中心に手掛けており、2019年9月末時点では、光サービス(光コラボ含む)が約932万件、ひかり電話が約851万チャンネルなど、数多くの通信サービス契約の実績を持っています。

この記事でわかること

  • NTT西日本の企業概要
  • NTT西日本の転職ポイント
  • NTT西日本の社風や企業文化

NTT西日本に転職するポイント

NTT西日本の特徴

POINT

・主な事業内容は西日本における通信サービスの提供
・カフェテリアプラン方式の福利厚生制度を導入
・従業員数3,500人(NTTグループ全体の社員数は約30万人)
・年収は一般社員で平均600万円、管理職クラスだと800~900万円といわれている

NTT西日本へ転職するポイント

POINT

・学歴不問の求人もある
・グループ会社からの転職には専用の制度が用意されている
・「転職人気企業ランキング2019」総合33位、IT・通信部門では4位の人気
・専門職ポジションでの求人が中心

NTT西日本の企業概要

会社名 西日本電信電話株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
社長 小林 充佳
設立 1999年7月1日
株式 非上場
株主構成 日本電信電話株式会社(100%)

日本電信電話株式会社の売上

NTT西日本は非上場企業のため、日本電信電話株式会社の売り上げを掲載しております。

日本電信電話株式会社の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 11,391,016百万円 11,799,587百万円 11,879,842百万円
経常利益 1,527,769百万円 1,755,624百万円 1,671,861百万円

NTT西日本の最新ニュース

NTT西日本の事業内容

電気通信業務

西日本エリアにおける電気通信業務、具体的には電話などの「音声伝送サービス」とLAN型通信網サービスなどの「データ伝送サービス」、ATM専用サービスなどの「専用サービス」と「電報サービス」の4種類に分類されます。

附帯業務・目的達成業務

上記の業務に付帯する、あるいは目的達成のための業務、具体的には電話機などの販売や電気通信コンサルティングなどで構成されています。

NTT西日本の転職の募集要項

コンサルタント

大阪を拠点として、西日本エリアの各自治体の重点課題である「コスト削減」や、近い将来の「職員数減耗等解決」に向けた自治体業務及びICT知識を踏まえたコンサルティングを推進する業務に携わります。

必須な経験・スキル

・自治体、公共分野におけるコンサルティングファーム等でのコンサルティング経験
・自治体、公共分野案件を担うSIerでの最上流フェーズ(コンサル〜要件定義)経験

エンジニア(アドバンストソリューション営業部 ⾃治体クラウド担当)

担当する各自治体に対して、仮想化技術を用いた大規模な自治体クラウド基盤の企画・設計開発まで実施する業務に携わります。

必須な経験・スキル

・大規模システム構築に際する、仮想化技術を用いた情報インフラ提案、設計構築、運用保守の経験
・サーバ/仮想化技術に関する知識及び実装経験

NTT西日本の転職難易度

NTT西日本への転職は、それなりの難易度であることを覚悟して挑戦する必要があります。

理由は大きく分けて2つあります。

1つは「人気の有名企業であること」です。

「転職人気企業ランキング2019」によると、ビジネスパーソンへの「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」という質問に対して、全体ランキングでNTT西日本は33位、「IT・通信事業」に限定すると4位という高い順位を記録しています。

それだけ多くのビジネスパーソンが注目している企業であるNTT西日本は、転職したいと希望する人も多くなるので必然的に競争相手が多くなるのです。

2つ目に「高いスキルや優れた経験が求められる」という点です。

一般的に、大企業が中途採用者に求める人材は「新規事業の高度な経験やスキルを有する」ことであり、自社では育成の難しい新事業向けの責任者や担当者を外部から集めようとする傾向にあります。

NTT西日本の求人でも、募集内容に則った経験が求められる求人が多く、しかも多くの競争相手に負けない経験やスキルを有していないと限られた求人の枠を勝ち取ることは難しいです。

