WEB・アプリサービス

ワンダープラネットの転職事情。出世難易度や年収などを解説

ワンダープラネット転職者の主なキャリアステップ

ワンダープラネットの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職ワンダープラネット在籍者の主な職歴は、トランス・コスモスサイバーエージェントDeNA、オールアバウトのほか、ゲーム関連企業が挙げられます。

次の転職先ワンダープラネットからの転職先として、ゲーム関連企業への転職事例があります。

ワンダープラネットは、国や言語、文化など、あらゆる壁を越え、誰もが楽しめるプロダクトサービスを開発している企業です。
「楽しいね!を、世界中の日常へ。」をミッションに掲げ、世界に向けたエンターテインメントサービスを提供しています。
主に「ジャンプチ ヒーローズ」や「クラッシュフィーバー」など、長く愛されるゲームコンテンツを世に送り出しており、確実な実績を積み重ねています。
その結果、新作パズルRPG「アリスフィクション」が「Google Play ベスト オブ 2022」のユーザー投票部門にノミネートするなど、今注目を集めている企業です。
そんなワンダープラネットでは、エンジニアやデザイナー、ディレクターなどの幅広いポジションで、高いコミュニケーション能力やユーザー思考の論理的思考を持っている人材を求めています。

ワンダープラネットを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ワンダープラネットの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ワンダープラネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ワンダープラネットの企業概要
  • ワンダープラネットの転職ポイント
  • ワンダープラネットの社風や企業文化

ワンダープラネットに転職するポイント

ワンダープラネットの特徴

POINT

  • ・国や言語など関係なく、誰もが楽しめるプロダクトサービスを開発する企業
  • ・世界に向けたエンターテインメントサービスを提供することに注力
  • ・長く愛されるゲームコンテンツを世に送り出し、確実な実績を積み重ねている

ワンダープラネットへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアやデザイナーなどで求人募集
  • ・円滑なコミュニケーションを行え、ユーザー思考の論理的思考を持っていることが重要

ワンダープラネットの企業概要

会社名 ワンダープラネット株式会社
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦3-23-18 ニューサカエビル5F
社長 常川 友樹
設立 2012年9月3日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 常川友樹(17.04%)
石川篤(10.23%)
久手堅憲彦(4.77%)

ワンダープラネットの売上

ワンダープラネットの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 3,433百万円 3,585百万円 3,422百万円
経常利益 331百万円 261百万円 -1,291百万円

ワンダープラネットの最新ニュース

ワンダープラネットの事業内容

ワンダープラネットは、国や言語など、さまざまな壁を越え、世界に向けた誰でも楽しめるエンターテイメントサービスを提供している企業です。
現代では、当たり前のようにスマートフォンを活用するようになり、便利で楽しいアプリケーションは人々の豊かな生活には欠かせなくなりました。
そこでワンダープラネットでは、「ファンのFANを、いちばんに。」をモットーに、つくり手の想いを込めた世界中の人に喜んでもらえるものの創出に注力しています。
代表的なものとして、仮想世界をモチーフとした世界観が舞台の「クラッシュフィーバー」や、週刊少年ジャンプの歴代キャラクターたちが勢揃いし、ド派手なバトルを楽しめる「ジャンプチ ヒーローズ」が挙げられます。
これらのゲームコンテンツは世間では長らく愛されており、確実な実績を積み上げてきている企業です。
今後の展望として、ゲームコンテンツだけではなく、多くの人の生活に刺激を与えるサービスを生み出すことを目指しています。

ワンダープラネットの募集要項

サーバーエンジニア

サーバーサイドの開発や運用を行うポジションです。
具体的には、APIサーバーの開発や運用、開発・運用補助ツール(Webアプリケーション)の開発や運用を行います。
そのほかにも、システム構成の設計と構築やデータベースの設計なども行い、既存タイトルはもちろんのこと、新規タイトルの立ち上げに携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何かしらの言語を用いた開発経験
  • ・データベースを用いた開発経験

キャラクターデザイナー

ゲームグラフィック全般の制作や進捗管理を担当するポジションです。
具体的には、企画内容に合わせた2Dグラフィックデザイン作成やUIデザイン作成、ゲームグラフィックに関するスケジュール管理と品質管理を行います。
デザイン関連を幅広く携われるため、やりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・IllustratorやPhotoshopを使用したグラフィック制作の経験
  • ・キャラクターデザインの実務経験

プランナー

ゲームの企画や仕様作成、データ入力など、ゲーム企画作業全般に携われるポジションです。
具体的には、データ作成と入力、仕様書作成、ゲーム内イベント企画、レベルデザインなどを行います。
将来的には、ディレクターやプロデューサーなどのポジションを目指せる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・スマートフォンゲームのプレイ経験
  • ・Microsoft Officeを使いこなせるスキル
  • ・自発的に考えて行動ができる能力 など

ワンダープラネットの転職難易度

ワンダープラネットの転職難易度は中程度です。
ワンダープラネットは、中途採用によるキャリア募集数は非常に多くあります。
どのポジションでも一定以上のスキルや経験を求められる傾向はありますが、ポジションによっては未経験でも応募できる求人もあるため、比較的チャンスが多いといえます。
応募する前にしっかりと面接対策を行い、万全な状態で面接に臨むようにしましょう。

ワンダープラネットが転職者に求める人物像

ワンダープラネットでは、円滑なコミュニケーションを図り、ユーザー思考の論理的思考を持っている人材を求めています。
また、分析や検討、提案ができる人材や、ジャンル問わずゲームが好きな人材も求めている傾向があります。
ワンダープラネットは、人々の生活を豊かにするという目標を掲げているため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらを保有していることをアピールできるように準備し、面接官を関心させられるようにしましょう。

ワンダープラネットの転職までの流れ

ワンダープラネットの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や入社後のキャリアプランなど、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、ゲームに関する質問をされます。

内定

ワンダープラネットの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

ワンダープラネットの面接内容

ワンダープラネットの面接は、志望動機や入社後のキャリアプランなど、オーソドックスな質問から進みます。
そのほかにも、「どんなゲームが好きでどんなゲームが嫌いか」や「どんなゲームを作りたいか」など、ゲームに関する質問をされます。
これといった変わった質問をされることはほとんどありませんが、こちらの回答に対して深堀されることがあるため、自己分析は入念に行っておくことが重要です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、話しやすい雰囲気のなかで面接が進みます。
そのため、必要以上に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

ワンダープラネットの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くの求人募集がある
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・ゲームに関する質問をされる傾向がある

エンジニア、20代後半、男性
ほかのゲーム会社ではなく、どうしてうちを選んだのかと質問されました。ワンダープラネットで働きたい理由をポジティブかつ分かりやすく伝えることを意識しました。
デザイナー、20代後半、男性
うちのゲームで遊んだことはあるかと聞かれました。正直、私はプレイしていなかったので、正直にそのことを伝えました。意外と反応は悪くなかったと感じます。
プランナー、30代前半、女性
ゲームに関する質問を多くされました。私自身、子供の頃からゲームは好きであり、特に好きなゲームについて説明しました。

ワンダープラネットで働いている方の評判・口コミ

CGデザイナー、在籍1~3年、女性
新人でもすぐに第一線で活躍することができます。チームを問わず、やりたいことを声を大にしていえばやらせてもらえる環境があります。そのため、自発的に行動できれば、やりがいを感じながら働けるでしょう。
エンジニア、在籍3~5年、女性
週に2回お弁当が支給されたり、お茶やコーヒーが飲み放題だったりと、働きやすい環境があると感じます。また、月に1回無料で映画鑑賞の料金が支給されるなど、福利厚生は比較的良いでしょう。
プランナー、在籍3~5年、男性
さまざまな人種の方が雇用されており、人種差別や女性への差別は一切なく、発言権もしっかりとあるため、誰でも昇格するチャンスはあると感じます。自分の行ったこともきちんと評価されるため、モチベーションにもつながります。

口コミの要約ワンダープラネットの口コミを見てみると、若手でも責任のある業務に携わることができ、やりたいことをやらせてもらえるということが伝わってきます。また、誰にでも出世できるチャンスがあり、正当な評価を得られるということが伺えます。

ワンダープラネットの年収・給与

年収 471万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(月3万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会、業績連動賞与、ピアボーナス制度など

ワンダープラネットでの転職者の出世難易度

ワンダープラネットの出世難易度は中程度です。
ワンダープラネットでは、実績を残すことで男女関係なく、正当な評価を得ることができます。
そのため、自身の努力次第では出世できる可能性があるといえます。
ただし、在籍している社員はそれぞれ実績を残しているため、簡単に出世できるというわけではありません。
ワンダープラネットでの出世を目指すなら、日々の努力を怠らず、ほかの社員に負けないような実績を残すことで出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 プロジェクトマネージャー 700万円
40代前半 なし 900万円

ワンダープラネットはどんな人が働いている?

ワンダープラネットの従業員数

199名

ワンダープラネットの平均年齢

32.5歳

ワンダープラネットの平均勤続年数

3.8年

ワンダープラネットの社風

ワンダープラネットは、ベンチャー気質があり、やりたいことがあればやらせてもらえる雰囲気がある企業です。
年齢や経験などは関係なく、どんどんチャレンジできる環境があるといえます。
また、フラットな環境があり、自分の好きな場所で好きなように働けるという特徴があります。
やりたいことに積極的にチャレンジし、自分らしく働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

ワンダープラネットのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月30~40時間
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~17:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ワンダープラネットの社長

常川 友樹

1981年生まれ、愛知県出身。
愛知大学を中退し上京後、アルバイトとして株式会社フープスに入社。
その後、株式会社サイバーエージェントの取締役が設立したモバイル系スタートアップ企業の創業メンバー、執行役員を務める。
2004年に株式会社オープンキューブを創業し、代表取締役社長に就任、自身が考案したWebサービスを多数展開した。
2012年に名古屋に設立したモバイルアプリケーション開発部門を独立させ、ワンダープラネット株式会社を設立、代表取締役社長CEOに就任。
社内で開発されるすべてのプロダクトサービスの総責任者とエグゼクティブプロデューサーを務めている人物。

ワンダープラネット現職、OB/OGの有名人

鷲見 政明

1982年生まれ、岐阜県出身。
2012年に創業メンバーの一人として、ワンダープラネット株式会社に入社。
主要タイトルである「クラッシュフィーバー」や「ジャンプチ ヒーローズ」の開発時やリリース時に事業責任者(プロデューサー)を務める。
2016年に執行役員に就任。
2018年に名古屋スタジオ長に就任し、2021年より取締役CPOを務めている。

ワンダープラネットの転職に関わるQ&A


企業研究を行ううえで重要なのが「他社との違いを明確にすること」です。
ワンダープラネットにしかないような特徴を明確にし、他社との違いを理解することが大切です。

また、それらを明確にし、理解しておくことでより説得力のある志望動機を作成することができるでしょう。


最初は契約社員としての採用でも、正社員になることは可能です。
日々努力し、一定以上のスキルや経験を身につけることで正社員になれる可能性が高まります。
ただし、単純に長く働いていれば正社員になれるというわけではなく、率先して行動できることが大切です。

ワンダープラネットへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ワンダープラネットの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、メッセージやスタジオ、バリューなどが掲載されており、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけたくない方や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ワンダープラネットの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してワンダープラネットへの転職を考えている方には、ハイクラス求人が豊富な「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、豊富な求人が取り揃えらえており、ゲーム開発などを行っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、doda X(旧:iX転職)では、ゲーム開発を行っている競合他社と比べながら検討することも可能です。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、doda X(旧:iX転職)に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

rakumoの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

rakumoは、勤怠管理や経費精算など、企業向けグループウェアサービスをSaaS方式で提供している企業です。 「仕事をラクに。オモシロく。」をビジョンに掲げており、主力サービスである「rakumo」を提供しています。 その結...

SmartHRへ転職するには?売上から面接内容まで徹底解説

SmartHR転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 アクセンチュア、日立製作所、NTTデータなどの大手SIer ITコンサルなど SmartHR...

イーソルの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

イーソル転職者の主なキャリアステップ ...

KLabへの転職は難しい?選考フローや年収など解説

KLab転職者の主なキャリアステップ 前職 カプコン、COM2USなどのゲームメーカー ぐるなび、アイデムなどのWeb系事業会社 KLab株式会社に転職 ...

パロアルトネットワークスへの転職。転職難易度や事業内容をご紹介

パロアルトネットワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 シマンテック、マカフィーなどのセキュリティソフトウェアメーカー、ネットワン、アライドテレシスなどのNIer、IBM、HPなどのSIer ...

LinkUへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

LinkUは、自社設計したオリジナルサーバーを軸に、データ配信やそのデータの蓄積や分析を行うAIソリューションの提供といったサーバープラットフォームを展開している企業です。 また、「マンガワン」や「ゼブラック」といったマンガア...

アクリートの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

アクリートは、「デジタル社会に、リアルな絆を。」というビジョンのもと、安全性と安定性を確保したSMS通知に関するさまざまなプラットフォームを運営している企業です。 SMS利用をはじめとした通知や認証だけでなく、昨今のDX化にお...

Speeeへの転職まとめ。面接内容や転職難易度などを解説

Speee転職者の主なキャリアステップ 前職 マーケティング事業 ゲーム開発事業 インターネット広告事業 株式会社Speeeに転職 次の転職先 フュー...

AI CROSSへの転職情報まとめ。将来性や事業内容、口コミなどを解説

AI CROSSは、「Smart Work, Smart Life」を理念に掲げ、AIや5G稼働通信システムなどの最新テクノロジーを活用した各種BtoBサービスを展開している新進気鋭のテクノロジー企業です。 主力として、顧客企...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

クックパッド転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業代理店 インテージなどのデジタルマーケティング調査会社 ...

TOP