WEB・アプリサービス

LINEへの転職。福利厚生や年収について解説

LINE転職者の主なキャリアステップ

LINEで働いている人の学歴・職歴

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいます。

前職新卒プロパーはごく一部で、楽天ヤフーなどのWeb系事業会社SIer、ワークスアプリなどのITコンサルなどが挙げられます。

次の転職先主な転職先として、ベンチャー企業や国内大手事業会社(マーケ部門等)、メルカリなどのWEB系事業会社が挙げられます。

LINE株式会社は、日本を代表するIT企業です。
韓国企業Never株式会社の子会社として2000年に設立されました。
代表サービス「LINE」をはじめとするコミュニケーションサービス、マーケティング事業を主軸として、日々さまざまな新規事業を発表しており、アジアを中心とした海外でもシェアを拡大しています。
そんなLINEでは、社員の多くは中途採用者が占めており、現在はエンジニア職やサービス企画職をメインに幅広い職種で雇用枠を拡大しています。
同業他社と比較して福利厚生や給与面の水準が高く知名度も高いため、非常に人気の高い企業です。

LINEを目指す人におすすめの転職エージェント

・LINEの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • LINEの企業概要や事業内容
  • LINEへ転職するときのポイント
  • LINEの給与や働き方など

LINEに転職する際のポイント

LINEの特徴

POINT
・日本No.1のチャットアプリ「LINE」を展開している韓国系外資企業
・年収は比較的高いく、福利厚生が充実している
・フラットな組織体制を整えている

LINEへ転職するポイント

POINT
・ほぼ全ての部署において中途採用者が多い傾向
・大手のWEB事業者や外資系テクノロジー企業出身者が多い
・エンジニアからディレクター、バックオフィススタッフまで幅広く採用

LINEの企業概要

会社名 LINE株式会社
本社所在地 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
社長 出澤 剛
設立 2000年9月4日
株式 非上場
株主構成 Zホールディングス株式会社(100%)

LINEの売上

LINEは非上場のため、親会社であるZホールディングス株式会社の売上高を掲載いたします。

Zホールディングスの売上推移

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上収益 1,052,943百万円 1,205,846百万円 1,567,421百万円
営業利益 152,276百万円 162,125百万円 189,503百万円

LINEの最新ニュース

LINEの事業内容

国内最大級のコミュニケーションアプリ「LINE」を主軸に、多岐に渡る新規事業を展開する企業です。
主軸となる事業として、「LINE」「LINE Clova」「法人向けサービス」の3つに分かれています。

LINEプラットフォーム

国内最大級のシェアを誇るコミュニケーションアプリ「LINE」は、キャリア接続や端末なしで利用できるパケット通信を利用するインターネット電話サービスです。
パケット定額サービスに加入していれば課金なしで無制限で利用できることから「無料通話」のコピーで宣伝を開始し、2011年のサービス開始からわずか1年7か月で登録ユーザー1億人を突破しています。
事業内容としては大きく、「コンテンツプラットフォーム」と「ライフプラットフォーム」の2軸に分かれており、コンテンツプラットフォームでは、LINEマンガやLINE MUSIC、LINE Game、LINE LIVEなどのエンターテイメントコンテンツを提供しています。
ライフプラットフォームでは、LINE Pay、LINEバイト、LINEショッピング、LINEデリマなど、生活の利便性を向上させるサービスを提供しています事業です。

LINE Clova

「LINE Clova」とは、AIアシスタント機能を利用した音声デバイスの提供事業です。
NAVERの共同開発プロジェクトとして研究開発を進めています。
Clovaに話しかけることで、音楽・ラジオの再生、LINE・電話の送受信、家電の一括操作、アラームの設定、その他エンターテニメントコンテンツの利用ができます。

法人向けサービス

LINEプラットフォームが持つ豊富なユーザオーディエンスを活用し、企業がBtoC向けのプロモーションを効果的に実現できるサービスを提供しています。
企業向けのLINE公式アカウントやLINEスタンプ、LINEへ広告配信するLINE Ads Platformを提供しています。
企業がこれらの機能を活用することでダイレクトレスポンスやブランディングなどのマーケティング活動を実現可能としているサービスです。

LINEの募集要項

フロントエンドエンジニア

Webアプリケーションの開発やパフォーマンスやUXの改善が主な業務となります。
企画やデザイナー、サーバーサイドエンジニアと連携しながら、より質の高いサービスを作り上げることが最大のミッションです。
個々人の裁量権も大きく、国籍を問わず優秀な人材が集まっているため、開発職では国内トップクラスの環境といえるでしょう。

