WEB・アプリサービス

株式会社アカツキへの転職。面接内容や口コミを調査

▼下記は、アカツキに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからアカツキに転職してくるのか
・転職先:アカツキからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

アカツキの主な転職元・転職先

学歴

アカツキ在籍者の学歴として、高校、専門学校、大学、大学院卒出身など学歴は幅広いです。

職歴

アカツキ在籍者の職歴として、IT系やセガなどのゲームメーカー、コロプラなどのWeb事業会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

アカツキからの転職先として、グリーアイスタイルなどのWeb系事業会社およびゲームメーカー、IT系などが挙げられます。

株式会社アカツキは、2010年6月に設立され東京都品川区上大崎に本社を構える、モバイルゲームの企画・開発会社です。
アカツキでは主要事業であるモバイルゲーム事業以外にも、アクティビティや旅行など人々にわくわくや感動を与え、リアルな体験を提供するライブエクスペリエンス事業を展開しています。
また、自社IP創出を目指した取り組みや製作委員会への参画、アプリ開発サービスなどにも取り組んでおり、ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニーを目指しています。
転職においては、ゲームに関する技術のみならず、仕事に対する情熱やワクワク感や人と人とのコミュニケーションを重要視されます。

初めての転職でアカツキを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

アカツキの面接内容や口コミも大切だけど、どのような求人が募集されているか知りたい!
そう思っている方は、ビズリーチなどの転職サイトでどのような求人が掲載されているかチェックしてみましょう。
ビズリーチは求人数が豊富でハイクラス求人を多く扱っている特徴があるため、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
既に転職エージェントの活用を決めている方も、情報収集として事前に募集内容に目を通すことで、転職活動をスムーズに進める手助けとなります。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アカツキの企業概要
  • アカツキの転職ポイント
  • アカツキの社風や企業文化

アカツキに転職するポイント

アカツキの特徴

POINT

  • ・スマホ向けゲームの企画・開発などモバイルゲーム事業が主軸となっている
  • ・コミュニケーションの場が多くあり活発である
  • ・ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニーを目指している

アカツキへ転職するポイント

POINT

  • ・常時いくつかの職種で中途採用募集が行われている。
  • ・比較的若い新卒が多いため中途採用者でも活躍の場が多い。
  • ・ゲーム事業のみならずリアルな体験をプロデュースするライブエクスペリエンス事業での活躍の場がある。

アカツキの企業概要

会社名 株式会社アカツキ
本社所在地 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
社長 香田 哲朗
設立 2010年6月
株式 東証1部
株主構成 塩田 元規(19.18%)
株式会社サンクピア(15.74%)
香田 哲朗(10.55%)

アカツキの売上

アカツキの売上推移(連結)

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 21,926百万円 28,130百万円 32,048百万円
経常利益 10,475百万円 13,502百万円 10,779百万円

アカツキの最新ニュース

アカツキの事業内容

アカツキでは主にモバイルゲーム事業をメインとしておりスマホ向けゲームの企画・開発業務を行っています。
ライブエクスペリエンス事業を展開しておりエンターテインメント施設や新しいアクティビティの領域へ事業を展開します。
その他にもYouTubeチャンネルやアプリ開発サービスも行っており、それぞれIPの創出および育成を推進する事業がメインとなります。

モバイルゲーム事業

モバイルゲーム事業は、アカツキの授業領域でも主力となる領域であり、ゲームの開発および提供、運営を行っています。
また、IPの創出・成長および、メディアミックスの展開による新しいゲーム体験への提供にも力を入れている事業です。
アカツキでは現在、自社IP2本、他社IP5本(そのうち海外配信が2本)のゲームを運営しており、ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニーとして事業を推進し続けています。
新規タイトルおよび挑戦領域への投資に力を入れており、ポートフォリオの積み上げによって増収しており成長を続けている事業でもあります。
アカツキのゲーム事業における強みとして、企画・プロデュース力や技術力・開発スピード、高いサービス運用力などを掲げているため転職の際に求められる要素となるでしょう。

