コンサルティング

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

アーサー・D・リトル転職者の主なキャリアステップ

アーサーDリトルの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒などが在籍、海外の大学の出身者も在籍している。国立でも東大・京大・東工大が多く、私立も早慶等高学歴者が多いです。

前職職歴は、シグマクシスなどのコンサルティングファームや自動車メーカー、製薬会社などの研究開発部門などが挙げられます。

次の転職先
デロイトトーマツなどのコンサルティングファーム商社、自動車メーカー、リクルートなどが挙げらられます。

アーサーDリトルは、1886年にマサチューセッツ工科大学の科学者および酢酸塩の発見者でもあるアーサー・デホン・リトル博士が設立した世界で最も歴史のある経営戦略コンサルティングファームです。
1978年には、日本法人であるアーサーDリトルジャパンが設立され、東京都港区東新橋に構えています。
技術力をメインにしたマネジメントコンサルティングに力を持ち、技術をビジネスや社会に応用するというビジョンを掲げており、現在では製造業に非常に大きな強みを持っているコンサルティングファームとして、業界での地位を確立しています。

アーサーDリトルを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・アーサーDリトルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アーサーDリトルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • アーサーDリトルの企業概要
  • アーサーDリトルの転職ポイント
  • アーサーDリトルの社風や企業文化

アーサーDリトルに転職するポイント

アーサーDリトルの特徴

POINT

  • ・製造業領域における経営コンサルティングに定評がある
  • ・テクノロジー&イノベーションに強い戦略コンサルティングファーム
  • ・世界最古の戦略コンサルティングファーム

アーサーDリトルへ転職するポイント

POINT

  • ・理系出身者が多く、文系出身者も徐々に増加傾向にある
  • ・モチベーションの高いチャレンジングな転職者が多い
  • ・海外オフィスやプロジェクトにおける英語力

アーサーDリトルの企業概要

会社名 アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター36F
代表者 原田 裕介
設立 1978年
株式 非公開
株主構成 非公開

アーサーDリトルの売上

非公開

アーサーDリトルの最新ニュース

アーサーDリトルの事業内容

アーサーDリトルは、1886年に米国で設立された世界初となる経営コンサルティングファームです。
技術力をメインとしたマネジメントコンサルティングに強みを持っており、日本法人としては1978年に設立されました。
主に、企業や組織の成功に必要となる課題解決や変化に適応できるよう事業戦略やビジョン策定を行い、継続的な成長のサポートや、企業の問題解決をサポートするサービスを展開しています。
そのほかにも、専門知識と組織的ノウハウを活用した組織の開発を行い、組織内やほかの組織との連携を含めた変革と改善をサポートするなど、幅広く手掛けています。
その結果、日本において「企業における経営と技術のありかた」に注力したコンサルティングに強みを誇り、特に製造業に強い経営コンサルティングファームという確固たる地位を確立している企業です。
今後も、これまでに培った経験や知見を活用し、高度化や複雑化が進む現代の経営課題に正面から対峙していくことを目指しています。

アーサーDリトルの転職の募集要項

ビジネス・アナリスト

さまざまな情報源からの情報収集と分析や調査事項からの重要なメッセージ抽出を行うポジションです。
そのほかにも、プレゼンテーションやレポート資料の作成、担当箇所に関するミーティングでのプレゼンテーション、ワークショップやインタビューの実施なども行います。
非常に幅広い業務に携われるため、やりがいと成長を感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・論理的思考力に加え、物事の本質を捉える問題解決能力
  • ・高いコミュニケーション能力
  • ・複雑な問いに対して逃げず、甲斐悦を模索し続けられる能力 など

アーサーDリトルの転職難易度

アーサーDリトルの転職難易度は比較的高いです。
アーサーDリトルの中途採用における応募資格として、「大学・大学院を卒業された方」「実務経験において、優れた成果を発揮された方」が挙げられています。
そのため、大学や大学院を卒業していても、ほかの中途採用希望者よりも優れた実績を持ち合わせていなければなりません。
また、アーサーDリトルは、製造業分野での強みを確立しているため、転職において文系出身の採用が増えていたとしても、実際は理系出身者の方にはアドバンテージがあるといえます。
アーサーDリトルは、中途入社したあとの早い段階で、大きな裁量を与える傾向があるため、チャレンジングな環境を達成し成長し続けられるバイタリティをアピールする必要があります。

