コンサルティング

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

ストライク転職者の主なキャリアステップ

ストライクで働いている人の学歴・職歴

学歴主な学歴は、高校卒業や大学・大学院卒業が在籍しており、幅広い大学の在籍者がいます。

前職ストライク在籍者の主な職歴は、証券会社銀行コンサルティング会社などが挙げられます。

次の転職先ストライクからの転職先として、証券会社コンサルティング会社などへ転職しています。

ストライクは、日本初となるインターネットでM&Aマッチングサービスを開始した企業です。
ITを使った営業方針が特徴で、M&Aマッチングサービス「M&A市場SMART」を運営しているほか、後継者不足や事業展開に悩む中堅企業をターゲットに、M&Aの仲介をフルサポートを行っています。
1997年に設立して以来20年以上M&A仲介業として活躍しており、M&A仲介会社のなかでも珍しい上場企業でありながらも経済面だけでなく企業の想いを考慮したM&Aで信頼を得ています。
さらには、2022年に株式会社NTT DXパートナーと協力し、地域企業が抱える事業承継の課題を解決することを目的とした連携を図るなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなストライクでは、東京や大阪、名古屋などの営業所で、即戦力となる人材を求めています。

ストライクへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ストライクの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社ストライクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ストライクの企業概要
  • ストライクの転職ポイント
  • ストライクの社風や企業文化

ストライクに転職するポイント

ストライクの特徴

POINT

  • ・公認会計士が主体となって設立したM&A専門企業
  • ・中小企業のM&A仲介業では20年以上の実績がある
  • ・M&Aマッチングサービス「SMART」を運営

ストライクへ転職するポイント

POINT

  • ・経営者とディスカッション可能なコミュニケーション能力をアピール
  • ・相談者の最後の砦となる人間力が重要
  • ・自分で考え、自分で行動する力が肝心

ストライクの企業概要

会社名 株式会社ストライク
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティグランキューブ18F
社長 荒井 邦彦
設立 1997年7月11日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 株式会社K&Company(27.90%)
荒井邦彦(18.74%)
日本マスタートラスト信託銀行(6.35%)

ストライクの売上

ストライクの売上推移

年数 2018年 2019年 2020年
売上高 5,077百万円 6,916百万円 9,034百万円
経常利益 1,889百万円 2,983百万円 3,475百万円

ストライクの最新ニュース


ストライクの最新情報を掲載しております。

ストライクの事業内容

ストライクは、日本初となるインターネットでM&Aマッチングサービスを開始した企業です。
主力として、M&A仲介業務とM&Aマッチングサービスの運営が挙げられます。
M&A仲介業務は、会社を売却や譲渡したい経営者、社長と会社を買収や譲受したい企業を仲介し、経営者不足や部門・子会社の整理など、有効的なM&Aを進めています。
具体的には、M&Aによる会社売却や株式譲渡に会計・法務の専門家としての客観性を持ちながら買収先の検討や交渉、クロージングなどを一貫してサポートする業務です。
また、IT技術を利用してのマッチングを駆使したサイト運営を進めていることや日本最大級の拠点を持っているため、遠方の買収先を探すこともできることがストライクの強みとなっています。
さらには、M&Aマッチングサービス「M&A 市場SMART」の運営も行っています。
「M&A 市場SMART」は、日本初のM&Aマッチングサービスであり、M&Aを希望する企業は直接相手企業の情報を検索することが可能です。
定期的なメールマガジンの配信や毎日のM&Aニーズの状況の更新を行い、想像もしていなかったマッチングを実現しています。
今や数多くあるM&Aマッチングサイトですが、日本初のマッチングサービスであることや歴史が長いことなどから、これからも注目されるサービスでしょう。

ストライクの募集要項

M&Aコンサルタント(営業)

M&Aのニーズを持つ企業へ赴き、相手先をみつけ交渉をして、実行するまでのクロージングまでが一連の流れとなります。
具体的には、M&Aの対象企業の探索や提案、条件交渉、企業評価の実施、対象企業の分析、デューディリジェンス、ドキュメンテーションのサポート業務など、多岐にわたります。
交渉が破綻しかけそうになった時にゴールへ向かって議論を修正していく力であり、顧客からの信頼を勝ち取ることができるような方は採用されやすい傾向があるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・公認会計士資格や税理士資格、弁護士資格、弁理士資格などの有資格者
  • ・3年以上の金融機関での営業経験
  • ・何らかのM&Aに関する知識の保有やM&Aに関する実務経験

公認会計士・税理士・弁護士

コンサルタントを後方支援し、相談の対応やアドバイスを行うポジションです。
具体的ンは、社内コンサルタントに対する相談対応とアドバイスやクライアント動向支援、課題ヒアリング、M&Aスキームの検討とリスクの洗い出しなどを行います。
経験に応じて、担当する業務が異なりますが、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・公認会計士や税理士、弁護士の資格の保有

ストライクの転職難易度

ストライクの転職難易度は非常に高いです。
前職の業種は約90%が金融機関出身で圧倒的に多く、特に地方銀行出身者が多いです。
その理由として、顧客とのリレーション能力が高く買われているためだといえます。
また、ストライクは2019年に東洋経済が発表した平均年収「全国トップ500社」では7位にランクインしています。
ストライクの給与体系は、ベース年収400~800万円(前職を考慮)にインセンティブ(成果報酬)を加えた2段構えとなっており、年収面も魅力がある人気の高い企業です。
前職での実績とオーナーと信頼関係が築くための人としての魅力が試されることが多く、少数精鋭のため選考突破は難関です。
同業他社と比べても、財務の知見があるかどうかは、必ずチェックされるため、顧客からの信頼を勝ち取ることができることをしっかりアピールすることが大切でしょう。

ストライクが転職者に求める人物像

ストライクは、好調な業績を背景に中途採用に力を入れていますが、買い手と売り手に同一の専任コンサルタントが担当するのが特徴なので双方のオーナーから信頼関係を得て、その維持を続けることが非常に難しいとされます。
オーナーから信頼される営業力、交渉力に加え、人生経験の多い高齢オーナーをも惹きつける人間としての魅力が必要です。
創業者が公認会計士ということもあり「財務諸表が読める」「数字に強い」ことが事実上、採用の前提となっています。
また、女性女性コンサルタントの採用を積極的に行っており、女性が働きやすい環境を整備しており、子育てをしながら活躍することができます。

ストライクの転職までの流れ

ストライクの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:執行役員
決まった質問はなく、前職での仕事の内容や成績、その成果を出すためにやったことや考えていることが聞かれます。

最終選考

想定選考官:社長
数字も大事ですが、ストライクの文化にマッチしているかどうかを判断されます。

ストライクの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われますが、職種によっては複数人で行われる場合もあります。
面接回数は基本的に3回です。
1回につき1時間程度となります。

ストライクの面接内容

中堅・中小企業のM&Aには、財務を分析し買収企業とのマッチング、条件調整で高い交渉能力が求められます。
スキル面では決算書が読めないと結構ハードルがあがりますが、「新しい会社を作っていきたい」や「創出していきたい」という経営者と徹底的に向き合って話をして仕事をしたいという気持ちがあるかということが重要になります。
また、東京以外のオフィスで勤務することもあるため、その点は考慮が必要です。
面接自体は、第一印象が爽やかな感じが好まれやすいので、爽やかさを心がけたイメージで挑みましょう。

ストライクの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・こちらの回答に対して深堀される傾向がある

営業、20代後半、男性
どうしてストライクを選んだのかという志望動機について細かく質問されました。非常に重要視しているようであり、この部分をしっかり回答できるかどうかが重要だと感じました。
サポート、30代前半、女性
以前からストライクは知っていたかを聞かれました。転職活動を行うまで知らなかったと正直に伝えました。特に変な態度はとられることなく、穏やかな雰囲気で面接が進みました。
コンサルタント、20代後半、女性
これまでに経験に関して細かく質問されました。それ以外にも人柄などを問うような質問もされました。特段回答しづらい質問はなかったので、一般的な質問対策に回答を用意しておくと良いかもしれません。

ストライクで働いている方の評判・口コミ

M&Aコンサルタント 在籍1~3年 男性
ストライクはM&A業界については珍しく、残業は少なく直行直帰も可能でした。プロ意識の高いメンバーが集まっているのでいろいろ学ぶことの多い職場です。地方勤務でもオフィスごとに行動範囲が制限されることはなく、全国が営業エリアだったので幅広く動き回ることができた。仕事は振ってもらえるものではなく、自ら作り出していく意識が強いのが特徴ですね。
M&Aコンサルタント 在籍3~5年 女性
女性がやりがいをもって働きやすい環境だと思われる、そもそも女性の数が少ないが女性もバリバリ働ける職場で、仕事と子育ての両立も可能です。
産休、育休制度はいまのところ導入されていませんが、様々な社内の仕組みが改善されてきて 女性に優しい職場になりつつあります。
コンサルタント 在籍3~5年 男性
成果主義なところがあるので、成果を出せば報酬がたくさんもらえます。頑張ったら頑張った分だけ収入が増えるので、モチベーションにも繋がります。ただし、基本給は安いので、成果が出せるようになるまでは潤沢な生活は送れないかもしれません。
口コミの要約ストライクの口コミからは、M&Aの業界にしては残業が極めて少なく仕事に関しても幅広く動き回れ、仕事がしやすいということが伝わってきます。
どちらかというと仕事が振られるのを待つより、自ら作り出していく意識が強い環境であるようです。女性もバリバリ働きやすい職場といえるでしょう。

ストライクの年収・給与

年収 1,432万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 教育研修制度、インセンティブ(年2回)通勤手当(全額支給)社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

ストライクでの転職者の出世難易度

ストライクの出世難易度は高いです。
公認会計士や税理士が主要メンバーを務めているので独自の情報網に評判があり、中途採用にしても、銀行出身者が多く優秀な人材が多いことがこの会社の特徴です。
成果主義に挑戦する意気込みを持って来る人が集まっているので、そのなかで出世するというのはなかなか厳しい道のりでしょう。
成果や実績などを残し続ければ、出世できる可能性が高くなります。そうでない場合、稼げないどころか出世自体も危ぶまれる可能性が高くなります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 1000万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 なし 2000万円
30代後半 なし 1000万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 なし 1000万円

ストライクはどんな人が働いている?

ストライクの従業員数

191名

ストライクの平均年齢

35.5歳

ストライクの平均勤続年数

2.5年

ストライクの社風

ストライクは1人1人が全く別の仕事をする個人事業主の集まりですが、社員同士の関係は非常に良好です。
転職組が多いので、それぞれの経験をお互いにリスペクトしあっている傾向にあります。
物事にチャレンジする姿勢を大事にする働き方が主流です。
ワークライフバランスを重視しているので、激務なイメージが強いM&A業界の中でも20時以降の残業が少ないという珍しい社風です。

ストライクのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月20時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ストライクの社長

荒井 邦彦

1970年生まれ。
一橋大学商学部卒業後、公認会計士、株式公開支援、デューデリジェンスなどの業務を経験。
1997年に株式会社ストライクを設立し、代表取締役社長に就任。
2016年に東証マザーズへ上場、翌年には東証一部への市場変更を果たす。
現在は、M&Aの仲介事業を中心として事業を進めながら少しずつ規模の拡大を図っている人物。

ストライク現職、OB/OGの有名人

金田 和也

大学卒業後、大手監査法人に入社。
その後、2009年に株式会社ストライクに入社。
数々のM&A案件を手掛け、後継者不在の中小企業に対するM&Aによる支援や、オーナー企業経営者のM&Aを活用した出口戦略を支援。
2017年に取締役に就任。
現在は、親族内承継や社内承継などの経営者の悩みに寄り添い全力でフルサポートしている人物。

ストライクの転職に関わるQ&A


銀行出身者が多いので固い人が多い印象もありましたが、ストライクは、社長をはじめ、親しみやすいです。部活動も活発なので仲間意識が強い社員が多く、コミュニケーション能力が高く、遊びも仕事も楽しんですることができます。


ストライクの給与体系は、ベース年収400~800万円(前職を考慮)にインセンティブ(成果報酬)を加えた2段構えとなっています。
年収ランキングでは7位に入っているなど、平均よりも年収は高い傾向にあります。ベース年収だけでなく、インセンティブが重要になってきますので、成果を出し続けていくことが必要です。

ストライクへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ストライクの公式HPにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報のほかにも、「当社の魅力」や「入社後の仕事内容」などが掲載されているので、応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報に関しては内容が非常に少なく、よく分からないという方も少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社ストライクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してストライクへ転職するなら、扱っている企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはストライクの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

iX転職では平均年収が高くなっている!

iX転職から届くスカウトメールを見てみると、コンサルタントなどのポジションの求人が多く存在します。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800~1,200万円となっています。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターにに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、iX転職を含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)への転職情報まとめ

企業の持つネットワークの安全性向上や、コンピュータへの不正侵入防止、データの改善や破壊、情報漏洩防止に向けた各種コンサルティングを行っているグローバルセキュリティエキスパート。情報セキュリティのスペシャリストの人材育成も行っている、...

ドリームインキュベータの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ドリームインキュベータ転職者の主なキャリアステップ 前職 ATカーニー、アクセンチュアなどの同業コンサル トヨタ自動車、LINE、大手商社などの大手事業会社 国家公務員 株式会社...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ  前職 日本ユニシスなどのSIer フューチャーアキテクト株式会社に転職 次の転職先 リクルートグルー...

ネオマーケティングへの転職ってどう?事業や年収、社員の口コミなどを解説

ネオマーケティング転職者の主なキャリアステップ 前職 広告代理店 マーケティング企業 株式会社ネオマーケティングに転職 次の転職先 アイレップ サイバ...

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

アイドマホールディングスの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために「世界の可能性を広げる」というビジョンを掲げながら、設立以来BtoB企業における事業拡大のサポート・支援を続けてきた株式会社アイドマホールディングス。テレワ...

株式会社リベロの転職難易度は高い?選考フローや面接内容などを解説

リベロは、新生活を迎える方に対してサービスを提供し、事業者の課題解決をする新生活サービスプラットフォームを手掛けている企業です。 主力として、部屋が決まった方に向けた新生活ワンストップサービス「新生活ラクっとNAVI」や転勤の際に...

ボストン・コンサルティング・グループへの転職。年収や難易度を解説

ボストン・コンサルティング・グループ転職者の主なキャリアステップ 前職 NEC、ソニー、日立製作所、NTTデータなどの大手SIer 三井物産、住友商事などの総合商社 三菱UFJ銀行などの金融系企業 ...

TOP