グループ企業

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

▼下記は、三井不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから三井不動産に転職してくるのか
・転職先:三井不動産からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・新卒からの社員
      

  • 三井不動産株式会社

  • 主な転職先

    ・転職者はかなり少ない

住友商事の主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の出身者が在籍しています。

職歴

新卒からの社員が多くなっています。

退職後の主な転職先

転職者はかなり少ないです。

国内最大手の総合不動産業者である三井不動産は、三井ショッピングパークアーバンや三井アウトレットパークなど、私生活の中でも馴染みのある企業です。
三井不動産は戦後から一貫して業界売上No.1の不動産業界のもっっとも安定した企業ともいえます。
また、不動産事業だけでなく、ベンチャー投資事業や、エコシステム事業に着手しており、今後さらなる事業規模の拡大が予想されています。
東京都に本社を持ち、1,216名の従業員が働く三井不動産では現在、事業のさらなる拡大のために中途採用を積極的に行っています。

初めての転職で住友商事を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

住友商事の年収や福利厚生も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたいという方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくと、転職活動がよりスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 三井不動産の企業概要
  • 三井不動産の転職ポイント
  • 三井不動産の社風や企業文化

三井不動産に転職するポイント

三井不動産の特徴

POINT

  • ・国内最大手の不動産デベロッパー
  • ・大手不動産企業の中でも特に「商業施設」の分野に強い
  • ・女性の管理職への登用が進められている男女問わず活躍できる環境

三井不動産へ転職するポイント

POINT

  • ・異業種の経験を高く評価する傾向があり、異業種からの転職者を積極的に採用している
  • ・大学院、大卒以上が募集対象
  • ・中途採用は通年で行われていないため、定期的なHP確認とエージェント利用がおすすめ

三井不動産の企業概要

会社名 三井不動産株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号
社長 菰田正信
設立 1941年7月15日
株式 上場(東京証券取引所市場第一部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)10.29%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 7.53%
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 7.53%

三井不動産の売上

三井不動産の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,905,642百万円 1,861,195百万円 1,751,114百万円
経常利益 258,510百万円 254,106百万円 240,341百万円

三井不動産の最新ニュース

三井不動産の最新情報を掲載しております。

三井不動産の事業内容

オフィスビル事業

三井不動産の利益の大部分を占めるのがオフィスビル事業です。

2018年以降に竣工した「東京ミッドタウン日比谷」「日本橋髙島屋三井ビルディング」「日本橋室町三井タワー」は、全て満室で竣工を迎えるなど、空室率の低いオフィスビルを多く建てていることが三井不動産の特徴ともいえます。2019年の首都圏オフィスの空室率は1.5%となっており、過去5年間で最低割合の数字となりました。

2025年前後には約1.5倍の面積拡大を見込んでおり、大きな需要にあった供給がなされるでしょう。

また、「日本橋スマートエネルギープロジェクト」という既存ビルを含む室町周辺地域へ、ねと電気を供給する日本初の取り組みが2019年にスタートしました。今後、国内だけでなく海外に向けても発信できるスマートシティの先進モデルを構築していく方向性を示しています。

商業施設事業

商業施設において三井不動産は、不動産業界の中でトップのシェア率を誇る企業です。2018年は地震や台風などの自然災害により、一時的な影響を受けましたが、現在はその影響を感じられない伸び率を誇る事業となっています。

また、2018年9月に開業した「三井ショッピングパークららぽーと名古屋みなとアクルス」は想定以上の売れ行きが続いており、商業施設のビジネスモデルとしても注目を集めています。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛により、大きな打撃を受けていますが、総額950億円の無担保社債を発行し、長期的な影響への備えるための動きを見せています。

住宅事業

B向けに強い三井不動産ですが、住宅事業も年々事業の拡大を見せており、2018年の営業利益率は9%以上と高水準を見せています。

タワーマンションや戸建て、賃貸や海外など、幅広く事業を展開していますが、量的な事業の拡大ではなく、1つ1つ高付加価値の住宅に投資し、高水準の利益を目指していることが、三井不動産の住宅事業の特徴です。

ロジスティクス事業

ECサイトの利用者の増加により、より効率的な物流施設の需要が近年高まっています。

三井不動産では、より稼働率の高い物流施設を開発し、多種多様なソリューションの提案に力を入れています。

2018年にはタイバンコク近郊において、2物件の開発事業に着手しており、今後アジア圏での事業拡大が見込まれています。

また、国内においても首都圏に加えて中京圏・九州圏へのエリア拡大も見込まれており、今後、ロジスティクス事業は三井不動産における大きな利益源となることが予想できる事業となっています。