アーサーDリトルが転職者に求める人物像

アーサーDリトルが転職者に求める人物像として以下の5つが挙げられます。
・自立的思考力、創造力
・新事業に対し積極的に取り組む優秀な人物
・グローバルな視点および積極的に海外で働きたいという考えの人物
・専門分野が異なるメンバーとも効率的に仕事を薦める能力を持っている人物。
・新しい経験をすぐ取り込み、学ぶことのできる能力を持っている人物。
アーサーDリトルでは、早い段階から業界トップクラスと携わり、業務を遂行することが可能です。
そのため、現任訓練や研修トレーニング制度に力を入れており、自分のキャリアに合わせ特定領域でのスキルアップへ臨むモチベーションが必要でしょう。

アーサーDリトルの転職までの流れ

アーサーDリトルの選考フロー

書類選考

アーサーDリトルのコンサルタントによる書類審査が行われます。

面接(複数回)

想定選考官:現場社員・プロジェクトリーダー・人事・統括責任者・日本支社長・マネージャー・パートナー・プリンシパルなど
面接は5~8回ほど行われるようですが人や配属先によって変動します。

採用オファー

面接結果によりに、マネジメントチームが最終決定を行います。

アーサーDリトルの面接形式

1対1や複数人面接などは一概には決まっておらず、さまざまな形式での面接が行われます。
雰囲気としては、一問一答形式の面接というよりも、会話の流れによって質問を問いかけてくる特徴があるといった口コミもあります。

アーサーDリトルの面接内容

アーサーDリトルでは、志望動機や転職理由などの基本的な質問がされ、ケース面接がメインであり、転職者の前職や大学での研究領域に関する質問が多い傾向にあります。
過去には「年間の傘製造数の計算」「〇〇を利用したビジネスは?」「日本経済をダメにしているものを3つ挙げてください」といった質問がされたようです。
そのため、理論的な考えや思考を整理する必要があり、斬新な考えや独自の視点を持った考えが必要とされるでしょう。
また、アーサーDリトルのHPには、「ケース面接のヒント」として、以下の項目が挙げられています。
・面接前に練習をしましょう
・面接官全員の指示を注意深く聞きましょう
・必要を感じたら、しばらく熟考しましょう
・思考を正しく構築しましょう
・最初の質問に確実に答えましょう
・自分の振る舞いをコントロールしましょう
「ケース面接のヒント」のページが用意されているということは、重要性が高いといえるので、ヒントを踏まえた面接対策が必要になるでしょう。

アーサーDリトルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に少ない
・求人情報はIndeedなどでも確認できる可能性がある
・これまでの経験に関する質問が多い

コンサルタント、30代前半、男性
過去のプロジェクトで発揮したことは何かを質問されました。前職で参加したプロジェクトでは、徹底的な情報収集を行い、その情報をもとにプロジェクトを遂行したという経験を伝えました。
エンジニア、30代前半、男性
なぜうちで働きたいのかを聞かれました。以前よりアーサーDリトルを知っており、魅力的に感じることが多かったため、志望しましたということをアピールしました。
コンサルタント、20代後半、女性
志望動機などの基本的な質問をされました。これといった変わった質問はされませんでしたが、時事問題に関する質問もされるため、あらかじめ現代のニュースを知っておくと良いかもしれません。
営業、30代前半、女性
今の日本経済に対してどう思うかを聞かれました。難しいことはあまり分かりませんが、客観的に気になるポイントを伝えました。

アーサーDリトルで働いている方の評判・口コミ

コンサルタント 在籍5~7年 男性
成果が重視さやすいため、仲間の雰囲気に溶け込んだり、ディレクターと考えが合うかどうかが重要になってくると思います。仕事は大変ですが、風通しがよく、プロフェッショナルな雰囲気があり、成長できる環境だと感じています。
コンサルタント 在籍1~3年 男性
入社して初年度からプロとしてクライアントの前に立つことになるので、コンサルタントとして求められるスキルが身につく機会が多いと感じる。見て学んだり実践して学ぶことがメインであり、仕事もしっかりと仕上げなければならないので、ワークライフバランスの維持や自分自身を成長させる根気が必要になってくる。
コンサルタント 在籍3~5年 女性
情勢の働き方について、良くも悪くも女性だからといって区別されることはなく、忙しさも男性社員と同様だと思う。ライフイベントによって、辞めている方も多かったようなイメージがあるが、最近は女性マネージャーも増えている傾向にあると感じる。
口コミの要約
口コミからは「プロフェッショナルな雰囲気で、風通しが良く、男女分けてだてなく業務を行っているので、良くも悪くも平等に扱われる」というポジティブな意見が多く見られました。
また、入社初年度からプロフェッショナルとしてクライアントの前に立ち、実践の中で成長・スキルアップが可能という点においても評判は非常に高くなっています。
ただし、ワークライフバランスの調整スキルや業務に対する向上心などにおいては、非常に水準が高くなっているため、根気が必要という声も少なからず見られました。