ライブエクスペリエンス事業

ライブエクスペリエンス事業とは、ライブ(生の、リアルな、ワクワクする)エクスペリエンス(体験)の意味です。
アカツキのビジョンとしている、アクティビティや旅行、インバウンドなど人々にわくわくや感動を与えるリアルな体験の提供を軸に、ゲーム事業の強み・ノウハウを活かしたサービスを提供しています。
ライブエクスペリエンス事業が展開しているサービスとして、複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」や都内にサバイバルゲームフィールドを展開する「ASOBIBA」、オーダーメイドパーティ企画・運営・フードサービスを一貫して行うパーティークリエイションサービス「hacocoro」などが挙げられます。

その他事業

モバイルゲーム・ライブエクスペリエンス事業以外にも、キッズ向けYouTubeチャンネル「クマーバチャンネル」やJAZZと男子高校生をテーマとしたプロジェクトなど、自社IPを創出した取り組みを行っています。
また、アニメの製作委員会への参画によるアニメ業界とのつながりを強化することにより、日本アニメの海外展開に力をいれており、公式アプリ開発サービス「CRAYON」の提供など事業領域の幅を広げています。

アカツキの募集要項

シナリオディレクター

アカツキのプロジェクト横断型シナリオチーム「ROOTS」においてメインシナリオの制作・構築およびもチーム企画設定、音声収録のディレクションなどの業務を行います。
シナリオチームの立ち上げから内部・外部における制作物のディレクションやクオリティコントロール業務も担います。
シナリオライティングやシナリオチームのマネジメント、新規IPの立ち上げ経験があれば転職を有利に進めることが可能でしょう。

必須な経験・スキル

  • ・原案作成、世界観構築等、メインシナリオ作成の経験
  • ・2年以上のシナリオディレクションの経験
  • ・IPタイトル開発に携わった経験

ファンマーケティング

ファンマーケティング担当として、ファンを増やし楽しんでもらうため、施策の立案および実行業務を担当します。
具体的な業務内容としては、音楽ライブやコミックマーケット、ファンミーティングなどのオフラインイベントの実施、および生放送などの運営やSNSの連動といった業務に携わります。
ファンマーケティングでは、企画~実施までにコミュニケーション能力が必要とされます。

必須な経験・スキル

  • ・コミュニティマネジメント企画経験
  • ・SNS運用などユーザー官でのコミュニケーション業務経験
  • ・リアルイベント設営オウンドメディア運営経験

テクニカル・リード、アーキテクト

アカツキの各ゲームタイトルごとに編成される組織の技術選定の裁量を持ったエンジニアチームリーダーを担います。
具体的な業務としては、設計やコードのレビューや生産性改善方法の提案および実施などが挙げられます。
チームに合った技術的な設計や技術選定やメンバーのマネジメントなど、エンジニアチームの持っている技術力を引き出す能力が求められます。
新しい技術・手法を取り入れる際にはエンジニアチームのリーダーとして、リーダーシップを発揮した初期開発への取り組みが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・クライアントおよびサーバーのエンジニア実務経験or高い専門性
  • ・製品・サービスレベルのレコーディング経験

アカツキの転職難易度

アカツキの転職難易度は中程度です。
アカツキはモバイルゲーム事業を主要事業としていますが、ライブエクスペリエンス事業など、事業拡大に力を入れている側面があります。
そのため、事業を拡大による人材不足からか、公式サイトにおける中途採用募集では、多くの職種が募集されています。
また、平均勤続年数も業界の中では短く社内従業員の出入りが多いため、中途採用者の受け入れ態勢が大体整っているとの口コミもありましたので、転職難易度のハードルも比較的下がっているといえるでしょう。

