コンサルティング

Appier Japanの転職事情。面接内容や出世難易度などを解説

Appier Japan転職者の主なキャリアステップ

Appier Japanの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、海外大学出身者も在籍しています。

前職Appier Japan在籍者の主な職歴は、セールスフォース日本オラクルなどの外資系ベンターヤフーサイバーエージェントなどのWEB事業者が挙げられます。

次の転職先Appier Japanからの転職先として、楽天アマゾンジャパンなどのWEB事業者日本オラクルなどの外資系ベンターへ転職しています。

Appier Japanは、企業の経営課題解決を支援する人工知能搭載のプラットフォームを提供している企業です。
現代の複雑化する課題を解決するべく、人工知能の技術を活かしたマーケティングやデバイス、ブラウザなど、幅広く手掛けています。
2012年に台湾で設立され、日本では2014年からサービスを提供しており、人工知能のテクノロジーをマーケティング分野で展開している企業です。
そんなAppier Japanでは、マネージャーをはじめとした幅広いポジションで、ソリューションを常に改善し、課題解決に取り組める人材を求めています。

Appier Japanへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Appier Japanの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Appier Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Appier Japanの企業概要
  • Appier Japanの転職ポイント
  • Appier Japanの社風や企業文化

Appier Japanに転職するポイント

Appier Japanの特徴

POINT

  • ・企業の課題解決を支援する人工知能搭載のプラットフォームを提供する企業
  • ・人工知能を活かしたマーケティングやデバイスなど、幅広く展開
  • ・17の拠点を構え、1,500を超えるブランドと代理店にサービスを提供

Appier Japanへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・マネージャーを中心に求人募集
  • ・ソリューションを常に改善し、課題解決に取り組めることが重要

Appier Japanの企業概要

会社名 Appier Japan株式会社
日本所在地 東京都港区愛宕2-5-1 MORIタワー40階
社長 チハン・ユー
設立 2014年01月
株式 非上場
株主構成 Appier Group株式会社

Appier Japanの売上

Appier Japanは非上場のため、親会社であるAppier Group株式会社の売上高を掲載いたします。

Appier Groupの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 7,219百万円 8,970百万円 12,660百万円
税引前利益 -2,253百万円 -1,557百万円 -1,170百万円

Appier Japanの最新ニュース

Appier Japanの事業内容

Appier Japanは、企業の経営課題解決を支援するAI(人工知能)搭載のプラットフォームを提供しているテクノロジー企業です。
Appier Japanでは、「クロスX プラットフォーム」と呼ばれる人工知能の技術を最大限に活かしたマーケティングやデバイス、ブラウザなど、環境に適したサービスを提供しています。
また、それを活用した広告バイイングテクノロジーを創出し、アジアを中心とした12か国で広告ソリューションの展開も図っています。
その結果、現在では台北やシンガポール、東京などのアジアに17の拠点を構えており、これまでに1,500を越えるブランドと代理店にサービスを提供してきた実績を誇る企業です。
今後も、AIテクノロジーを活用し、マーケティング分野を中心に事業拡大していくことを目指しています。

Appier Japanの募集要項

データ分析コンサルタント

顧客のビジネスケースやデータ、制約を深く掘り下げ、AI製品ソリューションを提供するポジションです。
開発やサービス運用から販売戦略まで、全ての詳細に精通しており、製品やカスタマーサクセスチームと協力して、適切なドキュメントや技術ガイダンスを提供します。

必須な経験・スキル

  • ・デジタルマーケティングの実務経験
  • ・統計的な方法でデータを説明できる
  • ・独立してデータギャップ分析を行える能力 など

カスタマーサクセスマネージャー

ビジネスと技術の双方からソリューションを生み出し、顧客の成功を支援するポジションです。
具体的には、エンタープライズソリューションの使用と採用の支援や顧客へクライアント関係管理の提供、ニーズを特定し、必要に応じた実装などを行います。
幅広い業務に携われる反面、責任が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のマネージャーとしての実務経験
  • ・オンライン広告業界とデータ監視への興味を持つ
  • ・論理的に考え、優れた時間管理能力の保有 など