NTT西日本が転職者に求める人物像

NTT西日本が転職者に求める人物像としては以下の3つのポイントが挙げられます。

1つは「新規事業や企画の立ち上げ経験を有していること」です。
例えば前述の中途採用の募集要項の2つ目を見てみると、システムの提案経験や企画経験を有していることが必須条件となっています。前職でそうした経験がある人は、NTT西日本への転職のチャンスがあるということです。

2つ目に「リーダーシップを発揮できる人材」です。

同じく募集要項を見てみると、募集ポストは管理者や係長相当の「組織やチームをけん引できる、リーダーシップを必要とする役職」が中心となっています。前職でチームを率いて結果を残した経験がある人であれば、採用に有利に働く可能性があります。

3つめに「高度な専門スキルを有していること」です。

大手企業は新規事業向けの人材育成を苦手とする傾向にあり、即戦力となる高度な専門スキルを有している人材を重宝します。どのようなスキルが求められるかは募集内容により異なりますが、募集内容に合致するスキルを有していれば挑戦してみる価値があるといえます。NTT西日本の面接は複数回行われますので、このあたりについて質問される機会もあるでしょう。

可能な限り積極的にアピールし、特に競争相手に打ち勝てる材料となる経験やスキルについては強くアピールしたいところです。

NTT西日本の転職までの流れ

NTT西日本の選考フロー

書類選考

面接

最終面接

内定

NTT西日本の面接形式

面接会数は2~3回行われることが多いようで、個人面接(多対1)の形式が多い様子です。

NTT西日本の面接内容

特殊性のない、一般的な質問中心面接になるケースになるという口コミが多く見られました。

NTT西日本で働いている方の評判・口コミ

経営企画、在籍5年〜10年、男性
大手企業なだけあって、規模の大きな仕事を多く任せてもらえます。他社の人とも対等に話ができ、多くの人と関わる仕事でコミュニケーションが楽しいと感じています。
しかし、仕事は基本的にルーチン化しており、専門的なスキルアップが難しい仕事であるとも感じています。

営業、在籍3年〜5年、女性
若いころから金額の多い仕事に携わることになるので、プレッシャーを感じる一方で仕事にやりがいを感じています。しかし、(私がそう思っているだけかもしれませんが)無駄だと思える会議が多く、そのために必要な資料作成がけっこう大変です。

また、携わっている仕事は就職前に思っていたほど専門性はなく、日々の仕事に大きな変化がないとも感じています。

営業、在籍10年〜、男性
良くも悪くも「大組織での働き方」が身につく会社だと思っています。上下の相談や連絡の体制が整っているので、部下も「相談がしやすい環境だ」と感じているようです。

コツをつかめば自分のペースで仕事をこなせるようになるのですが、チャレンジが認められない社内風土と感じているので退屈に感じている部下もいます。

口コミの要約

「大企業である」という点は、仕事内容にも大きく関わっているようです。良い点もあれば悪い点もあるようで、仕事のモチベーションにも深く関わっている様子がわかる口コミが多く見られます。

また、社内風土に古典的な会社としての流れがみられる口コミもありましたので、職場によってはそうした風潮に苦しむ場面もあるかもしれません。

NTT西日本の年収・給与

年収 450万円~500万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 無し
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 寮社宅:世帯用、単身・独身用社宅
カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、持家取得支援
人間ドックなど

NTT西日本での転職者の出世難易度

NTT西日本では旧体制的な年功序列の風潮が残っている印象を受ける口コミをいくつか見かけます。

もちろん、功績が認められて評価されれば若くして出世できるという口コミも見られますが、その評価制度が不透明であり、上司へのアピールが下手だと結果を出していても正当な評価を受けられないという不満をもらす口コミも多く見られています。

NTT西日本はどんな人が働いている?