アーサーDリトルの年収・給与

年収 約1,000万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 借上げ社宅制度、修学支援など

アーサーDリトルでの転職者の出世難易度

アーサーDリトルは、任せる社風であり、仕事の幅や裁量が大きい傾向にあるので、チャレンジングな仕事を任され続けます。
そのため、中途転職者であっても、プロジェクトで大きな黒字を出すなど、本人の取り組み方次第で出世できる可能性が高くなります。
また、コンサルティングファーム・外資系に「Up or Out」という文化がありますが、アーアーサーDリトルに関しては出世の際に、退職を勧められるといった考え方はあまりないと言えるでしょう。
理由としては、コンサルティング業界が好況であり、むしろ人材が不足している背景があるので、一定の成果が出せていれば退職を言い渡されることはないでしょう。
アーサーDリトルは、製造業系のコンサルティングに強く、理系出身者が出世する傾向があるイメージがありますが、歴代最年少でマネージャーに昇進した社員が法学部卒の女性ということもあり、現在では文系の社員でも結果を出せば出世が可能ともいえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 コンサルタント 1,200万円
20代後半 ビジネスアナリスト 1,000万円
30代前半 コンサルタント 1,200万円
30代中盤 マネージャー 1,500万円
30代後半 課長 1,700万円
40代中盤 プリンシパル 1,500万円

アーサーDリトルはどんな人が働いている?

アーサーDリトルの従業員数

約1,000名(グローバル)

アーサーDリトルの平均年齢

記載なし

アーサーDリトルの平均勤続年数

記載なし

アーサーDリトルの社風

理系出身者が多いのか、独自の考えを持っている社員が多いのが特徴で、意見を押し通すというよりかは良いと感じた意見を取り込む柔軟さがあるため、健全な議論が可能な風通しの良い雰囲気があります。
アーサーDリトルでは、新入社員や中途社員問わず、最大限の裁量を任せられる傾向にあり、大きなプレッシャーのなかでチャレンジし続けることで得られる経験やスキルによる成長を促進させる考えを持っています。

アーサーDリトルのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 所定労働時間 8時間
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 年次有給休暇、最大1年の休暇取得など
平均残業時間 90時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

アーサーDリトルの社長

原田 裕介

東京工業大学院総合理工学研究科修士課程を修了したのち、富士ゼロックスに入社。
アメリカに留学後、1994年にマサチューセッツ工科大学(MIT)のスローン経営大学院および技術・制作大学院を修了。
富士ゼロックスでは、研究開発・業務改革・企画管理・技術戦略などの業務を担当。
1997年にアーサーDリトル参画し、情報電子・エレクトロニクス・自動車・機会・産業機器・化学・素材などのメーカーへ向け、コーポレートビジョン・新規事業戦略・情報技術の制定、組織改革を支援。

アーサーDリトル現職、OB/OGの有名人

赤山 真一

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程修了後、大手移動体通信企業において各種新規サービスの企画・立ち上げに携わったのちアーサーDリトルに参画。
主なアーサーDリトルにおける担当領域として、通信・ICTサービス・エレクトロニクス・などが挙げられ、事業戦略の策定支援・中長期事業戦略・R&D戦略の策定支援を行っている。
また、グローバルTIME(Telecom, Information-Technology, Media, Electronics)プラクティスの日本オフィスにおけるリーダーである。

アーサーDリトルの転職に関わるQ&A


コンサルティングの場合プロジェクトによっては残業時間が長くなる可能性が高いです。
アーサーDリトルでは、効率化するべき部分は効率化するという考えがある為、プロジェクトとプロジェクトの間に休暇を入れるよう推奨したりと長めの休みをとって旅行へ行くといった社員は多いです。

また、育児休暇を半年取得している男性社員や、パートナーからアナリストそれぞれの休暇の取得例があるので、ワークライフバランスの調節が大切といえます。


事業戦略や研究開発戦略および新規事業の立ち上げ支援といった、幅広い戦略策定能力のスキルやバリエーションの広いプロジェクト経験を身につけることが可能です。
英語・エクセル・財務といったコンサルタントの基礎として必要とされるスキルや海外研修として、欧米などでケースマネジメント研修を行うそうです。

アーサーDリトルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アーサーDリトルの公式サイトの採用情報ページからエントリーすることができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、アーサーDリトルについてなど、さまざまな情報があります。
また、現在募集されているポジションの条件などが掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アーサーDリトルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「doda X(旧:iX転職)」

転職サイトを活用して、アーサーDリトルへの転職を考えている方には、取扱い企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い傾向にある「doda X(旧:iX転職)」の利用がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)は、自分の今の市場価値を客観的に理解することができ、自分の市場価値を踏まえたポジションへ転職がしやすくなるというメリットがあります。
転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。

・求人募集数の多さ
・自分に合ったペースで転職活動を進められる
・気になった求人にすぐ応募可能

希望するポジションが絞れている方や、自分のペースで転職活動を進めたいという方にはおすすめです。
また、転職サイトを利用する方の中には転職エージェントを利用する前目を通しておく方が多く、アーサーDリトルへの転職における求められるスキルなどが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では年収の相談が可能

doda X(旧:iX転職)が扱っている案件です。

※画像はイメージです。

募集しているポジションとして、Transformation領域、M&A/PMI領域・新規事業開発分析などの戦略コンサルタントが募集されています。
doda X(旧:iX転職)はハイクラスな求人を多く扱っている傾向があり、全体的に高年収で、年収の相談も可能となっています。
また、非公開求人を持っていることもあり、ヘッドハンターに相談することで、非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」

アーサーDリトルへの転職を考えている方におすすめの転職エージェントとして「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」が挙げられます。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系・日系グローバル企業への転職に強いのが特徴で、転職実績も数多くある転職エージェントです。
転職エージェントを利用するメリットとしては
・給与交渉や模擬面接などを含む幅広いサポート
・自分と企業の考えを汲んだ交渉が可能
・非公開にされている求人募集案件が圧倒的に多い
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接の練習、さらに給与交渉までサポートしてくれます。
また、アーサーDリトルへの転職実績がある場合、転職先の人事や現場社員との人脈がある為、普段は知ることの難しい内部情報などを事前に聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合は、ロバート・ウォルターズ・ジャパンの利用をおすすめします。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンはWEB面接可能で、ハイクラス案件が多数

ロバート・ウォルターズ・ジャパンには、アーサーDリトルの競合他社・同業他社の求人募集案件が多数あります。

※画像はイメージです。

自分では思ってもみなかったスキルや実績が異なる業種や別業界からしたら、重要なスキルということもあり、キャリアアドバイザーから第三者視点で評価してもらうことで、自分にマッチしたポジションを紹介してもらえます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは公開されている求人のほかに非公開求人も多く持っているので、状況や持っている能力によっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

関連記事

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い業種の企業 BCGデジタルベンチャーズに転職 次の転職先 業種を問わず幅広...

JSOLへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

JSOL転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などの大手メーカー 大塚商会などのIT系企業 日本総研 株式会社JSOLに転職 次の転職先 KPMG...

クニエの転職難易度は?年収や面接対策を解説

クニエ転職者の主なキャリアステップ ...

マッキンゼーアンドカンパニーの転職難易度は?英語は必須?

マッキンゼーアンドカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 ATカーニー、アクセンチュアなどのコンサル トヨタ自動車 大和証券 モルガン・スタンレー 三井物産 国家公務員 など ...

ランドネットへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランドネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランドネットに転職してくるのか ・転職先:ランドネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ドリームインキュベータの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ドリームインキュベータ転職者の主なキャリアステップ 前職 ATカーニー、アクセンチュアなどの同業コンサル トヨタ自動車、LINE、大手商社などの大手事業会社 国家公務員 株式会社...

TDSEの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

TDSEは、AIを活用した総合型ソリューションを提供している企業です。 主にデータとAIを活用して顧客の変革のサポートをはじめ、「Tableau」や「NetBase」といったツールの提供を行っています。 また、2022年に株...

エクサウィザーズへの転職。将来性や年収について徹底解説

エクサウィザーズ転職者の主なキャリアステップ ...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

TOP