Eコマーステクノロジーソリューションセールス

新規や既存のクライアントにAiDealを販売するポジションです。
具体的には、AiDealを顧客に販売し、適格性の確認や交渉、閉鎖までのプロセス全体を担当します。
また、健全な販売パイプラインと閉鎖予測の維持や事業提案書や見積書の作成なども行う場合があります。
チームの収益目標をサポートするサービスを提供する責任がありますが、経験やスキルによってはより上級の役職を与える可能性のある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のエンタープライズソフトウェア販売経験
  • ・自発的でペースの速い販売環境に適応できる能力
  • ・英語と日本語でのコミュニケーション能力 など

Appier Japanの転職難易度

Appier Japanの転職難易度は比較的高いです。
中途採用によるキャリア募集数は非常に多くありますが、どのポジションでも一定以上のスキルや経験などが問われます。
そのため、未経験からの転職は難しいかもしれません。
また、Appier Japanは比較的知名度が高い企業なため、どのポジションでも倍率が高くなることが想定できます。
Appier Japanへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておきましょう。

Appier Japanが転職者に求める人物像

Appier Japanでは、ソリューションを常に改善して課題解決に取り組める人材を求めています。
また、自発的に行動し、チャレンジできる人材や高いコミュニケーション能力を保有している人材も求めている傾向があります。
Appier Japanは、新しいことにも積極的に取り組むという雰囲気があるため、このような能力が必要不可欠です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、万全な状態で面接に臨めるようにしましょう。

Appier Japanの転職までの流れ

Appier Japanの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

Appier Japanの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

Appier Japanの面接内容

Appier Japanの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「これまでに課題解決に取り組んだ経験は?」や「初対面でも問題なく会話ができるか」といった質問をされる傾向があります。
これといった変わった質問をされることはほとんどありませんが、こちらの回答に対して深堀される傾向があるため、一貫性のある回答ができることが大切です。
自己分析や企業研究はしっかりと行い、どのような質問にも問題なく回答できるようにしておきましょう。

Appier Japanの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションで募集されている
・求人情報はLinkedInなどでも確認可能
・スキルや経験に関する質問が多い

エンジニア、20代後半、男性
なぜAppier Japanで働きたいのかについて掘り下げられました。事前に志望動機は細かいところまで作成していたので、具体的なことをアピールしました。
マネージャー、30代前半、男性
これまでにチャレンジしてきたことについて質問されました。学生時代に部活で努力し、辛いことにもチャレンジしてきたことを軸にポジティブな言葉で伝えました。
コンサルタント、30代前半、女性
どんな人とでもコミュニケーションを図ることができるかを聞かれました。私は人見知りなところがあるので、そのことを正直に伝えました。

Appier Japanで働いている方の評判・口コミ

セールス、在籍3~5年、男性
成果主義な雰囲気がある企業なため、成績や実績を正当に評価してもらうことができます。そのため、モチベーションを維持しやすく、積極的に行動できる方ならやりがいを感じながら働くことができるでしょう。
法人営業、在籍1~3年、女性
男性女性は特に関係なく、差別なく業務の評価を得ることができます。そのため、誰でも出世を目指すことができると思います。ただし、優秀な方が多く在籍しているため、出世するのは簡単ではないかもしれません。
エンジニア、在籍3~5年、男性
フレックス制度やリモートワーク、産休や育休などの制度があります。そのため、どんな方にとっても働きやすい環境があるといえます。また、働きやすい環境づくりにも力を入れているため、自分らしく働くことができるでしょう。

口コミの要約Appier Japanの口コミを見てみると、仕事に対して正当な評価を得られるため、モチベーションとやりがいにつながるということが伺えます。また、充実した制度があるため、働きやすい環境があるということが伺えます。

Appier Japanの年収・給与

年収 1,330万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 記載なし

Appier Japanでの転職者の出世難易度

Appier Japanの出世難易度は比較的高いです。
仕事に対する評価は正当であり、男女差別なく評価される傾向があります。
そのため、自分次第では出世を目指すことはできるでしょう。
ただし、Appier Japanには優秀な方が多く在籍しているため、簡単に出世することはできません。
Appier Japanでの出世を目指すなら、ほかの社員に負けないように努力し、上司や先輩に認められることで出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 シニアマネージャー 1,100万円
40代前半 ディレクター 2,500万円

Appier Japanはどんな人が働いている?

Appier Japanの従業員数

500名以上

Appier Japanの平均年齢

記載なし

Appier Japanの平均勤続年数

記載なし

Appier Japanの社風

Appier Japanは、成果主義な雰囲気がある企業です。
そのため、努力したらした分だけ自分の評価につながり、その結果、モチベーションややる気なども影響するといえます。
また、社員の働きやすさを考慮した働きやすい環境づくりにも力を入れています。
正当な評価を得ながら自分らしく働きたいと考えている方には、向いている企業といえるでしょう。

Appier Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 記載なし
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Appier Japanの社長

チハン・ユー

米国ハーバード大学から人工知能(AI)の博士号を取得、スタンフォード大学のAI研究室で修士号を取得。
15年以上のAI領域の経験を持ち、主に機械学習や自律ロボットや自動運転車などの自律制御の分野でAIアルゴリズムの研究に携わる。
また、AI搭載のロボットや機械学習の分野で多数の論文を発表。
2012年にAppier社を設立して代表取締役に就任。
その2年後の2014年にAppier Japan株式会社を設立し、代表者を務めている。

Appier Japan現職、OB/OGの有名人

橘 浩二

東京大学法学部卒業後、野村證券株式会社に入社、資金調達やIPO(新規株式公開)のサポートを担当。
10年後、官公庁に異動し、経済産業省資源エネルギー庁で国有資産の売却業務を担当。
また、独立系投資顧問として投資事業に従事したのち、2011年に株式会社DeNAに入社。
執行役員としてコーポレートファイナンス部門を率い、M&A戦略、財務、経理、広報、IR、社内ITを担当。
2020年にAppier社の財務担当上級副社長に就任。
経理・財務部門を統括し、投資家との円滑なコミュニケーションや財務計画の効果的な実行を行っている人物。

Appier Japanの転職に関わるQ&A


基本的に異動や転勤はありません。
そのため、入社したところでの勤務となります。
ただし、非常に多くの実績を残し、周囲に認められた場合は、異動や転勤の可能性もあるため、あらかじめ理解しておきましょう。

仕事に対する評価制度は平等であり、男女差別はありません。
そのため、女性でも出世することが可能といえます。
また、産休や育休などにも理解があるため、取得しやすく復帰もしやすくなっているので、ライフイベントの際でも安心でしょう。

Appier Japanへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Appier Japanの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「Appierについて」や「評価実績」などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容がざっくりとしか載っておらず、イマイチ分からないということも少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人を見たい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Appier Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してAppier Japanに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサルティング業界は、800万円~1,500万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「コンサルティングを提供している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズの転職難易度は?口コミや年収など解説

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツなどのコンサルティングファーム パナソニックなどの電機メーカー 三菱商事などの商社 小売 ...

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

アーサー・D・リトル(ADL)の転職難易度は?中途採用情報まとめ

アーサー・D・リトル転職者の主なキャリアステップ 前職 シグマクシスなどのコンサルティングファーム 自動車メーカー 製薬会社などの研究開発部門 アーサー・D・リトル株式会社に転職...

マネジメントソリューションズへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、マネジメントソリューションズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマネジメントソリューションズに転職してくるのか ・転職先:マネジメントソリューションズからどこへ転職するのか 一般的な...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

フューチャーアキテクト転職者の主なキャリアステップ  前職 日本ユニシスなどのSIer フューチャーアキテクト株式会社に転職 次の転職先 リクルートグルー...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)への転職情報まとめ

企業の持つネットワークの安全性向上や、コンピュータへの不正侵入防止、データの改善や破壊、情報漏洩防止に向けた各種コンサルティングを行っているグローバルセキュリティエキスパート。情報セキュリティのスペシャリストの人材育成も行っている、...

WACULの転職事情。事業内容や転職するメリットなどについて解説

WACUL転職者の主なキャリアステップ 前職 ITコンサルティング企業 三井住友銀行、三菱UFJモルガンスタンレー証券などの金融 NTTドコモ ベネッセ 株式会社WACULに転...

TOP