NTT西日本の従業員数

3,500人(2019年3月末現在)

NTT西日本の平均年齢

参考なし

NTT西日本の平均勤続年数

20年

NTT西日本の社風

NTT西日本は、CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)活動に力を入れており、その柱として「コンプライアンスの徹底」「安心・安全な社会づくり」「事業を通じた価値創造」を掲げています。

しかしながら、口コミの中には本社と現場の温度差について言及しているコメントも多いです。例えば本社では特別休暇の取得を推進している一方で、現場ではなかなか意見が出しにくい空気があるといった感じです。

従業員の平均年齢に関する詳しいデータは見つかりませんでしたが、勤続年数が20年と長いことを考えると中年~高齢の従業員が多く、そうした空気が強く出ているのではないかと思われます。

NTT西日本のワークライフバランス

副業可否 記載無し
勤務時間 9:00〜17:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 ライフプラン休暇、夏季休暇、特別休暇(結婚・出産・忌引など)、
育児休職、介護休職など
平均残業時間 10.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

NTT西日本の社長

小林 充佳

1957年11月3日生まれ、1982年4月に日本電信電話公社入社。

西日本電信電話株式会社岡山支店長やサービスマネジメント部長、技術企画部門長などを歴任し、2018年6月に代表取締役社長に就任。

2025年に向けた中期経営計画において「これからのNTT西日本は『ソーシャルICTパイオニア』をめざす」と宣言。

NTT西日本現職、OB/OGの有名人

上野 至大

NTT西日本の初代代表取締役副社長、後の2002年からNTT西日本の代表取締役社長に就任。新世代通信網開発センター代表取締役社長も兼務しており、2004年に取締役相談役となっている。

森下 俊三

NTT西日本の元代表取締役社長(上野至大の次の代)であり、2008年に取締役相談役、以降さまざまな経歴を持つ(大阪府特別顧問や大阪府公安委員長など)。2012年からは阪神高速道路会長、2019年からはNHK経営委員長に就任している(現職)。

NTT西日本の転職に関わるQ&A


NTT西日本およびNTTグループ会社で、過去に3年以上の勤務実績がある退職者を対象とした採用制度です。NTT西日本では、スマート光戦略の実現に向けて「従前の発想にとらわれない多彩なコミュニケーション」を実現する新規ビジネスの創出やサービスの開発に取り組んでいます。

多様な能力・ノウハウ・経験を有する元社員に再び活躍してもらうことで、さらなる事業運営の活性化やイノベーションの喚起を図ることを目的としてスタートした制度です。


いくつか方法が考えられますが、1つ目に「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントには、いわゆる「非公開求人」がある可能性があり、企業側も転職エージェントに登録している優秀な人材を迎え入れたいという思いから独自の非公開求人を出している可能性があるのです。


福利厚生も充実しているため、女性にとって働きやすく、キャリア志向の女性は努力次第で昇進のチャンスにも恵まれているといえます。ただし「焦りすぎ」という意見もあり、無理に女性の昇進を急ぎ過ぎているのではないかという意見も見られます。

NTT西日本へ転職する方法

NTT西日本の採用ページから申し込む

NTT西日本の求人は、ホームページに掲載されています。

転職エージェント経由で申し込む

転職エージェントに登録することで、NTT西日本の「非公開求人」を紹介してもらえる可能性があります。

ただし、確実に非公開求人が存在するとは限りませんので、複数の転職エージェントに登録しておき、利用できればラッキー程度に考えておくと良いでしょう。

関連記事

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本(西日本電信電話株式会社:NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE WEST CORPORATION)は、1999年7月1日に設立し、NTTより西日本移行本部に属する県内通信サービスなどを譲受されてい...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

セブン&アイ・ネットメディアは、セブン&アイホールディングスのシステム全般の開発や運営を担う企業として2008年に設立されました。 セブン&アイホールディングス傘下150社のWEBサービスやスマートフォンアプリ、店頭デバイスなどを...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

...

日立製作所の転職情報。難易度はどのくらい?

日立製作所は、東京丸の内に本社を構える、世界有数の電気メーカー「日立グループ」の中核企業です。1910年に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させ、現在はインフラ事業のほか、デジタルソリューションをグローバルに提供。 グ...

TOP