必須なスキル・経験
・HTMLやCSS、JavaScriptへの専門的な深い知識
・PCやスマートフォン向けのWebアプリケーション開発経験
・アクセシビリティ・ユーザビリティ・セキュリティに関する知識

データサイエンティスト

LINEが行っている全サービスのデータ分析や研究などのポジションです。
各サービスにおける行動ログや利用動向などのデータを横断的に処理し、全サービスのデータの効率的な活用をしていく業務になります。
データ分析により、LINEサービスの価値を最大化するべく、課題の解決策の提案や実行、意思決定の支援などを行います。

必須なスキル・経験
・統計学に関する専門的な知識
・大規模なデータやサービスの分析経験
・事業/ビジネスを理解したうえでの分析/提案経験 など

UIデザイナー

LINEのファミリー系サービスのKPIの最大化に対して貢献するポジションです。
LINEマンガやLINEバイトなどのUIデザインやマーケティングプロモーションに必要なクリエイティブの制作などを担当します。

必須なスキル・経験
・3年以上のアプリやWebデザインの実務経験

LINEへの転職難易度は?

LINEは日本において有名な企業の1つです。
最近、より拡大を目指して多くの人材を採用しようと動いており、大手のように間違いのない優秀な人材を募集している傾向にあります。
そのため、転職難易度は比較的高いといえるでしょう。

LINEの転職はどんな方が受かりやすい?

LINEが積極的に採用するのは、
・即戦力として高いクオリティを発揮できる
・フレキシビリティに対応できる
・スピード感を持って仕事ができる
といった方です。

「適切なタイミングでリリースする」ということが、サービスの質につながることもあるため、柔軟にものごとと向き合えるしなやかさが必要だといえます。

LINEが転職者に求める人物像

LINEは展開している事業が非常に幅広いため、職務内容は細分化され専門化しています。
そのため、転職者はその事業内容や職種内容に即した職務能力が求められます。
1年に2回行われる評価では360度評価というものがあり、上司以外に同僚、部下、チームメンバーから自分が評価されます。そのため、転職者に求めるマインドとしては、チームの中の一員として協力的に業務を遂行できるかという側面で見られます。

LINEの転職までの流れ

LINEの選考フロー

書類選考

1次面接

想定面接官:現場社員・マネージャー・人事
想定内容:転職理由や志望動機などオーソドックスな質問が主です。社風との相性についてもここで判断される傾向があります。

2次面接

想定面接官:役員
想定内容:一次面接の内容に加え、その場で考えさせるような突飛な質問もされます。一次面接に比べ、臨機応変さと思考力の柔軟性が求められます。

バックグラウンドチェック

内定

LINEの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
1回の面接は1時間程で、実施回数は2回です。

LINEの面接内容

鋭い質問がされることがあります。
例えば、「面接を担当した社員のマイナス部分は?」や「普段から感情を上手くコントロールできているか」、「LINEをどのように展開させたいか」などです。
質問の幅は非常に広く、事前に準備しておくことはなかなか難しいため、ありのままで答える必要がであります。

LINEの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・基本的な質問が多い

企画、20代後半、男性
今までの職務経歴について深堀されました。具体的にどのような業務をしてきたか、クライアントとのつながり方などを聞かれました。
Web関連職、30代前半、男性
自己紹介や実績紹介、退職理由など、一般的な質問が中心でした。要点をかいつまんで一通り説明し、できるだけネガティブな意見は避け、共感できるポイントやモチベーションの高さをアピールしました。
マーケティング、30代後半、男性
入社したらどのような成果を出せるかを聞かれました。現職での成果状況を説明し、それを通じてLINEでも成果出せるということを説明しました。
人事、30代前半、女性
これまでのキャリアのなかで得意な領域は?と質問されました。最も経験のある仕事について説明し、今後やっていきたいことについても伝えました。
法務、20代前半、男性
転職の理由について深堀されました。LINEに入社することで自身の希望が叶えられるということを軸に、ポジティブな言葉でアピールしました。

LINEで働いている方の評判・口コミ

営業、中途採用、在籍3~5年、男性
自分のプライベートを大事にしたい人は大事にできるようになっている。仕事をガッツリしている人も社内にはたくさんいるが、早く帰ろうと思った時でもプライベートを尊重してくれる風習があるため、変に思われたことはない。
マーケティング、中途採用、在籍3年未満、男性
ボトムアップ型の組織が形成されている傾向にあると思う。個人の裁量権が大きいため、力を発揮したいと考えている人にとっては輝ける現場だと思う。
企画、中途採用、在籍3年未満、男性
オフィスの中にカフェなども併設されており、気軽に立ち寄れる。また、日本人だけではなく、韓国人やその他外国人も多くおり、異文化の大学のような感じのオフィスになっている。

口コミの要約個人の裁量権が大きく、自分のスキルを発揮する場面や、スキルアップするできる体制は整っているとの声が多い

LINEの年収・給与は?

年収 約770万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月40時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 慶弔見舞・韓国語講座・社内保育所・IT健保、種保険完備など

LINEでの転職者の出世難易度

LINEでは新規事業が次々に展開されるスピードが非常に速い会社です。既存事業よりも新規事業で圧倒的な実績を残すことができれば出世できる可能性があると言えそうです。

何事にもスピード感が重視されるため、様々な役職で効率良く成果を上げれる人材が評価されます。
また、海外事業は親会社の主導となるため、配属される社員の多くが韓国籍の社員となります。海外事業への参加を希望する場合は韓国語のスキルが必須となります。

LINEの役職ごとの平均年収

20代中盤 なし 450万円
20代中盤 なし 500万円
20代後半 なし 600万円
20代後半 なし 700万円
30代前半 マネージャー 800万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 マネージャー 800万円
30代後半 局長 1,100万円
40代後半 マネージャー 1,200万円
40代後半 事業部長 1,700万円

LINEではどんな人が働いている?

従業員数

3,100名

LINEの平均年齢

34.5歳

LINEトの平均勤続年数

3.0年

LINEの社風

上司部下関係なく自由に発言できるフラットな環境、意欲的な社員が多いといった口コミが多数あり、個々人の裁量権も大きく仕事にやりがいを持って働ける企業です。
常に新しい事業や人事異動といった職場環境の変化が多く、そうした会社のスピード感に付いていける柔軟性が必要になります。
また、成果主義のため、コストパフォーマンスの高い人材が評価されやすい傾向があります。
会社全体としてトップダウンの傾向がありますが、プロジェクトチーム内での個々人の裁量権は大きく、フラット自由な発言ができるといったボトムアップ型の特徴も多く見られる企業です。

LINEのワークライフバランス

副業可否 可能
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~16:00)
勤務時間 10:00~18:30
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など
休日 土日祝日(週休二日制)
平均残業時間 月20~30時間
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り/td>

LINEの社長

出澤 剛

早稲田大学卒業後、朝日生命保険へ入社。
6年後の2002年にライブドア株式会社の元となるオン・ザ・エッヂ株式会社に1年間の社外留学を経て入社。
その後、着実にキャリアを重ね、2006年に上級執行役員に就任。
2007年には旧ライブドア社長・堀江貴文氏の退任を受け、新ライブドアの代表取締役社長に就任。
5年後の2012年、経営統合による吸収分割でLINE株式会社の取締役ウェブサービス本部代表に就任。
2015年より、代表取締役社長を務めている。
旧ライブドアの栄光からライブドア事件での転落、NHN Japanによる買収、LINE設立といったグループ全体の変革に、トップの右腕という重要なポジションで関わってきた人物。

LINE現職、OB/OGの有名人

森川 亮

筑波大学卒業後、日本テレビ放送網へ入社。
2000年にソニーへ入社し、キャリアを重ねたのち、2003年にはLINEの元となるハンゲームジャパンへ入社。
翌年には取締役に就任。
2007年、LINE株式会社に社名を改め、代表取締役社長に就任。
2015年に同社を退社し、退社から僅か1か月後にC Channel株式会社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。
仕事に対しては第一にスピードを信条としており、LINEをはじめとする革新的なサービスを多く世に送り出してきた人物。

LINEの転職に関わるQ&A


部署ごとに求められる人物像は異なりますが、目まぐるしく変化していく会社のスピード感についていける人材がどの部署でも求められています。
社員によるクロストークでは、以下のような人材を求めるコメントが寄せられています。

<企画>
・国籍や立場や性別を気にせず、自然体で仕事ができる
・間違いや失敗を受け止めて、次のチャレンジも力強くできる

<開発・エンジニア>
・社内、技術、マーケットといった目まぐるしい環境の変化を乗り越える力がある人
・技術面のキャッチアップは自力で解決する自立心のある人


男性・女性といった性別による業務内容・評価・役職登用の差が無く、
女性社員が多く活躍している会社です。

産休・育休・時短勤務が福利厚生で認められている他、
地域の保育園に落ちた場合は社内の保育園に預けることができ、ベビーシッターの割引といったワーキングマザーへの支援制度が充実しています。
その他、以下のような特徴があります。

・気兼ねなく子供の病気で休むことができる社風
・産休・育休後に復帰する社員も多い傾向
・妊娠中も横になれるスペースがある
・育休の延長が最大2年可能


前職経験・スキル・語学力が認められればどんな人でも転職が基本的には可能です。
社員に対しては性善説を採用し自由な発言が認められてますが、元開発職のマネージャーが多く、個人プレイヤーとして活躍する社員が多いため、社員の成長に対しての支援はほぼ無く、自発的に成長する意欲の無い人は合わない環境と言えます。

LINEへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

現在LINEの中途採用情報は、LINEの公式サイトから採用情報のページへ移動することで閲覧することが可能です。
公式サイトには求人情報はもちろん、LINEの企業情報も掲載されているので、チェックしてみましょう。
また、現在募集されている職種やポジションの条件も記載されているので、どのような業務を募集しているのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、LINEに記載されている求人情報がすべてとは限らず、また募集内容の情報が豊富とは言えないので、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、LINEの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してLINEへの転職を考えている方には、「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。
転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。

・自分の希望する条件で求人を検索可能
・自分のペースで転職を進められる
・地方での利用に最適

自分の希望するポジションを探している方や、自分のペースで転職活動したいという方にはおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用する前に活用する方が多く、LINEの募集内容や求められるスキルなどが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では現在、LINEの求人が多数存在

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

募集しているポジションは多くあり、アナリストやプランナーなど広い分野での職種があります。
ハイクラス求人数が多いdoda X(旧:iX転職)では、募集している求人の年収が高い傾向にあり、年収に関する相談も可能です。
非公開求人を持っていることもあるので、ヘッドハンターに相談することで非公開求人を紹介してもらえることもできます。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

Shopifyへの転職は可能?採用情報や転職難易度を徹底調査

Shopifyは、Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供するカナダ発の企業です。 「Shopify」は中小企業をメインに設計されており、世界175か国において100万を超える加盟店に利用されています。 Amazonや楽天...

ENECHANGEへの転職は難しい?事業内容や面接内容などを解説

ENECHANGE転職者の主なキャリアステップ ...

ジーネクストの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ジーネクストは、顧客対応業務のDX化を支援するプロダクトの開発や販売を行っている企業です。 電話やメール、チャット、店舗など、さまざまなチャネルから取得した顧客対応情報を一括管理できる「Discoveriez」を提供しています。 ...

LITALICOの転職難易度は高い?評判や年収などを解説

LITALICO転職者の主なキャリアステップ 前職 教員 NPO法人 介護サービス事業者 株式会社LITALICOに転職 次の転職先 デロイト、PwC...

BeeX(ビーエックス)への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

BeeXは、企業の基幹システムの基盤環境をオンプレミスからクラウドへの移行サービスや保守・運用サービスを提供している企業です。 顧客のニーズに合わせて最適化したソリューションの提供やクラウド基盤構築を行っており、顧客の問題解決...

バリオセキュアの転職情報。転職難易度や年収などを解説

バリオセキュア転職者の主なキャリアステップ ...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

Chatwork転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、LINE、DeNAなどのWeb系事業会社 インフォマートなどのプラットフォーム運営会社 デジタルマーケティング IT系事業会社 メーカー ...

and factoryへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

and factory転職者の主なキャリアステップ ...

ニューラルポケットの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

ニューラルポケットは、画像や動画を解析する独自のAI技術の研究開発を行っている企業です。 AIをスマートフォンやPC、カメラなどの端末に搭載してデータ処理することで低コストや低消費電力の実現を図っています。 また、2022年...

マーキュリーリアルテックイノベーターへの転職は難しい?選考フローや出世難易度などを解説

マーキュリーリアルテックイノベーターは、不動産に関するビッグデータを活用した情報プラットフォームを提供している企業です。 「Big Data × Technology」をビジョンに掲げ、新築分譲マンションの物件概要情報や販売価...

TOP