ベンチャー共創事業

三井不動産では、近年新産業の共創にも力を入れています。

ベンチャー企業向けのオフィスの提供や資金提供などを行う「31 VENTURES」を展開しており、2015年には50億円規模のコーポレートベンチャーキャピタルを設立しました。

現在300億円規模のベンチャー投資事業も開始しており、今後もベンチャー支援を通したイノベーションの創出を目指しています。

また、新規事業担当者やクリエーターが集うコミュニティスペース「BASE Q」では、450人規模のイベントスペースなどを、オープンイノベーション創造拠点として提供しています。

ライフサイエンス事業

ライフサイエンス事業では、生命科学分野に取り組むベンチャーや団体を支援し、新産業創造のエコシステム構築を促進させることが目標です。

ライフサイエンス分野に従事する人の交流プラットフォーム「LINK-J」や、オフラインでの交流の場(日本橋ライフサイエンスビルシリーズなど)、資金などの提供を通して、イノベーションの創出を支援しています。

また、三井不動産の本社がある日本橋は、製薬会社の拠点が集中するエリアです。

地場産業でもある製薬業を活発化し、日本橋エリアの価値を向上させることも、一つの目標とされています。

三井不動産の転職の募集要項

2020年6月現在、三井不動産ではオフィシャルでの中途募集を行っていません。

三井不動産では異業種からの中途採用を積極的に行っている企業として知られていますが、一般募集が出されるタイミングは、社内で欠員が出た場合や新規事業の立ち上げのタイミングとなっています。

ただし、公式サイトでは、募集再開のタイミングで自動で通知がくるキャリアエントリーが可能ですので、三井不動産への転職を希望される方は、必ず登録しておきましょう。

本記事では、転職サイトや転職エージェントで紹介される三井不動産の募集要項をまとめています。

総合職

三井不動産で最も募集の多い職種が総合職です。

総合職では、オフィスビル事業からロジスティクス事業の企画・開発・営業・運営を行います。

現在三井不動産では、海外への進出に力を入れており、海外関連業務の経験のある人材は優遇される傾向があります。

また、常に新しい提案が求められる社風があるため、新規事業の企画立案の経験がある方は、積極的にアピールすることをおすすめします。

なお、三井不動産の総合職は未経験からの転職を歓迎しています。異業種の経験をどう活かせるか、的確にアピールすることが、三井不動産の総合職へ転職する重要なポイントです。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業後または大学院修了
  • ・就業経験満4年以上

「不動産×デジタル」推進担当

三井不動産では、不動産とデジタルを掛け合わせ、不動産業界そのものを変革させることを目指しており、それを推進するプロフェッショナルを募集しています。

「不動産×デジタル」推進担当は、自社システムの開発から導入、マネジメントまでワントップで行います。

2020年6月現在で、60名程度の募集が出されていることから、今後三井不動産ではデジタル領域において、大きな事業を立ち上げることが予想されます。

不動産業界トップの大企業の中で、大きなプロジェクトに携わりたいエンジニアの方には最適の職種といえるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・IT技術者/システムエンジニア経験(4年以上)
  • ・IT企業またはITコンサルティング会社における、 大規模案件PM/PL経験

DX推進担当

三井不動産の長期経営方針として、テクノロジーを活用した街づくりを通して持続的な社会を構築する「2025 VISION」を掲げています。

DX推進担当者は「2025 VISION」の中枢を担うDX本部で、システム企画とマネジメントを行います。

DX本部では、システム開発やヘルプデスクなどは全て外部委託しているため、スタッフ全員がマネジメントを担当することになるため、即戦力的な人材が強く求められています。

デジタルトランスフォーメーション領域や、生産性向上を目指す働き方改革領域、クラウドを活用したアーキテクチャー先進化領域の3つの分野においてマネジメントを行うため、前職で関連する実績のある方は積極的にアピールしていきましょう。

