コンサルティング

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。
ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、2020年9月期の売上は20億円を突破しました。
大企業向け、中規模企業向け、立ち上げ期の事業者向けと3つに分割したきめ細やかなサービスモデルに定評があります。
さらには、マーケティング思考でビジネスをリードするメディア「Marketing Native」に掲載されるなど、注目を集めている企業です。
そんなデジタリフトは、アフィリエイト担当者やコンサルタントなどで中途採用を募集しています。
東京本社と宮崎支社、千葉支社の3箇所で主に求人が行われており、勤務するエリアを選択しやすいことも魅力です。
この記事では、デジタリフトへの転職を検討している方に向けて、デジタリフトの事業内容や面接、社員の口コミなどを解説します。

デジタリフトへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・デジタリフトの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • デジタリフトの企業概要
  • デジタリフトの転職ポイント
  • デジタリフトの社風や企業文化

デジタリフトに転職するポイント

デジタリフトの特徴

POINT

  • ・広告の配信設計から分析などを行う「トレーディングデスク」事業を展開
  • ・2012年の設立以来売上は拡大傾向であり、2020年9月期には20億円を記録
  • ・2021年9月に東証マザーズへの上場を行うなど、注目が高まってきている

デジタリフトへ転職するポイント

POINT

  • ・アフィリエイト担当者やコンサルタントなどで求人あり
  • ・勤務地は東京がメインだが、千葉や宮崎での募集もある
  • ・面接は落ち着いた雰囲気で、論理的思考力を重視されたという情報多数

デジタリフトの企業概要

会社名 株式会社デジタリフト
本社所在地 東京都港区西麻布4-12-24 興和西麻布ビル7階
社長 百本 正博
設立 2012年11月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 フリークアウト・ホールディングス(32.54%)
百本正博(28.21%)
SBI証券(4.03%)

デジタリフトの売上

デジタリフトの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,060百万円 2,065百万円 2,336百万円
経常利益 106百万円 113百万円 195百万円

デジタリフトの最新ニュース

デジタリフトの事業内容

デジタリフトでは、運用型の広告サービスの設計や運用、分析業務などを行う「トレーディングデスク事業」を主力事業としています。
Web上のマーケティング手法は近年複雑化してきており、運用に対する事業者の負担は増加しています。
デジタリフトでは、Web上で広告を運用する際に必要な広告設計や分析業務、マーケティングなどを代行することで企業の効果的な広告運用をサポートしています。
また、広告運用のみならず、マーケティングなども手掛けているのがデジタリフトの特徴です。
広告運用に伴って蓄積された顧客のデータを用いたWebマーケティングに強みがあります。
広告運用そのもののみならず、それに付随するコンサルティング業務なども手掛けているという点が、デジタリフトの事業のポイントといえるでしょう。

デジタリフトの募集要項

アフィリエイト担当

デジタリフトのクライアントのニーズを的確に把握し、それぞれのクライアントに最適なアフィリエイトプロモーション戦略の企画や設計などを行います。
プロモーションの実施条件やKPI設定など、アフィリエイト戦略の細部まで携わるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のアフィリエイト広告の営業経験や運用経験

コンサルタント

デジタリフトのクライアントの課題を発見し、解決に向けた戦略を考案、実行することがコンサルタントの主な役割です。
デジタリフトの強みとしている包括的なデジタルマーケティング施策を駆使することで、クライアント企業の課題解決と成長をサポートします。

必須な経験・スキル

  • ・運用型広告のコンサルタントや営業の実務経験

デジタリフトの転職難易度

デジタリフトの転職難易度は中程度です。
デジタリフトでは、コンサルタント系の職種、運用型広告に関連する職種、クリエイティブチームの主に3種類で募集を行っています。
なかでも運用型広告に直接携わるWEB広告運用の求人は多く、応募しやすいのが特徴です。
また、この3種類のほかにも管理部門から経理リーダー候補などが募集されていることもあり、経験次第では責任のあるポジションへの転職を狙うことも可能です。
ただし、2021年に上場したこともあり、最近は選考倍率が高くなっている傾向にあります。
なかでもアフィリエイト担当などの職種では求める経験年数も設定されており、即戦力として高い実力を発揮することを期待されていることが読み取れます。
デジタリフトの採用を勝ち取るためには、事業内容についての下調べなど、面接対策を徹底して行うことが重要です。