アカツキが転職者に求める人物像

アカツキでは、「“A Heart Driven World.” ハートドリブンな世界へ」というビジョンを掲げています。
ハートドリブンとは、「心の運営」「愛なき力はただの暴力であり、力なき愛はただの妄想である」という意味で、このビジョンを含めた組織やチームに強いこだわりがあります。
アカツキでのチーム作りで大事にしている要素として、高い専門性をもち磨き続ける「プロフェッショナル」とワクワク・情熱をもって仕事ができる「エキサイト」、メンバー同士のみならず家族やパートナーまでのつながりを大事にする「リレイションシップ」を掲げています。
そのため、仕事に対する技術以外にも、仕事への打ち込み方や、人と人のつながりを大事にできる人物を求めているといえます。

アカツキの転職までの流れ

アカツキの選考フロー

エントリー・書類選考

1~2次面接

想定選考官:人事・管理職
想定内容:オーソドックスな質問内容となるでしょう。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:一次の面接をさらに深堀したような内容やどのような人間かを探る質問がされます。

内定

アカツキの面接形式

エントリーではデザイナー系はポートフォリオ、エンジニアの場合はGitHubや技術ブログの記事など職種に応じた資料を提出する必要があります。
面接途中でテストを儲けるケースもあるようです。
面接回数は2~3回です。
面接が3回ある場合、1次面接は人事、2次面接は管理職、最終面接では社長が選考官として想定されます。

アカツキの面接内容

「入社したらどのようなことをやりたいか」「なぜアカツキに入社したいか」など基本はオーソドックスな質問が問いかけられます。
ゲーム会社では定番の「どのようなゲームをプレイしているか」といった質問もされるので、アカツキに関するゲームタイトルをプレイしておくと話が広がるでしょう。
その他には「ゲームを作るうえで一番大事なものは収益だが理解しているか」「タフワークに耐えられるか」といった質問がされたとの口コミもあります。
アカツキでは社員同士のコミュニケーションを密にとる機会が多いため、スキル以前にアカツキのカルチャーに合うかどうかも見られています。
そのため、用意した回答をするだけのロールプレイング的な面接ではなく本当の自分が出せる対話力が試されます。

アカツキで働いている方の評判・口コミ

ディレクター、在籍3~5年、女性
企業文化づくりに力を入れていると感じます。特に対話を通して相手を理解することを重視していて、仕事以前に人間性が大切で、幸福とは何かといった議論が置く行われています。
そのため、能力が高い人材が多く所属している会社ではありますが、「いい人」が多いイメージが強いです。
総合職、在籍3~5年、男性
企業理念として「感情報酬」を掲げている企業ではありますが、業務においては非常にロジカルさが求められていると思います。社員全体にその意思が浸透していて、毎朝コミュニケーションを取る機会があったり、合宿などで感謝の気持ちを伝え合うといった機会を設けられています。
コーポレート部門、在籍3~5年、男性
査定に関しては、かなり細かくレポートを記入し査定の面談も親身に行ってもらえるため、努力した分を正当に評価してもらえる。どのような部署・ポジションにおいてもチャレンジする機会が多く与えられる。上辺だけの提案は通らずしっかりとした意思や目的を持ったものに関しては応援してくれる環境。
口コミの要約

コミュニケーションや人間性を重視した企業文化づくりに力を入れている企業で、能力の高い人材やいわゆるいい人が多いです。
また、企業文化づくりに関連し企業理念として「感情報酬」を掲げていますが業務に関してはロジカルさが求められます。
査定に関しては、部署やポジションに関係なく、レポートおよび面談を親身に行ってもらえ、またチャレンジする機会が多いとの口コミもありました。

アカツキの年収・給与

ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 住宅補助(オフィス2km圏内
福利厚生 書籍購入(負担)制度、社外勉強会参加支援、ランチ・ディナー補助、従業員持株会など

アカツキでの転職者の出世難易度

出世難易度は、一般的なゲーム業界と大きく変わることはないでしょう。
アカツキでは新卒2~3年目の正社員がリーダー職に就いているケースが多い傾向で、人材育成やチームの雰囲気を良くするといったリーダシップ能力が未熟であるといった口コミがあります。
また、やる気のない人には仕事が回ってこず、やる気のある人には多くの仕事が回ってくるといった雰囲気もあります。
そのため、広い視野を持っている経験のある中途採用は出世へのアピールポイントとなるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代後半 マネージャー 800万円
40代前半 リーダー 1,000万円
40代後半 マネージャー 1,000万円

アカツキはどんな人が働いている?

アカツキの従業員数

(単独)245人
(連結)439人

アカツキの平均年齢

30.7歳

アカツキの平均勤続年数

2.8年

アカツキの社風

愛のある組織文化といった考えが強く従業員全体の健全な心身を保つなど社員の繋がりを大事にする社風があるようです。
そのため、社内交流会やランチ・ディナー制度、社員旅行および合宿などのコミュニケーションの場を多く設けられているので、コミュニケーションができる従業員が多い雰囲気です。
また、発言には必ず拍手をしたり、フロア内では裸足で過ごすなど独特な決まりもあるとの声も聞かれました。

アカツキのワークライブバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土、日、祝日
その他の休日・休暇 年次有給休暇、アニバーサリー休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り(キッズサポート制度)
時短勤務 有り(キッズサポート制度)

アカツキの社長

香田 哲朗

1985年生まれ、長崎県佐世保出身、株式会社アカツキ共同創業者代表取締役CEO。
佐世保工業高等専門学校を経て、2007年に筑波大学工学システム学類を卒業し2009年に筑波大学大学院修了。
同年6月にアクセンチュアへ入社し、経営コンサルティング本部においてコンサルティング業務に従事する。
2010年には、インターシップで出会った塩田元親と株式会社アカツキを創業し代表取締役に就任。
2012年には代表取締役を辞任し取締役に就任、2013年株式会社Owl Age代表取締役、2014年にはAkatsuki Taiwan Inc.代表取締役社長に就任。
2018年より自社IPのプロデュース事業およびアカツキライブエンターテイメント代表を兼任。

アカツキ現職、OB/OGの有名人

塩田 元規

1983年生まれ、島根県出雲出身、共同創業者非常勤取締役。
島根県立出雲高等学校を経て、2006年横浜国立大学工学部電子情報工学科を卒業し、2008年一橋大学大学院商学研究科MBAコースを修了。
同年DeNAに入社し、インターネット広告営業マネージャーや広告事業本部ディレクターを務める。
2010年には共同創業者の香田哲郎と出会い株式会社アカツキを創業し、2011年には株式会社アカツキ代表取締役社長に就任。
2016年東証マザーズ、2017年には東証一部上場を果たす。
著書では『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』(幻冬舎)を執筆している。

アカツキの転職に関わるQ&A


アカツキでは契約社員から正社員になることは可能で前例もあります。
しかし、アカツキに所属する契約社員数は増加傾向にあり、正社員になるための間口は狭くなっているため、簡単に正社員になるのは難しいといえます。
契約社員から正社員になるためには、業務において結果を残すことを求められます。

アカツキに所属している割合では、男性のほうが多いですが男女関係なく伸び伸びと仕事ができる雰囲気で、女性でも楽しみながらやりがいをもって働ける環境といえるでしょう。
また、キッズサポート制度も用意されており、出産祝い金や育児休業・休暇・時短出勤制度はもちろん、男性向けの出産時休暇など女性のライブスタイルに合わせた制度が準備されています。

アカツキへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アカツキの公式ホームページ内にある採用情報ページから中途採用募集の閲覧およびエントリーが可能です。
その他にも、職種ごとのチームメンバー紹介やアカツキが提供しているマガジンなどの閲覧が可能です。
公式サイトでは現在募集されている職種や必須項目などおおよその情報を知ることが可能なので、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。
ただ、採用におけるポイントやアカツキが求めている経歴・スキルなどの情報は詳細には記載されていないため、転職の成功率高めたい場合や一般には後悔されていない非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してアカツキへの転職を考えている方には、豊富な掲載企業数とミドル~ハイクラスポジションの案件を取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの特徴をチェックできるため、自分の転職先や考えにマッチした担当者を探せることが特徴です。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つあります。

・多くの求人募集案件を取り扱っている
・多忙なスケジュールの中でも転職活動が可能
・気になった求人にすぐ応募できる

豊富な職種や企業を取り扱っているため、自分に合った条件を探したいという方や、プライベートが多忙なため転職活動がなかなか進められないという方には転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前に転職サイトで求人情報の下調べをする方も多く、アカツキの募集要項や必要とされる条件などをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではアカツキの競合他社や同業他社の募集が多数!

ビズリーチには現在アカツキの案件は1件のみですが競合他社や同業他社の案件が多く掲載されています。

※画像はイメージです。

ビズリーチでは、競合他社や同業他社のミドル~ハイクラス案件が多数掲載されています。
職種としては、アートディレクターやプロデューサー、ディレクターなどの案件が多数で、
ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高いです。
また、ビズリーチの特徴として転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い点が挙げられ、キャリアアドバイザーに相談することで、現在掲載されている案件以外にも非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

ただし、転職サイトから応募した場合、アカツキの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、経歴やスキルで落とされたり、自分の希望と企業が求めている条件のすり合わせが上手く行かない可能性もあります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してアカツキへの転職を目指すなら、高品質な転職エージェントが多数在籍している「JACリクルートメント」がおすすめです。
アカツキは成長を続けているいため、転職者と企業側両方に働きかけをする両面エージェントの活用が効果的といえるでしょう。

転職エージェントのメリットとしては

・転職者のキャリアプランや転職活動全般のサポートをしてくれる
・自分と企業の希望条件をすり合わせてくれる
・通常では閲覧不可な非公開求人を多数抱えている

上記の3つが挙げられます。

アカツキへの転職におけるキャリア形成や年収、転職における自分の客観的評価などキャリアコンサルタントへ相談することが可能です。
初めての転職活動で不安や分からないことが多いと感じている方やアカツキからの採用確立をなるべく上げたいという方は、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのがおすすめです。

JACリクルートメントではミドル~ハイクラスの非公開案件が多数掲載

JACリクルートメントでは、基本的に企業名が伏せられていますが、ミドル~ハイクラス求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

アカツキおよび関連企業への転職したい方や、転職活動において幅広いサポートを受けたいという方はJACリクルートメントの活用がおすすめです。
企業名が非公開な案件が多いですが、クリエイティブ系や新規サービス企画といった募集がされています。
JACリクルートメントは東証1部上場企業で、約1,200名以上の専門性をもったコンサルタントと約43万件の転職活動支援実績があります。
非公開求人も多く、コンサルタントに相談することで、非公開求人の紹介および転職活動のサポートしてくれるので、転職活動に迷っている方は、JACリクルートメントを利用して無るのもひとつの手です。

あなたがアカツキに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

  ▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

  ▼下記は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムオンラインに転職してくるのか ・転職先:NTTコムオンラインからどこへ転職...

DeNAの転職情報まとめ。難易度や年収を徹底調査

  ▼下記は、DeNAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからDeNAに転職してくるのか ・転職先:DeNAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

  ▼下記は、クックパッドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクックパッドに転職してくるのか ・転職先:クックパッドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

AbemaTVの転職情報。転職難易度や口コミなどを解説

▼下記は、AbemaTVに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAbemaTVに転職してくるのか ・転職先:AbemaTVからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、リンクトインに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリンクトインに転職してくるのか ・転職先:リンクトインからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Indeed Japanへの転職難易度は??面接内容や給与を紹介

  ▼下記は、Indeed Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからIndeed Japanに転職してくるのか ・転職先:Indeed Japanからどこへ転職するのか 一般...

コロプラへの転職難易度は?口コミや年収などを解説

  ▼下記は、コロプラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコロプラに転職してくるのか ・転職先:コロプラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

  ▼下記は、Twitter Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTwitter Japanに転職してくるのか ・転職先:Twitter Japanからどこへ転職するのか ...

TOP