必須な経験・スキル

  • ・ 大卒以上
  • ・SIer・ITコンサル・情報システム部門等でのエンジニア・PM・PL経験

三井不動産の転職難易度

三井不動産の転職難易度は非常に高いです。

三井不動産では近年、中途採用も積極的に行うようになりましたが、もともとプロパー中心の企業であり、転職は狭き門となります。

また、三井不動産の中途募集では、大きく分けて総合職と専門職の2種類がありますが、総合職の方が転職難易度は高くなります。

ただし、専門職の場合でも4年程度のIT業界での経験と、それに伴った具体的な実績が求められるため、書類の段階で落とされる可能性は充分あります。

ただし、異業種での経験に注目する三井不動産では、思いも寄らない部分が魅力として捉えられることもあります。

前職で得たスキルを不動産業界でどのように活かせるのか考えることが、転職のポイントとなるでしょう。

三井不動産が転職者に求める人物像

三井不動産のキャリア採用ページでは、転職者へのメッセージとして、「キャリアへの思い」というコンテンツを用意しています。

当ページでは、異業種からの転職を歓迎する旨が書かれており、三井不動産は中途採用において「多様性」を重視していることが見てとることができます。

「新しい価値の創造」や「積極的な挑戦」を重視し続けてきた三井不動産がなぜ、多様性に注目するようになったのか考えることが、転職を成功させるポイントとなるでしょう。

三井不動産の転職までの流れ

三井不動産の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:採用担当者または課長クラスの現場社員

一般的な質問から、好きな建物、嫌いな建物など、不動産ならではの質問もあります。

職種によっては三次面接まで行われる場合もあります。

最終選考

想定選考官:役員を含めた複数名

これまでの面接で聞かれたことを再度すり合わせを行い、改めて三井不動産とマッチしているか判断されます。

内定

三井不動産の面接形式

面接はほとんどの場合1対複数名で行われます。

面接回数は2~3回です。

1回につき1時間程度となります。

三井不動産の面接内容

三井不動産の一次、二次面接では、転職者のバックグラウンドを測る過去に関する質問を多く受けます。

また回答に対して「なぜ?」「どのように?」と数回に渡って深堀していくことが多いため、スムーズな回答ができるよう徹底した自己分析が必須となります。

また最終面接では、三井不動産の行動指針である「GROUP MISSION」への理解度を測る質問を多く受けるでしょう。

不動産は、街づくりという社会貢献の面も大きい事業に携わる業種です。そこにおいてなぜ、三井不動産である必要があるのか、自身の中で、深堀していくことが面接対策のポイントです。

三井不動産で働いている方の評判・口コミ

企画 在籍3~5年 男性

 

社会全体を相手にする仕事となるため、やりがいは非常に大きい。また、高い向上心と能力を持った人材が多く在籍するため、常に刺激を受けながら働ける環境です。能力に伴って仕事を任せてもらえるので、日々成長を実感でき、自信を持って業務に当たれる。

営業 在籍1~3年 女性

 

バリバリ働くタイプの社員が多い中でも、有給が取りづらい雰囲気はなく、グループ員も積極的に有給を消化しています。

時間になるとPCの電源が付かなくなるなど、ワークライフバランスにおいては文句がありません。時期によっては残業も必要となりますが、基本的に定時で上がることができ、残業があった場合でもしっかりと残業代が支払われます。

営業 在籍5~7年 男性

 

年収は、受ける仕事によって異なるため、若干運に左右される部分はありますが基本的にはみんな満足しています。能力の高い人は仕事内容に問わず高いパフォーマンスをキープしている印象です。

評価制度は、具体的に出る数字という部分もあるが、それ以外のところに関しては少し曖昧な気がします。部署は配属先によって評価が異なるので、上司との相性も重要だと思います。

口コミの要約
三井不動産の口コミではネガティブな物はほとんどなく、年収・やりがい・ワークライフバランス全てにおいて、ポジティブな意見が多く見られました。

過去に激務との噂も流れていた三井不動産ですが、現在ではワークライフバランスがいい働きやすい環境が整っているようです。

三井不動産の年収・給与

年収 1,128万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 生住宅融資制度、従業者持株会制度、独身寮(東京)、結婚休暇制度
フレックスタイム制度

三井不動産の転職者の出世難易度

三井不動産の出世難易度は、転職難易度と比べると低いです。

基本的に定期的に出世してく形になるため、入社してすぐの出世はかなわないものの、向上心を持ってコツコツと目の前の仕事をこなして行けば、成績に応じて出世することが可能です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 750万円
30代前半 主任 1,000万円
30代中盤 主任 1,200万円
30代後半 主事 1,400万円
40代前半 主事 1,600万円
40代後半 グループ長 2,500万円
50代前半 室長 2,800万円

三井不動産はどんな人が働いている?