デジタリフトが転職者に求める人物像

デジタリフトでは、それぞれの職種に求める人物像を明記しています。
そのなかでも多くの職種に共通して見られるキーワードは、「数字やデータなどに強いこと」と「自身の成長・キャリアアップを求めること」の2点です。
デジタリフトでは、社名にも現れているようにデジタルマーケティングを主に取り扱っています。
アフィリエイト業界では、膨大な顧客のデータを細かに分析する論理的思考力が求められます。
また、現在成長段階にあるデジタリフトでは、社員一人ひとりが強い成長意識を持つことが欠かせません。
そのようなポイントを踏まえると、面接でも論理的思考力をアピールするとともに、キャリアアップなどへの意欲を見せることが効果的です。

デジタリフトの転職までの流れ

デジタリフトの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や前職までの経験など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:入社後にデジタリフトでやりたいことなど、未来志向の質問も目立ちます。

内定

デジタリフトの面接形式

デジタリフトの面接回数は、人事・現場社員との面接2回と役員面接1回の計3回です。
面接官は1人で応募者も1人の1対1形式での面接が多くなっています。
面接1回あたりにかかる時間は45分程度、役員面接の場合30分程度と標準的な長さといえます。
選考期間は2週間〜1ヶ月前後と、こちらも平均的な選考期間です。

デジタリフトの面接内容

デジタルリフトの面接では、「数字やデータの分析に強いかどうか?」といった、論理的思考力を重視する質問が多く聞かれます。
デジタルマーケティングでは、得られたデータに基づいて的確な判断をすることが欠かせません。
仕事をしていくうえでも論理的思考力が求められることが多いため、そのような適性を持っている人物化を確かめるような質問が多くなっています。
また、「入社後にどのようなキャリアアップをしていきたいか」や「デジタリフトでやりたいことはなにか」といった未来志向の質問も目立ちます。
デジタリフトでは求める人物像にも示されているように、入社後にも積極的にステップアップしていく上昇志向の人物を求めているため、面接前に今一度、将来のビジョンについて固めておくと良いでしょう。

デジタリフトの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集している
・求人情報はGREENやDODAなどでも確認できる
・オーソドックスな質問が多い

ビジネスコンサルタント、20代後半、男性
簡単な自己紹介を求められたあと、デジタリフトへ入社したあとにやりたいことなどを聞かれました。オーソドックスな内容が多く、話しやすかったです。
運用コンサルタント、30代前半、女性
将来どのようなポジションに就きたいかなど、未来志向の質問が多かったです。キャリアについての質問が目立ちました。
営業、40代前半、女性
セールスとオペレーションの2つの部門があるが、どちらをやりたいかを聞かれました。これまでの経験なども交えながらセールス部門に就きたい旨を伝えました。
マーケティング、30代前半、男性
数学やデータ分析が得意かどうかを聞かれました。雰囲気は全体的に落ち着いていて、こちらの話を丁寧に聞いてくれていた印象です。
営業、30代前半、男性
これまでの職歴についての基本的な質問のほか、営業をするうえで大切だと思うことを聞かれました。また、デジタリフトの事業内容について知っているかも聞かれたため、事前に下調べをしておいたほうが良いと思います。

デジタリフトで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍3~5年、男性
創業して10年も立たないうちに事業規模が大きく成長し、上場まで漕ぎつけた会社です。まさにベンチャー企業といったような雰囲気が至るところで見られ、良くも悪くも自由なのが特徴です。会社の制度面でもまだまだ未整備なところも目立ちますが、みんなで一丸となって頑張っていこうという雰囲気があり、社員の仲は良いです。
運用コンサルタント、在籍3~5年、女性
創業したばかりで比較的まだ規模も小さい企業のため、教育制度がまだまだ充実していない印象があります。その分自発的に動いて、新しいシステムや広告などについて調べることが求められるため、自立して仕事に臨むことの出来る人にはぴったりな環境です。営業職では女性が少なく、運用関係で女性が多く活躍している印象があります。女性だから出世が不利ということもなく、働きやすさは十分です。
営業、在籍5~7年、男性
クライアントとのやり取りを行う場面が非常に多く、働きやすさは担当となるクライアントによって大きく異なります。ワークライフバランスについては素晴らしく、仕事と家庭を両立しやすい企業です。意欲がある方や出世を狙いたい方は長く残業をすることもありますが、個人に裁量があるためそれほど気になりません。市場自体が成長しているため、今後も規模は拡大していくと思います。
口コミの要約

勢いのある会社であり、社員の仕事に対するモチベーションが高いという口コミが目立ちました。社員同士の仲も良く、一丸となって成長していこうという雰囲気があるようです。また、ワークライフバランスについても良好だという意見が多く見られました。制度面については評価が分かれ、なかには教育制度が充実していないという声も少なくありません。設立間もない会社のため、まだまだ未整備な部分があるようです。

デジタリフトの年収・給与

年収 454万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 定期健康診断、慶弔見舞金、社内イベントなど

デジタリフトでの転職者の出世難易度

デジタリフトでの転職者の出世難易度は中程度です。
デジタリフトでは、実力主義の社風があります。
平均給与こそ役職と勤続年数で決定されるものの、給与に占める賞与の割合が高いため、給与と出世はともに実力で評価されると感じる社員が多くいます。
設立後間もない企業のため、転職者だからといって出世しにくいということは全くありません。
出世は主にマネジメント層からのフィードバックで決定され、なかには20代で取締役を勤めている社員もいます。
デジタリフトで出世していくためには、実力主義の風土を意識し、仕事での成果を積極的にアピールすると良いでしょう。

デジタリフトはどんな人が働いている?

デジタリフトの従業員数

48名

デジタリフトの平均年齢

32.9歳

デジタリフトの平均勤続年数

1.9年

デジタリフトの社風

デジタリフトの風土の特徴として、社員同士の仲が良く、一体感を持って仕事へ取り組んでいくという点が挙げられます。
分からないことをお互いに相談し合ったりして成長していく雰囲気があり、コミュニケーション能力に長けた社員が多く活躍しています。
仕事の裁量も大きいため、比較的自由に働くことができる会社です。
また、創業から10年前後の企業の割には落ち着いた雰囲気があり、ワークライフバランスも良好だというポイントも挙げられます。
社員も仕事に対してがむしゃらに取り組むというような姿勢ではなく、今やっている業務をできるだけ効率化しようという視点で動くことが多いです。
ベンチャー企業でありながら落ち着いた雰囲気のある特徴的な風土が形成されています。

デジタリフトのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、GW休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月27.3時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

デジタリフトの社長

百本 正博

日本大学商学部卒業後、総合広告代理店へ入社し、さまざまな業界でブランディングやVI開発などに携わる。
セールスプロモーション、番組制作、メディアバイイングなどへ携わった後、2012年に株式会社デジタリフトを創業、代表取締役に就任。
10年近くデジタリフトの経営を導いている人物。

デジタリフト現職、OB/OGの有名人

鹿熊 亮甫

学習院大学文学部卒業後、株式会社デジタリフトに入社し、広告運用の実務経験を積む。
マーケティングコンサルティングなどにも携わり、幅広い業務を経験。
2018年より、取締役を務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

デジタリフトの転職に関わるQ&A


デジタリフトでは、産休や育休制度、取得後の時短勤務などの仕組みが用意されています。
実際、産休・育休の取得後に職場へ復帰する社員も多く、男女問わず活躍できる環境が整っているといえます。
一方、社員の口コミを見ると、忙しい時期は体力的に厳しいことがあるなど、まだまだ配慮の余地があるという意見が散見されました。
配属先の部署によっても働きやすさは大きく異なります。

デジタリフトの発表した有価証券報告書に記載されている同社の平均年収は438万円であり、ベンチャー企業としては標準的な水準ですが、大手企業にはやや見劣りするといった程度です。
成長市場のため、上場を機に待遇が改善するのではないかという社員の意見もありました。
またワークライフバランスは比較的良く、残業時間もそれほど長くないため、それらの点を考慮すると比較的良い待遇でしょう。

デジタリフトへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

デジタリフトの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージや社員インタビュー、代表メッセージなど、有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してデジタリフトに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、コンサルティング事業を担っている競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサル業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「コンサル事業を展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ  前職 日本ユニシスなどのSIer フューチャーアキテクト株式会社に転職 次の転職先 リクルートグルー...

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

アーサー・D・リトル転職者の主なキャリアステップ 前職 シグマクシスなどのコンサルティングファーム 自動車メーカー 製薬会社などの研究開発部門 アーサー・D・リトル株式会社に転職...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

デロイト・トーマツ・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、パナソニック、ドコモなどの事業会社 コンサルティングファーム デロイト・トー...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

Supership転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 広告代理店 通信キャリア IT企業 Supership株式会社に転職 次の...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

ATカーニー転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、デロイトトーマツ、野村総研などのコンサルティングファーム、シンクタンク トヨタ、ホンダなどの自動車メーカー 官公庁 メーカー 商社 銀行 ...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

PwCコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 アクセンチュア、デロイト、EYなどの戦略コンサル 大手シンクタンク PwCコンサルティング合同会社...

アビームコンサルティングに転職する方法。難易度や転職方法を解説

アビームコンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム アビームコンサル...

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ 前職 EY新日本、あずさなどの監査法人 アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツなどのコンサルファーム 三菱東京UFJなどの銀行 ...

ベイン・アンド・カンパニーの年収は?中途面接の内容や評判などの転職情報まとめ

ベイン・アンド・カンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 証券 コンサルティングファーム メディア 通信 消費財メーカーなど ベイン・アンド・カンパニーに転職 ...

TOP