三井不動産の従業員数

1,216名

三井不動産の平均年齢

40.7歳

三井不動産の平均勤続年数

11.3年

三井不動産の社風

三井不動産の社風として、第一に挙げられることは「仕事を楽しんでいる」ということです。

チームで仕事をすることの多い業種となるため、お互いに助け合う文化が根付いています。三井不動産は、個性的で様々なバックグラウンドを持つ人材が多く在籍しているため、助け合うことで、お互いから学び合い成長を感じることが多い企業です。

それを楽しいと感じることができる人材は、三井不動産の文化にマッチした人材といえるでしょう。

三井不動産のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 09:00〜17:30
休日 土日祝
その他の休日・休暇 夏季特別休暇、連続特別休暇など
平均残業時間 28.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

三井不動産の社長

菰田正信

1954年生まれ。

東京大学法学部卒業後、1978年に三井不動産へ入社。

経営企画部長や、常務取締役、専務取締役などを経て2011年6月より8代目代表取締役社長に就任。

東日本大震災が起きた年に社長に就任したため、不動産業界全体が復興という大きな課題を受け止め、三井不動産を”保有する不動産”から”活用する不動産”へ転換させた人物としても知られる。

三井不動産現職、OB/OGの有名人

岩沙弘道

1942年生まれ。

慶應義塾大学大学院修了後、1967年に三井不動産へ入社。

バブル崩壊により不動産価値が急激に下がる直前に、不動産価値を再認識し、確実に収益が望めるプロジェクト以外をストップさせ、早い段階で資産デフレ対策を行った人物。

2011年に社長ポストを降り、現在は代表取締役会長として活動中。

三井不動産の転職に関わるQ&A


三井不動産では転勤を指示されることが稀にありますが、そのほとんどが都内での移動となるため、大きな心配はいらないでしょう。

また一般職では、転勤を伴う異動はありません。


三井不動産のSPIテストの難易度は高いです。

総合商社など、他の業種でテストを通過しても、不動産業界では不合格になる方が多いため、参考書などで必ず対策しておきましょう。

三井不動産へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

三井不動産の公式サイトにある採用ページから応募することができます。
職種や募集要項に関する詳細も確認できるほか、企業からのメッセージや動画などもありますので、一度目を通しておくことをおすすめします。
また、三井不動産のキャリア採用はリクナビNEXTと連携しているため、リクナビ会員はプレエントリーの経歴記入をスキップすることが可能です。
1分程度で登録できるため、空き時間に気軽にエントリーすることができます。
応募する際はリクナビNEXTに登録しなければ応募ができないため、その他求人サイトや転職エージェントを利用することもおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して三井不動産へ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、空いている時間を転職活動を行いやすいという特徴があります。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは比較的平均年収が高い!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、販売関係の求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は1,000万前後なっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広い転職サポートで転職成功率を上げたい方は「転職エージェント」

転職エージェントを活用して三井不動産への転職を考えているなら、圧倒的案件数とトップクラスの転職支援実績を持つ「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・転職に関する書類の添削から企業との給与交渉などの幅広いサポート
・本人と企業側の希望をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・非公開求人案件を多数抱えている

三井不動産は知名度が高く、非常に人気もあるため、中途採用の倍率が上がるなどの理由で転職難易度が上がる可能性が高いといえます。
今の自分の現状で「三井不動産への転職成功率はどのくらいか」や「三井不動産の内部状況」など、キャリアコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

「リクルートエージェント」は、SIerなどのエンジニアポジションが中心に掲載!

リクルートエージェントに掲載されている求人は営業ポジションが多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって異なります。

リクルートエージェントは、職種・年齢層ともに幅広い求人をカバーしていますが、営業とIT・通信業界などの求人が特に豊富です。
1年に5万2000名と多くの転職成功を実現しています。
登録者専用アプリもありますので、リクルートエージェントやキャリアアドバイザーからのメールをアプリで確認することが可能です。
未公開求人も多いため、一部では応募していない職種や求人があったりもします。

あなたが三井不動産に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

・転職元:どこから三菱地所転職してくるのか ・転職先:三菱地所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。 ...

セガへの転職難易度は?口コミや年収など解説

  ▼下記は、セガに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセガに転職してくるのか ・転職先:セガからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

▼下記は、三井不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井不動産に転職してくるのか ・転職先:三井不動産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。 継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成し...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

  ▼下記は、NTTコムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムウェアに転職してくるのか ・転職先:NTTコムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

  ▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか ・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP